TROUBLE

HEADLINE

【日芸】裏口入学報道に爆笑問題・太田光が自著発売の新潮社に恨み節 かつて自らでネタにもw

「東京医科大の入試をめぐる“不正”が取り沙汰される折も折、お笑いコンビ爆笑問題・太田光(53)の裏口入学が発覚。

これまた渦中の日本大学がその舞台だが、この裏口が無ければ相方の田中裕二(53)と出会うこともなく……。

大東文化大学第一高校に通った太田が、日本大学芸術学部を受験したのは1984年のこと。自身の進学について、〈いずれ日芸に行きたいと思っていた〉と自伝に綴るが、一方で〈ダメなら専門学校の横浜映画学校に行ければいいやって思ってました〉(『爆笑問題 太田光自伝』)。

だが、内装会社を営んでいた父・三郎氏は、溺愛する一人っ子の光を、なんとしてでも日大に合格させたかったようだ。

入試前年の83年後半、指定暴力団組長の愛人芸者の娘と知り合い、“知る人ぞ知る裏口入学ネットワーク”に依頼をする。だが、

「この成績では無理だろうというレベルでしたね。太田の父親とも何度か打ち合わせの席を持ちましたが、“息子、バカなんです。バカなんです”と繰り返していてね。“割り算もできないんです”ともボヤいていました」(さる日大関係者)

そこで太田本人に尋ねると、

「僕は身に覚えはないですよ」

との答えが返ってくるが、先の日大関係者は、

「1次試験前日くらいのタイミングで、ホテルに太田を缶詰にしました」

と、裏口入学について具体的な証言をする。曰く、本番と同じ問題を使い、現役教員自らレクチャーした……。となれば、ゲタを履かせてもらっていることは、太田も分かっていたことになる。父・三郎氏は、対価として日大に800万円を支払った。

こうして“合格”した先で出会った相方と結成した爆笑問題は、今年で30年を迎えた。8月8日発売の週刊新潮では、“ゲタを履かせようにも、その足がなかった”という言も出た「太田の裏口入学」について詳しく報じる。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/08071700/

裏口入学報道に反論

太田光は、7日深夜放送のラジオ番組『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』で「週刊新潮、バカヤローこの野郎。裏口入学するわけねーだろう」と笑いを交えながら反論を行った。《中略》

番組冒頭のあいさつでは、時事ネタを絡めて自己紹介を行っている太田だが、この日は「裏口でおなじみの太田光ですけど」とコメント。

「ラジオやる気分じゃない。弁解だって言われたらそれまでだから、話したくもないんだけどさ…」と脱力しながら、記者からの直撃を受けた当時のことを丁寧に説明し「はらわた煮えくり返っていたんだけど、何とかおもしろくって思って話したんだけど」と語った。

記事の内容について一つひとつ反証していった太田は、父と日大関係者が交わしたとされる会話について「ウチの親父はそんなしゃべり方をするような人間じゃ絶対になかったし、オレが有名だっていうことで、死んだ後にこんなふうになっちゃうのが情けない」とコメント。

記事の導入が立川談志さんになっていることにも触れ「口はばったいけど、オレは立川談志っていう人は大事に思っているし、それはオレの中ではウソじゃないんですよ。あと親父とおふくろのこともひっくるめて、すごく嫌なんだよ、この記事が」と本音を打ち明けた。

以前、同番組内で話していた父親との会話についても「親父が『オレはあんたのために何もしてあげられなかった』って言っていたから『そんなことないよ、大学も入れてもらったし』って返したんだけど、それは学費を出してもらったっていう意味だよ」とユーモアたっぷりに回顧。

「裏口っていうのがちょっとな…。これからは『あんなこと言っていても、裏口だろ』ってギャグでも言われるわけじゃない。裏口キャラみたいな、オレもうヤダよー。周りのオレを見る目も変わっている気がするしさ」と嘆いて笑わせた。

太田は続けて「全然部署が違うんですけど『マボロシの鳥』を新潮社から出せてうれしかったんだよ。憧れの出版社だったから。何でこんなふうにやられなきゃいけないのか」と呼びかけながら「談志師匠が好きとか、親父がとか、オレのすべてがインチキみたいな記事がさ…」と思いを吐露。

相方の田中裕二は、番組内の人気コーナー「怒りんぼ田中裕二」さながら、今回の記事に対して「これひどいわ。本当に罪深い。どういうつもりだろ。なんだこれ、ムカつくわ」と怒りをにじませた。

[via:オリコン]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000300-oric-ent

光代氏「悲しいけど訴えます」

「新潮社に恨みを買うようなことはしてきてないですし、太田も最初の小説とか書いてるし、お付き合いのある会社だから丁寧に対応してきたんですけど、これだけはどうしようもない。刑事、民事両方で訴えを準備しています」

光代社長はこう憤る。《中略》

「ちょっとひどいのはお父さんのことが書いてあること。お父さんは人格的にもそういうことは絶対嫌い」と光代社長。内装会社を営み、「叙々苑」の内装と共にロゴも担ったという三郎さんは2012年に死去した。

[via:ZAKZAK(夕刊フジ)]
http://news.livedoor.com/article/detail/15130828/

「裏口入学だもん」発言していたw

18年前の2000年3月2日、「ナイナイANN」にてゲストとして招かれた爆笑問題の太田光が裏口入学を認める発言をしていたことが分かった。

問題の発言は54分27秒。

日大の入試で暴れたけど合格したというエピソードを話す太田光。周囲が驚く中であっさりと受かった理由を明かす。

読者ハガキ「爆笑問題の太田さんに質問です。太田さんは大学入試の試験会場でものすごいことをしたらしいですが…」

太田光「ものすごいことって…。大騒ぎしてた。入試のときに試験官とかいるじゃない?ああいうのにツッコんだりしてた」

岡村隆史「自分が受験生で?」

太田光「『やい!おい!笑わせろ!』とか言ってた(笑)」

岡村隆史「マジですか」

矢部浩之「一人で?連れとかいないんでしょ?」

太田光「いないいない(笑)」

田中裕二「周りの受験生にもツッコんでたよ。『ばーかお前ら受かるわけねーだろ!』とかさ」

矢部浩之「それはおかしい者扱いされてますよ~(笑)」

岡村隆史「でも受かったんでしょ?」

太田光「受かった。裏口だもん」

一同「ははは(笑)」

冗談として言ったとも解釈できるが、声のトーンが本当のことを話しているように思える。

[via:http://netgeek.biz/archives/124140]

ネットの反応

・確かに日芸はタレントや芸能人が多いからなあ
・元々頭悪いイメージなんだから世間でそう見られている
・本人が知らないこともあるからな
・岡村のラジオで自分で言ってたじゃない
・自白してるなら、もう時効だし、開き直ればいいんじゃね 今までの芸風からして・・・
・これは余裕のない証拠 いつもなら笑いに変えるはず
・ああこれはやってるね。
・かつて自分らでネタにしたんだから疑われても仕方ない
・ラジオのリスナーなら太田の裏口はみんな知ってるよ
・まああの時代は普通にあるからな寄付すればゲタはかせるのは
・私学は金積んだらは入れるとこだろ 寄付金ってそういうもんだからな
・ほんとに自分で「裏口」言ってるじゃんw
・さんざん他人を責め続けてきた男が ついに責められる立場に回ったようだ
 >無実の証明をする番が太田にまわってきたんだなw
・つか今更こんな話ししてなんの得?マスコミの日大叩きの一環かw
・受験のときデタラメやってたけど受かったってネタにしてたろ、田中がやばいのがいるって思ってたとかなんとか
・相方の田中は太田のことを度々「足し算も引き算も出来ない」と話してたけど…。
・証拠出さないと厳しいな太田夫妻 疑惑は払拭出来ないぞ
・親が勝手にしたんだろ?親がそんなこと子供に言うわけないだろ
・裏口してまで入った学校を中退するかな?
・太田の日芸の同級生がタイタンでネットの悪口監視かなんかやってたんだっけ ほんでいつの間にか覚せい剤やってパクられたんだよな
・近藤さと、中井美穂あたりの頭良さそうなのですら日芸に一浪入学の時代だからな。太田が現役で入れたのは不思議ではある。
・今までさんざん正義ヅラして政治家叩いてきたのに、てめえが卑怯な不正入学野郎と認めるわけにはいかないもんなw

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事