TROUBLE

HEADLINE

能年玲奈 事実上の引退報道は事務所のネガキャン!?。芸能界のご法度は理不尽!?との声も

tr20160525-4

独立問題で揉めて活動休止状態の能年玲奈(22)が芸能界引退のピンチを迎えている。

発売中の「週刊女性」によると、能年は6月末で現在の所属事務所「レプロエンタテインメント」との契約が満了。

今後は、プライベートで演技指導を受けていた女性とともに設立した個人事務所で活動を続ける意向だという。これまで対話を求めてきた事務所サイドに対し、能年側は一切応じておらず、契約の更新にも応じないもようだ。

「個人事務所は能年の描いた絵やグッズの販売を手がける会社で、契約違反ではないというのが能年サイドの言い分でしたが、そんな無理筋が通るわけがない。

今回の引退報道は能年サイドを牽制するため、所属事務所がリークしたともっぱら。でも、能年サイドが再び交渉のテーブルに着く可能性は低く、このまま契約満了になってしまうでしょう」(芸能関係者)

2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」で国民的ヒロインの座に上り詰めた能年だが、現在は一切仕事をしていない。

演出家の女性とは同居中だといわれている。このまま独立を果たしたとしてもトラブルメーカーのイメージがつきまとい、再び芸能界で活躍できる保証はどこにもない。

tr20160525-0

そんな能年の“命綱”ともいうべき存在が「あまちゃん」で親子役を演じた小泉今日子だといわれている。

今月10日に更新された能年のブログには、小泉の出演舞台を観劇に訪れた際に撮影したツーショット写真が掲載されている。

「ほとぼりが冷めた頃に小泉の個人事務所が何らかの形で能年のマネジメントにかかわるのではないか。

その際、レプロへの補償など活動再開への条件はあるでしょうが、それさえ受け入れれば引退の危機は避けられる。小泉は芸能界のドンも一目おくだけに、復帰をバックアップできるのは小泉しかいない」(前出の芸能関係者)

火中の栗となった能年をヤケド覚悟で拾ってくれるのは“母親”しかいないということか。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/181991]

小泉今日子 エッセー集での発言

tr20160525-1

50歳になった自分の芸能界での立ち位置については、「若い頃に年上の先輩たちから多くのことを教えてもらった。それをビーズ(のネックレス)みたいにつなげたいって思う。それが今一番の欲望なのかも」。

人生の先輩として後輩の“育成”を強く意識しているようで、事務所独立騒動で表舞台から姿を消し、休業状態にある能年玲奈(22)をおもんぱかるような発言も飛び出した。

朝ドラの撮影中に二十歳の誕生日を迎えた能年に3つの鍵がついたネックレスを贈ったことについても触れ、

〈ゆっくり慎重に楽しんで大人のドアを開けてほしい。ドアの向こうにはいつでも未来が待っている。必要ならばいつでも私も待っている〉。

そして、ドラマのせりふを引用し〈その火を飛び越えて来い!〉という激励で締めくくっているのだ。

この原稿が掲載されたのは13年10月号で、能年が“休業”する以前のものだが、現状を予言したかのよう。能年復活の“鍵”はやはりキョンキョンが握っているようだ。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/180208]

舞台での復帰が濃厚!?

tr20160525-2

契約切れとともに活動の場を失うことで、“芸能界引退”のおそれがあると、各メディアが報じているが、別の見方を示すの関係者も。

「能年が“先生”と慕っている女性は自らが事務所を立ち上げて、表だってマネジメントするような人ではない。そこで、小泉が昨年2月に立ち上げた個人事務所に身を寄せる話も進んでいるそうです」と明かす。

「あまちゃん」で共演した若手女優たちが軒並み活躍するなか、ひとり取り残された能年だが、5月10日にはブログを更新し、小泉の舞台を観劇したことをつづり、久々のツーショットを披露している。

「小泉は最近、舞台に力を入れている。あまちゃんの共演者で能年をかわいがっている、宮本信子や渡辺えりも舞台女優。

能年が積極的に舞台などを観ていることからも、いきなりテレビや映画で復帰することは難しく、舞台を中心とした活動になると見込まれています」(前出の関係者)

[引用/参照/全文:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160524/enn1605241532017-n1.htm]

芸能界のご法度に疑問

tr20160525-5

「事務所に不満があるといって独立してもうまくいくわけはありません。芸能界に残るのは難しいでしょう」。

なぜ? この芸能界の掟って、なんだかおかしくはないだろうか? 

一般的な会社員であれば、会社を辞めるか辞めないかは本人の意志次第だ。どうしても「辞めたい」のなら会社が無理やり引きとめるなんてできないはずである。

まして辞めたあとに、根回ししてほかの仕事をできないようにする、だなんてそんなことを、社員が辞めるたびにいちいちおこなう企業はなかろう。

なぜ「不満があるから独立したい」のに、事務所側に義理立てしなければならないのか。

これでは、事務所に対して不満があっても言いなりになるしかない、でなければ意図的に「干される」という芸能界そのもののブラック体質を公にしているだけではないか。

能年だけに限らない。芸能界におけるタレントや俳優の「独立」「移籍」「干される」問題はいつもなんだかおかしい。

1月に勃発したSMAP独立騒動もそうだ。また、SMAPと同じくジャニーズ事務所所属のタレント・中島裕翔(22)とのお泊り愛をスクープされた女優の吉田羊をめぐるここ最近の報道も明らかに変だ。

熱愛報道の直前まで、あらゆるメディアが「吉田羊、吉田羊」と(いい意味で)騒いでいたのに、報道以後は「若い男のエキスを吸った代償は高くつく」と明らかに今後、吉田が芸能界で干されても「仕方ない」との論調となっている。

「干されても仕方ない」の根拠は、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長のお気に入りに手を出したため、テレビ業界が気をまわして吉田を使わなくなるのではないかと言うのだが、そこに「気をまわす」業界って頭がいかれてるんではないか。

彼女自身が「引退」を望んでいるわけではなく、再び彼女の演技を見たいファンもいる。なのに、むりやり「引退」へ追い込もうとする芸能界は、その異常性に気付かないのだろうか?

[引用/参照/全文:http://mess-y.com/archives/31533/2]

ネットの反応

・独立=事実上引退 こっちの方が洗脳じゃないか? 独立するのは自由だから
・独立するのは勝手だが業界ルールを無視したら業界で使って貰えないから事実上の引退
・双方にもったいない話だな。
・あまちゃんのイメージを払拭出来なかったからな
・能年ちゃんの記事って信憑性低いものだらけだけど前事務所が叩いて干してるんだなぁ
・この程度で辞めるなんて、あまちゃんだな
・時代は広瀬すず
・しくじり先生出ろよ
・一般人だって転職の時は前職での評価や辞めた理由は影響するぞ
・辞めるのに義理立ては大事だろ。ましてや同じ業界内での独立なら同時に根回しも必要
・この報道が出る前まではほとんどの人が存在すら忘れていただろう そして能年ちゃんがいなくても問題なく芸能界は回ってた
・ヤクザ稼業に非常識なルールがあってもいいけど、そのルールを当然だという論調で報道するマスコミがやばい。
・公正取引委員会は何やってるんだ?
・自業自得とはいえ変なBBAに捕まっちゃったのは気の毒に思う
・重版出来は能年ちゃんならぴったりだったな
・訴えられてもおかしくないのに訴えられないなんて寛大な事務所だよ
・足抜け代要求するなんて女郎小屋の思考
・復帰請負人事務所があってもいいと思う
・芸能人で労働組合を作るのもダメ。韓国みたいに強い事務所がタレントを「干す」行為を禁じる法律もない。公共の電波を事務所の都合でコントロールする。何一ついい所がないw

tr20160525-3

コメント

  1. 2
    名無しさん 2016/05/25 19:00

    演技も下手、喋りも下手!辞めるしかねぇよ(笑)

  2. 1
    名無しさん 2016/05/25 16:55

    少し売れたからって、いい気になったね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事