TALENT

HEADLINE

「YouTuber草なぎ」に早くも熱視線、一瞬でトレンド入りwAbemaTVで『72hホンネテレビ』も配信

元SMAPメンバーで、今月ジャニーズ事務所を退所した草なぎ剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんの3人が、SNSを始めることが、3人のファンサイト「新しい地図」などで明かされた。

草なぎさんは「YouTuber」、稲垣さんは「ブロガー」、香取さんは「インスタグラマー」になり、「ありのまま」を発信するという。

11月には3人が出演する「72時間テレビ」がAbemaTV(サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資で運営)で配信される。

3人の始動にはサイバーエージェントが全面的に協力しているようで、草なぎさんのYouTube動画はAbemaTVのYouTubeチャンネルで配信され、稲垣さんのブログは「アメブロ」に設置されている。

3人は9月8日にジャニーズ事務所を退所。22日には公式ファンサイト「新しい地図」が公開されていた。「新しい地図」は、公式LINEやFacebook、InstagramといったSNSアカウントも用意。

ネットによる情報発信に慎重だったジャニーズ事務所と異なり、ネットをフル活用する姿勢を見せていた。

24日までに、草なぎさんのYouTube(AbemaTVのチャンネル内)、稲垣さんのアメブロ、香取さんのInstagramへのリンクが、「新しい地図」に設置されている。

また、11月2日午後9時から、3人がフル出演する72時間番組「72時間ホンネテレビ」がAbemaTVで配信される。

AbemaTVはこの番組に協力する芸能人を募集中。「3人を自宅に泊めてくれる方や、一緒に番組を盛り上げてくださる方」を募っている。

[via:http://www.oricon.co.jp/article/304824/]

【関連リンク】
YouTuber草なぎ
ブロガー稲垣
インスタグラマー香取

「ユーチューバー草なぎ」大喜利化w

語感に圧倒的なインパクトがあったためか、3人のなかで「ユーチューバー草なぎ」が即座にTwitterでトレンド入りを果たす事態になっています。

「草なぎ剛」+「ユーチューバー」というどう考えてもつながりようのない2つの言葉が結びつくことで生まれてしまった爆発的シナジーに、ファンたちは大きくざわついている様子。

既に大喜利化し始めており、

「【本人】一本満足ダンス踊ってみた【降臨】とかやるのだろうか」

「あえて歳順に紹介するんじゃなくユーチューバー草なぎを最後に持ってきた人誰ですか」

「スマスマのコントのタイトルだとおもうんだけどちがうんですか」

「ユーチューバー草なぎ、アイドルマスター中居」

といった声が寄せられていました。

[via:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/24/news028.html]

役員欄に飯島氏の名前?

企業の信用調査などを手がける帝国データバンクの新設企業情報データベースには、同名の「株式会社CULEN」の情報が掲載されている。

設立は16年7月で、「空間プロデュース事業」「グッズの企画、製造、販売」などを手がける。所在地は東京都港区。

このデータで目を引くのは、取締役の欄にある「飯島三智」の記載。

かつてジャニーズ事務所で、当時のSMAPの活動をマネジャーなどとして取り仕切っていたとされる飯島三智氏と同姓同名となっている。代表者欄でも、飯島三智氏の名前が載っている。

「CULEN」の情報は、東京商工リサーチのデータベースでも見つかる。役員欄にはやはり「(取)飯島三智」の記載がある。設立はやはり16年7月。場所も同じだ。

[via:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-309266/]


帝国データバンクデータベースより

元マネ会社とコラボ?
代理人の弁護士が明言

3人はかつてSMAPを国民的グループに育て上げた飯島氏と、新たな道を歩んでゆく。

代理人弁護士はこの日、報道各社にFAXを送付し、「3氏は今後のクリエイティブなアーティスト活動を株式会社CULENとともに展開していく」と発表した。

同社とは「タレントとエージェントとの関係を超えて、クリエイティブ面におけるイコール・パートナーとして、互いにアイデアを出し合いインスピレーションを与えあって新たなエンターテインメントを創り上げていく」としている。

3人はジャニーズ退所が明らかになった当初から、いずれは飯島氏と合流すると見られていた。

だが、弁護士はデイリースポーツに

「所属するというのは正確な表現ではなく、対等のパートナーでありたいと考えています。飯島三智氏“個人”と『合流する』という表現も正確とは言えません。あくまで元マネジャーが代表を務める会社とコラボレーションしていくということです」

とタレントと芸能事務所の関係が既成概念とは違うと強調した。

[via:https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/23/0010579797.shtml]

ネットの反応

・訳あり芸能人はネット配信にドンドン出ればええよ
 スポンサーやしがらみとか関係ねーし
・時代が変わって行くなあ
・地上波が若者に棄てられてる現状見るとネットに活路を求めるのは策として悪くない
・やるねえ藤田晋。
・もうアベマが地上波になればいいのに
・abemaはこういう集客力ありそうな企画を有料会員限定にしないのが神
・案の定いきなりネットに媚びだした
・飯島って人想像以上にかなりやり手な人なのかもね
・稲垣だけ浮いてるよね
・やっぱ飯島と一緒か
・「もう芸能関係の仕事はしない」と週刊誌のインタビューに応えたくせに裏でコソコソ準備してた飯島
・ホンネが言えない本音テレビか

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事