SCANDAL

HEADLINE

桑子真帆アナ[NHK]の肉食ぶりをセフレ間男が暴露 プリクラも流出 小澤征悦との結婚に黄色信号?

「僕と “まーたん” は、彼女が大学に入った年から、NHKに入局してからもずっと “深い” の関係でした。僕は一度も彼氏に昇格することはなく、ただの都合のいい『間男』でした」

30代男性のAさんと、彼の言う “まーたん” こと桑子真帆アナ(33)が出会ったのは、2006年のこと。2人は、東京外国語大学の先輩と後輩という間柄だった。

「2010年にNHKに入局した桑子アナは現在、『おはよう日本』のメインキャスターを務めています。2020年末には、3回めとなる『紅白歌合戦』の総合司会の重責を果たしました」(スポーツ紙記者)

そんなNHK看板アナに、意外すぎる素顔が――。

「彼女と知り合ったのは、彼女が大学1年の夏休みが終わったころの飲み会でした。たまたま席が隣になり、連絡先を交換しました。彼女は、学内でもチャラいことで有名な音楽サークルに所属していました」(Aさん、以下同)

女子校育ちで、「勉強、部活で忙しかったし、彼氏はいなかった」とAさんに語っていた桑子アナ。その反動か、出会ったときにはすでに、遊び慣れている様子だったという。

「サークル内はもちろん、他大学の学生にもモテモテでした。僕と彼女が男女の関係になったのは、飲み会から約2カ月後。それまで複数人で何度か会っていたのですが、2人だけで飲むことになり、盛り上がってこちらから誘ったのがきっかけです」

だが当時、桑子アナには、すでに彼氏がいた。そのため、Aさんと桑子アナは、周囲には自分たちの関係を秘密にしていた。

「彼女は実家から通っていたので、人目にふれないように私のワンルームマンションか、ホテルで会うことが常でした。恋人関係にはしてもらえなかったので、デートらしいデートは、ほとんどしたことがありません。

私との関係を続けつつ、“本命” の彼氏も何人か代わり、私とは数カ月会わないこともありました。彼女は新しい彼氏ができると、わざわざ私に報告してくるんです。『僕の存在は、いったいなんなんだろう』と落ち込みましたね」

桑子アナは「好きになったら、とにかく突き進む性格だった」という。狙った男性に交際相手がいても、おかまいなしだった。

「男選びは、とにかくビジュアル重視。『友達の彼氏がいちばんスリルと背徳感がある』そうで、『◯◯ちゃんの彼氏はイケメンすぎる!デートしてみたい』『(自分の)彼氏よりよかった』とも、僕に言っていました。

交際相手がいる男性と遊ぶことを彼女は『不倫デート』と呼んでいて、女友達の彼氏と陰で関係を持ったことは、私が知るだけで何回もあります。多いときには、僕を入れて同時に3股交際していたこともありました」

当時交際していた複数の男性と桑子アナとのツーショットプリクラを見せてもらうと、Aさんが言うとおり、そのなかの一枚に「不倫デート」という書き込みがある。なぜ、そんなにモテたのか。

「彼女は酔うと、あの大きな目がトロンとして、ふだんは低めの声が猫なで声になり、『指が細くてきれい』とか言いながら、甘えた感じでさわってくるんです。私も虜になったひとりですが、狙われた男は、ほぼ全員彼女に惚れていました」

大学生活を満喫した桑子アナは、2010年にNHKに入局する。

「彼女は在学中、NHKでアルバイトをしていましたが、アナウンススクールには短期間通っただけでした。内定したことは、本人がいちばんびっくりしていました」

最初の配属先は、長野放送局。当時の桑子アナを知る、あるNHK関係者が証言する。

「お酒が好きで、種類はなんでも飲みます。地方局時代は、上司や先輩などの誘いは基本断わらず、深夜3時くらいまで飲むこともありました。

同期入局で、広島に配属されたジャニーズ系の記者と遠距離恋愛していましたが、桑子アナが長野から広島に異動するころには、もう別れていましたね」

そのころには一般企業に就職していたAさんだが、2人の関係は、社会人になってからも続いていたという。

「彼女が地方局に勤務していたころは、数カ月に一度、私が彼女のマンションに行く形で会っていました。彼女が自宅のベッドのマットレスを替えたとき、古いマットレスを捨てずに、なぜかベランダに放置していたことを覚えています」(Aさん、以下同)

桑子アナは2015年に東京アナウンス室に異動になり、『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢される。

「すぐにタモリさんの著書を購入して、研究していました。人気が出ても天狗になることはなく、地道に努力を続けていました。そういうところでは、尊敬できる存在なんです」

桑子アナにとって、ある時期までのAさんは、なんでも話せる気の置けない存在だったに違いない。だが、日本中の誰もが知る存在に彼女は成長した。いつしか、Aさんの存在が疎ましくなったのか――。

「彼女が東京に異動してからも、しばらくは会っていましたが、あるとき電話してみると、いつの間にか着信拒否されていました。LINEもブロックされていて、それ以降はいっさい連絡を取っていません。なんの前ぶれもなく、突然捨てられたんです」

2017年、桑子アナは「就職活動中に知り合った」というフジテレビの谷岡慎一アナと結婚したが、2018年にスピード離婚しているのは、ご存じのとおり。

NHKに桑子アナとAさんとの関係について問うと、「個別の職員に関することはお答えしていません」と回答があった。

現在Aさんは家庭を持ち、2020年の『紅白』は家族で観たそうだ。

[via:FLASH]
https://smart-flash.jp/showbiz/129085

流出プリクラ「誰か分からん」

掲載されているプリクラ写真は3枚で、いずれも、今回の一件を垂れ込んだ男性と桑子アナが写っているツーショットだ。

プリクラには画像加工機能で「不倫デート」「変態」といった刺激的な文字が躍るなど、2人の親密さが伝わってくるものとなっている。

ネット掲示板では「暴露した男が未練たっぷりで哀愁を誘うな」といった、男性の暴露行為を良しとしない声が上がっているが、併せて「プリクラ出されても誰かわからん」といった声も上がっているのだ。

記事にはプリクラがいつ撮影されたものかについての言及はないが、男性の証言が事実であれば、プリクラの中の桑子アナの姿は06年から9年以内の期間に撮影されたものであることになる。

その影響か、確かに、当該のプリクラを予備情報なしで見た際に桑子アナであると認識できるかというと、その保証は100%のものとは言い切れないだろう。

長野県民が見ると紛れもなく桑子

ただ、前述の声に反して「長野県民が見ると紛れもなく桑子」と、当該画像が桑子アナであるときちんと認識できるとする声も上がっているのだ。

というのも、2010年にNHKに入局した桑子アナの初の赴任地は長野放送局であり、このことはFLASH記事内にも明記(13年からの2年間は広島放送局)。

実際、長野県内では入局したての桑子アナが県内版のニュースコーナーでニュースを読み上げていたことを知る視聴者は多く、ツイッター上には2010年に行われた「桑子アナ~長野市街地のリポートして噛み、笑いでした!でも可愛いので許せます!」といったツイートが存在するのを確認できるほどだ。

駆け出しの頃の桑子アナの姿を知っているという「県民性」が、昔のプリクラという視認性が低い情報を難なく解析できる要因になっているという特殊性が実に興味深い。

[via:J-CAST]
https://www.j-cast.com/2021/01/19403222.html


㊤長野㊦広島時代の桑子真帆アナ

元夫の離婚の理由

2010年にNHKに入局した桑子アナは地方局を経て、2015年に『ブラタモリ』のアシスタントに抜擢される。その癒し系のルックスで人気も急上昇すると、2017年4月には『ニュースウォッチ9』のキャスターに就任。

その勢いのまま同年、2018年、そして2020年の『紅白歌合戦』の総合司会を任される、名実ともにNHKを代表するアナウンサーになった。昨年3月からは“朝の顔”として、『ニュースおはよう日本』のメインキャスターを務めている。

プライベートでは『ニュースウォッチ9』抜擢から1か月後の5月、フジテレビの谷岡慎一アナとの電撃婚で世間を驚かせるも、まさかの1年で離婚。スポーツ紙芸能デスクが解説する。


桑子真帆アナと谷岡慎一アナ

「原因は“多忙によるすれ違い”とされていますが、どちらかに“不倫があったのでは?”と訝(いぶか)しむ声も聞こえていました。

後に“桑子アナはお酒の席が大好きで男性とも2人で飲みに行く”“谷岡アナも結婚後も合コンをしていた”などの報道もありましたが、確かな証拠はなく離婚の真相はわからずじまいになりました」

そんな桑子アナに再び“春”が訪れたのが2020年4月のこと。“世界の小澤”こと世界的指揮者・小澤征爾の長男で、俳優の小澤征悦との熱愛をキャッチされたのだ。

征悦の自宅から出てきたところをツーショットで撮られた彼女は、彼のものらしき大きめのパーカーを羽織るラブラブぶり。

これまで多くの熱愛が報じられながらも独身を貫いてきた征悦も46歳だけに、今回こそは結婚を本気で考えている“本命”なのかもしれない。

小澤征悦との結婚に黄色信号?

「世間がコロナ禍で過敏になっていた時期に、デート姿が報じられたふたりですが、桑子さんが“ノーマスク”姿だったことで批判されました。しかし、交際自体は独身同士だけに何の問題もない。

今年の1月1日にはスポーツ報知、サンケイスポーツが“結婚”を報じて“互いの両親に紹介を済ませている”としていることから、発表間近なのかもしれません。征爾さんも85歳の高齢ですから、長男の結婚、そして孫の誕生を期待していることでしょう」(芸能リポーター)

そんな祝福ムードが漂っていた矢先の“スキャンダル”だった。昔のこととはいえ、“不適切な関係”を暴露されてしまった桑子アナが、“世界の小澤家”に嫁ぐことに黄色信号が灯る可能性もありそうだ。

というのも、征悦が2020年1月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)出演した際、親友の和田正人から「結婚できない理由」を暴露されていたのだが、その一つが、

《品格があり、育ちのいい女性を好む傾向にある。はっきりいってブランド好き》

この“条件”に合格しない限りは結婚対象になり得ないというのだが、以前の桑子アナであればイメージに重なり、“NHKエースアナ”というブランドもピッタリと言えよう。また、彼が取材やインタビューで「理想のタイプ」にあげていた女性像があるとも。


桑子真帆アナとも仲が良い和田正人

「それは“根底の部分で信頼しあえる”“理由もなく信用できる”というもので、彼の家柄と、生まれ持った育ちの良さから出てくる言葉だと思います。

この女性に求める“品格“と“信頼”のハードルが異様に高かったことが、征悦さんが結婚に至らなかった一因なのかもしれませんよ。果たして“不倫”報道で、信頼が損なわれないことを祈るばかりですね」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

2020年8月、新CM発表会に出席した征悦に、共演者の平泉成から「まだ結婚しないの?」という直球質問が向けられた。すると苦笑しながらも、

「家族に関しては僕も縁がありましたら必ず結婚して、成さんにも報告したいと思っています。その時はどうぞよろしくお願いします」

と、前向きに答えていたが、果たしてーー。

[via:週刊女性]
https://www.jprime.jp/articles/-/19903

ネットの反応

・とんだ足軽女だったな
・いかにも遊び好きって感じ
・肉食系すぎるw
・桑子は大学デビューしちゃった感満載。
・そっとしといてあげればいいのにねぇ。過去のことなんだから。
・これは男としてあかんやろ
・ベラベラ今更プライベートを話すとは、情け無い男だな!
・墓場まで持って行かなきゃ行けない案件だろこれは。
・この男性も、家庭を持っているのにまだ未練あるのか。
・ほぼリベンジポルノ
・過去を売る最低な男とそれを記事にする最低な雑誌。
・なんか、この記事みて桑子アナと小沢征悦の仲を壊そうとしている悪意を感じる。
・桑子とセクロスできたんだから良かったじゃねーか 女々しい男
・セックスしまくった女を毎朝テレビで拝めるって素敵
・何かヤれそうな雰囲気だけど本当にヤリマンなんだな
・こういう程よいブスが一番ヤリマンやねん
・桑子に遊ばれるとかご褒美やん
・フジアナとの離婚もこいつの不倫が原因と言われてたな
・国民栄誉賞クラスの偉人の家に入れるかどうかのタイミングでw
・15年前のことならノーカン
・これじゃヘラヘラ桑子じゃなくてパコパコ桑子だよ。

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事