SPORTS

HEADLINE

【U-18野球W杯】日本、米国に惜敗し初優勝逃す…清宮、オコエ試合後のコメント

 日本は決勝で米国に惜敗し、初優勝を逃した。三回に2点の先制を許し、六回に1点を返したものの、逆転はならなかった。

「U-18W杯・決勝、日本1-2米国」(6日、甲子園)
s20150907-1

4番に座った清宮幸太郎内野手(早実・1年)は4打数1安打。チームを勝利に導けなかった責任を口にし、2017年にカナダで行われる次回大会で悲願の世界一をつかむことを誓った。

米国は大会3連覇で8度目の優勝を果たした。

 あと一歩が遠かった。歓喜の雄たけびを上げる米国ナインの輪を、清宮はじっと見つめ続けた。

「悔しいです。何の力にもなれなかった。申し訳ない気持ちでいっぱい」。目を赤くして涙を浮かべ、主砲の働きができなかったことを悔やんだ。

 世界一への執念がほとばしったのは六回だ。

2番・津田の右前適時打で1点差に追い上げ、なお2死一、二塁の場面。芯を外され、ボテボテのゴロが二塁手の前に転がると、必死に一塁へ駆け込んだ。「やっちゃった、と思ったけど、全力で走りました」。2死満塁に好機を広げた。
s20150907-2

しかし、続く平沢の打球は一塁手のグラブをはじきながら、間一髪でアウトに。同点とはならなかったが、チーム一丸の攻撃に聖地のスタンドは大拍手に包まれた。

 日本の4番としての責任感が裏目に出た。今大会は27打数6安打2打点。

「何としてもという思いが強すぎて、リラックスできなかったのはある」。楽しむ気持ちから、ズバ抜けた集中力が生まれるのが清宮のスタイル。本来の打撃ができなかった。

 それでも、日の丸の下に集った日々は最高の糧となる。各校では主力中の主力のメンバーが、縁の下の役割もいとわない姿は、心に焼き付いた。凡打にも感情をあらわにすることはなくなった。

西谷浩一監督(45)は、12年大会を経験して13年大会で主将を務めた森(現西武)の名を挙げ「清宮くんも成長して、もう一度(代表に)入って、この悔しさを晴らしてもらいたい」と期待した。

 悲願の世界一はお預け。2大会連続でチームを準優勝に導いた西谷監督は「選手は本当によくやってくれた。その頑張りを、勝つという喜びに変えられなくて残念」と、ナインをねぎらった。

20人の日の丸戦士の中で、清宮にだけは雪辱のチャンスがある。「もう二度とこんな思いはしたくない。絶対に戻ってきたい。世界一しかないです」。2年後、カナダの地で、必ず頂点に立つ。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/10558945/]

日本の悲願を阻んだ米国の投手起用

1次ラウンドの日本戦では投げなかったプラット起用が、スバリ的中した。

 この“秘策”について、指揮官は「数日前から考えていた」と打ち明けた。「(8月31日の)オーストラリア戦で彼が好投したときから、日本戦に投げさせることは頭にありました」

 1次ラウンドでは日本に0―3で完封負け。指揮官はこのときに、日本の走塁技術の高さに驚き、その対策を練っていた、と振り返る。

同監督によると「プラットを選んだ理由のひとつが、けん制のうまさ。きょうも、ひとつアウトにしてくれた」と満足げに話した。

s20150907-3 5回に中前打で出塁したオコエが、けん制によってアウトになった場面だ。

日本ではボークを取られてもおかしくない微妙な動作だったが、国際大会では判定基準が違うことは、しばしばある。このシーンにはスタンドからも、ため息がこぼれていた。

 確かに、勝俣、清宮、平沢と主軸に左打者が揃う日本の打線には、左投手のチェンジアップは有効。日本打線はまったくタイミングがあわなかった。プラットも「チェンジアップは、いつも自信をもっている」と豪語した。

 その上、けん制がうまいとなれば、これほどの適任者はいない。日本側にプラットのデータが少ない、という読みもあったのかもしれない。

 米国の見事な投手起用により好調の打線が封じられ、惜敗した日本。悲願の初優勝を2年後のカナダに、持ち越すことになった。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/10559334/]

清宮幸太郎(早稲田実・1年)

「何も貢献できなかった」

「怪我もあったし、迷惑ばかりをかけてしまい申し訳ないという気持ちでいっぱい」

1点を追う9回先頭で迎えた第4打席ではショートフライに倒れ、「ストレート1本で絞っていて、打てない球では、ミスショットする球ではなかった。今大会を象徴するような打席だった」。

今大会について「ここぞの場面で1本出せなかったのが反省」と総括した16歳は「本当悔しいので、今ここですぐ出して欲しいという気持ちではないが、もっとチームに貢献できるようになって戻ってきたい」と今後の成長を誓っていた。

[引用/参照/全文:http://full-count.jp/2015/09/06/post17296/]

オコエ瑠偉(関東第一・3年)

4日の韓国戦で右太ももを4針縫うケガを負いながら「6番・センター」で出場し、最優秀守備賞に選ばれたが笑顔は少なかった。

「先輩たちが負けていたので、絶対勝ちたいという大事な試合だった。力が及ばなかった。(初回の守備)自分はよかったが、チームの勝利が優先。負けてうれしい試合はありません」

初回には好捕で盛り立てたが、中前打で出塁した5回に盗塁死。

「盗塁する気はなかったけど、投手がホームに意識を向けたと思ったので(一塁へ)戻れなかった。日本と世界の野球が違うことが分かりました」と課題を見つけていた。

[引用/参照/全文:http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1534424.html]

佐藤世那(仙台育英・3年)

「(エラーは)足が滑ったとかではなく、一塁に投げようと思ったら、平沢に『走った!』と言われ、余裕があったが、余裕があり過ぎて腕が緩んでしまった。

その後、切り替えようと思ったが、打たれてしまった。1次ラウンドに比べて、上位打線のフォークの見極めがすごかった。そのため慎重になってしまった」と振り返り、「悔しいです。甲子園でも相手がマウンドに集まる姿を見ているので、悔しいです」と言葉を絞り出した。

上野翔太郎(中京大中京・3年

「悔しいです。世界一、獲りたかった。日本開催でチャンスだったので、獲りたかった。もう少し粘りたかった」と悔し涙を流した。

今大会は計18イニングを投げ、防御率0.00。「大会通じて自分のピッチングはできたと思います」と胸を張ったが、あと1勝が遠かった。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/10558595/]

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2015/09/08 10:58

    さりげなく韓国やらかしてんな。オコエ怪我してあんな走ってるのかよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事