SPORTS

HEADLINE

村田諒太【動画有】王座陥落で事実上の引退か「こんなダメージ初めて」「続けたら壊れる」完敗の裏に3つの誤算

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。

正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。自身のキャリア2敗目を喫し、ベルトを失った。

絶対的有利の前評判だったが、まさかの完敗。誤算はどこにあったのだろうか。

戦前の大方の予想は村田の「大差判定勝ち」。もしくは「終盤のKO勝ち」。

ブラントはスピードと手数に優れるが、決定打に欠き、最終的にはじわじわとプレッシャーをかけ追い詰める村田が仕留めるだろうとの見方が多かった。

しかし蓋を開けてみれば、フルラウンド打ち合っての判定負け。ジャッジ3人はそれぞれ118-110、119-109、119-109と大差をつけた。

村田自身も、「『あ、負けたな』という感じ。今日はもう完敗ですね」と認めるしかない敗戦。いったい何が誤算だったのか。

①スピード手数が予想以上

ブラントのスピード、手数の多さは1ラウンドから際立っていた。戦前の評判通りのファイトスタイルだが、そのクオリティが想定以上だった。「速かったですね。よく動くし」と村田も舌を巻くしかなかった。

3ラウンド、4ラウンド、5ラウンドと村田も効果的なボディーブローを決めるシーンはあった。このボディーを積み重ねて、動きの落ちてきた後半一気に仕留める――。

村田はそんな青写真を描いていたかもしれない。ここに第2の誤算があった。

「もっと落ちてくれるかなと思ったら落ちなかったので、よく練習してるんだろうなと思いました。ボディーは当たって効いているときもあったと思いますけど、それ以上に相手の方がインテリジェンスという面で上だったかな」

②スタミナが落ちない

タフさも想像以上。5ラウンドには一度、コーナーに追い詰め畳みかけるチャンスはあったが、以降もブラントの動きは落ちなかった。10点差をつけたジャッジ2人が村田にポイントをつけたのはこのラウンドだけだった。

ブラントは描いたプラン通りの展開に持ち込んだ

そして第3の誤算。ブラントの完璧なまでの王者対策だった。村田も足を使いプレッシャーをかけることには成功したが、そこからのパンチがなかなか当たらない。逆にブラントに執拗なまでに左のショートを重ねられた。

「右をしっかり見切って、左右に動いて、打ち終わりをジャブ突いてという感じ。コントロールされたな、よく研究されたなという印象です」と認めるしかなかった。

③村田の弱点を徹底攻略

ブラントは2か月前からラスベガス入りし村田対策を積んできた。元世界王者のエディ・ムスタファ・ムハマド氏には4か月前から師事。

村田のことをよく知る、ライトヘビー級の元王者に細かい指示を受けてきた。戦前、ライター・杉浦大介氏による電話取材で、こう話していたという。

村田にとって過去唯一の敗戦だった2017年5月のアッサン・エンダム(フランス)戦を振り返り、「あの一戦の中でムラタ攻略の青写真が示されたとも感じています。

こちらがよりアクティブに動き、手数を出せば、ムラタのパンチは出なくなる。展開次第で動きが減ることがムラタの弱点ですね」と自信をのぞかせていたのだ。

エンダムとブラントではタイプこそ違うが、ハンドスピードで村田を上回ることは共通している。まさに狙い通りの展開に持ち込んだわけだ。

村田は完敗を素直に認め、「非常にいいコンディションでできてましたし、練習自体も100%やってきたんで、追い込みもしっかりやってきた。今までで一番いい追い込みができたと思ってますし、その過程においては何の後悔もない」と言い訳はしなかった。 

村田にとってもゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とのビッグマッチなど、大きな展望が開ける一戦だったが、ほぼ無名に近い存在だったブラントにとっても、今回のタイトルマッチはボクサー人生最大のチャンスととらえていた。

共に最善の準備をしたことは間違いないが、ほんの少しだけ、勝利への執念が上回ったのはブラントだったのかもしれない。

[via:THE ANSWER]
http://news.livedoor.com/article/detail/15477649/

村田「次は…なんて気持ちにはなれない」

現地で一夜明け会見を開き、今後について「納得いく形で、周りの方々と話をして決めていきたい」と話すにとどめた。

被弾の多さを物語るようにサングラスを着用して現れた村田。試合後の夜は陣営のメンバーとともに過ごして30分ほどしか寝ていないとのことで、一夜明けた心境を

「何かを感じているわけじゃないですけど、まあ、負けたなと言う率直な気持ち」

「ここまでタフな試合はなかったと改めて思います。こういうダメージを体に感じるのはボクシング人生で初めて。相当なパンチをもらったというのはあります。こういう試合を続けたら壊れるなという気持ち」

と話した。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/ring/2018/10/22/0011752184.shtml

村田との一問一答は以下の通り。

――今の心境は。

 「まあ、右も読まれていたし、自分のボクシングの幅の狭さを感じたので、あ、負けたなって感じですね」

 ――何ラウンドから思うようにいかないと思ったか。

 「倒せるチャンスに倒しきれなかったのが全てかなと思います」

 ――6ラウンド。

 「そうですね」

 ――向こうは最初から勝負してきたし、体力を消耗すると思ったが。

 「もう流れが相当良くなかったし、いやもう、完敗ですね」

 ――採点はだいぶ差がついた。つきすぎかなと思うが。

 「僕も、もうちょっとくれてもいいかなと思いましたけど、16―14でも16―12でも負けは負けですから、そこは気にならないですね。そうつけられてもおかしくない試合内容だったなと思う」

 ――ブラントが予想と違ったところは。

 「速かったですね。思ったより。ボクシングも速いし、もっと(体力が)落ちてくれるかなと思ったら、落ちてくれなかった。よく練習してるんだろうなと思いました」

 ――左ボディーが途中から当たっていたが、打開策だったか。

 「ボディーもそうですね。効いているところはあったと思いますけど、それ以上に相手の方が、インテリジェンスという面で上だったかなと思う。やっぱり右はしっかり見切って、左右に動いて、右の打ち終わりをジャブを突いて狙って、本当にコントロールされたな、研究されたなという印象ですね」

 ――村田選手の右もいつもと違う感じがした。

 「相手あってのものなんで、相手が速くて当たらなかったというのが一番じゃないですかね」

 ――ラスベガスでの世界戦の感想は。

 「自分のボクシングの幅の狭さを感じましたし、ベストは尽くしたけど届かなかったなという気持ちですね。ただ、多くの日本人の方が来てくれていたので、それは凄くうれしかった」

 ――判定を聞いた瞬間、拍手を送っていた。

 「完全に負けたと思っていたから。負けだなと」

 ――ボブ・アラム・プロモーターが再戦させたいと話している。

 「でも、再戦を要求するような内容じゃなかったと思いますし、完敗だったので。それは僕がモノを言えることではないと思う」

 ――アラムさんはブアント陣営に了解を取ったと言っているが。

 「今はあまり考えられないですね」

 ――心の中で一番占めている感情は。

 「負けたなと。完全に負けたなと。実力不足だと」

 ――相手の効いたパンチはあったか。

 「一発で効いたというより、蓄積されていったというか。11ラウンドもぐらつきましたし。蓄積の面ではありました。一発どれがという感じではなかったですね」

 ――距離感は。

 「距離がどうこう言うより、右を完全に読まれていたので。本当にうまく戦われたなと」

 ――初回から感じていた。

 「思ったよりも速かったというのが正直なところですね。もうちょっと遅いかな、もうちょっとスタミナ切れるの早いかなと思っていたけど、自分の消耗があったのもあるでしょうし、いくら疲れていても相手はうまいですから。自分もワンツーからボディーしか打てない選手だし、自分の幅のなさを痛感した試合になりました」

 ――これから試したいスタイルはあるか。

 「いや、これだけ大きな舞台をつくっていただいて、負けて、はい、じゃあ次はなんていう気持ちにはなれないですね」

 ――コンディションは。

 「非常にいいコンディションでできたし、練習自体も100%できたんで。追い込みもしっかりやりましたし、過程においては何の後悔もないです。いい時間だったと思う」

 ――エンダム戦の負けと違う意味がある。

 「今日は完全に負けたので、全く違う」

 ――これからのことはしばらく考える?

 「そうですね。はい。そんなすぐに答えが出てこないので」

[via:スポニチ]
https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/10/21/kiji/20181021s00021000270000c.html

ハイライト動画

ラスベガスでのタイトルマッチ(日本時間21日)は動画配信サービス「DAZN」でライブ放映されたが、地上波では27日深夜25時45分からフジテレビで録画中継される。

ネットの反応

・力の差がありすぎたな
・元々トロ臭くて強そうに見えなかったが、一気にメッキが剥がれたな
・耳やべぇな…中から血が垂れてるんじゃねぇの?
・もう引退だね
・KO負けに等しい位、内容の悪い判定負け。
 >KO以上にショックデカイと思う それくらいの完敗
・ベガスでやるレベルの試合じゃないよなW
・可哀想だけど、ここらが潮時だね。
・よくこれでゴロフキンとやるなんて寝言ほざけたな。
・サンドバッグみたいにいいようにやられてたなw
・エンダムに負けたときもそうだけど手数少なすぎ 棒立ちガードでワンツーしかない
・本来プロに転向する気も無かった選手やからな 世界チャンピオンになれただけで充分過ぎるやろ
・プロで成功するボクサーはハンガリー精神の塊だからな
・村田の場合は金メダル獲って妻子がいてリスクを冒してまでリングに上がる必要はなかったから残念だけどここが限界
・ジャパンマネー狙いで日本陣営とスクラム組んで大事にされてきただけだったのか
・メイウェザーもそうだが今のボクシングはジャブの手数でいかにポイントを稼ぐかが勝負
・一発KO狙いのボクシングなんてしてたら遅かれ早かれ負けるのは当たり前 再戦したってまた負けるよ
・これから飛躍的に技術が向上するとは思えないし、今の身体能力を維持するだけでいっぱいいっぱいになりそう
・判定負けするくらいなら打撃戦して玉砕しろよ
・仮に勝てたとしても米国人を喜ばせるようなスタイルじゃないから米国でのマッチメークはもう無いと思うわ
・こんな負け方で再戦要求出来んわな
・進退の話をするには未だ若すぎるだろ
・亀防御して強打で勝つしか無いのに その強打も通じない始末
・これが本当のリアルボクシング 今まだ自信つけさせてたのも水の泡
・ミドルクラスになるとまともにパンチ入ったら死ぬからな もう止めたほうがいい
・これ以上の力の上積みは無理 引退だろうな
・相手は全然強くなかった
・国外じゃ奈良判定は無理だったか
・結局メダルは山根のおかげベルトはフジのおかげってだけの人だったな
・ぼろくそ言われてるけど、勝つチャンスはあったと思うよ。本来のスタイルを愚直に貫いていれば。王者になって、慢心したんじゃね。

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/10/23 15:46

    お疲れさん!

  2. 2
    名無しさん 2018/10/22 16:35

    >ハンガリー精神

    それなw

  3. 1
    名無しさん 2018/10/22 14:54

    ハンガリー精神?(・・;)

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事