TALENT

HEADLINE

【訃報】志村けん 生放送中の速報にMC陣が絶句、号泣【まとめ】各局ワイドショー&追悼コメント

陽性判明後6日で帰らぬ人に

新型コロナウイルスの検査で陽性と診断され、都内の病院に入院して治療を受けていた志村けんさんが29日に死去したことが30日、分かった。70歳だった。

志村さんは17日に倦怠感を訴えて自宅で静養していたが、19日に発熱と呼吸困難の症状が出始めたため、20日に訪問診察を受けたところ重度の肺炎と診断され、都内の病院に緊急入院。

入院の際に新型コロナウイルスの検査を受け、23日に陽性と判明したため治療を受けていたが、恐れていた事態が現実のものとなった。

[via:東スポ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000005-tospoweb-ent

ドリフメンバー絶句

志村けんさんが所属するイザワオフィスの関係者は

「本人もこういう亡くなり方をするとは思っていなかったと思うんですけれども、最後まで皆様に笑いを届けるという使命をもって頑張ってきたと思いますので、これからまだ放送がある番組もございますけれども思い出して、笑っていただければと思います」

と話し、各地から寄せられた応援の声に感謝を述べた。

また、ザ・ドリフターズのメンバーには亡くなった直後に事務所から電話で伝えた。みな一様に大きなショックを受けていたという。このため、現時点ではメンバーからコメントを発表する予定はないという。

[via:朝日新聞デジタル]
https://www.asahi.com/articles/ASN3Z3SV7N3ZUCVL00P.html

志村さんが所属したお笑いグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバー3人は、哀悼のコメントを所属事務所のホームページで一緒に発表した。

加藤茶(77)
「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです」

仲本工事(78)
「ドリフも順番に逝く歳(とし)になったとは思ったけど、一番若い志村が長さん(いかりや長介さん)の次になるとは……。非常に悔しいです」

高木ブー(87)
「志村早すぎるよ、俺より先に逝くなんて。また一緒にコントやりたかったのに」

[via:毎日新聞]
https://mainichi.jp/articles/20200330/k00/00m/040/195000c

ワイドショーでの反応

志村さんは今月23日に陽性と判明。東京都内の病院で懸命の治療を受けたが、力尽きた。このニュースは各局、速報で流しており、突然のことに番組MCらは言葉を失った。

TBSでは「グッとラック!」芸能コーナーで速報を取りあげた。

立川志らくは「ちょっと言葉を失ってしまいます…」と絶句した後「今回亡くなった方、日本でたくさんいらっしゃる、どの命も平等だから」と前置きした後「こんな事があっていいのか。芸能界にとって、お茶の間のファンにとってこんな事起きていいのかというほどの衝撃。残念すぎる」と沈痛な面持ちだった。

フジテレビ系「ノンストップ!」では、番組途中に報道センターに切り替わり、志村さんの訃報が読み上げられた。

スタジオに戻るとバナナマン設楽統は「ちょっとびっくり…。本当なのかな、信じられない」と驚き、「ちっちゃい頃から見てて、仕事でも一緒に、少し前にコントの仕事させてもらってちょっと信じられない。少したつとまたコントを見せてくれると…」と呆然。

ゲストのよゐこ浜口優も「まだ受け入れられない、この現実…」と言葉を失うと、坂下千里子も「朝ドラの報道も、志村さんを待って延期と聞いていた。本当にビックリで動揺してます…」と言うのがやっとだった。

TBS「ひるおび!」でも恵俊彰が「大変なことになりました…」「新型コロナウイルスを恨みます」「これだけ世の中を明るくしてくれたこの人の命をと考えると…許せない」と語っていた。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/30/0013232840.shtml

生放送中の速報に絶句

日本テレビ系「スッキリ」ではクイズッスの途中で速報が流れると、MCの極楽とんぼ・加藤浩次は「うそ…」と絶句。

「うーん、志村さんコロナウイルスに感染していることはみなさん知っていて、報道されている通りだったんですけど、病状は悪化しているという話もありました。安定しているという話もありました。春菜は一緒に番組やられていたからなあ」と、話を振ったが、近藤春菜は号泣。

加藤は「ちょっと言葉ないなあ…」、「みんなが戻ってくれる。やってくれると信じていたから…」と沈痛の面持ちを浮かべた。

春菜は「すみません、なんとか戻ってきてくれると思っていたのに…まだお礼も何もできていないのに…受け止められなくて。すみません」と泣きじゃくった。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/03/30/0013232854.shtml

芸能人の追悼コメント

訃報を受け、各界の芸能人をはじめ、SNS上では「マジか…」「ショック…」「涙が止まらない」「信じられない、信じたくない」などの追悼の声が相次いだ。

和田アキ子
(事務所を通しコメントを発表)
とにかく残念です。本当に回復を願ってました。回復すると信じていたので、、、。

志村(昔からそう呼んでいたので、あえてそのまま呼ばせてください)とは、志村がまだ全員集合の時にボーヤをやっていた頃からの付き合いです。

当時、志村はコーヒーを楽屋で売っていて、毎回それを買ってあげると物凄く喜んでくれました。それからの活躍はそれはそれはすごくて。音楽も詳しくて、お笑いの才能はズバ抜けていて、凄いなぁと尊敬してました。

飲み屋で一緒になる事が多くて、何度かばったり会って飲みました。とにかく静か~に寡黙に飲むんですよ。「楽しい?私といるからつまらないの?」って聞いたら、「楽しいですよ。いつもこんな感じです」っで、これまた小さい声で笑って答えいてました。

最後に会ったのは、正月の「格付けチェック」の番組です。「お互い歳だから、仕事に感謝して頑張って行こうな」って話していたんですよね、、また1人、才能あふれる人が亡くなってしまいました、、本当に残念でならないです。心からご冥福を始祈り申し上げます。

中山秀征
(事務所を通しコメントを発表)
「信じられません、言葉にもなりません。仕事も遊び方も、全てに師匠らしさがありました。そばにいて学ばせていただいた事すべて、感謝しかございません」「哀愁があるから笑いになると仰った言葉、生涯忘れません。謹んでご冥福をお祈り申し上げます」


誕生日会の幹事を10年以上努めた中山秀征

桂文枝
(ブログ)
「志村けんさんの訃報に接して 新幹線の中で涙が止まりません ヤングおーおーで僕が世に出してもらった時 東京ではコント55号 しばらくしてドリフの全盛でした 少し遅れて入ってきた志村さん 一躍人気者になられました 僕は加藤さんと同年で 昔 正月番組なんかで一緒した時 麻雀もしました」
「とにかく志村さんは 良い人で 気前が良くて かっこよくて照れ屋で」
「この人の死を無駄にしないよう みんなでコロナを広げない努力をしましょう」

高田文夫
(ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」)
「コロナは怖い。志村さんを持ってっちゃうんだから。たまんない。びっくりしたよ、本当に」

コントでは爆発的な笑いを生み出してきた志村さんだが、普段はシャイで「ほとんどしゃべらなかった」と高田氏。

かつて、自身も出演していた深夜のニッポン放送「ビートたけしのオールナイトニッポン」のスタジオに志村さんが「ちょっと勉強させてください」と訪ねてきたエピソードを語り始めた。

2時間の生放送。番組を終えた後、感想を聞くと志村さんは「とうてい私にはできない仕事です」と語っていたという。

「しゃべりになると、たけしさんがいたから。(たけしは)うわーってしゃべるだろ。そうすると『これは勝てない』と。だから自分はコントをつくろうと」。

その後、役作りに徹底し、「バカ殿」「変なおじさん」など伝説のコントが誕生。高田氏は功績を振り返りつつ「偉大な喜劇人だった」としのんだ。

カンニング竹山
(TBSラジオ『たまむすび』)
「今日は正直、ちょっとつらいですね…」
「久々にショックと言うか、ここに来る前も上島竜兵さんと話してて、まさかこんなことになるなんて…」
「何度か飲みに連れて行ってもらった」という志村さんのエピソードも紹介。

かつて自身のラジオ番組の発言が、「志村さんの悪口を言っている」とネット上で誤って広まってしまったため、上島の仲介により志村さんに直接説明すると「ネットのことは気にするなよ。俺と写真を撮ってブログに載せりゃ終わりだろ」と優しく対応されたことを振り返った。

また、パーソナリティーの赤江珠緒アナも「私もドリフ世代。どれだけ志村けんにお茶の間を楽しくさせていただいたか。絵の具のバケツを振り回したり…」と志村さんを偲んだ。

桑野信義
(ブログ)
「志村けん師匠の悲報を知りました 殿!嘘でしょう…」

菅義偉官房長官
(午前の記者会見にて)
「報道は承知しており、大変残念だ。心からご冥福をお祈り申し上げる」

芸能人の追悼ツイート

研ナオコ
「けんちゃん、駄目だった(涙)どうしよう、、…」
「今は何も考えられません けんちゃんと、もう会えなくなっちゃう 悲し過ぎて あり過ぎる想(おも)いが整理できません 一緒に仕事が出来て幸せでした ありがとう…」

松本人志
「素晴らしいおじさん。ありがとうございました」

29日放送のフジテレビ『ワイドナショー』では「回復したときには、たばこをやめさせましょう。いまだに2箱吸ってるっていうんで」と心配しつつ「あんなハゲててね、ガールズバー、しょっちゅう行ってる。あんなハゲててね」と笑いを交えながら、志村の回復を願いエールを送っていた。

デヴィ夫人
「志村けんさんの新型コロナウィルスによる訃報、ショックと悲しみで胸がつぶされそう。“大丈夫だ~”と言って元気に復帰して下さることを期待していたのに。日本の芸能界に激震!世界中を震撼させ、猛威を振るう見えない脅威、コロナウィルスの恐ろしさ。皆、他人事と思わず自覚すべき。合掌」

綾小路翔[氣志團]
「師匠…言葉になりません」「ありえん。これは辛すぎる」「自分の意識がまだまだ低かった事を思い知らせてくれたのが、志村けんさんになるとは…。師匠の死を無駄にしてはならない」

きゃりーぱみゅぱみゅ
「志村園長、、、、、嘘だ、、、」

小島瑠璃子
「絶対元気になって、『いや~大変だったよ~』なんて冗談にして、またみんなを笑わせてくれるのだと信じていました」「今日お仕事でご一緒させて頂く予定でした。信じられません。とても怖い。このウイルスは本当に怖くて憎らしいものですね。少し前まであんなにお元気で笑っていたのに」「志村さん、ご冥福をお祈りします。天国でまたみんなを笑わせて下さい」

広瀬アリス
「1月にお邪魔させて頂いた、志村どうぶつ園の収録前にポツンと座ってたら、志村さんが『最近本当忙しいでしょ? 大丈夫?』と声をかけてくださいました。とても優しくて、またご一緒したかったです。楽しい時間を沢山、本当にありがとうございました。ご冥福をお祈り申し上げます」

西内まりや
「志村けんさんゆっくり休まれて下さい。ずっと大好きです」

ローラ
「志村けんさん。いままでたくさんの人を笑わせてくれて、本当にありがとうございました。小さきときから言葉がわからなくても、毎週楽しみにしていてテレビの画面ごしからずーっとみて笑っていて」「初めて会った時になんだか恥ずかしくてこの想いを伝えられなかったのがすごく、、、悲しい。ほんとうにありがとう。天国でゆっくり休んでください。ニコニコ笑っていてください」

神谷明[声優]
「志村けんさんの訃報に声も出ません。ボク自身を含め周り中か打ちひしがれています。こうしている今も涙が溢れてきます。今まで沢山の笑顔のプレゼント、ありがとうございました。衷心よりよりお悔やみ申し上げます」

YOSHIKI
「日本から悲しいニュースが届きました」「志村けんさんとは、以前格付けで共演させていただきました。心よりご冥福をお祈りいたします。RIP」「毎日のように、悲しい知らせが…」「辛い…でも行動しないと、世の中は変わらない。自分も含めて冷静な判断と行動を。今は自粛する時」

TERU[GLAY]
「8時だよ全員集合の頃からずっと大好きでした。残念でしかたありません。ご冥福をお祈り申し上げます」

SUGIZO
「信じられない。信じたくない。心から御冥福をお祈りします。。。」

Zeebra
「志村けんさん…。子供の頃誕生会で皆でヒゲダンスした思い出が…」「日本中を笑顔にしてくれた英雄です。楽しい時間をありがとうございました。安らかにお眠り下さい」

田中聖
「俺昔三味線習ってたんだよね こんなにカッコいい楽器あるんだって衝撃受けてさ 志村魂を観てなかったら知らなかったよ 芸人だけでなくこんなクソガキの音楽人生にも影響を与えた人でした」

須田亜香里[SKE48]
子供の頃、テレビは面白いんだってことを教えてくれた人かもしれません。バカ殿、いつも本当に楽しみでした。観そびれたときに家族と喧嘩して大泣きしたこともありました。でもこれからも絶対に大好きです」

りゅうちぇる&ぺこ
「志村さん。志村動物園でたくさんお世話になりました。いつも収録のたびに、温かい眼差しで、僕たちを見守り応援してくださりました」「もう会えないと思うと、寂しくてたまらないです。志村動物園でご一緒したあの日々は、僕たちにとって大切な宝物です。たくさんの愛を、本当にありがとうございました」

HIKAKIN
「志村けんさん。朝から涙が止まりません。小さい頃から家族で見るお笑いはいつも志村けんさんで、ビデオで録画して何度も何度も見る程1番大好きな芸人さんでした」

舛添要一
「悲しい。御冥福を心からお祈りする。『バカ殿』は私が愛してやまないキャラクターだった」「高齢者、持病持ちの命を優先させねばならない。喫煙者も要注意だ。そのためにトリアージュを早く導入するなど、対策を急ぐべきだ。政府は、政策に優先順位をつけて、急ぐべきだ」

渡部尚氏[東村山市市長]
「東村山15万市民の皆さんと共にご回復を祈っていましたが、願いが叶わず残念でなりません。心より哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈りいたします」

モト冬樹 誕生日会の様子を語る

新型コロナウイルスによる重度の肺炎を患い入院中だった志村けん(70)が、3月29日夜11時過ぎに逝去したことが分かった。亡くなる直前、志村とは40年来の付き合いだというモト冬樹(68)に話を聞いた。

「志村さんは感染症の専門医がいる病院に転院して、人工心肺装置を装着し治療を受けている。意識がない状態が続いていると聞いています。隔離されていて、誰も面会できない状態だそうです」(スポーツ紙記者)

志村の容態について、志村の実兄・知之氏は「週刊文春デジタル」の取材にこう語っている。

「私も会うことはできない。(意識があるかどうかも)わからない。でも会話は出来ていないんじゃないかなぁ。井澤さん(所属する芸能プロ「イザワオフィス」社長)からも意識のことは聞けていない」《中略》

志村は3月30日から始まるNHK連続テレビ小説「エール」に、音楽家役で出演する予定だったが、NHKは志村の回復を見据えて当初4月からの撮影日程を5月に遅らせていたという。

だが、初主演映画となるはずだった作品「キネマの神様」については、26日に所属事務所が志村の出演辞退を発表している。

今年2月、70歳の誕生会は深夜2時過ぎまで

志村は今年2月20日、70歳の誕生日を迎えたが、同月22日、30人以上の親しい関係者を集めて、誕生日会を開いている。盛会で、お開きは深夜の2時過ぎになったという。

誕生日会の参加者の1人で、志村とは40年来の付き合いだというモト冬樹に話を聞いた。


今年2月の誕生日会での志村けんとモト冬樹

「完全にタバコも止めていた」

——志村さんの入院の一報はどのように?

「志村さんの入院のことはニュースで知って、情報が全然ないから、すごく心配しているんですよ。

志村さんとは、俺がクレイジーキャッツに憧れて、渡辺プロに入ってコミックバンドをやっていて、そのときに志村さんも渡辺プロにいて、それからの長いお付き合いなんだ。

志村さんは音楽も好きで、話が合って、若いときは一緒にレギュラー番組もやったね。自分の中では志村さんと年齢は1つしか変わらないけど、一番尊敬できる先輩。だから心配ですよ。だって、これで何かあったら……。絶対に戻って来てくれると思うけど、映画どころじゃないよ」

——2月に誕生日会があったということですが。

「大御所になると誕生日パーティーにも『行かなきゃいけない』みたいな感じがあるんだけど、志村さんの誕生日会はみんなが来たくて来てるんです。みんな祝いたくて来ている。

毎年、すごくいい雰囲気で和気あいあいとしてやっていて。志村さんの人望だと思うよ。この前の誕生日会ではお酒は控えていたね。ヘビースモーカーだったけど、(2016年に)肺炎になってからは完全にタバコも止めていた。

ただ、『お酒を飲まないと寝れない。自分でも気を付けてる』と話していました。誕生日会では元気だったから安心していたんだけど。

その誕生日会のときにも、『映画出演よかったですね』と話したら、志村さんは『年齢が年齢で朝早くから遅くまではできないから、時間制限して撮ろうと思ってるんだ』って話をしていた。

志村さんは、役者として素晴らしいのに自分のことをコントの人間だと思っているから、今まで映画やドラマにはまず出なかった。コント以外やりたくない。筋が通っている人で、職人なんだよね。

前の『鉄道員』には高倉健さんに言われて出演したんだけど、今回、70歳で映画『キネマの神様』に主演すると聞いて、本当にうれしく思っていた。自分のことのようにうれしかった」

「あの人が元気に帰ってきてくれたら、みんなの希望の星になる」

モト冬樹は2017年2月18日付のブログにこう綴っている。

《俺が尊敬する志村さんの誕生日会に行ってきました。最近お体を壊されて、心配だったのですが、意外に元気で安心しました。

自分はコントだ、という信念をつらぬく志村さん。尊敬するなぁ。実はドラマとか舞台をやらせたら、誰も真似ができない、素晴らしい演技をされるんだよなぁ。

俺は、志村さんに一回でいいから 志村さんが主演の映画が観たいってリクエストしたんだ。できたら俺を使ってくれとも。俺の夢なんだよな。志村さん、いつまでも元気で俺達を笑わせてくださいね》

だが前述の通り、初主演映画となるはずだった「キネマの神様」を志村は降板することになった。モト冬樹は最後にこう語った。

「今回の新型コロナはその矢先だった。なんで志村さんが、という思いでショックだよ。志村さんは(かつて罹った胃潰瘍や肺炎などの)疾患があるから、すごく心配しているんですよ。

でも、きっとあの人が元気に帰ってきてくれたら、みんなの希望の星になると思うんだよ。みんなに元気を与えると思う。帰って来てくれることを願ってる。それしかないもん。国民のために絶対に戻って来てほしい。それ以外のことは考えたくない……」

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/36927

ネットの反応

・日本中が哀しみに暮れる…
・本当、ショックが大きい。
・突然字幕で速報が流れ言葉を失いました。
・こんな亡くなり方のはずじゃなかったと本人が一番思ってると思う
・つまり日本の最高峰の医療受けても死ぬってことが証明されたようなもの。
・志村けん「コロナを絶対にあなどってはいけない」これでやっと日本全国、目が覚めたでしょう。
・「だいじょうぶだぁ」その言葉、聞きたかった
・速報で知った春菜ちゃん(ToT)つらい。
・ハリセンボン春奈さんの様子に貰い泣き。
・嘘だッ!っと何度も思ったけど、スッキリの春菜の号泣を見て現実なんだと悟った…
・好きな生き方してきたなら悔いも無いよね 寝たきりにもならずピンピンコロリだし割と良い死に方だったんじゃ
・速報の志村けんの死去が入ってから梅宮辰夫さんの特集してるノンストップがカオス
・生放送でやっているのに、大貢献していた志村けん死去のことを放送していないフジテレビ。ある意味すごい。
・いつまで梅宮アンナの思い出話しやってんだよ
・やっと梅宮アンナ終わったと思ったら堀北真希の妹に行ったよw
・フジテレビは予期せぬニュース対応出来ないの?
・今、出演者の顔を見てると凄い。意識ここに有らず
・設楽さんが堪えてるの見てこっちが泣く
・「ひるおび」だけが志村けんの特集やってる。フリップもあるし亡くなることを想定して作ってたの?
・ひるおびは、日常的に喫煙も飲酒もしてたからコロナで死んだって言いたいの?
・16日フジテレビで『志村でナイト』収録せずに帰宅 この時点でヤバイ、フジテレビ大丈夫か

・「あいつ今何してる」2020年02月10日が収録日だったんだ
・「志村どうぶつ園」の収録時にはもう感染していたのでは?
・大悟が未だにコメント無しなのが気になる あいつも相当やべえ気がする
・死亡のニュースを伝えるのはよい。でも今病院の前から中継する必要ある?報道陣のその行動は不要不急では?
・志村けんのマネージャーさんに群がるマスコミの皆さん、お亡くなりになった方の関係者だよ、近すぎない?テレビ見てないの?
・4日間自宅で様子をみるように という指示が出てなかったら、すぐに病院に行って診察をうけていたのではないだろうか。政府の初期対策の間違いの犠牲になった志村けん
・ついこないだまで元気に活躍してただけに、亡くなったという現実が不思議で仕方ない。
・お前らが自粛しないせい
・イタリア人が一万人死んでも対岸の火事だった日本人が、志村けん一人の死で動揺しているのを見ると、「一人の死は悲劇だが百万人の死は統計上の数字にすぎない」がいかに正しいかを実感する。各人が、誰が死んでも関係ないではなく、自分のせいで親しい人を死なせるかもしれないと思って行動すべきだな。
・自分を守るんじゃなくて人を守る!家族 知人 他人 全てだよね。みんなでこういう意識を持たないと本当に更に大変な事になる。

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2020/04/01 8:57

    コロナ対策ほっぽって「桜!桜!」野党共が憎い
    お前たちがコロナ対策遅らせて、この事態や

  2. 4
    名無しさん 2020/03/31 21:37

    ・3月17日に志村けんさんがコロナ発症
           ↓
    ・3月24日にキャバ嬢2人陽性反応

    大阪のクラブで発生したコロナが志村けんと藤浪晋太郎に感染

    ・大阪北新地「クラブ藤崎」のキャバ嬢2人がスペイン渡航して感染。帰国後、藤崎ママにも感染?

    ・2月23日東京銀座の高級会員制クラブ「ブレア」にて志村けんパーティー開催

    ・その場にいた藤崎ママから志村けんさん感染?

  3. 3
    名無しさん 2020/03/30 23:46

    自分の人生において、幼少期に物心付いた時に初めて名前を覚えて好きになった芸能人が志村けんさんでした。
    毎週土曜の夜が楽しみで全員集合を観てました。
    月に一度のドリフ大爆笑も欠かさず観てました。
    たくさんたくさん笑って楽しませて貰えました。
    心の底から感謝です。ありがとうございました。
    安らかにお眠り下さい。御冥福をお祈りします

  4. 2
    名無しさん 2020/03/30 19:49

    中国より行われた隠蔽による対応の遅れと武漢ウィルスを世界中に蔓延させたWHOの公式対応を俺は忘れない。 今回の事でWHOは存在する意味が無い事が判ったね。

  5. 1
    名無しさん 2020/03/30 17:11

    残念過ぎる…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事