TROUBLE

HEADLINE

谷亮子、政治資金でヘアメークに5万円!

11月30日に、国会議員の政治資金収集報告書が公表された。

谷亮子
そこで明るみになったのが、ヤワラちゃんこと谷亮子参議院議員(36)のヘアメーク代がなんと5万円だったという事実。これが税金で支払われているという。

岩本司
「後援者との「キャバクラ通い」の費用を”後援会活動費”として計上していた岩本司農水副大臣は指摘を受け、”キャバクラ自粛”の謝罪会見を開きました。」(政治部記者)※関連記事コチラ

松木謙公
また松木謙公議員は、オホーツク海に住む「クリオネ」をペットとして飼育し、30万円前後の金額を”事務所経費”として支出していた。呆れた”政治活動”の実態が明るみに出るなかで、あの谷亮子参議院議員の政治資金もヤリ玉に―。彼女自身もヘアメーク代5万2千500円を党支部から支出していたのだ。

ヤワラちゃんを担当したのは、井上陽水やIZAMも手掛けたこともある有名ヘアメーク。しかし、彼女のふだんの髪型とは、さほど変わったようには見えないのだが…。政治評論家の小沢遼子さんはこう語る。

谷亮子
「女性議員にとっては、確かにヘアメークは大事なんですよ。サラリーマンのスーツ代のようなものです。でも谷議員のヘアメーク代にしても、岩本議員のキャバクラ代にして、民主党は政権政党になって、資金の使い方が乱れてきていると言われても仕方ない部分はありますね。

“5万円超のヘアメーク代”について、谷亮子事務所にその理由を聞いた。

「報道では『初登庁日のヘアメーク代を党支部から支出していた』となっていましたが、実際にヘアメークをしたのは参議院選挙前の5月20日です。選挙用のポスターやビラに使う写真を撮るためのヘアメークでした。領収書に不備があって再発行を依頼したら、その日付が偶然、初登庁の日の7月20日なりました。当然、プライベートな美容院代や衣服代などは、全額を議員本人のポケットマネーで支払っています」

だが、政治評論家の有馬晴海さんは、

「庶民感覚からすると『5万円は、ヘアメークの値段としては高いんじゃないですか』というのが正直なところです。ヘアメークは1万円ですませて、残りの4万円は、勉強会を開くとか、政府の勉強に使ってくださいというのが、国民の思いじゃないですか」

いずれにせよ、こっそり払ったヘアメーク代の一部には国民の税金が入っている。

[女性自信 エンタメスクープ]
http://entameblog.seesaa.net/article/239367825.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 63
    名無しさん 2011/12/20 21:12

    トンカツ姉ちゃん

  2. 62
    名無しさん 2011/12/18 17:09

    ラッシャーにしか見えない。

  3. 61
    名無しさん 2011/12/18 10:20

    こんなブスにヘアメークとか
    国の金をドブに捨てるようなこと止めろ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事