TROUBLE

HEADLINE

宮迫に日刊スポーツが直撃取材「本当にもうウソをついていない」ギャラ飲み画像は合成だった!?

闇営業問題渦中の宮迫博之(49)が27日深夜、日刊スポーツの直撃取材に応じ、これ以上うそをついていることはないと強く訴えた。

20日の会見以来、初の肉声。金塊強奪事件の主犯格らからの金銭受領疑惑に関する続報をうけ、吉本興業は26日、契約解消撤回を再検討する可能性を表明したばかり。

しかし宮迫は金銭受け取りを改めて完全否定し、一部メディアなどに対し法的措置をとる検討を始めたことを初めて明かした。

台風6号が熱帯低気圧に変わった夜遅く、都内の路上で宮迫を直撃した。キャップをかぶった宮迫は立ち止まり、神妙な表情で対応した。

-金塊強奪犯の報道をめぐりもう本当にうそをついていないのか

宮迫 本当に、もううそをついていないです。本当に。

宮迫をめぐっては、19日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で、16年に福岡で起きた金塊強奪事件の主犯格とされる男らのグループと、飲食店で一緒に写った写真が掲載され、金銭を受領した疑惑も報じられた。

宮迫は翌20日、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)と都内で会見し、「トイレから出てきたところを囲まれて撮った写真」とし、彼らとの交遊や金銭受領疑惑を完全否定した。

しかし、26日発売の同誌は、主犯格とされる男と福岡拘置所で接見し「(宮迫と)一緒に乾杯してシャンパンを飲んだ記憶がある」などの証言を続報した。宮迫にこの件も聞いた。

-男らと一緒にシャンパンを飲んだのか

宮迫 飲んでないです。(20日の)会見で話したことが、すべて事実です。亮と2人で「うそ偽りなくしゃべろう」と、本当に人生をかけてやらせていただいた会見ですので。

吉本は22日、岡本昭彦社長が会見し、19日に発表していた宮迫との契約解消を撤回すると表明。

しかし、26日発売の「FRIDAY」の報道などをうけ、吉本は同日、同社とのヒアリング時に宮迫が話した「(金銭を)2000%受け取ってない」とのコメントを紹介しつつも、「どちらを信じていいのか、困惑しております」との文書を発表。

さらに吉本は、金銭を受け取ったなどの一部報道が万が一事実なら「契約解消の撤回についても、再度検討せざるを得ない状況」とした。

-吉本の「契約解消撤回を再度検討も」という発表をどう思ったのか

宮迫 ニュースで知り、ただただ、ビックリしました。吉本には「(金銭受領していないことの)僕の証人になってくれる人の連絡先もあります」と伝えているんですが、電話番号も聞かれていません。吉本を責めるつもりはないですが、その証人にも話を聞くなど、先にそちらを確認してほしかったという思いはあります。 

吉本の「再度検討も」の発表などをうけ、一部メディアから「宮迫はまだほかにも、うそをついている可能性がある」という趣旨の報道がなされた。

その件を聞くと、語気を強めて否定。20日の会見では明言していなかった法的措置の検討を、弁護士と相談して始めたことを明かした。

宮迫 最近、まるっきりないことを、「創作」のように報じているメディアもありました。僕には家族もいます。すでに弁護士さんと相談してまして、こういう報道に対しては法的な手続きをとる検討をしています。

一連の闇営業問題は、6月7日発売の「FRIDAY」で宮迫や亮ら吉本芸人らが、特殊詐欺グループの会合に出席したと報じられたのが発端だった。

当初、宮迫が「ギャラはもらっていない」とうそをついたことで、騒動が拡大した側面があると指摘される。このことを聞くと宮迫は改めて謝罪した。

宮迫 もともとはボクが(当初うそをついたことが)きっかけなので、そこは本当に心から、申し訳ないと思っています。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907280000015.html

キャバ嬢の証言

フライデーが報じた宮迫博之さんの半グレ金塊強奪犯とのギャラ飲みはデマだったという証言がツイートされている。

「この場所ウチの店やしキャバクラだからギャラ飲みでもないし。宮迫さん本人が言うようにこれトイレ出てすぐのとこやから本当に『写メ撮ってください!』って頼まれたんやと思う。本当に芸能人と一緒に飲んでる人はこの場所で撮らない。席で撮ってる」

このように写真を撮影したのはトイレ前だったという。また別の女性は次のように述べる。

「うちこんとき宮迫さんの席についてたし。宮迫さんただ写メとってください頼まれててとっただけなのにみんな勘違いしすぎなんよな」

このように宮迫さんの席についていた女性まで現れた。更に証拠に一緒に撮影した女性と宮迫さんの写真も公開された。

つまりこの日はギャラ飲みはしておらず女性の言う通り別で飲んでいたことになる。

店名は「アゲハ」で現在はオーナーが変わり店の名前は変わっているが、内装はそのままだという。

[via:https://news.nicovideo.jp/watch/nw5680922]

ネットの反応

・FRIDAY訴えるってこと?
・最初からそうしろよ
・でた 検討
・ポーズだけだろ、どうせ。
・まだまだ埃がでるかも知れないからやらないくせにww
・家族に迷惑かけるから訴訟は考えてないって言ったり
 家族がいるから法的手続きを検討とか言ったり
 どないやねん
・吉本に責任なすりつけると叩かれるから今度はマスゴミが悪いってか?
・法的措置はどんどんやればいいと思うが好感度は戻らないと思うぞ
・「FRIDAY」と「金塊強奪グループのメンバー」を「名誉毀損」で訴えるって流れなんやろうな。
・トイレわきで撮ったのも本当ぽい証言そこで働いてたキャバ嬢さんからだけど出てるし
・さすがにあの状態で嘘を重ねるのは無理だろう
・ウソはついてないけど都合が悪くなったら酔ってて記憶があいまいでよく覚えて無いですってな
・困ったときの法的措置検討
・なんで入江に直撃取材しないんだろうな
 >こっちを追うべきだよな
 >いつまで経ってもマスコミが入江に取材に行かないのは某広告代理店に止められているため説(入江と詐欺グループの仲介者が某広告代理店)
 >メディアとしては「入江とか関係なく宮迫が昔から反社会勢力と関わってたのでは?」って可能性に気付いたんだろ。
・「嘘はついていない」(でも公になってないことはまだあるよ!)
・今まで何回くらい直営業やったんだろう 入江と仲が良いみたいだし結構ありそうなんだよな
・会見でも予防線張ってたしまぁ出てくるだろ
・今回も嘘ついてたのバレたら吉本クビだけじゃなく芸人として完全に終わる あくまでシラをつきとおすしか道は無い
・ギャラ飲みしてないなら証人を吉本に連れてきて弁明するぐらいの事しろよ なんでそんな事すらできないの?
 >写真撮られたバーの元店長 宮迫の友達の友達w
・2000パーセントとか言葉が軽すぎる
・オフホワイト発言なんてなめたことして逃げ切った後に、今回の最初の嘘があるだけに、どんなに訴えても、どこかで信じられない所があるんだよな
・裁判で潔白を証明しろ。

ギャラ飲み画像は合成!?

※画像クリックで拡大







ネットの反応

・は?
・よく気づいたな すげえわ
・プロから見たらおかしいのか?
・そんなガバガバ合成写真をスクープするほどアホちゃうやろ
・明らかに合成っぽい宮迫で草
・宮迫「撮った」
 キャバ嬢「撮ってた」
 金塊強盗「撮った」
・似たような事いっぱいやってるから本人も見ても分からんかったんやろ
・もともと写ってた人物を削除して印象操作してるっていう話やろ 意図は不明やが
・キャバ嬢がまったく見えんし指は第一関節曲げてるだけやんけ
・これは確かにおかしい気もするな できなくもないけど無理矢理やらないとこんな指の形にはならない
・指一本多いって囲んでるところの指5本やんけ
 >よーくみてみ親指があるはずや
・訴えたらよろいしやん
・元々ギャラ飲み「疑惑」だから訴えても だから?で終わる
・言われて見れば確かに・・・
・合成するにしてもこんな異様なパッチワーク合成せんやろ
・宮迫なんて写真撮ってって言われること多いしぶっちゃけ詳細おぼえてへんやろ
・マジならフライデー廃刊まで行って欲しいわ
・言うてフライデーも提供された写真がフェイクかどうかくらい 掲載前にチェックするやろ
・ガチで合成やと思ってる奴多いよな
・正直説明されてもようわからん

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/08/09 11:15

    普通に指多くて草

  2. 1
    名無しさん 2019/07/29 19:50

    画像が合成写真かどうかは分からんから、それはひとまず置いておいて。
    一連の闇営業問題の報道が世間の感心が高いという事で、様々な媒体が報じ続けていて、今や色んな憶測や単なる作文記事も蔓延して信憑性の低い情報が多くなってきた。
    そこを我々はしっかり認識して冷静に情報を受け止めなくてはならない段階になっている。

    ところが、アンチ勢力には信憑性なんて見て見ぬふりで、とにかく叩ける情報が報じられればそれに乗っかって大騒ぎする。
    叩ける材料があれば気持ち良くなって有り難く報道を欲するのだ。
    だから週刊誌等のゴシップ記事がいつの時代になっても売れてしまうし、売れるからいつまでも作文記事で金儲けするのだ。
    愚かしい構造と醜悪な利害関係が生み出す“マヌケな理屈の批判”が間違えた方向に世の中を動かして健全な社会を壊していく。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事