TROUBLE

HEADLINE

闇営業のカラー写真が発掘されるw今回は騒動は氷山の一角?吉本芸人に蔓延する“闇営業”の実態

お笑い芸人のキートン(45)が、芸人が「闇営業」をする実情を明かした。

闇営業とは、タレントらが所属事務所を通さずに依頼された仕事を直接受けること。事務所を通さないためギャラも直接タレントに支払われる仕組みだ。

多くの芸能事務所はこれらを禁止しているが、芸人たちが闇営業をしたエピソードがバラエティー番組などで話題になることも少なくない。

キートンは7日更新のツイッターで、

「ちゃんと仕事、営業を入れて、ちゃんとしたギャラが振り込まれたら、闇営業なんて行かねーよな。仕事は入れない、自分で取ってきた仕事に色々言われる、生活できない、そんな吉本芸人は山ほどいる」

と、芸人たちが闇営業をする理由は仕事量や支払われるギャラが少ないことに問題があると指摘した。

同じ事務所に所属していたカラテカの入江慎也(42)が、振り込め詐欺グループなどの反社会的勢力との闇営業の仕事を、吉本芸人らに仲介したことを理由に契約を解除されたが、「そこに闇営業の話がきたら、心が揺らぐわな」と私見を述べた。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906070000299.html

闇営業をする理由にはならない?

吉本興業といえば、所属芸人らがバラエティ番組で「ギャラの取り分」について自虐気味に語る様子がたびたび話題になる。

事務所と芸人の取り分は9:1」とも噂されており、吉本芸人が他事務所を羨ましがる流れはもはや「お決まり」の一つだ。

キートンの持論を受け、ネット上では「よく言った! 素晴らしい発言だと思います」と称賛する声も見られたが、多くの人は「だからといって闇営業をしていい理由にはならない」という意見のようだ。

「違う事務所に行けばいいのではと思ってしまうのですが…」

「収入が少ない弱い芸人には同情する TVによく出る有名芸人は同情の余地がない」

報道によれば、入江の他に、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号・2号の田村亮などがいたとされているが、人気芸人の彼らが闇営業をする理由にはならないとの指摘も見られた。

[via:しらべぇ]
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190607-11480506-sirabee

ナダルが闇営業ポロリ

吉本芸人は“闇営業”について、半ば笑いのネタにしてきた節もある。

タイムリーなことに、5日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、吉本所属のお笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが、自身の“闇営業”を暴露していた。

同番組では、<「俺に何か言わなきゃいけないことないか?」とカマかけられたらベタに余計なこと喋っちゃう>説の検証が行われ、ナダルがターゲットに。

先輩芸人のFUJIWARA・藤本敏史から「俺に言わなアカンことあるやろ」と問い詰められたナダルは、酒が入っていたこともあって「えっ……闇営業ですか?」とポロリ。

さらにナダルは、「いや、闇営業は、ホンマに食ってかなアカンから。よう行ってるっていうか、そんな行ってないですけど、今度のゴールデンウィークに『ゴールデンウィーク闇』あります」と自白したのだった。

ナダルの意外な告白に、仕掛け人の藤本は動揺を隠せず、「別にお前食うていけるやろ」「闇とかすなって、お前はもうテレビとか出てんねんから」と強い口調で叱責。

ナダルは「はい、すいません」と謝ったが、この後にも放送不可能レベルの“何か”を白状したようだ。スタジオは騒然となり、放送時のセリフは伏字となっていた。ベタに余計なことを喋るどころではない。

入江解雇を受け、ネット上では「ナダルもアウトじゃん」「入江の次はナダルか……」と、心配の声が上がっている。

「フライデー」は氷山の一角?

実はナダルは、昨年10月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、自ら “闇営業”を持ちかけていたこともあった。

「ナダルはコンプライアンスを守るのか」を試すドッキリで、偽CMの打ち合わせとして男性社長を紹介されたナダル。男性社長から結婚式での営業について持ちかけられると、ナダルは「(事務所を通さず)直でやりたい」と、“闇営業”を提案した。

しかもその後、この男性社長がいかにも暴力団関係者ふうの男たちを恫喝する場面に遭遇するも、ナダルは引かない。

実際にはドッキリであり未遂に終わっているとはいえ、芸人の黒いつながりの実態が垣間見え、視聴者からは「ナダルがヤバイ」「ドン引き」と悲鳴が上がっていた。クズキャラ売りのナダルだが、そのキャラが“ネタ”でなければ確かに危険かもしれない。

吉本興業からすれば、「フライデー」の一件は、元締めをしていた入江の契約解除によって手打ちにしたいというのが本音だろうが、それも氷山の一角なのだろうか。

[via:wezzy]
https://wezz-y.com/archives/66586

吉本芸人に蔓延する“闇営業”の実態

「吉本は現在、自治体や政府など公の仕事を全社的に進めている。反社会勢力との接点があれば問答無用ということなのでしょうが、入江本人も“クビ”は寝耳に水だったとか。弁明の余地もなかったそうです」(芸能関係者)《中略》

「もちろん入江自身が犯罪に手を染めたわけじゃない。ただ、今のよしもとは島田紳助さんが暴力団との密接交際を公表して引退した件があるため反社会勢力との交際は何があってもNG。

入江はかなりの親密交際だったため即クビ。頼まれて宴会に出た芸人は厳重注意となった」(スポーツ紙芸能デスク)

入江といえば、横綱・白鵬(34)を筆頭にスポーツ界、政財界まで幅広い人脈を持つことで知られている。その人脈を生かしてコンサルティング会社「イリエコネクション」を起業。

5月12日放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)では現在20社とコンサル契約を結び、年商は1億円を達成したことを明かしていた。

しかし、同誌によると、くだんの忘年会は事務所を通さず直接収入を受け取る“闇営業”。芸人1人当たり100万のギャラだったというが、同誌に直撃された宮迫は入江からギャラを受け取っていないことを主張した。

「“闇営業”の収入は領収書のない金なので、おそらく申告していないのでは。それを繰り返しているとしたら、脱税にあたります。今後、国税局が入江さんの金の流れに目を付けるのではないか」(税理士事務所関係者)

入江自身は“友達5000人”とも吹聴していた自慢の人脈がアダとなった形だが、戦々恐々なのは、身に覚えのある芸人たちである。

「吉本はギャラが安いことをネタにするくらいですが、その分、事務所を通さない“闇営業”をしている芸人なんてゴマンといます。ただ、営業のギャラの原資が詐欺などの犯罪かどうかなど芸人にはわからない。

もし、入江の一件がよしもと追放の基準になるのであれば、しかも数年前まで遡ってというのなら抵触する芸人は片手どころじゃない」(芸能関係者)

入江ショックがお笑い界全体に波及している。

[via:日刊ゲンダイ]
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/255623

吉本は闇営業を黙認?

この吉本興業の処分で注目すべきは、犯罪集団とは知らなかったかもしれないが、事務所を通さぬ闇営業であることはわかっていたにもかかわらず、そこへの処分がないことだ。

「つまり、芸人の闇営業自体は黙認されているということなのでしょう。所属芸人が増えて、一人のマネジャーが何組もの芸人を担当する時代になり、芸人ごとにきめ細やかなマネジメントや営業活動ができない現実がありますからね。

会社サイドもそこに負い目があるだけに、厳しく管理ができず、そうした中にあっては事務所を通さず実入りも大きい闇営業が増えていくのは当然のこと。

実力のある芸人で闇営業をやったことのない芸人はほぼいないでしょう」(お笑い関係者)

闇営業でなくとも、小会場でのライブなども事務所が関与していないケースがほとんどだし、そもそも事務所と所属にあたっての契約書がないケースも多い。

何をもって所属芸人なのか、そんな人材に対し事務所としての責任はどこまで及ぶのか。

[via:アサ芸プラス]
http://dailynewsonline.jp/article/1863414/

入江の“きな臭い”人脈

ある芸能関係者は「新興宗教の幹部みたいなニコニコ笑顔の下は腹黒い営業マンタイプ。どう見ても怪しい人とつるんでパーティやライブに顔を出しては顧客開拓に励んでいましたが危ないと思っていました」と話す。

さらにこんな話も。

「自身の講演で『行った先にメリットがないことはないんだ』と人に希望を持たせては怪しい会合やパーティーに勧誘していましたよ」と別の芸能関係者。

いみじくも同じ吉本芸人の南海キャンディーズの山里亮太(42)は「友達は最小限でいい」という堅実な信条で女優の蒼井優(33)のハートをつかんだ。要は入江は“人を見る目”がなかったということだ。

[via:ZAKZAK]
https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190607/enn1906070014-n1.html

有吉 入江の解雇を予言?

ネット上では、有吉弘行が過去の番組で入江に対し放った言葉が注目されている。

17年6月に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で、「なにで儲かってるの? 芸能人大捜査」と題して、入江に密着。捜査に関連してか、「容疑者 カラテカ入江慎也」という肩書きになっていた。

「逮捕されないことを祈る」

芸能界以外にも人脈があること、自らが代表取締役社長を務める会社『イリエコネクション』、会社でのコミュニケーションをテーマにした講演会を開くことなどを紹介。

最高月収が280万円であることも明かされており、やや派手なことをしていたからか、有吉は「いつか逮捕されないことを祈る」と発言していた。

有吉の観察眼に脱帽

ネット上で、この有吉の「いつか…」の発言にスポットライトが当たり、以下のような反応が出ている。

「有吉さんは人を見抜く力があると思います」

「有吉さん流石だわ。どん底から這い上がってきた人は見る目がある」

「現状を見て未来まで見えていたのでしょう」

[via:しらべぇ]
https://sirabee.com/2019/06/07/20162095937/

画像闇営業の写真が発掘される

2014年12月27日に「凄まじい忘年会だった。芸人いっぱいきた」というコメントと共に今回FRIDAYに掲載されていた忘年会と思われる芸人たちの画像がツイートされていた。





FRIDAYでは名前の出てなかったザブングル。最初の白黒画像での三四郎小宮はザブングル松尾の間違えのようだ。

ネットの反応

・レイザーラモンHGは衣装着てるのにギャラもらってないのか?
・かなり前から闇営業しててその様を写真にもバシバシ撮られているわけでそれをネタに断れないだろうな 反社に弱み握られズブズブよ
・宮迫らがノーギャラ言い張れば言い張るだけ、他の闇営業がバンバン暴かれて、他の芸人に流れ弾ビュンビュン来るかもw
・取っ払いに備えて印鑑持ち歩いてる某氏がいたよな
・カラテカ入江は有吉の言う通りになったね…あぁいう人コンサルみてーな奴ってめちゃ儲かるんだろうけど、絶対やべー案件抱えてるよな
・人脈、人脈って言うけど中身知らずに広げていったら反社会勢力にすぐに行き当たるだろうな。
・こういうの見ると以前から危険な香りがあったんだろうな…
・はなしのすり替えは良くないね 反社会勢力との関係が問題であって
・まあ吉本がぼったくり過ぎて芸人の待遇が悪すぎるってのもあるんだけどな
・事務所に所属していることで仕事をもらっているわけだし、嫌なら個人事務所でやれ
・キートンのように笑えない人がいってもね。実力ない奴ほどよく吠える。
 >R-1のときも文句ばかり うぜー
・闇営業は吉本以外の芸人もやってるだろうし、芸能界全体でみれば他のジャンルのやつもやってるだろう 闇営業=脱税という事実がクローズアップされると困る芸能人は多そうだ
・ナダル、ディレクターに売られた感
 藤井健太郎「闇もやり続けたら光に…… 」2019年6月6日
・テレビで放送もされたし、注意されただけで首の皮つながった組なんだろうなナダルは
・吉本も変にトラブったりしなければ闇営業すること自体は黙認してるんだろ
・ナダルはプライドが高いから分不相応な生活したがるだけ こいつは自分が悪い
・水曜日のダウンタウンのオンエアでナダルが闇営業を暴露→吉本興業がナダルを問い詰める→ナダルがカラテカ入江を売る→入江が闇営業仲介役で解雇 繋がったw
・入江とか宮迫が悪かったのは、相手が反社会的精力だったからだろ そこを重点的に報道しないと

宮迫博之ギャラは否定

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が(49)7日夜、自身のツイッターを更新。同日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で、詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられた件について説明するとともに謝罪した。《中略》

宮迫はツイッターに書面を添え「この度は雑誌、ワイドショー等でお騒がせしております事を、私の事を応援して下さっている方々、並びに各所関係者の皆様にご迷惑ご心配をおかけしている事を深くお詫び申し上げます」と謝罪。

「5年前のことで記憶が定かでない部分が多く、結婚の二次会パーティーだった気がするんですが、入江君に顔だしてくれませんかと誘われて、一曲歌わせていただいた、という経緯だったとと思います思います。

ギャラはもらっていないのですが、パーティー後に参加タレントたちでいったお店、これも誰がいたのか記憶が曖昧ですが、その支払いを入江がしてくれたと記憶しています」と説明した。

続けて「知らなかったとは言え、後に逮捕されるような輩が集うパーティーに最年長の身でありながら気づく事も出来ず、出てしまった自分の認識の甘さ、脇の甘さを痛感し反省しております」とつづった。

[via:オリコン]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000387-oric-ent

ネットの反応

・Twitterで謝罪とか世の中バカにしてるだろ。
・タダで宴会出て盛り上げるほどヒマでもお人好しでもないだろ
・謝礼貰ってないなんて誰も信じてないよ。記者会見開いて弁解しろ。
・今頃コメントってことは口裏合わせ済んだってことか
・記憶は定かではないがギャラはもらってないってか
・どうせ、そんなに貰えるならオレも参加させろやって感じだったくせによく言うわ
・申告してなきゃノーギャラと言い張るしかないよな
・宮迫は金にシビアだって以前松本に言われてたよ、そんな奴がただで営業するわけないだろ
・2014年12月27日は仏滅 年末進行で仕事が糞忙しい年末の仏滅の日に結婚式w
・結婚式の二次会と詐欺グループの忘年会の区別もつかんのか まったく別物やろ
・ノーギャラなのにあのガチガチのコスチュームで盛り上げるHGやガリットチュウは芸人の鑑だな
・仮にギャラなしとして、そっちのほうが関係性深くなると思うんだがw
 >たしかに、ギャラ否定したら個人的おつきあいになっちゃうよね。紳助コース。
・ギャラは貰ってないからセーフって逃げ方は悪手だと思うけどなあ
・下手にウソつくと後で証拠が出てきたときに言い逃れ出来なくなるのに
・吉本のコンプラ担当の人はいつも日経新聞で危機対策とか偉そうに語ってるけど本当に大丈夫かね
・むしろ「貰いましたが相手が反社の一味とは知りませんでした、ギャラは返上します」的な方向が一番ダメージ少なく切り抜けられたのでは
・これ隠すために山里の結婚をああいう風に使うんだから吉本もよくやるよなぁ

関連商品

コメント

  1. 6
    名無しさん 2019/06/10 0:47

    だからどーでもいい

  2. 5
    名無しさん 2019/06/09 14:00

    問題の摩り替えにマスコミの吉本893興業への忖度がフル稼働中 その影響で馬鹿は闇営業そのものが問題だと思ってるのが恐ろしいほどの馬鹿が多数

    この話は反社会勢力と付き合いがあり、金も動いてる。そんな輩がテレビ出て金儲け?辞めろよ!芸能界
    ってことだろ

    もう一回言う
    この話は 闇営業じゃなく
    反社会勢力とお付き合い、金の繋がりがあるのが
    芸能活動してるってことだ
     そこの馬鹿 少しは理解しとけ

  3. 4
    名無しさん 2019/06/09 12:48

    三四郎の小宮じゃなくてザブングルの松尾だろ。これ

  4. 3
    名無しさん 2019/06/09 10:49

    食えないから闇営業OKって理論なら5年前の時点で売れてなかったガリットチュウと小宮とHG以外アウトやんけ

  5. 2
    名無しさん 2019/06/08 20:03

    どーでもいい。

  6. 1
    名無しさん 2019/06/08 12:40

    建前としては闇営業に行くのは駄目だが、暗黙の了解で事務所も黙認してるのは線引きが難しいから。
    個人的な友達の結婚式に呼ばれて余興を頼まれて謝礼を受け取るとか、家族が経営する商店を手伝ってお小遣い貰う等々…。
    しかし、闇営業の“斡旋”となると法律に抵触する。
    芸能事務所としては単純に営業妨害なのだから“参加しただけ”なのと“闇営業を斡旋”したのでは処遇に違いが出るのも仕方ない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事