SPORTS

HEADLINE

【全豪】錦織ベスト8劇的勝利の舞台裏 カレノブスタが激怒した審判の判定を巡って論争

全豪オープンの男子シングルス4回戦が行われ、世界ランキング9位の錦織圭(29、日清食品)が同23位のパブロ・カレノブスタ(27、スペイン)とグランドスラム大会で自身最長となる5時間5分のフルセットの激闘を戦い2セットダウンから6-7、4-6、7-6、6-4、7-6で逆転勝利した。

錦織は、3年ぶり4度目のベスト8進出を決めたが、今大会から最終セットのみ10点先取のルールが導入されたタイブレークで、カレノブスタが、主審が下した判断に激怒の抗議を行う場面があり、そこから一気に流れが変わった。

8-5とリードしたカレノブスタのパッシングショットを線審は、アウトの判定。それを聞いたカレノブスタはもうプレーをやめたが、錦織はリターンした。

カレノブスタはチャレンジを要求して、判定はインだったが、ポイントは、そのインのボールをウィナーにした錦織のものとなったため、主審へプレーのやり直しを求めて猛抗議したのだ。

だが、判定は覆らず、ショックのカレノブスタは、そこから5ポイントを連続で失って逆転を許し錦織からの“金星”を手にし損なった。

試合後も、怒り沸騰のままだったカレノブスタは、主審との握手を拒否し、真っ赤なラケットバッグをコートに投げつけて何やら大声で吼えた。会場からはブーイングが起きたが、その観客に向かっても怒鳴り声を上げた。


ただカレノブスタは、試合後会見で「5時間を戦った後で自分はとても悲しかった。コートから去るときの態度は正しくなかったし、申し訳なかった。あれは自分(の姿)ではない。このように全豪オープンを去らなければならないのはつらいこと。信じられないプレーができていたと思うし、圭も本当に良いプレーをしていた」と謝罪した。

だが、海外メディアの間では、このカレノブスタの猛抗議を受けつけなかった主審の判断の是非を巡って論争が起きている。

オーストラリアのニュースサイトnews.com.auは、この問題のプレーについて「線審の遅い判定のせいで、カレノブスタが、錦織のバックハンドを返さなかったプレーに対して主審が論争を呼ぶ判定を下し(論争の)マッチに火がついた」と紹介。

「カレノブスタは判定が覆されたことでプレーを止めたと猛烈に抗議したが、ポイントは錦織に与えられたままだった。トーマス・スウィーニー主審は、カレノブスタのショットが誤ってジャッジされたが、いずれにしろ錦織はプレーを続けてウィナーを決めていただろうとして錦織にポイントを与えた。

『(最初のアウトという判断が間違っていなければ)錦織のショットを返すことができたかもしれない』というカレノブスタの主張は、ポイントのリプレイを拒否した審判により、論争を伴って一掃された」と、問題の場面を詳しく説明した。

記事では、テニス評論家の見解が紹介されており、錦織のコーチを務めたこともあるブラッド・ギルバート氏は、ツイッターで

「タイブレークが8-5のスコアで盛り上がっている状況でPCB(パブロ・カレノブスタ)は主審からポイントを奪われてしまった。あのポイントは、リプレイされるべきだったと思う。それでもスペシャルK(錦織圭)はもうポイントを失わなかっただろう」

「あの終わり方には驚かされた。PCBは完全に切れてしまった。彼が本当に気の毒だ。主審は誤った判定を下したと思うが、めったに見ることのない主審の判断だった」

と主審の判断を批判した。

またグランドスラム大会でダブルス7勝をあげているオーストラリアのジョン・フィッツジェラルド氏も、「あれは彼の本当の姿ではない」と、試合後も怒りを見せたカレノブスタを擁護。

「彼は堂々と胸を張れる。ただ最後に少し見失っただけだ。両選手を讃えなければならない。2人の戦士だ。言葉がない。最後に少しばかりこじれたことは取るに足らない。我々が見たスペクタクルな試合の価値を下げさせないようにしよう」と、この問題には触れずに激闘を演じた2人を称えた。

米スポーツメディアのESPNは、カレノブスタが、

「あれは審判のミスだったと思う。コート近くにいた審判(線審)のミスだった。もし(主審が)錦織にポイントがいくと思っているならば、なぜホークアイ(映像を使った審判補助システム)を要求できたのだろうか。

もしホークアイを要求して、自分のボールがアウトであれば、ホークアイ(のチャレンジ)が失敗だったということ。ホークアイを要求して、ボールがインだったのに、自分はポイントを失ってしまった。理解できない」

と主張していることを記載。

この主張に対して、1987年ウィンブルドン覇者のパット・キャッシュ氏はツイッターで、「錦織対カレノブスタの論議を呼んだポイントは、リプレイされるべきだった。そのことが雄弁に説明されている」と、カレノブスタに同情を寄せ、審判の判断を批判した。

カレノブスタは、冷静になってから怒りの矛を収めたが、あのポイントで流れが一気に変わったことは確かである。ただ錦織が、もしあそこであきらめてリターンを返していなければポイントになることはなかった。

最後の最後まで勝負をあきらめずに集中力をキープし続けた錦織の姿勢が引き寄せた審判の疑惑のジャッジだったのかもしれない。

[via:THE PAGE]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00010000-wordleafs-spo&p=1

問題のプレイは10:10~

ネットの反応

・これはちょっとかわいそうだった(´・ω・`)
・一点くらいくれてやるわでそのまま試合続行してたら結果違ってた気がする
・チャレンジでの判定を受け付けたのは意味不明だわな
・アンガーコントロールもテニスの重要テクニックだよな 感情に飲まれたら敗けだ
・まあ線審が試合全体通してガバガバだったのは否めん
・カレーニョブスタはプレーが続行されてても反対側に走ってたから取れなかっただろ
・アウトのコールでプレイやめたっていうけど普通に決められてたでしょあれ
・錦織の打ったボールを返球しようとしてやめたなら抗議も仕方ないかなと思うけど正反対に走ってんじゃん、読み違えただけなのに、嘘つくなよw
・アウトのコールがなければプレーを続けて追いついていたというのはあり得ない
・線審が悪い。線審が誤審しなければ、こんな論争は起きなかった。
 >ミスジャッジは悪いことではない 人間でも機械でも間違いは犯すというのを前提として運用する
・審判をあてにするなよ、半分ボランティアみたいな仕事なんだから
・むしろプレー止めずちゃんと打ち返していた錦織がすごい
・これ見直せる人は見てほしいけど、カレーニョブスタが主審に詰め寄ったのってチャレンジしてないのに勝手に主審がチャレンジ使ったからっぽい。件のポイント直後カレーニョブスタは次のポジションに向かって歩きだしてるが、主審がチャレンジをコールした瞬間に振り返ってノーノーノーと主審に抗議してる。
・カレーニョブスタがチャレンジ使う理由がないんだよな。
・判定が覆ったのなら誤った判定をくらった方が明らかに有利じゃない場合はやり直せよ
・主審の対応が悪かった。インだったとしても錦織の得点だという事を告げれば良かっただけ。
・最後ブチ切れてたな、ブーイング浴びながら試合会場から消えていった
・カレーニョいい奴だな 去り際はぶちギレてたけどそのあとの会見で謝罪してる

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/01/22 23:18

    どっちにしても錦織のポイントなんだからチャレンジ使う意味ないもんな

  2. 1
    名無しさん 2019/01/22 16:30

    勝負の真髄を垣間見た気がする

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事