SPORTS

HEADLINE

メイウェザーvs.天心はガチ!?エキシビション!?RIZIN榊原氏が経緯やルール、手付金を赤裸々告白

5日12時に発表された「フロイド・メイウェザー・ジュニアvs.那須川天心」の一戦。平成最後の大みそか、RIZIN.14で奇跡の異種格闘技戦が実現することになった。

マッチメイクを成功させたRIZIN実行委員長の榊原信行氏は、かつて「PRIDE」代表として一大ムーブメントを生み出した名プロモーター。そんな格闘界一の仕掛け人は、今回の一戦をどのように味付けしようとしているのか。

参戦発表会見の後に行われた榊原氏への囲みでは、合意に至った経緯やルール交渉の現状、またお金に対する赤裸々な話が語られた。

シューズを履かないだけでボクシングではなくなる

――ルールはどうなる?

ボクシングルールにはならないですね。ボクシングっていうのは協会があってライセンスがあってのことです。

RIZINのスペシャルスタンディングバウト、いずれにせよMMAでやることはないと思います。蹴りをどうする、ウエイトどうする、打撃どうするとか、いろいろあります。

ボクシングってシューズを履いてないだけでもボクシングじゃないですからね。天心がボクシングシューズを履くっていうことはちょっと考えられないです。

いずれにしてもスペシャルスタンディングバウトになることは間違いないです。天心もボクシングのライセンスを持ってないですし、僕らもボクシングをやるコミッショナーとしてのライセンスが無いので。

当然ウエイトも、メイウェザーが落としても145パウンド、65.7キロくらい。天心が上げたとして61、2キロ。5キロくらいの差には最終的になってくると思います。

平成最後の異種格闘技戦ですよ。平成最後のみそかの夜を彩る、大決戦。

日本人のみなさんがとにかく大好きなアントニオ猪木vs.モハメド・アリ戦や、高田延彦vs.ヒクソン・グレイシー、それに引けを取らない平成最後の異種格闘技戦。

みんなで言っているのは、「平成最後の“やれんのか!”」っていうタイトルで推してもいいんじゃないかと。

メイウェザーも新しいチャレンジで、ボクシングっていうルールの中でこれまで戦ってきましたけど、当然ラウンド数も変わりますから、そのなかで彼が何を見せるのか。

これからルール交渉が大変だと思いますけれども、いずれにせよ、2人はみそか、RIZINのリングで戦います。そのルールはもう、スタンディングの異種格闘技戦として成立するような然るべきルールをこれから見つけるということだと思います。

――現時点での両陣営のリクエストは?

殴るだけだとしても、ボクシングにないバックブローをどうするとか、1ラウンド5回蹴らせろ、3回ならいいよとか、分からないです。どこでどう落としどころを見つけるか。

でもお互いプロで「やる」と決めているので、どこかでスイートスポットを見つけ出せるかなと思います。喧々諤々(けんけんがくがく)、これからあると思います、

――両者のウエイトは合わせない?

合わないと思います。関係ない。日本は無差別級がある国ですから。ボクシングっていうのは競技ですから。そこにはまらない。喧嘩のときにお互いウエイト何キロ、ってやらないですよね。これは喧嘩ですよ、日本とアメリカの大喧嘩。

――短いラウンドでエキシビション的になる?

エキシビションってどう理解されているか分からないけど、米国で言えば「非公式な試合」がエキシビションマッチ。

ヘッドギアつけて大きなグローブで殴る、ってことは絶対ない。そういうことではなくて、短いラウンドになるかもしれないけど本当の真剣勝負。

これはボクシングのキャリアの中で言えば、当然メイウェザーは自分たちの公式キャリア……例えばこれまで50戦50勝無敗、今回天心に万が一KOされた時に、彼はそれを「1敗」とは書かないですよ。

そういう意味では非公式なマッチ、ボクシングの公式戦ではないということ。そのへんはみなさん取り違えているかもしれないけど、一番リスキーな試合だと思いますよ。競技としての枠、ルールで守られないわけですから。

――蹴りが入る可能性もある?

ありますね。交渉だと思います。天心側は何回でもいいから蹴らせてくれって、1回でも2回でも分からないけど、その可能性も含めてこれから探っていきたいと思います。

オープンフィンガー使用も諦めていないが…

――これまでの話し合いではルールの話はなかった?

もちろんしていますよ。最初はオープンフィンガーグローブでどうだっていう話から始まっています。だからいろいろな可能性をひとつずつ詰めていますよ。

オープンフィンガーでっていうのは、まだ諦めてはいないんだけど、総合の試合にはならない。だから立ち技でいこうと。

グローブのオンスは8オンスか6オンスか、それも例えばウエイト差があった時に、ボクシングのグローブでやるとしても、グローブのオンスでハンディキャップを付けるとか、こういうことも細かくこれから詰めですよね。

メイウェザー側ももう少し天心のことを研究すると思いますよ。なにが危険で、なにを受け入れて、っていうところを。

今回初めて(天心を)見て、昨日もいろいろな撮影で顔を合わせる機会があったんだけど、天心の上半身脱いだ姿も見ているから、ここから探り合いというか。

過去の高田vs.ヒクソンの時も、試合の前日にルールがようやく調印できましたからね。それはみなさんも楽しんでください、僕は大変だと思うけど(笑)。

――ジャッジをつけて、判定もある?

そういうことも含めて全部です。それもすでに揉めていますから。どこのジャッジもこんな試合裁きたくないですよ。当然メイウェザー側からすれば米国からジャッジを連れてきたい。

どのルールになるかですけど、ボクシングのことしか分からない人にジャッジさせられないじゃないですか。難しいですよね。

でも僕は「果たし合い」にしたいです。競技の型にはまりすぎて、世界中の格闘技界がつまらなくなっている。競技の枠を越えて、違う競技同士が、それぞれの無敗同士が、どちらかに平成最後に土がつきますよ。それは事実。

そこを突き詰めればいいんじゃないですか。ルールは試合が成立するためにあればいいと思っているので、ルールに合わせた競技ではないです。

屈辱的な契約ではない。紳士的な落としどころが見つかった

――金銭面は大丈夫なのでしょうか?

10年くらい前にUFCにPRIDEを売った時のお金がまだちょっと残っていたので、そのお金でメイウェザー選手を買いました(笑)。大変ですよ、お金は。

――言える範囲内で、どれくらいの規模でしょうか?

それは……いつも100万円もらっている人が1万円で試合しないことは確かですよ。

僕も長いこと格闘技のプロモーターをさせてもらっていますけど、過去最高のファイトマネーを払うことは間違いないです。お金が払われなければ当然試合はやらないですよ。いろいろな権利のシェアとか課題はありますけどね。

――10万円くらいなら?

そこは想像に任せますけど、100万円の人が10万円で出て、ニコニコしているかどうか。なんだよ、やらねえよ、ってなるんじゃない?

そんな中途半端なお金では成立しないということは間違いない。(その金額)だったらできてますよ、今までも。

――「長期的な関係」という話が会見で出ていたが?

彼もボクシングの中でここまで名誉も地位も名声も財産もここまで築きました。だから今回は本当に新しいチャレンジ。

若い選手の育成もしたいし、アジアの中でもっといろいろな形で僕らRIZINと組んで大会を開催して、ネットの時代ですから世界中にそれを見てもらいたい。

米国に閉じこもってボクシングの中だけでしかできないことに固執することもないだろうということで、いろいろなチャレンジを大みそかにキックオフして、来年のRIZINの中でも、RIZINというシリーズなのかもう1つ別なものを立ち上げるのか、中長期的な向き合いを組み立てていくという話が、お互いできています。

――北米に合わせて試合時間を早めることはある?

ないです。日本人の人たちがファーストです。アジアの人たちがファースト。米国の方たちも朝起きて、早朝目をこすりながら見てください。

僕らが五輪やワールドカップを早朝、深夜に見るように、北米の人もメイウェザーの試合が見たかったらそういう時間に見てほしいです。

――米国でも放送する?

間違いなくします。世界中でします、LIVEで。

――北米の放送権を売った?

売ってないです。売り切っていない。お互いにシェアしています。そんなところを売ったら僕だって回収のしようがないですよ。

そんな屈辱的な契約でもないし、お互いに紳士的な契約の落としどころが、時間かかったんですけど一応見つかりまして、海外のペイパービューについてもお互いシェアをします。それはでも、今までの試合よりは多いんじゃないですか?

お金が足りない。手付金は払えても。

――会場のさいたまスーパーアリーナはスタジアム使用?

いえ、今までのアリーナ使用です。今さら間に合わないので、2万、3万人くらいまで入れるようにアリーナ内の会場環境は変えますけれども、スタジアム使用にはしないです。

だから早くチケットを買っていただかないと、(枚数が)無いと思います。2大会連続でSOLD OUTさせられたらなと思っています。

生メイウェザー、メイウェザーのファイトをリアルな試合で見ることって、多分の日本の人たちは初めての人が多いと思うんですよね。米国で見た人もいるかもしれませんがごく一部ですから。

せっかくの機会なので、その対戦相手が那須川天心であるというその事実に、みんなまず嘘だろって思うじゃないですか。僕も嘘みたいな本当の話っていうか、こんなことあるんだなって(笑)。

やっぱり強い者が強い人を呼び寄せるんだと思いますよ。

メイウェザーにも那須川天心っていう選手でどうだと説明して、それがあまりにも自分の思っているイメージの選手と違ったら彼は受けなかったと思いますし、そこに自分が求めるだけの魅力が那須川天心にはあった、っていうことなんだと思います。

そして天心側もいろいろなことを……ルールがどうのとかあると思うんですよ。そんなことを差し置いてメイウェザーの前に立てるなら、例えルールやウエイトがどうであっても、戦う者として千載一遇のチャンスじゃないですか。だから僕らは世界中の人が那須川天心に驚けばいいと思うんです。

アジアで一番強いのはパッキャオだと思っている米国人が圧倒的に多いと思います。いや違うんだと。こんなにすごいやつがいるというのを世界に知らしめたいです。

世界の人からすると、こんな小さい若くて小さい経験の無い選手を対戦相手にあてて……と思われがちかと思いますけど、まあ見とけって。

那須川天心っていうすごい日本人のスーパースター、天才がいるということ。われわれにとっても天心にとってもチャレンジですよ。

――テレビ中継などは決まっている?

そこに向けて最終調整を今しています。さっきの権利面とかいろいろあるんですけど、あとは日本のみんながサポートしてほしいです。お金が足りないです、そういう意味ではね。

契約はありますよ。最終的に払いきれるかどうかなって。「やれんのか!」じゃなくて「払えんのか!」っていう(笑)。そのリスクを僕は取ったので、スポンサードもだし、ファンのみなさんにもサポートしてほしい。

ファイトビジネスは米国に圧倒的なマーケットがあるから、米国の放送局や米国のプロモーターが優先的にいろいろなものを持っていくじゃないですか。

日本でもみんなが力を合わせれば、これだけのことができるよということを(証明したい)。日本のマーケットがあればある程度戦えるはずだから、それは僕らプロモーターにとってもチャレンジですよね。

メイウェザーに約束したもの、天心に約束したもの、環境を整えて彼らにキチッとギャランティしてあげられるかどうか。もちろんしますよ、するために、UFCにPRIDEを売ったお金の残りで手付金くらいは払えたとしてもさ。なんとかしてよ。お金持ってきてよ(笑)。


会見で余裕しゃくしゃくのメイウェザー

最初のアプローチはメイウェザー側から

――プロモーターとしての高揚感を久しぶりに感じている?

もちろん高揚感はあるんだけど、高揚感よりは本当に実現させられるかなっていう、高田vs.ヒクソン戦の時もそうだけど、当日の当日まで、2人がリングに上がって試合が成立するまで気が抜けなかった時のことを覚えているんですけど、その時のような緊張感の方が大きいですね。

こうやってみなさんに興味を持ってもらった分、その期待に応えないと、「なんだよ大したことないじゃん、話違うじゃん」ってならないように。

期待通り、期待以上のものを出すために31日に向けての努力がこれから始まるんだなと思うと、その責任感とか道のりの方が今は大きいですね。

終わった後に自分のなかにどういう思いが去来するかはちょっと分からないです。

――「この一戦があるなら」と協力してくれるスポンサーもある?

そういうところはたくさんあるんじゃないですか。そこに期待しているし、今まで振り向かなかったスポンサーさんにも振り向いてもらいたいと思っています。

放送局とか配信権とか、今までもRIZINとして世界に配信したり放映権は売っていましたけど、われわれにとっても未来に向けて、世界中の人にRIZINという戦いの舞台に興味を持ってもらう、知ってもらういい機会だと思っています。世界中にどれだけRIZINを売り出していけるか、特に北米マーケットに対して。楽しみです。

――放送時間は?

何時にメイウェザーvs.天心が流れることがいいのか。当然米国のことを考えたら少しでも遅いほうがいいわけです。22時とか23時とか。

でも地上波と交渉するなかで当然、紅白の裏で枠を空けていただくとすると、一番ベストタイミングの放送時間が何時なのか。その他のことも合わせて、そういったパズルをここから1週間くらいで一気に進めたいと思います。

――メイウェザーはMMAに興味を持っているのか?

新しいチャレンジをすることにすごい興味を持っています。コナー・マクレガー(UFC)とやったこともそうですけど、MMAを認識しているし、でも一足飛びにMMAをやるかと言うと、話している感じではそんな簡単なことではないと思います。

本人はいろいろなチャレンジをしたいと思っても、周囲のマネジメントチームが彼のブランドをどう守っていくかという考え方があるので。そのマネジメントチームが何人もありますから。

日本からアジア全体に広げていきたいという思いもあるし、みんなの思惑のバランスを取りながら、本人のやりたいことを全てやれるという環境でもないのかなと思っています。

――交渉のアプローチはどちらから?

9月30日の大会(RIZIN.13)が終わってからですね。10月に入ってからメイウェザー側と接点を持って、どちらかと言うとメイウェザーのマネジメントチームから、9月30日のRIZINを見て、「日本でやるならこの舞台しかないと思いました」と。

メイウェザーを日本で試合をさせることについて、一度具体的な相談をさせてほしい、と正式に申し入れを受けて、そこからです。だから(発表まで)約1カ月をかけて全ての話がまとめあげられたということです。

――向こうの方が先にきた?

そうです。

[via:スポーツナビ]
https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201811050003-spnavi

ネットの反応

・やめとけ殺されるぞ
・ボクシングルール以外やらないよ
・興行やで
・さすがにガチではなかろう メイはWWEでも試合したしな
・あのメイウェザーが日本で日本人と試合とか違和感が凄いな
・異種格闘技戦なんてそんなもんだから全く違和感なんて無いんだが
・逃げウェザーがキック有りのルール飲むわけないな
・蹴りはちゃんとガードできないと叩き折られるんじゃね?
・手付け金だけもらって試合するする会見で注目集めるだけ集めたらドタキャンしそうだわ
・リアルファイトだったらルールを決めて初めて契約成立だろうね。エキジビションならルールを後から決めても問題ない。
・期待するとガッカリするからTシャツ着てデカいグローブ軽いスパーリングのエキシビジョンだと思っておく
・K-1のタイソンみたいに怪我でドタキャンする茶番
・ひとつ確実なのはメイウェザーは絶対に試合をしない
・相撲やれ相撲
・ローキックありだとメイウェザーは絶対に勝てないけど、ミドルキックとハイキックありならいいだろ、10kg以上体重さがあるのだしそれぐらいルール譲歩しろよ
・キックありならローは禁止、ミドル、ハイも回数制限ありかな
・ボクシングルールだとメイウェザーに当てるの無理だろ
・天心の何が凄いのかわからんが凄いと思わせようと必死なのはわかる
・これで天心は一気に世界に名を売れたな
・メイウェザーと試合したってだけで一生自慢できる どんなルールでもやるべきだろうな
 >一生自慢どころか一生食いっぱぐれないだろうな。格闘技界の生ける伝説となる
・こんなしょーもない塩外人と接待試合するんじゃなくて 井上とやれよガチで
・これから大晦日までどんな「煽り」をするかが全てだろうな
・結局無茶なルールで地味な試合展開にしかならんだろうな
・メイウェザーこの件で海外で叩かれまくってるw 相手も誰やねんって話だし

メイウェザーってどんな奴!?

ここでメイウェザーのことをあまり知らない人のために、メイウェザーがどれほどの大物なのか説明しておきたい。

1977年生まれのフロイド・メイウェザー・ジュニアは現在41歳。プロでの戦績は50戦50勝無敗、史上初めて無敗のまま5階級制覇を成し遂げるなど “史上最強” と称されるボクサーである。

強いのは当然として、メイウェザーは人気も段違い。その人気もいわゆる正義の味方ではなく、憎たらしいまでの「ヒール人気」といえる。

なぜなら自らを「マネー(金の亡者)」と呼び、対戦相手をけちょんけちょんにこき下ろすなど、お行儀よくしようなんて気配はサラサラないからだ。

実際に2012年には内縁の妻への暴行罪で刑務所に服役しているし「俺は史上最強のボクサー」という趣旨の発言をした際には、モハメド・アリやマイク・タイソンから激ギレされている。憎たらしいけど死ぬほど強い男、それがフロイド・メイウェザーなのだ。

シンプルに例えるならば、

「マイケル・ジャクソンが紅白歌合戦に出場する」

……みたいなものである。どうだろうか? 今回の発表がどれだけスゴイことなのか、ニュアンスだけでも伝わっただろうか? とにかくとにかく、快挙や衝撃なんかじゃ言い表せないほど、マジのマジでスゴイことなのだ。

ちなみに、メイウェザーは2015年のマニー・パッキャオ戦では270億円、2017年のコナー・マクレガー戦では300億円を稼いだと言われている。

興行収入ではなく「1試合のファイトマネー」で270億……そして300億……! さすが、マネーとしか言いようがない。

しかも対戦相手が日本の至宝「那須川天心」とは、これまたスゴイ。妄想は大きく膨らむが、今は「ファイトマネーが折り合わなかったからキャンセル」なんてことだけは無いように祈るばかりである。

[via:https://rocketnews24.com/2018/11/05/1136078/]

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/11/08 8:23

    やはり中止か。

    ライジンって話題性のある対戦カードをぶち上げて、運営に過失は無くても結局は流れるパターン多いな。

  2. 2
    名無しさん 2018/11/07 13:47

    天心って奴の紹介もしてくれよ
    メイフェザーよりも誰やねん状態だわ

  3. 1
    名無しさん 2018/11/06 22:44

    ルールか、あるいは金銭面か、もしくは待遇面かで交渉決裂して…さらに言えばどちらかの選手に怪我か体調不良が起こって流れるに一票。
    ライジンあるある

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事