SPORTS

HEADLINE

橋本聖子議員が高橋大輔に無理チュー現場写真が週刊文春に!!セクハラ!?ハグやキスは当たり前!?

今年2月のソチ五輪に出場したフィギュアスケート選手の高橋大輔が、五輪閉会式後の打ち上げにおいて、日本スケート連盟会長でJOC(日本オリンピック委員会)常務理事の橋本聖子氏から、無理にキスをされるというセクハラを受けていたことが分かった。

高橋大輔
高橋大輔

橋本聖子
打ち上げの出席者によると、酒が入った橋本氏は高橋を側に呼び寄せると、突然抱きついてキスをし始めた。最初は嫌がるように身体をよじらせてかわそうとしていた高橋だったが、何度も橋本氏から迫られるうちに、途中からキスを受け入れていたという。

週刊文春の取材に橋本氏は「キスを強制した事実はありません。選手団の選手や役員は、外国の選手等との交流が多く、打ち上げなどでは、ごく自然にハグやキスをすることがあります」と文書で回答した。

橋本氏は現役の参議院議員で内閣改造の入閣候補とも目されているだけに、このセクハラ問題がどのように影響するか注目される。[週間文春]
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4271

■文春に掲載された内容と否定する橋本氏

「キス写真は、2枚掲載されており、最初の1枚は橋本氏が左手で高橋の手をつかみ、右手は肩に回しながらコトに及んでいます。橋本氏は唇をとがらせ、半開きの目で高橋を見つめながら恍惚の表情を浮かべているという、まさに衝撃ショットです」(芸能ライター)

文春に掲載されたキス写真
文春に掲載されたキス写真


「橋本氏は同誌の取材に、当初はキス自体すら否定していたものの、その後は外国人選手との交流の例を挙げて『ごく自然にハグやキスをすることがあります』と弁明しています。

近年のスポーツ界では、内柴正人の教え子への準強姦事件、また芸能界でも山岸舞彩への日本テレビプロデューサーのセクハラ騒動など、各所でセクハラを巡るトラブルが相次いでいるだけに、今回も単なるスキンシップでは済まないかもしれません。」(同)

内柴正人|山岸舞彩
内柴正人|山岸舞彩

さらにスケート協会副会長の鈴木惠一氏は、橋本氏の行為は「(セクハラには)当たらない。(相手は)男だから」とコメントし、また例えば浅田真央が同じようにキスをされたとしても「度胸あんじゃねぇか、お前はと、言っちゃうね(笑)」と同誌にコメント。

こうしたアスリート業界におけるセクハラに対する認識の甘さについて、あるスポーツ雑誌の編集者は、「特に女性選手に関しては、外から見れば完全なセクハラ行為が、本当に日常的に行われているのが実情。

セクハラをされる側も、それをセクハラとは思わないほどに、麻痺しているんですよ。そんな閉じた世界なので、一般的に見るとモンスターのような人物の温床になってしまうわけです。

しかし『コンプライアンス』というワードが日常化した現代で、こんな旧態依然とした慣習が今後も通用するとは考えにくい。たとえ高橋選手が今回の件で橋本氏を訴えなかったとしても、世間は『立場を利用された上に、ひどい目に遭わされてしまった高橋大輔』としか映らないと思います」と話す。[サイゾーウーマン]
http://www.cyzowoman.com/2014/08/post_13269.html

■この件が完全にスルーされてしまう可能性とは

スケート選手、とりわけフィギュア女子には低年齢のトップ選手が少なくない。大輔ファンのみならず、写真に衝撃を受ける選手や関係者も出てくるのは必至。

酒食を伴った会合は、建前上アルコール類の持込みが禁じられている選手村の一室という、半ば公共性も持ち合わせた場所で開かれた。若者の宴会で見られるようなノリで行為に至ったとしても、完全なプライベート会合とは言い切れまい。

競技団体のガバナンスやコンプライアンスの重要性を先頭に立って強調している日本オリンピック委員会(JOC)の常務理事という幹部でもある立場も考えれば、”いかがなものか”の世界。ましてや相手は力関係も発生する現役選手だ。

何より橋本氏自身、セクハラ・パワハラ問題が起こった全日本柔道連盟の外部理事に就任し、昨年は「理事の総辞職」を訴えるなど、組織統治を意味するガバナンスや法令・規範の遵守にあたるコンプライアンスの観点から全柔連の改革に厳しい視線を注いでいた。

競技そのものを損なう恐れがあった全柔連の一連の問題と”宴席での暴走”はまったく深刻さの度合いが違うとはいえ、2020年五輪・パラリンピック組織委員会理事、日本自転車競技連盟会長も務めるスポーツ界のVIPとしては不適切かつ間が悪い。文春記事によると、参加者たちはバシャバシャ写真を撮っていたという。

さすがに口止めはしたものの、機密情報を扱う外務省でかつて副大臣を務めた経歴も考えれば、ユルユルの無防備さではないか。

スポーツ団体役員をめぐるセクハラ騒ぎとしては過去に、日本サッカー協会で幹部にセクハラ行為があったと一部で報じられ、本人と協会、被害者とされる側もそれを否定したが、体調不良による休養後に退任したことがある。

橋本氏がトップのスケート連盟では、強力な反体制派でもいないと、この件が問題視される可能性は低いかもしれない。JOCもスルーするのか?[東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/blogwriter-watanabe/22509/

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 7
    名無しさん 2014/08/22 14:30

    ムラムラすんなら風俗に勤めればいいのに。そしたら俺は指名するぞ

  2. 6
    名無しさん 2014/08/21 16:37

    ハグするときに、口を尖らせてたらハグちゃうやろ(笑)
    子供が6人位いるらしいけど、元アスリートだけに、性欲強そう(笑)
    コレを見た子供達はどう思うんやろ。

  3. 5
    名無しさん 2014/08/20 22:37

    高橋も意外に勃ってたんじゃねえか
    酔ってれば人間乱れる

  4. 4
    名無しさん 2014/08/20 21:50

    それなりにウケる→WWW

  5. 3
    名無しさん 2014/08/20 21:25

    セクハラパワハラセクハラパワハラ
    セクハラパワハラセクハラパワハラ
    セクハラパワハラセクハラパワハラ
    セクハラパワハラセクハラパワハラ
    セクハラパワハラセクハラパワハラ

  6. 2
    名無しさん 2014/08/20 20:14

    何やってんだこのばばぁ

  7. 1
    名無しさん 2014/08/20 17:19

    事実なら何故に掲載された2枚の写真を掲示しない?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事