ADULT

HEADLINE

Gスポットに裏があった!?近年話題の4大新性感帯の攻略法を女医さんに聞いてみたw

「膣でオーガズムに達する方法は千差万別。すべての性感帯が医学的に解明されているわけではありませんが、男女で協力して、快感を得られる場所を探すのはいいことだと思います。でも、いちばん大事なのは、精神的な満足。キスしたり囁き合ったり、ムードを盛り上げることを忘れないでくださいね」

こう話すのは高橋怜奈先生だ。高橋先生に、近年話題の“4大新性感帯”を聞いた。

スペンス乳腺
2017年に大ブームに“新性感帯”の代名詞

乳房の付け根の、腋に近い部位にあるのがスペンス乳腺だ。最初はくすぐったさを感じる人も多いが、愛撫されることで次第に感度が高まり、やがて乳房全体で感じるようになる。

また、スペンス乳腺の周囲には、快感への相乗効果が得られるツボも多い。バストアップや、“幸せホルモン”といわれるオキシトシンの分泌も期待できる。

「乳房は月経前などは張っていることがあり、強く愛撫すると痛みを感じてしまうことがあります。注意深く女性の反応を見て、周辺から愛撫するのは理にかなっています」(高橋怜奈先生・以下同)

裏Gスポット
お尻側にもあった! 第2の“ザ・性感帯”

知られざる“極イキ”性感帯。Gスポットは恥骨側にあるが、“裏”はお尻側にある。Gスポットと同じように、指の腹で押し込みながら愛撫するといい。

「人によって快感を得られる場所は違いますから、試してみるのは有意義です」

Aスポット
スローSEXで最奥部分に到達

Gスポットやポルチオのさらに奥に位置するため、挿入後、上部分に押し当てるようにゆっくりピストンする。SEX界のレジェンドであるアダム徳永氏が提唱し、2010年代の“新性感帯”発見の草分けとなった部位だ。

「指での愛撫は、男性の指の手入れ不足などで、内部を傷つけてしまうことも多いんです。ゆっくりとしたピストンのほうが、女性器への負担も少ないでしょう」

ミルクライン
皮膚が薄く敏感な一帯。愛撫すれば相乗効果!

腋の下から乳首、恥骨を結んだトライアングルを「ミルクライン」という。

脂肪が少なく、皮膚も薄い乳首は、もちろん性的快感を得やすい部位である。腋の下にある腋窩リンパや恥骨も性感帯として知られている。

乳首を単独で愛撫するのではなく、リンパ節から恥骨への通過点と考え、触れるか触れないかの微妙なタッチで攻めると効果的だ。

「皮膚が薄い部分は神経が集まっていて敏感であるため、性感帯になりやすいですね。“甘嚙み”するように愛撫すると、焦らし効果もあって、女性は精神的にも満足させられるでしょう」

[via:https://smart-flash.jp/night/45566]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事