TROUBLE

HEADLINE

大ヒット映画『カメラを止めるな!』はパクリだ!原作者が怒りの告発も「今になってなぜ?」の声

映画のキャッチコピーは、「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」だ。

“37分間の安っぽいゾンビ映画” が終わったその後に「何かが起こる」というのがこの映画の肝だが、社会現象ともいえる熱狂のなか、監督と原作者の間にも「何かが起きていた」とは、誰も思いもよらなかったであろうーー。

「映画の評判は、僕も周囲から聞いていました。そんなとき、過去に僕が主宰していた劇団の後輩から『あれ、先輩の作品が原作ですよ。知らなかったんですか?』と言われて、初めてその映画が、僕の演出した舞台『GHOST IN THE BOX!』(以下『GHOST』)をもとに作られたことを知ったんです」

そう語るのは、2011年から2014年まで劇団「PEACE」を主宰していた和田亮一氏(32)。彼の言う“映画”とは、『カメラを止めるな!』のことだ。


劇団「PEACE」主宰 和田亮一氏

6月23日にわずか都内2館で公開されて以降、口コミを中心に評判が広がり続け、累計上映館数が全国190館(8月17日現在)を突破。役所広司ら、芸能人がこぞって絶賛し、上田慎一郎監督(34)の巧みな構成を称賛する声が多い。

「製作費は300万円といわれているが、興行収入10億円突破は確実」(映画業界関係者)

まさに破竹の勢いの『カメラを止めるな!』だが、映画を観た和田氏は、こんな複雑な感情を抱いたという。

「構成は完全に自分の作品だと感じました。この映画で特に称賛されているのは、構成の部分。前半で劇中劇を見せて、後半でその舞台裏を見せて回収する、という構成は僕の舞台とまったく一緒。

前半で起こる数々のトラブルをその都度、役者がアドリブで回避していくのもそう。舞台が廃墟で、そこで、かつて人体実験がおこなわれていたという設定も一緒ですし、『カメラは止めない!』というセリフは、僕の舞台にもあるんです」

本誌もDVDに収められた『GHOST』の映像を見たところ、多数の類似点が見受けられた。


舞台『GHOST IN THE BOX!』

『GHOST』は、和田氏が企画して二部構成のプロットを考案し、A氏とともに演劇の脚本として完成させたもの(舞台上演時は脚本がA氏、演出が和田氏)。和田氏も原作者だ。2011年の初演が好評を博し、2013年に再演。再演時には上田監督も観に来ていた。

しかし、2014年に和田氏の劇団は解散。2015年になって、上田監督がかねてより交流のあった「PEACE」の元劇団員のB氏と接触し、『GHOST』の映画化を企画。上田監督はA氏に映画用の脚本執筆を依頼したが、このプロジェクトは頓挫した。

その後、2016年に上田監督は『カメラを止めるな!』のプロデューサーの市橋浩治氏から長編映画の製作を持ちかけられる。すると、上田監督はなんの権限も持たないB氏に「『GHOST』の映画版をやりたい」と伝えたという。

「Bに伝えたことで、映画化の許諾を取ったつもりだったのでしょうか。

上田監督は大幅にAの脚本を書き直したことで、『これは自分のオリジナルストーリー』と主張していますが、構成や大まかな設定部分は完全にそのまま。

公開当初のクレジットにAとBの名前こそ入っていましたが、原作の表記や劇団名、作品名は入っていません」(和田氏)

A氏もこう語る。

「上田監督からは事後報告の形で『名前を入れました』と連絡がありました。しかし、脚本を書き直して映画化する過程で、許諾を取る類いの連絡はありませんでした。公開されたいま思うと、原作として和田さんと私のクレジットがないのは疑問に思います」

こうして完成した『カメラを止めるな!』は、2017年11月に初めて一般公開された。公開後も、監督から劇団関係者への連絡はいっさいなかったという。

「弁護士に、双方の作品を見比べてもらったうえで相談したところ、類似点の多さや、Aの脚本をもとに書き直したものであるのに原作の表記がないこと、原作者である僕やAの許諾を取らなかったことなどから『これは著作権の侵害だ』と。現在、訴訟の準備を進めています」(和田氏)

本誌が上田監督及び市橋プロデューサーに、本件に関する事実確認を求めると、

「弊社といたしまして、本映画において舞台(『GHOST』)に対する著作権侵害がなされている認識はございません。

また、本映画のクレジット表記方法をはじめ、本映画の製作、上映にあたり、確認・協議すべき事項についても舞台の関係者の方々と都度協議をし、ご納得いただいております。

また、そのほかの条件や今後の対応に関する協議についても、現在、舞台の関係者の方々と進めさせていただいております」

との回答が書面で送られてきた。

映画の版権問題に詳しい弁護士は次のように語る。

「著作権を侵害しているかどうかに関しては、類似点の程度問題なので、裁判でも実際に両方を見比べたうえでのジャッジになります。しかし、事の経緯を聞く限り、先方の強引な進め方には問題があると言わざるをえない」

和田氏が怒りをぶつける。

「僕の舞台を原案というけど、僕は案を出したわけじゃなく、実際に舞台を作り上げて、何度も公演もして、上田監督はそれを観ているわけです。

その脚本をもとに作られた『カメラを止めるな!』が、さも完全オリジナル脚本のように絶賛されているのは、クリエイターとして到底承服しかねますね。

多くの元劇団員からも同じ声が上がっています。僕たちが納得して、映画が作られたと思われているのは心外です」

[via:SmartFLASH]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00010001-flash-peo


『カメラを止めるな!』上田慎一郎監督

上田監督のインタビュー

 ―まずこの斬新なアイデアをどんな事から思いついたのかをお伺いしたいのですが。

上田監督:5年前に、劇団PEACE(2014年解散)の「GHOST IN THE BOX!」という舞台を観まして、物語の構造がすごく面白いなと思ったんです。

この舞台を原案にして映画化したいと思い、最初はその舞台の脚本家や出演者の方と一緒に企画を進めていたんですがなかなか前に進まず一旦企画は頓挫。

2年ほど前にとあるコンペに出すのをきっかけにまたこの企画を引っ張り出して、基本的な構造以外は登場人物も展開も丸ごと変えて、新たな作品としてプロットを固めていきました。

その企画コンペには落ちたんですが、ちょうどその直後にこの「シネマプロジェクト」のお話をいただいたんです。「シネマプロジェクト」というのは新人の監督と俳優がワークショップを経て一本の映画を作るという企画です。

[via:ガジェット通信 2018/07/27]
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3708616

製作側が『FLASH』の記事に反論

大ヒット中の映画『カメラを止めるな!』が、原作者の著作権を侵害しているとして、きょう21日に週刊誌『FLASH』が報じた。

同映画の製作を手がけたENBUゼミナールは同日、映画の公式サイトで報道内容について「不正確なもの」と真っ向から反論した。《中略》

公式サイトに掲載された文書ではこの記事について「内容は不正確なものです」と反論。

同映画が『GHOST IN THE BOX!』に着想を得て製作されたことを認めた上で「本舞台に敬意を表する意味で本映画を拡大上映する際に、原案:劇団PEACE『GHOST IN THE BOX!』という表記をご提案させていただきました」と経緯を説明。

一方で「本映画は上田監督自身による脚本、監督、編集というように本舞台とは独自の形で製作を進め、ストーリーは本舞台と全く別物である上、脚本の内容も異なるものですから、本映画について、本記事の見出しに掲載されているような、法的に『著作権侵害』が生じていたり、本舞台を『パクった』といった事実は一切ございません」とし、舞台と映画の類似点が多いとする和田氏側の主張と食い違いもみられる。

また、クレジットなどの対応は今後協議する予定だったと説明し「それにもかかわらず、このような『著作権侵害』や『パクった』といったようなセンセーショナルな見出しや、未だ確定もしていない本舞台関係者との協議過程の内容も含む記事が掲載されたことに強く憤りを感じます」と批判している。

[via:ガジェット通信]
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3708616

今になってなぜ?告発側に疑問も

「しかしその和田氏自身、映画が人気となって7月に入ってから自身が鑑賞した後も、ツイッターで『カメラを止めるな!めちゃ面白かった』などと作品名のハッシュタグ付きで喜びのツイートをしているんですよ。

それに対し上田監督が『ワダさん、ありがとう!!楽しんでもらえて良かった。嬉しい。』と引用リツイートしているんですが、それをさらに和田氏が『上田さん、最高でした。めっちゃ映像で遊んでましたね!』『すごく面白くて、あんなに会場中がみんな笑ってるいい空気感の映画は初めてでしたよ!』などと拡散している。

盗作との思いがあるなら、少なくともその時点で抗議していなければおかしい。整合性がとれないんですよ。

もしかしたら、和田氏の周囲の人物が、映画のヒットを見て、和田氏を焚き付けたのでは?」と、首をかしげるのはスポーツ紙の50代男性記者だ。

確かにネット上にも、

「上映館2館の時点で同じように告発するならわかるけど…」

「思い入れある作品なら映画を見たときから憤っているはず」

「ヒットしてから騒ぎたてるのはなぜ?」

などと、和田氏への疑問の声も出ている。

監督側の見解では、最初は映画化の話を一緒に進めたもののそれは頓挫し、結局は別物になったため、「原作」の表記はできないというものだという。《中略》

この騒動に関して、ネット世論も意見が割れているようだ。想定外のヒット作となってしまったことから起きた騒ぎのようにも思えるが、作品自体は評判が良いだけに、後味の悪い決着は誰も望まないだろう。

[via:THE PAGE]
http://news.livedoor.com/article/detail/15187987/

【関連リンク】
映画「カメラを止めるな!」について|ワダリョウイチ

ネットの反応

・自主上映のときは気にならなかったけど全国拡大上映になっちゃったんで劇団の人も色気が出ちゃったんだろうな
・権利関係抑えるのが最初の仕事だろ 後から言われようが最初に仕事をサボったツケだ
・私は舞台も見たことあるけど、映画は舞台を確実にインスパイアしてますね。間違いないです。
・三谷幸喜の ショーマストゴーオン+ラジオの時間 で出来上がり
・舞台と映画両方見た者だけど明らかに盗作だね
・昔ならいざ知らず、今時権利関係を口約束レベルでやろうとしたのはお粗末としか
・まあ金目だろうな「こんな売れるとは思わなかった、俺にも金欲しい」
・パクりかそうじゃないかは裁判で決めなw
・プロレス臭いな、無料で宣伝になるもんな
・パクりとかの問題じゃないし 原作表記でもめてるだけだ
 >これな。ずっと最初から言ってるもんな
・曲をアレンジしたって原曲は原曲だからw
・舞台から着想を得たってのもズルい表現だよな 最初は舞台の映画化をしようとしてたのに
・まー炎上マーケティング頑張ってください さよなら~
・パクったという印象はもう免れないな 最初から表記してればよかったものを
・許可も取ってないしクレジットもしなかったんでしょ パクリというか普通にアウトじゃないのw
・パクリを止めるな!

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/08/22 15:40

    盗人猛々しい
    許可取り無しの分際で
    丸パクリしておいて、ちょっと参考にさせてもらったよ感覚のクレジットロールとは
    こんな奴、日本から追放しろ!

  2. 1
    名無し 2018/08/22 9:25

    今になってって。
    自主製作の映画なんてヒットしなきゃ製作されてるどーかもわかんないでしょ。どっちにしろ盗作はアウトなんだし。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事