ADULT

HEADLINE

H後に禁句!!男子が傷付く言葉とは!?

一般的に男子は自分に自信を持っていて、特にセックスの場面でも自分は上手いんだと思いがち。まぁ、そこはかわいいものだと許してあげましょう。

セックス中に良い会話をすると、あなたの要望は満たされ、セックス自体も良いものになりますが、逆もあります。良くないことを言ってしまうと、最悪なことに……。

海外サイト『the Frisky』に、男子に言うと傷付く言葉が10個まとめられていました。言ってはいけない言葉として、インプットしておきましょうね。

イキ顔 演技!?本気!?
1、「私をイカせてくれたことがない」

自分がオーガズムに達しないため、彼に性的な能力がないと非難するパターンです。全体の33~50%の女性はオーガズムを経験しているものの、15%の女性は未体験なのだとか。

オーガズムに達することができる、できないという問題は、不安や心配から来ることが多いです。男子の側が女子をリラックスさせることが重要だといいます。身体全体をマッサージしてもらうなど、お願いすると良いかも知れません。

イキ顔 演技!?本気!?
2、「イったフリをしてるのよ」

統計によるとなんと80%もの女子が、セックス中の多くの時間、イったフリをしているそうです。その現実を知った男子はどう思うでしょうね。イったフリはやめて、2人で協力して本当にイクことを求めて頑張るのはいかがでしょうか。

3、「もう終わった?」

彼はずっとしていたいかも知れませんが、それは難しいですよね。あまり長くやり過ぎると、次回飽きてしまうかもよと伝えてあげましょう。もし彼があなたより先に達していたら、別のやり方を考えないといけません。

急かすのはあまり良いことではありません。2人のタイミングを合わせていくために、話し合いの場を設けるのもありでしょう。

イキ顔 演技!?本気!?
4、「もっと大きければ良いのに」

これは傷付きます。もはや彼にとってどうしようもできないことなのです。

5、「私のしてほしいことをしてくれたことがない」

大抵の男子は自分のセックス経験は、彼女を喜ばせるレベルに達するくらい、豊富にあると信じています。身の程知らずというか、自分のテクに自信を持ち過ぎている男子もいそうですね。

もしあなたの要望が少しも満たされていないという場合は、彼とコミュニケーションを図ってその点をクリアにして解消しておきましょう。もし彼があなたのリクエストを聞き入れない、本当に身勝手な男子である場合、時間のムダなのでポイしてOKです。

イキ顔 演技!?本気!?
6、「元カレの方が良かったなぁ」

最も残酷な言葉を残して別れたいときに、使うべき言葉です。日常使いするものではありません。男子の心にかなり深い傷を残します。

7、「退屈したんだけど」

まさにこれまでとは違うことを試し、退屈を回避する段階に来ているといえます。しかし彼は「あなたのセックスはつまらない。他の人とセックスしたい」と言われているようなもの。立ち直れないかも知れません。

イキ顔 演技!?本気!?
8、「玩具を使った方が良いくらいよ」

基本的に、自分の身体を使うのではなく、電池を使う大人の玩具に頼り切りたいという人はいません。「あなたの身体は使えない」と言われているようなものです。これはひどい。

9、「昨日はほかの人としたわ」

男子に淫乱だと思われてしまう可能性があります。世の中にはわざわざ言わなくて良い情報もあります。

イキ顔 演技!?本気!?
10、「私のこと、太ってると思ってるでしょ?」

いきなり詰めるのはやめましょう。男子はセックスしている相手を、セクシーで美しいと思いたいものなのです。

たとえお尻にセルライトが付いているなぁ、とあなた自身感じていたとしても、女神のように堂々としていれば良いのです。気にしていてはステキなセックスができません。


男が傷付く言葉

ついつい言ってしまうことがある、という言葉はあったでしょうか。そんな女子は少し反省を。相手のことを責めるだけではなく、2人で良いセックスを作っていく努力をまずしていきましょう。[NEWSポストセブン]
http://www.news-postseven.com/archives/20120222_90050.html

【関連商品】

関連商品

コメント

  1. 32
    名無しさん 2012/03/05 16:23

    >>31
    ユルマンでマグロなのを我慢してもらってるんだから贅沢言うな

  2. 31
    名無しさん 2012/03/05 0:20

    元カレの方が良かったと思っても言わないけど、毎回思うし目をつむって元カレだという設定で気分をあげたりするのはいいのか?絶対言わないけど

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事