TROUBLE

HEADLINE

相撲発祥の地【富岡八幡宮】日本刀での刺殺現場がヤバい「地獄へ送る」ドロドロ過ぎる骨肉の争い

東京都江東区の富岡八幡宮周辺で、宮司の富岡長子(ながこ)さん(58)と運転手の男性(33)が襲われ、富岡さんが刺殺された事件で、凶器とみられる日本刀1本が折れた状態で見つかっていたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

現場からはサバイバルナイフなどの刃物3本も見つかっており、警視庁捜査1課は、富岡さんを襲撃した弟で元宮司の茂永(しげなが)容疑者(56)と30代とみられる知人の女=ともに犯行後に死亡=が富岡さんに対して強い殺意を持ち、複数の刃物を準備していたとみて調べている。

捜査関係者によると、富岡さんが倒れていた路上には、凶器とみられる日本刀が真ん中から折れた状態で残されていた。富岡さんは首の後ろに裂傷があったほか、右胸に深い刺し傷があり、強い力で刺されたとみられる。

また、茂永容疑者と女が倒れていた周辺からは、女が持っていたとみられる短い日本刀のような刃物と、サバイバルナイフ2本が見つかった。

事件は7日午後8時半ごろ発生。富岡さんは富岡八幡宮付近で車から降りたところを襲われたとみられる。運転手の男性も女に腕などを切りつけられ、大けがを負った。

周辺の防犯カメラの画像などから、茂永容疑者は犯行後に女の胸などを刺し、その後自分の胸を複数回刺して自殺を図ったとみられる。

[via:http://www.sankei.com/affairs/news/171208/afr1712080013-n1.html]

「地獄へ送る」と姉に脅迫状

長子さんと茂永容疑者は10年以上に渡ってトラブルを抱えていた。

弟の茂永容疑者は、90年代には父親の跡を継いで富岡八幡宮の宮司を務めていたが、2001年に宮司を解任された。

NHKニュースは、茂永容疑者の幼なじみの男性の発言を紹介。

「子どものころから活発でやんちゃな人で、父親から宮司を引き継いだが、さまざまなトラブルがあって宮司を解任されたと聞いた。最近はどこに住んでいるかもわからなかった」と話していたという。

時事ドットコムによると2006年1月、当時宮司に次ぐ神職の禰宜(ねぎ)だった長子さんに「必ず今年中に決着をつけてやる。覚悟しておけ」「積年の恨み。地獄へ送る」などと記したはがきを送付したとして逮捕された。

長子さんらには他にも、数通の脅迫文が送り付けられていたという。 

神社本庁を離脱

宮司の人事をめぐって、富岡八幡宮は神社本庁を離脱したばかりだった。

朝日新聞デジタルなどによると、茂永容疑者の解任後は父親が宮司に復帰していたが、高齢のため2010年に退任。これを受けて、長子さんを宮司にするよう、八幡宮は全国の神社を統括する神社本庁に具申した。

ところが、神社本庁から回答がなく、数年にわたり宮司が任命されない状態が続いていた。

2017年に入って任命しない理由を照会する文書を神社本庁に送ったが、返事がなかったため、神社本庁を9月28日に離脱。その後、長子さんが宮司になったという。

相撲発祥の地

富岡八幡宮は相撲の発祥の地でもある。江戸時代、相撲は規制されていたが、1684年、富岡八幡宮の境内で江戸勧進相撲を行うことを寺社奉行が許可した。

そのため、新しい横綱が誕生すると、富岡八幡宮の境内で土俵入りが奉納される。境内の横綱力士碑には歴代横綱の名が刻まれている。

日馬富士の奉納土俵入り[富岡八幡宮]

例祭は「深川八幡祭り」ともいわれ、江戸三大祭りの一つに数えられる伝統行事だ。お神輿の練り歩きは1643年に始まり、8月15日を中心に実施。三年に一度の本祭の年には、50基以上の町神輿が約8キロの行程を練り歩くという。

[via:http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/07/tomioka-hachiman_a_23300928/]

ブログでセクハラ被害に言及

死亡した富岡さんは、この日午後2時45分、「世の中間違ってやしませんか?」との思わせぶりなタイトルで、公式ブログを更新していた。

ブログは「私はここ数日、機嫌が良くありません」と書き出しで始まり、一部神社の神主のセクハラやパワハラに言及。

また月の写真と、「ムーンがお仕置きするのも時間の問題ですね」ともつづり、「次回同じことがあったら、実名公表します」と締めくくられていた。

別の日のブログには、理由は明かしていないが、近所の警察署を訪れたことも証していた。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00071965-nksports-soci ]

近年は不祥事のオンパレード

関東近郊の神社関係者がこう話す。「富岡八幡宮は、以前は長子氏の父親が宮司をしていたが、代替わりした頃から親族間に宮司の座を巡るお家騒動が勃発。怪文書が頻繁に出回り、今では不祥事が絶えない状態なのです」

この関係者が言う宮司の交代劇があったのは、1994年のこと。長子氏の弟が跡を継いだが、女性関係など素行の悪さを伝える怪文書が出回り、2001年に宮司を辞任。急遽、父親が再任され、これを皮切りにさまざまな不祥事が起きたという。

「2006にはこの弟が怪文書の出所が長子氏であると疑い、恨みを連ねたハガキを送付。

これが脅迫にあたるとして警察に逮捕された。また、2011年には富岡八幡宮に勤めていた甥(弟の息子)を長子氏が排斥したとして不当解雇裁判が起きているのです。神社界では『八幡宮の潤沢なカネが、いがみ合いの元』と評判なのです」(同)

また、長子氏本人にまつわる醜聞も渦巻いているという。

「実は、長子氏は父親が再び宮司を辞任した時に庁規に則り、神社本庁に宮司就任の申請をしているのです。ところが、これが拒否された。人物か経歴に問題があると判断されたのは明らかです。

[via:https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/kyoto/1495247530/]

【関連リンク】
富岡八幡宮 宮司代務者 富岡長子様は偉大疑惑 『週刊実話の記事』

ネットの反応

・歌 舞 伎 化 決 定!
・日本刀で襲撃ってヤクザもびっくりやな。
・実朝と公暁の刃傷沙汰のようだ
・剣道六段の俺でも真剣二刀流とか無理だわ
・お仕置きされちゃったなw
・運転手も交際相手も良い迷惑てか巻き添えとかなんなんだw
 死ぬなら、姉弟だけでやり合えよ!
・これで分かったであろう 神なぞ存在しない事を
 >こんなドロドロぐちゃぐちゃ宮司たちじゃ逆に神罰が下ったという考え方もできちゃうんだな
・神様がお怒りになったんだろうな
・この件は由緒あるこの神社の歴史に刻まれるんだろうか?
・悟りと静寂のお寺の中でもドロドロの人間劇はあるんだなあ
・とりあえず宗教団体も税金払えや。
・神社本庁から離脱云々の最中に刃傷沙汰とは・・・・・・何か裏があるのかな?
・黒幕は八百長互助会モンゴリアンチームの仕業かな?
・日馬富士の呪い?
・この弟
 巫女を100人以上強姦して刑務所
 覚せい剤で逮捕
 この姉と弟はセックスしてた
 富岡八幡宮スレに書いてあった
・モエ=弟のアダ名 ブタ子=姉のアダ名 
 俺は少年院でモエと一緒だった奴から話を聞いたことがある。
 モエに強姦された女は、 数百人もいるそうだ。そのうち、抵抗してモエに殺された女が2人、コンクリーと詰めにされて東京湾に沈められているらしい。
 当時のモエは、ブタ子が気に食わない女をブタ子に頼まれて、レイプしたり、半殺しにしていたらしいからな。
 十代の時は、ブタ子とモエとよくセットで遊んでいたのも深川では有名
 >間違い。強姦したんじゃなくて、数人の男で輪姦して刑務所に入ったんだ。10回は逮捕されてるじゃね?
・覚醒剤売買の疑いで家宅捜索されたのもモエ。万引き、免停検問突破、強姦、脅迫、詐欺もしてるらしい。
・3回離婚して4番目のホステスが乗っ取りかけて神社の金使い込んだから追い出されたって新潮に載ってたっけ?
・さすがに深川の公衆便所と異名を取った、ヤリマン変態女ブタ子の弟だけあるな!
・このブタ子、小学生の時に、弟のモエに自分のマンコなめさせて喜んでいた、おぞましいド変態女らしいぞ。
・モエって神社の金を使って今の嫁のホステスが愛人だった頃に7000万のマンション買ってやったのがバレて大騒ぎになったのが発端とか
・ドラマ化希望
 青山典子(日本刀の女)
 松田龍平(弟)
 木村多江(女宮司)
 吉田鋼太郎(運転手)
・八幡宮の敷地内に景観台無しの超豪華な洋館建てちゃったらしいお姉さんと女遊び放蕩が過ぎて宮司解任されちゃったらしい弟さん どっちがおかしいの?どっちもおかしいの?それとも黒幕は神社本庁なの?

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/12/08 14:41

    映画化決定

    そして神など存在しないインチキ宗教

    税金払え

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事