TALENT

HEADLINE

広告代理店の極秘資料「使いたい・使いたくない女性タレントランキング」をアサ芸が入手w


「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」で女王に輝いた白石麻衣

CMのキャスティング会議で、大手広告代理店が極秘資料としてデータ化している「使いたい・使いたくないタレント」一覧を独占入手。

スキャンダルはもちろん、現場でのごう慢なふるまい、居丈高な事務所の態度が知らぬ間に広まり、出演本数が激減なんてこともある。有名美女がCMで「使われなくなった」理由とは──。

7月にニホンモニターが発表した「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」で女王の座に輝いたのは、昨年の7社から14社に倍増させた乃木坂46の白石麻衣(26)。続いて広瀬すず(20)、有村架純(25)が猛追している。

人気タレントのバロメーターとも言われるCM出演だが、キャスティングの際に「極秘資料」が存在していたのだ。大手広告代理店関係者が声を潜めてこう話す。

「毎年春に、CM企業2200社やCMクリエーター300人を対象に徹底調査を行って、『使いたい・使いたくないタレント』を一覧にしています。

クライアントに向けた資料で、企業側が起用したいタレントに本当に宣伝価値があるのか。実際に仕事をしたクリエーターの評判も参考にして、テレビで受ける印象ばかりではなく、商品の売り上げを伸ばすうえで、タレントとしてのふるまいや実績をシビアに精査しています」

クライアントが選ぶ「使いたくない女性タレント」1位の烙印を押されたのは、昨年秋に不倫スキャンダルを起こした斉藤由貴(51)だ。

「相手の男性の頭にパンツをかぶせた衝撃写真まで流出し、春の時点でもダメージからの回復はできなかった。企業にとって、起用はリスクでしかありません」(広告代理店関係者)

意外なランクインは2位の広末涼子(38)。昨年は3本のドラマに出演し、目立ったスキャンダルもなかったようだが‥‥。

「若手時代は“プッツン女優”と呼ばれるほどヤンチャでした。CM撮影をすっぽかしたかと思えば、同じ日に都内から千葉まで無賃乗車した奇行を写真誌に撮られたこともあった。今でこそ落ち着いていますが、痛い目にあった仕事関係者にとっては、危なくて使いづらい印象のままなんです」(CM制作スタッフ)

3位に選ばれた松嶋菜々子(44)も、事務所のイメージ戦略が足を引っ張っていた。広告代理店関係者が明かすには、「2000年の主演ドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)で最高視聴率34.2%を記録するなど、松嶋ブームが最高潮だった頃の話です。

CMの撮影日が決まっていたのに、事務所側から『当日に行けるかどうかはわからないし、撮影も本人がコンテを見て判断する』と言ってきたんです。

スタッフは撮影できるのか、ビクビクして待っていたら、すごく低姿勢でニコニコしながら松嶋が現場入りしてきた。

コンテを見て判断する話も本人はどこ吹く風で、どうも事務所側が『こんなに忙しい最中でも仕事を受けました』というふうに好感度を上げたかったようなんです。

そんなことをされては、また一緒に仕事をしたいとは思いませんよ。人気が一段落してもCM契約料は7000万円と強気で、最近になって下がってきましたが」

当時、若手だったスタッフが出世した今も、使いたくないと感じているようだ。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/111255

お騒がせの剛力彩芽も来年はCMが減る?

CMスタッフに嫌われていなくてもランクインしたのは、お騒がせコンビの11位・ベッキー(34)と12位・松居一代(61)。

「ベッキーの最盛期はCM契約料5000万円で10社ほどでしたが、今は1500万円まで下がりました。

松居は動画投稿サイトで夫婦生活を暴露していたので、当時はそのパロディCMを作ったらウケると、コンテが上がってきたんです。ところが、名誉毀損で書類送検されて、さすがにボツとなりました」(広告代理店関係者)

“松居劇場”のパロディCMは話題先行でインパクト大でも、反比例して企業イメージは下がりそうな危うさも‥‥。

14位には大女優の大竹しのぶ(61)が選ばれた。その理由を芸能記者が解説する。

「10年ほど前、大手事務所のエイベックスに一時所属していました。CM料金が5000万円と高く、仕事先ともめたことがあったそうです。

今は個人事務所に移ったのですが、CMオファーの相談をすると、みずから娘のIMALU(28)の出演もゴリ押しするので敬遠されていますね」

クリエーターへの調査で「企業に推薦したくない」と名前が挙がったのは、榮倉奈々(30)だった。

「彼女の場合は態度に出るんですよ。最初に打ち合わせをする時点で事務所にはコンテを送っていて、ほとんどのタレントはイメージをつかんで流れを理解してくれます。

ところが榮倉さんは自分で仕切ろうとする。気に入らないことは何でもズバズバ意見を言ってきて、どこか上から目線の言い方に、『もっと柔らかく言ってくれればいいのに』という声が現場から聞こえてきます。

それをおもしろがるクリエーターもいますが、当然、ダメな人もいるわけです」(CM制作スタッフ)

来年の「使いたくない女性タレント」に名乗りを上げそうなのは、広告代理店の調査後に通販サイト「ZOZOTOWN」の前澤友作社長との交際が発覚した剛力彩芽(26)だろう。

「自身のSNSでのセレブ恋愛自慢は、クライアントにとって商品価値を下げる可能性が高い。個人資産3000億円超えとも言われる彼氏と、剛力がCM出演している『ランチパック』を一緒に食べてると思いますか?」(広告代理店関係者)

おっしゃるとおり。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/111257

使いたい1位は納得の綾瀬はるか

一方、クライアントが「使いたい女性タレント」は、人気タレントの名前がズラリと並んだ。が、その理由は千差万別。前出の広告代理店関係者が説明する。

「野球の投手で例えると、1位の綾瀬はるか(33)は防御率が高くて完投能力もあります。20勝して2、3敗しかしません。

現場でも無垢な人で天然。以前、ネット配信のショートムービーで五輪競技に飛び入り参加する企画があって、ウエイトリフティングに挑戦したらいきなり挙げちゃったんです。

そしたら『私って力あるんだ~』とポツリ。自然と発したひと言だけで周りが笑顔になるので、クライアントに人気なのです」

綾瀬と僅差で首位を争った新垣結衣(30)は、「17~18勝するけど、10敗してしまう」タイプだという。

「球は速いけどコントロールが悪い。というのも、ガッキーは面倒くさがり屋で、それが態度に出てしまい、楽屋から出てこないこともあった。

それでも主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がヒットしてから、責任感が出てきたのか、評価がガラリと変わったのです」(広告代理店関係者)

3位の広瀬すずもガッキーと似たタイプだが、同性から嫌われているというデータがあり、それを気にしてオファーに二の足を踏むクライアントもあるのだとか。

「4位の石原さとみ(31)は上位3名より勝ち星で劣るかもしれませんが、負け数が少なく貯金を稼げます。同じ飲料メーカーのCMでも、水原希子(27)より石原が出演したほうが、売り上げが2割増えました。

企業側が使いたいと思う判断基準の一つで、女性誌の表紙をやっているかどうかも重要になり、その点で石原は断トツ。同性から憧れの存在として受け入れられている」(広告代理店関係者)

7位の満島ひかり(32)は、「女優」として存在感の高さがクライアントを刺激しているが、来年は「使いたくない」側に回りそうな要注意タレントだった。

「演技では評価されていますが、わがままな一面も伝わっています。昨年10月の東京国際映画祭でも、テレビ局のインタビュー取材をドタキャン。

春に事務所を独立してからは、秋に開幕予定の舞台を降板したと報じられ、ネガティブな話題ばかり聞こえてきます」(芸能記者)

一度ついたマイナスイメージをぬぐうのは難しく、このまま広末や松嶋と同じ道をたどるのか。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/111274

SNSでさりげなく宣伝する石田ゆり子

8位の北川景子(32)は結婚してもランキング入りした珍しいケースだという。

「結婚すると人気が落ちやすいのですが、ダンナが好感度の高いDAIGO(40)というのもあって、むしろ評価を上げました。夫婦共演のオファーは全部断っていますが、CM初共演となれば話題になるので、狙っているクライアントは多い」(広告代理店関係者)

奇跡のアラフィフ・石田ゆり子(48)は、惜しくもトップ10入りを逃したが、何をやっても好印象の「無双モード」に突入している。

「撮影現場に犬を連れてくるので、現場スタッフの中で犬担当を用意しなければなりません。普通なら面倒くさがられますが、石田さんの犬なら預かりたい(笑)。

フォロワーが162万人もいる自身のインスタグラムでも、さりげなく出演中のCMを紹介してくれるので宣伝効果は絶大です」(CM制作スタッフ)

12位の深田恭子(35)のように、ある“きっかけ”で、再びランクインを果たした稀有なケースも。

「恋多き女として次々と共演者と浮き名を流すようになってから、クライアントは起用に難色を示していました。

広末と一緒に夜食でラーメンを食べ歩いているうちにブクブクと太りだし、CM契約が更新されないこともあったんです。

それが相当悔しかったのか、パーソナルトレーナーを付けて体質改善を行い、スポーティーなボディに変身すると、それからCMオファーが増えだしたのです」(芸能記者)

20位圏内は逃したが、仕事関係者の間で高評価なのは、女優の沢口靖子(53)。今年春には任天堂のCM「名探偵ピカチュウ」に起用されて話題になった。

「ドラマシリーズ『科捜研の女』(テレビ朝日系)は高視聴率が約束され、安定感もあるのでクライアント好みのタレント。

スタッフのウケも良く、最近も自分が出ていないドラマなのに、知り合いのスタッフが撮影をしていたため、北島康介の実家『北島商店』のメンチカツを差し入れに持っていったそうです」(広告代理店関係者)

クライアントに「使いたい」と思われるには、美貌だけではなく、人間力を磨くことも必須なようだ。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/111276

ネットの反応

・剛力さんじゃないの?
・広瀬すずは、何かやらかすだろ。あと剛力もzozoがちらついて嫌だろ。
・松嶋は確かにずいぶんCM少なくなったな
・松嶋菜々子自体は悪くないじゃん。
・広末なんか普通にCMでとるやんけ
・いずれにしろ消費者が不快なタレント使いすぎなCM業界
・婚約破棄騒動に拒食症と自殺未遂と映画降板騒動起こした宮沢りえですら今や大女優扱いされてCMでも好感度高いんだからこういうランキングで名前出てきたところであまり意味ないんだよな
・斉藤由貴は不倫の過去不倫女の側面があるからこその今だろうに
 >パンツくらい被らせてあげなよ ワコールのCM向き
・広瀬すずの主演映画SUNNYは大爆死してるし、主演TVドラマは視聴率5%程度だった。こいつは人気が無いぞ。
・ローラだろ もう見るたびうんざりする
・くっきーとベッキーがコンビでCM出てたけどあれを起用する企業って何を考えてんだ?
・商品もそんなタレント使わないと売れんのか。
・めごっちジョアおろされたんかな
・これ次回は剛力がダントツ一位になりそうだな
・福山がラジオでこないだ 金の臭いがする所には必ず○ずがいるって言ってたw
 >ゆず?
 >マジかよ広瀬
・2200社がこんな意味のないアホなアンケートに答えてくれたと思うと笑えるw
・綾瀬はるかのCMもイラッとくる構成のやつ増えたよね
・資生堂の契約切れた途端にセクハラ告発した水原希子もなかなか
・満島の全不幸をしょってるようなどこまでも暗く湿っぽい感じがダメ。
・そんなデータなんてねーから 特定の事務所ごとに振り分けてるんだよ あと電通の匙加減
・AKB板野や篠田がCM女王だった時もあるんだよな 今は生死すらわからんが
・野球に例えてるのがイミフなんだけどw
 >アサ芸の読者向け

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事