SPORTS

HEADLINE

渋野日向子 狙われEカップ巨乳 グラビアオファー殺到!女子ゴルファー新バストの女王が激戦w

女子プロゴルファーの渋野日向子に、雑誌グラビアのオファーが殺到しているという。

知っての通り、彼女は去る8月4日、『AIG全英女子オープン』に優勝。日本女子ゴルフ界では1977年、『全米女子プロゴルフ選手権』で樋口久子が優勝して以来、42年ぶりのメジャー選手権での快挙。

優勝の瞬間でも泣かずにニコニコと笑っていたことから、英字紙には“スマイル・シンデレラ”と書かれた。

「勝って泣くというのは世界的な日本人のイメージなのですが、勝って笑った。しかも、それは本当に爽やかに映ったみたいです。正確には“スマイリング・シンデレラ”と記され、『(その笑顔は)トロフィーだけでなく、人々の心を捉えた』と大賛辞されたのです」(スポーツライター)

帰国後、立て続けに出場した『北海道meijiカップ』は13位タイ、『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』は3位タイ。優勝はならなかったものの、

「イギリスで大騒ぎされ、日本ではさらなる騒ぎ、本人は会見でも『疲れた』を連発していましたが、無理しての笑顔。

そのサービス精神は好感度も天井知らずです。スゴイ美人というわけではありませんけれど、何ともいえない愛きょうのある顔。周囲を和ませる雰囲気が、記者の間でも抜群に評判がいいのです」(同・ライター)

渋野は女子ゴルファーの中でも、美スタイルとして注目を集めている。

「やはり長時間歩くせいか、女子ゴルファーは総じて尻が大きくて足が太い。その上、上体もゴツイ。

でも渋野はゴルファーにしては普通の女性っぽい。足はスラッとしていてウエストも細い。身長165センチで推定バスト86センチのEカップ巨乳。スイングのときのブルブルは魅力です」(週刊誌編集者)

モデルとはいわないが、グラドル系のテイストはあるようだ。

「彼女のほんわか顔とEカップ巨乳は注目されていて、今、週刊誌などは注目の的。各社セクシーグラビアを展開したい。できればスポーツブラ、ショーツ(パンティー)での特写を狙っています。彼女の人気と巨乳なら十分に巻頭を飾れるでしょう」(週刊誌編集者)

ファンに朗報といえるのは、女子ゴルファーは総じてグラビアに積極的なことだ。

「賞金女王だったイ・ボミを筆頭に、韓国勢はよくグラビアに出る。韓国女子は成績だけでなく、人気も実力と考え、水着もアリ。渋野には極小のインナー上下でオファーが出ているそうですが、ブラなら可能なようです」(同・編集者)

Eカップ巨乳見せが楽しみだ。

[via:週刊実話]
https://wjn.jp/article/detail/2342946/

渋野バストも世界基準

渋野の武器は、中学までエースを務めたソフトボールで培った「体幹の強さ」が筆頭である。

プレー中だけでなく、解説の戸張捷氏が指摘したように「フェアウエーを歩く時も背筋がまっすぐ伸びている」のは、ギャラリーを魅了する美しさであろう。

またプレーにおいても無駄なルーティンがなく、次々と次の動作に移るのも観客や視聴者を飽きさせないのだ。

さらに隠れた魅力がある。渋野が国内で初優勝を飾ったのは5月の「ワールド・サロンパス・カップ」だったが、最終日の優勝争いがテレビ中継されると、SNSが異様な盛り上がりを見せる。

「バスト! バスト!」

「まれにみる大きさ!」

プレーそっちのけで渋野の“爆裂バスト”がクローズアップされた。世界を魅了するスマイルだけでなく、豊かな丘陵にもまた、ファンが急増しそうである。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/131254

女子ゴルファー新バスト女王

女子ゴルフ界の“バスト番長”といえば、推定Fカップの原江里菜だ。山脈のようにドーンと君臨し続け、成長著しい黄金世代の前に立ちふさがる。スポーツ紙カメラマンが話す。

「デカ胸は本人も自覚してるよ。『邪魔にならない?』と聞けば『ホント、邪魔。(アスリートにとっては)メリットないもん』って、笑いながら胸を張って答えるもん。いつも肩コリに悩んで、毎朝のようにヨガで体調アップを図っていたぐらいだよ(笑)」


原江里菜

夏場になれば、ウエア契約する「サマンサタバサ」の最新モデルを着こなし、自慢の巨胸を揺らしてはオヤジファンを魅了してきた。

しかし今夏は、人気ブランド「BEAMS」と契約する渋野日向子に主役の座を奪われ気味だ。渋野が一気に順位を上げてきた。

「サイズもEカップはあり、海外メジャー『全英女子オープン』初制覇の舞台での“揺れ”は話題騒然だった。特に3日目はゆったりしたブルー地の半袖シャツで登場し、豪快なショットの瞬間だけではなく、坂道を早歩きで移動する際にも、たわわな胸が上下にプルンプルンと揺れまくった(笑)」


渋野日向子

カップの奥の壁にドーンとぶち当たて沈める“壁ドン”パットのように、ブラカップの中で暴れまくる。

女子ゴルフには華やかなプロアマ戦の前夜祭がある。まさに美の競演の前哨戦だ。広告代理店関係者が話す。

「スポンサー関係者の注目度がアップしているのが、今年6月にツアー初勝利した原英莉花。身長173センチの彼女がドレスアップして登場すると、一段と会場が華やぎ、ツンと上向きのロケットバストに目を奪われるんです」


原英莉花

バスト女王争いであれば、ゴルフ界のアイドル・三浦桃香も負けてはいない。会心のショット炸裂で上位をうかがう。

「桃香ちゃんを見るなら、やっぱりティーグラウンドだね。職業病ともいえる腰痛と手首痛に悩み、成績こそ伸びあぐねているけど、1番ホールに現れ、ニコッとほほ笑むや、大歓声に包まれる。

観戦する時は、彼女がルーティンに入ったら左胸に注目です。必ず、右手を推定Eカップバストに添えるから…。

今期の桃香ちゃんは『ウエアがパツパツ~』と話すだけに、右の手のひらが巨胸をグッと押し上げる瞬間を目撃できるかも(笑)」(前出・スポーツ紙カメラマン)


三浦桃香

元祖バスト番長の原江里菜を黄金世代の人気3人娘が追う展開だ。しかし、一気に抜き去り10打差以上付けてしまった選手がいるという…。

新バスト女王の顔ぶれと、さらには「豊かなヒップ」「美脚」部門の詳細は、8月27日発売のアサヒ芸能9月5日号で徹底レポートしている。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/131254

ネットの反応

・ゲスい記事やのう
・やっぱりこの話題きたかw
・お下劣ですこと
・ロケットおっぱいでファンになったわ 弾力もすごそうだ
・こいつは乳云々じゃなくて腰回りとかからガッツリ来てるタイプだからw
・チヤホヤして潰しちゃうんだな
・ノーブラボイン打ち?
・クソみたいなニュースだな で何カップなの?
・実話にしては弱い
・アサゲーも無能すぎる
・一体こういうセクハラ記事をいつまで許してるんだマスコミは。
・豊かな丘陵w官能小説か
・令和にもなってこの記事w
・現地でゴルフ観戦してるギャラリーなんか8割はコスプレ会場でカメラぶらさげてるようなエロ目的のすけべオヤジ共ばかりだぞ
・渋野選手は星野源とビリケンさんを足して2で割ったような顔してるよな
・ブスの巨乳はブスの貧乳には勝てるけど美人の貧乳には勝てんからなぁ
 >いや、このくらいの顔のほうが生々しくてエロい
 >逆逆w 貧相な身体に貧相な乳の美人なんか無理やり勃たせてスカスカ万こで一発やっておわり 安産尻の巨乳ブスの笑顔に完敗
 >いくらブスでも巨乳というだけで男性からの評価はあがり、ブスというマイナス要素はギャップによりプラス要素へ働くのである
 >エロ目線だけで言うと超美人よりもちょいブス(巨乳限定)の方が超エロくみえる
 >素人かよ ブスの巨乳が一番に決まってるだろ
・笑顔が可愛いと思うのでブスとはとても思わない
・おっぱいソムリエ歴10年のオレから言わせてもらうとこのおっぱいは胸郭と胸筋で底上げされた「基礎高半偽乳」という分類になるの スポーツ女子にあるあるなんだけどね
 結果としてカップじゃなくて肩ひもの長さでブラを選択せざるを得なくなるから 必然的に巨乳が演出されてしまう 実際に脱がしてみるとカップの中で乳首が遊んでいたりするからちょっと気の毒
 >なるほど まあAV女優でもないし、あくまでウェア姿でプレイに華を添えるってことでいいんじゃないのかな
・ちょうどいいブスさ加減だから おっさんどもにはたまらんタイプやわなぁ
・ゴルフ界で巨乳といえば新井麻衣だろ

 >すごいな。顔も悪くないし
 >パットする時にボール見えるの?w
 >本当にこんなにでかいの?顔もえろいし1発でファンになった

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事