TALENT

HEADLINE

テレビに出すぎも考えもの・・・「もう飽きた」男性タレントランキングに好感度高そうな芸人ランクイン

芸能界という戦場は、常に入れ代わり立ち代わり新しいスターが登場する厳しい世界。売れても人気が続かなければ一発屋と罵られてしまう。しかし、過酷なサバイバルを勝ち抜いて売れっ子になっても、視聴者に飽きられてしまったら一巻の終わりだ。

そこで今回は、ニホンモニターが発表した「2015テレビ番組出演タイトル本数ランキング」の上位者を元に、「『もう飽きた!』テレビに出すぎだと思う男性タレント」を男女100名に調査した。

1位 あばれる君
t20160412-1

30票を獲得して1位に輝いたのは、ワタナベエンターテインメント所属のあばれる君。

2015年には完成度の高い熱血一人紙芝居を披露し、『R‐1ぐらんぷり』準決勝に進出するなど大ブレークを果たした。

同年のテレビ出演数は『有吉ゼミ』(日本テレビ系)『ポケモンゲット☆TV』『おはスタ』(ともにテレビ東京)など103タイトル(ニホンモニター株式会社調べ)。

根の真面目さからファンの数も伸びてきているあばれる君だが、

「そもそもネタもトークも面白いと思ったことがなく、売れている意味がわからないから」(20代/男性/学生)

「面白くない。興味がない。不快に思うときもあるので見ないようにしている」(40代/女性/自由業)

「何が面白いのかもよくわからない。テレビによく出ているけどイマイチ。方向性がよくわからないから」(20代/女性/パート・アルバイト)

「初めて見たときから、なんでこんなにいろいろ出てるのか不思議なくらい面白くもないから」(40代/男性/会社員)

と、お笑い芸人としては最もきつい「面白くない」といった意見が圧倒的に多い。また、ほかにも

「必死な感じが見ていて疲れてしまう。バラエティに出てても笑ったことがない」(20代/男性/会社員)、

「体張る芸風はいいですが、さすがにやり過ぎというところもしばしば見られて残念です」(30代/男性/無職)、

「なにか知識を披露することもなく、とにかく全力ではいるけど、あまり面白くない」(30代/女性/会社員)、

「あんまり面白くないし、性格もあんまり好きじゃ無いから。外見も好きじゃないから」(20代/女性/無職)

と持ち前の真面目さが逆にあだとなり、世間から嫌われる原因になってしまった。すでにピークを過ぎてしまった感もあり、「出演タイトル本数ランキング」から名前がなくなるのも時間の問題か。

2位 又吉直樹
t20160412-2

2番目に飽きられているタレントは、16票獲得のピース・又吉直樹。

10年『キングオブコント』準優勝、同年の『M‐1グランプリ』では第4位という成績を残すなど、人気お笑い芸人であり、昨年は『火花』(文藝春秋)で芥川賞を受賞した。

それをきっかけに、バラエティだけでなく、又吉の人物像に迫ったドキュメンタリー番組など出演が増加し、15年の出演タイトルは『ミライ☆モンスター』(フジテレビ系)や『ゴロウ・デラックス』(TBSテレビ系)など111タイトル。

しかし“作家”又吉に不満を抱く視聴者は多いようで、

「作家として宣伝に出てきているのか、タレントとして、人を楽しませるために出てきているのかがよくわからない」(20代/男性/学生)

「トークが面白くないし、偉い人扱いされているのがもう飽きた。見ていて楽しくない」(20代/女性/専業主婦)

「芥川賞獲る前は好きだったのに、今はテレビに出すぎてそうでもない」(30代/女性/専業主婦)

「芥川賞で取り上げられてからずっと出続けている。もういい加減飽きてきたから」(20代/女性/会社員)

などの声が。そんな中、「そろそろそっとしてあげて、次の作品の構想を練っていただきましょう(笑)」(50代/女性/パート・アルバイト)、

「もう文学だけに専念してほしいです。お笑いは引退してください」(30代/男性/パートアルバイト)、

「彼は作家としての部分が色濃く出て芸人としては見られなくなったので、作家活動に専念してほしいから」(40代/女性/パート・アルバイト)

と、芸人を辞めて作家に専念してほしいという要望も多く聞かれた。

3位 カンニング竹山
t20160412-3

続いて第3位には10票を獲得したカンニング竹山。キレ芸という難しいジャンルを確立し、MCなどを任されることは少ないものの、ガヤ芸人として大活躍しているが、

「なにも芸がなくて面白くないのに、なぜメディアに出続けるのか不明です」(40代/男性/会社員)

「見ていても笑える場面がないし、同じような背格好の芸人さんがたくさんいるし、別にいいかなと思います」(30代/女性/専業主婦)

「出てきてもあまり面白いと思わないし、あまり好きじゃないからです」(10代/女性/学生)

「わけわからんコメントを出すのはいいが、ぜんぜん的外れだと思う」(30代/男性/自営業)

と、芸風に関して辛らつな意見が噴出。また、

「売れるようになったのももうだいぶ前だし、芸も見飽きてしまったので」(30代/男性/自営業)、

「売れてから長いですから、もう見飽きました。そろそろおなかいっぱいです」(30代/男性/会社員)

と、すでに食傷気味の人も。

4位 澤部佑
t20160412-4

続いて第4位は7票を獲得したハライチ・澤部佑。

“ボケに乗って乗って乗って、最後にツッコむ”という漫才ネタで一躍人気者となった澤部の15年出演タイトル数は127。そんな澤部に対し、

「もう、あんまり魅力がなくなりました……。もういいですね……」(40代/女性/パート・アルバイト)、

「澤部の何が面白くて、あれだけテレビに出られるのかよくわからない。本人が頼み込んで、ドラマにまで出演する図々しさには閉口する」(40代/男性/会社員)、

「とにかくうるさいイメージしかないので。あんまり面白くもないし、もう良いかなって思います」(20代/女性/専業主婦)

と、代わり映えしないツッコミに閉口している様子。

5位 高橋茂雄
t20160412-5

そして第5位は、6票獲得の“腰ぎんちゃく芸人”ことサバンナ・高橋茂雄。

6位 博多大吉
t20160412-6

6位には人とは違う観点から冴えたツッコミをする博多華丸・大吉の大吉が4票という結果に。

数々のバラエティ番組が放送されている現在のテレビ業界。お笑い芸人の露出度が増え、「もう見飽きた!」と世間から見放されてしまうのか、はたまた芸を磨いて世間をギャフンと言わせるのか、今後も彼らから目が離せない。

その他の回答

あばれる君

・「正直ハライチと区別しにくい。というか見た目が好みでないんですけれども」(30代/女性/パート・アルバイト)

・「何か面白い芸があるわけでもないのにテレビに出すぎだと思います。素人レベルのことしかできないような芸人モドキだと思うので、さすがに飽きています」(40代/男性/無職)

・「特に印象に残る行動も言動もなく、この先活動の幅が広がる気がしない」(40代/女性/無職)

又吉直樹(ピース)

・「芥川賞は確かにすごいと思うけれど、周りが持ち上げすぎだと思う」(20代/女性/会社員)

・「見ていてかわいそうに感じてしまいます。彼は本当に芸人として注目を集めたいのでしょうか?」(40代/男性/会社員)

・「地味だし、話していることもつまらない。もっと新鮮味がないと、飽きられてしまいます」(50代/男性/自営業)

カンニング竹山

・「正直、この人はほかの人ほど芸がない。トークもさほど面白くはない」(40代/男性/会社員)

・「テレビで見ると疲れてしまいます」(30代/男性/会社員)

澤部佑(ハライチ)

・「どのテレビもいつでも同じような感じなので若干飽きてきました」(30代/女性/その他専門職)

・「出過ぎというほどテレビで見かけないし、あんまり面白い芸人とは思わないので」(20代/女性/専業主婦)

高橋茂雄(サバンナ)

・「サバンナの高橋を面白いと思った事は一度もありません。この人は、売れっ子芸人の太鼓持ちで成り上がった印象しかなくて不愉快です」(20代/男性/学生)

博多大吉(博多華丸・大吉)

・「あまり面白くないのに結構出てくるので選びました。見ための印象もあまりぱっとしないです」(40代/男性/その他専門職)

その他

・「とにかく明るい安村さん。もうそろそろ、あの芸風は飽きられると思います。そもそも、裸でポーズと取っているだけで、芸とは言わないような気がします」(50代/女性/パート・アルバイト)

・「坂上忍。毒舌ご意見番のような立ち位置だが、見当はずれなコメントが多い」(20代/女性/専業主婦)

【アンケート概要】
■Sagooooワークス調べ
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■有効回答数:100サンプル

[引用/参照/全文:http://www.cyzowoman.com/2016/04/post_19627.html]

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/04/17 15:28

    そうね小藪は消えないね
    ラッセンや安心してくださいは来年いないだろうけど

  2. 2
    わたみ 2016/04/17 9:05

    小薮もキモイのにいろいろ出まくっとるなぁ
    こいつは消えないだろうから突然タヒねばいいのに
    ラッセンが好きな奴はすぐ消えるだろうからまあいい

  3. 1
    2016/04/13 20:38

    サンプルはたった100か。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事