SPORTS

HEADLINE

ザックJ、1-0でイラク下す!そして他の敵

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選は11日、各地で行われ、B組で折り返しとなる第4戦を迎えた日本は、さいたま市の埼玉スタジアムでジーコ元日本代表監督が指揮するイラクに1-0で勝ち、5大会連続の本大会出場に近づく勝ち点3を奪った。通算は3勝1分けの同10でB組首位。

ブラジル大会アジア最終予選 イラク戦
ブラジル大会アジア最終予選 イラク戦

日本は前半半ば、岡崎(シュツットガルト)の右クロスを前田(磐田)が頭で決めて先制。追加点を奪えなかったが、GK川島(スタンダール)の好守もあって無失点で切り抜けた。香川(マンチェスター・ユナイテッド)は、腰の違和感でベンチ外となった。

そして・・・

敵はイラクばかりじゃなかった?!先日、サッカーW杯アジア最終予選イラク戦(埼玉ス)に臨む日本代表に、なんと「情報漏洩(ろうえい)騒動」が持ち上がっていた。

国際試合、しかもW杯予選ともなると情報戦は当たり前。ただでさえ、敵将はかつて日本代表を率いたジーコ監督(59)とあって神経ピリピリなのだが、こともあろうに”身内”から出ていたというから、笑うに笑えない状況のようだ。

史上初となる新旧日本代表監督の激突は、試合前からピッチ内外で話題満載。

ザッケローニ監督

現代表のザッケローニ監督(59)は「警戒しなければいけないチーム」と話すが、世界ランク23位の日本が順当に力を出せば同78位のイラクには楽勝して当たり前。それでも、何が起こるか分からないのがW杯予選である。

特に、ザック監督が必要以上に気を使うのが”情報”だ。練習の非公開はもちろん、来日や離日の際の空港での取材にさえ制限がかかることが多い。そんな指揮官なら、見過ごせないような騒動が起きていた。

騒動の発信源は、お笑いコンビ「ザッケルゥーニィ」の原大悟さん(23)が不定期で配信するブログ。実は、日本サッカー協会の原博実技術委員長(53)の長男である。

原博実|原大悟
原博実|原大悟

香川真司

7月には、所属する吉本興業のインターネット番組で、ロンドン五輪の日本代表に招集されるか否かで注目を集めたMF香川真司(23)に関し「ウチの父が責任をもって香川を呼ばないと決めました」「オーバーエージ枠についても、父がからんでいます」といった、代表の”機密”すれすれの情報を流していた。

吉田麻也

8月には自身のブログで、日本代表DF吉田麻也(24)が交渉中だったイングランド・プレミアリーグのサウサンプトン移籍を、父親の情報をもとに”リーク”したと大騒動になったことも分かっている。

ちなみに、まだ駆け出しの芸人という大悟さん。数日前の吉本のライブでは「成績優秀者」として名前が挙がったとか。とはいえ、ほかの若手芸人が「父親の名前で自分を売り込むとは…。なんとうらやましい」とやっかむくらいだから、芸人としては”したたか”なようだ。

ネット配信番組にブログと流行のツールが駆使されているが、実は父の原技術委員長のツイッターも大人気で、7万8000人を超えるフォロワーを抱えている。

協会関係者にも原親子の”読者”が多く「協会の機密を公表していたら、問題になりますけどね…」と苦笑い。まだ笑ってすまされるうちはいいが、選手の間では代表チームや選手に関する情報がネット上に飛び交うたび、「どうせ、また原さんでしょ?みんなそう思っていますよ」という声があがっているのも事実なのだ。

ジーコ監督

情報という点でいえば、イラク代表のジーコ監督は非公開練習が大嫌い。宿泊する都内ホテルでは待ち受けるファンの求めに応じてサインや写真撮影に応じるなど、開けっぴろげ。

ザック監督も、試合を翌日に控えた10日には、「監督が全員同じタイプなら、入れ替える必要はない。ジーコ監督が(練習を)公開するタイプと分かっていたら、ちょっと見に行きたかった」と余裕のジョークが飛び出した。それでも「イラク戦はやってみないと読み切れないところがある」と、今までとは違って緊張感を高めていた様子だった。

もしもイラク戦で勝ち点がとれず、代表の舞台裏の”情報”が流れるようなことにでもなっていたら…。

[週刊ポスト zakzak]
http://www.news-postseven.com/archives/20120911_142243.html
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20120911/soc1209111124001-n1.htm

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 11
    名無しさん 2012/11/15 15:35

    このバカ芸人。オヤジの情報で目立って自分のネタはダメなのかよ。売れない決定じゃん。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事