ADULT

HEADLINE

伊藤詩織【レイプ】敗訴の元TBS山口敬之「即控訴」と息巻くも…控訴審でカギを握るドアマンの供述調書

ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が元TBS記者の山口敬之氏(53)から性暴力を受けたとして1100万円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は18日、伊藤さんの請求の一部を認め、山口氏に330万円の支払いを命じた。

この決定を受け、反訴が棄却された山口氏が会見を開き、判決について「330万円支払えという判決は全く納得できないので、すぐ控訴する」と切り出すと「私は法に触れる行為は一切していない」と強く主張した。


記者会見には、北口雅章弁護士と文芸評論家の小川榮太郎さんらが同席。司会は月刊Hanadaの花田紀凱編集長が務めた。

さらに判決については

「私たち側が客観的証拠に基づいて伊藤さんの主張の矛盾点を複数主張したが、検証されることなく、事実認定もないまま無視されている状態。双方の主張の信ぴょう性が基本的に問われている。

私が述べたこと、目撃し証言したことがことごとく否定されている。伊藤さん側だけを真実と認定している点について、高裁訴訟で強く訴えていきたい」

と話した。また山口氏は刑事事件の捜査についても言及し

「警視庁の担当捜査員は『山口さんの言っていることも、伊藤さんの言っていることも矛盾しない。それぞれの主張の食い違いをブリッジするものはブラックアウトだ』と。

これはアルコール性健忘、伊藤さんが深夜に一度目を覚まして眠った。その部分について記憶が飛んでしまった。だとすると、双方の主張に矛盾はないと、私は不起訴になった。

審査会でも不起訴相当という結論が出ている。この可能性についてもまったく触れられていないことが、この判決について最も不服とする部分の一つだ」

と続けた。一方、判決後に東京地裁前で報道陣の取材に応じた伊藤さんは、山口氏に対して

「できるだけ誠実に今後お話していただければなと。そこで私たちのケースだけではなく、どういった構造でこれが行われてしまったのかというところに彼自身も向き合って、解決の策を一緒に探ってくれるようになったら嬉しい」

と話しており、そのうえで性暴力被害者を取り巻く社会的環境についても

「2017年に記者会見をさせていただいた時もそうだったんですけど、やはり社会的、法的環境、性暴力被害者が取り巻かれている環境が本当に遅れているなという思いでお話したのがひとつの理由。

来年は刑法の見直しの時期でもありますが、そちらにまだ直さなければならない部分たくさんありますので、そこの部分も同時にカバーしていただけたらなと思います」と言及している。

[via:AbemaTIMES]
https://news.livedoor.com/article/detail/17543833/

TBSはどう報じたか

伊藤さんは2015年、当時TBSの記者だった山口氏から、就労ビザについて話すため都内で食事に誘われ、食事後に気を失い、ホテルで性暴力を受けたと訴えている。

山口氏には逮捕状が発行されていたが、逮捕されなかったという。山口氏は書類送検されたが、東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分とした。

伊藤さんは検察審査会に対して不服申し立てを行ったが、17年9月21日付で不起訴相当とされた。

一方、山口氏は反論し、伊藤さんの会見などで名誉を傷つけられたとして慰謝料や謝罪広告掲載を求めて反訴していたが、今回の判決で棄却された。


TBS社屋の映像流しながらコメントを紹介

メディア各社が伊藤さんの勝訴を伝える中、TBSも18日の昼ニュースで判決の内容を報道。

山口氏の実名も伝えた。番組では、TBS社屋の映像を流しながら、TBSテレビのコメントも紹介し、「元社員の在職中の事案であり誠に遺憾です」と触れていた。

[via:J-CASTニュース]
https://www.j-cast.com/2019/12/18375397.html

ネットの反応

・往生際の悪いクズだな
・黙れレイパー!
・ネトウヨ53才男性、記者を集めて泣く
・アレコレしゃべり過ぎてかえって心証悪くしてるとしか
・私は下半身で下手こいた男ですと全国に知らしめるとか恥ずかちい
・恥の上塗り
>「法に触れる行為は一切していない」と強調
・え?薬盛って意識飛ばした我が子みたいな歳の子に強姦中出しするのって合法だったっけこの国w
 >犯罪だけど合意があったと思っていたら無罪になる
・裁判所も含めて信用できる人物が1人もいない事件w
・この手の裁判は女の言い分しか認めない。最初から男は悪と先入観を持って進められる裁判が多い。
・控訴してひっくり返る可能性ってあるのかねえ?
 >ない
 >民事地裁やし刑事で不起訴やからな。新証拠でも無いと難しいやろな。
・警察は行政組織だから一応受理。検察で不起訴だろよ。
・不正だらけの安倍大将だから、同じ穴のムジナと思われている。
・強姦魔「助けて安倍ちゃん!」
 >ハシゴ外されてる自覚ないのかもしれんね(´・ω・`)
・流石に司法にまでは手を出せない
・小川榮太郎を同席させている時点で負け。
・TV局の記者会見は全力拒否wクッサイお仲間の言い訳ネット配信にしか怖くて出れませんて言えよ卑怯者w
・不起訴からの民事地裁判決やからなw
 >不起訴は証拠不十分だから無罪ではないんだよ
・言ったもん勝ちの世の中 被害者ヅラしたら勝ちの世の中 怖い世の中だわ( ´△`)
・密室内だからね… 真実は分からない
・若い女の子を泥酔させる、てところからもうまともな社会人じゃないんだよ
・これはレイプ裁判じゃないぞ。「同意していないのにセックスさせられたかどうか」って裁判。
・民事なんだから、法に触れたかどうかは関係ない 体に触れたかどうかが重要
・レイプは兎も角セックスしたのは認めてるよな?
 >中出しした後、「お土産にパンティを貰っていいかな?」って聞いて、数日後に「中出しはしたけど私は種無しだから大丈夫ですよ」とも言ったw
・まぁこういうのは身内もいるだろうし、死んでも真実を話さないだろうな。
・レイプじゃないならなんでこんなオッサンと若い美女がセックスしたのか説明しないとな
・TBSに途中入社できると思ったのかなあ?男性の下心につけこむ気あっただろうが
・就職斡旋したら訴えなかったよな
・まあ、餌チラつかせたやり逃げに怒った逆襲って感じはしないでもないが、そうであっても後始末の出来ない男に同情の余地はないな
・判決は妥当かと思うが伊藤さんも相当
・山口が悪いかどうかは置いておいて、女に嘘付く理由が無いからってのは納得いかんだろうな。
・そもそも逮捕に至らなかったのが理解できないんだけど
・ほいよ 今回敗訴したレイプ魔の交友関係ね

カギを握るドアマンの供述調書

今回の結果を受け、山口記者側の控訴は必至。控訴審での帰趨を決するのが、ある陳述書の存在だ。

陳述書の作成者は、事件のあった東京・白金のシェラトン都ホテルに勤務し、事件当夜の15年4月3日、ドアマンとしてエントランスに立っていた人物である。

ドアマンは、陳述書を提出した理由について、

〈裁判所から何の連絡もないまま、もうすぐ結審するというニュースを知り、このままでは私の見たことや私の調書の存在は表に出ることなく葬り去られてしまうと考え、9月末に伊藤詩織さんを支える会に連絡をし、ようやく伊藤さんの代理人に連絡が取れ〉たからだと綴っている。

もっとも、裁判は10月7日に結審してしまっていたため、弁論再開の手続きを求めたが、認められず。つまり、今回の裁判官の判断に、ドアマンの陳述書は1フレーズも考慮されていない。

ここで、事件当日から係争に至る経緯を駆け足で振り返っておこう。

15年4月3日、TBSのワシントン支局長だった山口記者が一時帰国した折、TBSに働き口を求めていた詩織さんと会食。

山口記者のホームグラウンドである東京・恵比寿で2軒目までハシゴしたところから意識を失った彼女は、その後タクシーに乗せられた。タクシーはシェラトン都ホテルへ。

山口記者の部屋へ連れ込まれ、翌日未明、性行為の最中に目が覚めた。

4月30日に警視庁高輪署が詩織さんからの刑事告訴状を受理。捜査を進めた結果、裁判所から準強姦容疑で逮捕状が発布。6月8日、アメリカから日本に帰国するタイミングで山口記者を逮捕すべく署員らは成田空港でスタンバイ。

しかし、その直前に逮捕は中止。捜査員は目の前を行く山口記者をただ見つめることしかできなかった。

中止の命令は、当時の警視庁刑事部長で現・警察庁ナンバー3・官房長の中村格氏によるもので、彼自身、「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と週刊新潮の取材で認めている通りである。

中村氏は菅義偉官房長官の秘書官を長らく務め、その絶大な信頼を得てきた。総理ベッタリ記者逮捕の中止命令をする一方、安倍首相元秘書の子息が仕出かした単なるケンカに捜査一課を投入するという離れ業もやってのけている。

官邸絡みのトラブルシューター、守護神・番犬たる部長。その命を受け、捜査の仕切り直しを担った警視庁本部からの書類送検を受けた東京地検は、ほぼ1年後の16年7月に不起訴を判断。

詩織さんは17年5月、検察審査会に審査申し立てを行なったものの、9月に「不起訴相当」の議決が出ている。

高輪署からドアマンに、「本件で話を聞きたい」とアプローチがあったのは、事件から少し経った頃だった。まだ逮捕状は出ていない。やってきたのは高輪署の強行犯係の刑事ら二人だ。

ドアマンの頭に当日の光景が生々しく蘇ってきた。聞かれもしないのに山口記者の風采を話し出した彼に捜査員は虚を衝かれたことだろう。

「記憶力があまり良い方とは言えない」――。ドアマンは自身を分析し、捜査員にこう打ち明けている。そんな彼がどうして「15年4月3日のこと」を詳細に覚えているのか。それは、「ドアマン生活の中でも忘れられない出来事だったから」だ。

女性が不本意に連れ込まれていると…

二人が乗ったタクシーがホテルの玄関前に滑り込んできた時、ドアマンは後部座席の左側のドアの方へ出向いた。陳述書にはこうある。

〈その時に手前に座っていた男性と目が合い、怖い印象を受けました。そして、奥に座った女性に腕を引っ張るようにして降りるように促していた〉

詩織さんは運転手に「近くの駅まで」と言ったが、山口記者は「部屋を取ってある」と返し、タクシーは彼の指示に従ってここまでやってきたのだ。

〈女性の方は(中略)「そうじするの、そうじするの、私が汚しちゃったんだから、綺麗にするの」という様なことを言っていました。

当初、何となく幼児の片言みたいに聞こえ、「何があったのかな」と思っていたら、車内の運転席の後ろの床に吐しゃ物がありました〉

山口記者は詩織さんの腕を引っ張って、無理やり車外へ連れ出そうという動きを取る。

〈女性は左側のドアから降ろされる時、降りるのを拒むような素振りをしました。「綺麗にしなきゃ、綺麗にしなきゃ」とまだ言っていたので、座席にとどまって車内を掃除しようとしていたのか、あるいはそれを口実に逃げようとしているのか、と思いました。それを、男性が腕をつかんで「いいから」と言いました〉

〈足元がフラフラで、自分では歩けず、しっかりした意識の無い、へべれけの、完全に酩酊されている状態でした。「綺麗にしなきゃ、綺麗にしなきゃ」という様な言葉を言っていましたが、そのままホテル入口へ引っ張られ、「うわーん」と泣き声のような声を上げたのを覚えています〉

〈客観的に見て、これは女性が不本意に連れ込まれていると確信しました〉

山口記者が主張する“合意の上だった”とは真っ向から対立する証言だ。

詩織さんは裁判後の会見でこう語った。

「ひとつのピリオドをつけられたと思います。しかし、勝訴したからといって私が受けた傷はなかったことにはなりません」

12月19日発売の週刊新潮では、控訴審でカギを握る陳述調書のより詳しい内容を報じる。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12181700/

伊藤詩織さんがホテルから出て行く際の映像



シェラトン都ホテルの監視カメラの動画は伊藤詩織の弁護士の一人が裁判所に証拠として提出したもので、後に機密扱い請求があり、認められた。しかしながら、機密扱いとなる前に誰かが裁判所に行って、動画を携帯電話で撮影したもの。

酩酊して一人で歩けなくなったところをホテルの部屋に連れ込まれて意識がないまま強姦されて右膝を脱臼した30分後の映像がコレかと話題に

関連商品

コメント

  1. 11
    しゅうほう 2020/05/05 19:42

    こう言う男が増え、ナンパ出来ない社会になった、。

    人間の屑が増えた日本

    得に、男が情けない

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事