SCANDAL

HEADLINE

社会派タレント・ラブリが強制わいせつで書類送検 被害女性が告発「パンツを脱がせ2時間クンニ&手マン」

モデル活動をしながら、選挙の投票の呼びかけや動物愛護活動についてSNSで発信し、インスタグラムで約50万人のフォロワーを持つ“社会派インフルエンサー”のラブリ(31)。

彼女から性被害を受けたと刑事告訴している女性が、「週刊文春」の取材に応じ、経緯を語った。

大手IT企業で働いていた20代後半のA子さんは、ラブリが関わるプロジェクトの責任者に就任。親睦を深めるため、2019年5月、和歌山県白浜町に計5人で旅行することになった。

宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、先に部屋に戻って寝ていたA子さんをラブリが襲ったという。A子さんが振り返る。

「ラブリさんは『すごく舐めたいの』と言って私のジャンパースカートをめくり、パンツを脱がせました。反応する間もなく私の股間に顔をうずめ、陰部を舐め始めたのです」

驚いたA子さんは「男の子が好きなので、女の子は無理なんです」と何度も拒否したが、ラブリは「女の子も気持ちいいよ」と押し倒し続けたという。

「抵抗し続けていると、ラブリさんは『うるさい』ときつい口調で言い放ちました。驚いて動けなくなると、指を陰部に挿入し、がしゃがしゃと動かし始めたのです。午前6時40分頃、ようやく解放されました」(A子さん)

その後、ショックを抑えて仕事を続けていたA子さんだが、次第に「死にたい」と思うようになり、性暴力被害者を支援するNPO法人に相談。紹介された病院の医師からは「重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断された。


A子さんに出された診断書

A子さんは2019年8月、和歌山県警白浜警察署に被害届と告訴状を提出。ラブリは昨年3月に強制わいせつ被疑事件で書類送検され、現在は和歌山地検が捜査中である。

同性間の性犯罪について、アトム法律事務所の川崎聡介弁護士が解説する。

「加害者が女性でも男性でも、暴行被害を受けた人が性的に不快を感じた時点で性的自由を侵したことになります。2017年改正の刑法では、『強姦罪』が『強制性交等罪』に変更され、男性から男性への強制性交等の被害が認められました。女性同士では性交にはならないので、強制わいせつ罪が適用されます」

事実関係についてラブリの所属事務所に確認を求めると、ラブリの担当弁護士が取材に応じた。事件の事実関係については「客観的事実はこちらの認識とは違います。記事掲載は(ラブリの)プライバシーを侵害するものです」とした上で、「犯罪行為はありませんでした」と強調した。

A子さんは今回の告発の理由をこう語る。

「女性同士でも性被害は起こり得るのだということを世の中に知ってもらいたかった。私以外にも同性から性被害を受けた人がいるなら、ひとりで悩まずに、勇気を出して声を上げて欲しいです」

1月21日(木)発売の「週刊文春」では、ラブリとA子さんが出会った経緯や性被害の内容、事件後のラブリ側の対応などについて詳報する。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/42932

パンツを脱がせクンニから指を挿入

「週刊文春」によると、2019年5月、ラブリとA子さんは共通の友人らと一緒に和歌山県白浜町を一泊二日の旅行で訪れた。

夜は7人でお酒を飲んだ後、ラブリはコンビニにタバコを買いに行った。A子さんは先に横になっていた。

コンビニから戻ってきたラブリは横になっているA子さんの上に乗り、<すごく舐めたいの、舐めさせて>と言いながら、A子さんのパンツを脱がせ陰部を舐め始めたという。

A子さんは拒否するものの、ラブリは押し倒し続け、それでもA子さんが抵抗すると<うるさい>と言い、A子さんの陰部に指を挿入したという。

旅行の後、心身の不調を感じていたA子さんは、性暴力被害者支援のNPO法人に相談。医師からは重度のPTSDの診断を受けた。

被害後は道端で倒れてしまうなど、日常生活を送るのが困難になり、会社を退職。今でも精神科に通院しており、東京を離れ実家で暮らしているそうだ。

ラブリの所属する芸能事務所アーティストハウス・ピラミッドは代理人弁護士を立てて対応し「犯罪にあたる行為はなかった」と主張。

一方でA子さんに<慰謝料ではなく解決金として五百万円を支払う>内容の示談を申し出たというが、A子さんは「きっちり捜査を続けてもらいたい」としてこれを拒否している。

[via:wezzy]
https://wezz-y.com/archives/85953

インスタで「意味深」投稿

2020年3月に書類送検されたと報じられたが、同年3月7日には、自身のインスタグラムで意味深な投稿を寄せていた。

「卑怯な手を使ってまで相手の社会を壊すことを私はしない。他人の社会とその後ろにある大切にしてきたものを壊してまで満たされたい自己の感情に純粋な言葉は見つからない。

あなたが壊そうとしているもの、それは私が純粋に向き合い大切にしてきた場所だ。卑怯な手を使って壊した以上、何と言おうと以降の言葉のどこにも信じれるものはない。

何と言われようと私は自分を信じていい。分かり合えない.ということを前提にして誰かと分かり合おうとしない限り、誰かと分かり合うことは難しい。

生きる目的を見失い目的が相手が不幸になることになったとしたのであればその先に自身への希望はなく、自身への恐怖に包まれる」

この投稿に対しては当時「絶対に自分を信じて」「何があったかわからないけど、応援しています!」といったコメントが寄せられていた。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2021/01/21403370.html

社会活動家の裏の顔

ラブリはモデル・タレントとして活動するほか、「白濱イズミ」の名前でアーティスト活動を展開。音楽家としてシングル曲やミニアルバムを配信したり、文筆家として個展を開催。ラブリ名で詩集や絵本を出版するなど、マルチな活動をみせている。

ラブリの活動はエンターテインメントの領域には収まらず、昨年には自身が白濱イズミ名でプロデュース・ディレクションを務めるビューティブランド「ikaw(イカウ)」の公式ECサイトをリリースするなど、ビジネスの領域にも進出。

さらに、2018年にはフィリピン政府からフィリピン観光親善大使に任命され、InstagramなどのSNS上では政治や社会問題、デジタル社会、環境、思想に関する発言も多く、チャリティ活動などにも積極的に参画している。

こうした一連の活動が評価され、19年には経済誌「フォーブズ ジャパン」の「トップインフルエンサー50人」の一人にも選出されており、“社会活動家”としての顔を持っているのだ。

私生活では19年に映像作家の男性と結婚し、翌20年5月には第1子となる女児を出産。公私ともに順風満帆な生活を送っているかのようにみえていたのだが――。


ラブリ 2019年11月に米倉強太が結婚

「ラブリの知名度が一気に世間に広まったきかっけは、15年に脱毛サロン『ミュゼプラチナム』のイメージキャラクターとしてCMに起用されたことでした。テレビCMのみならず、雑誌や電車内にもラブリが載った広告が大量に露出し、一躍、名が知られるところなりました」(週刊誌記者)

損害賠償を求められる可能性も

今回の書類送検がラブリの今後に与える影響について、テレビ局関係者はいう。

「すでに警察や検察が動いているということは、なんらかの事件性の疑いがあると判断されているからだと考えられます。やはり一番影響が大きいのは、プロデュースを手掛けるビューティー商品の販売でしょう。

実際の商品開発や製造、ECの運営など実務面は、ラブリのバックにつく事業者などが行っていると思われるので、もし今回の件を受けて製造・販売中止などの措置が取られれば、ラブリが事業者から損害賠償を求められる可能性もあるでしょう。

さらに、イメージ悪化は致命的なため、事実上、タレント・アーティストとしての活動の道は絶たれたといっていいかもしれません」

過去、社会活動家としての顔を持っていたタレントが不祥事を起こした例は、少なくない。

「昨年9月に違法薬物所持の容疑で逮捕(のちに有罪確定)された俳優の伊勢谷友介は、東京藝大大学院卒という学歴を持ち、俳優や映画監督などの芸能活動を行う傍ら、クリエイターなどが連携して社会課題解決を実践する会社リバースプロジェクトの代表を務めていました。

そのほか、医療大麻の合法化に向けた活動を展開し、参院選に出馬した経験もあった女優の高樹沙耶も、16年に違法薬物所持の容疑で逮捕され、有罪が確定しています」(前出・週刊誌記者)

果たしてラブリから、どのような弁明が聞かれるのだろうか。

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2021/01/post_203605.html

ネットの反応

・女性に猥褻?
・レズ?
・クンニするほど仲がいい
・クンニと手マン2時間w
・アカン 何か興奮してきた
・AVのガシマンを実践する女
・ガシャガシャ動かしたら膣内傷つくでー
・まずは開拓するところから
・独身じゃないのかよワロタ
・示談金積んで黙らせようって動いたけどケチったから表に出たって感じ?
・女が女にわいせつ行為で書類送検なんて、珍しいニュースというか、実際こんなことあるんだな
・これは恥ずい
・書類送検の情報が漏れるとか、絶対相手側がリークしただろ
・2時間無抵抗で、心も無にしてたのかね
・ラブリ側は「イカせてあげたのに何言ってるの?感じてたじゃん」ということでしょう
・白浜亜嵐のねーちゃんだから白浜に旅行?
・ラブリAV転向で再現してくれ
・誰か知らんがMUTEKIデビューよろしく
・むしろファンになるわw
・歯にマン毛が挟まってたので言い逃れできなかったらしい
・本人はノーコメントで通すのかな?
・クンニ危うきに近寄らず
・女の人でも自分の性欲を抑えられず手を出してしまう人っているんだな。
・もうテレビ出れないなぁ
・これ復帰できない案件だな
・告発内容がエグすぎてワイドショーでも報道を自粛せざるおえない。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/01/22 9:42

    まぁ、やっちゃいけない事はだめでしょ、社会はなんて気取るなら尚更。殊更セクシャルマイノリティなんて、そうでない人には例え理解があったとして、自分が対象になれば「恐怖」に映ることがあるって事を理解すべき。

  2. 2
    名無しさん 2021/01/22 15:40

    オイラのアナルも舐めて、指挿入してくれないかなぁ❤️

  3. 3
    名無しさん 2021/01/22 21:03

    下手くそだったんでしょ
    上手ったら訴えないわよ

  4. 4
    名無しさん 2021/02/17 11:47

    ②さん。妻子あるのに・・奥さんにしてもらいなさい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事