OTHER

HEADLINE

露骨な圧力?ナイナイ岡村のラジオに藤原副社長が同席「怖すぎる」「監視かよ」の声

吉本芸人に自由な言論は許されなくなった?

7月25日に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、岡村が一連の吉本興業をめぐる騒動について語った。

「岡村は今回、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)にて幹部が退陣しなければ吉本を辞めると発言した加藤浩次に対し、

『ちょっと待てと。今回の件で加藤浩次が辞める必要性なんてどこにもないんですよ』

『勝手に言いますけど、加藤浩次は辞めません。恐らく現場の人間、吉本の人間もそれは辞めさせないと思います』

と、引き留める気持ちがあることを明かしました」(テレビ誌記者)

また岡村は、加藤とバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で長年仕事を共にしてきたこともあり「吉本にいないといけない人間やし、いなくなったら困る。仲間やし、一緒にずっとやってきたから、辞めるって言われても嫌なんです」と熱弁した。

しかし、今回のラジオに関して、岡村が吉本興業に忖度した疑惑が一部で浮上しているという。

「岡村は放送で『怖い顔で藤原副社長が見てますけども』と、吉本の藤原寛副社長が同席していることを明かしました。

しかし、藤原氏はこれまでラジオに来ることなどまずなく、トークにも参加しなかったため、リスナーは

『生放送で変なこと言うなよって圧力?』

『わざわざ監視しにくるとか怖すぎる』

とドン引き。ライターの能町みね子氏も、この件に関してツイッターで

『藤原寛副社長がいるから「加藤は辞めさせません」って岡村さんが言わされた、っていう構図じゃん。もう露骨な圧力じゃん。怖すぎ』

と語り、多くの“いいね”を集めるなど、吉本のパワハラ体質に再び疑惑の目が向けられています。

もちろん岡村が加藤を思う気持ちは本心だと思われますが、それ以上の踏み込んだトークに関しては、副社長に気を使って制限していたのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

加藤に近しい吉本芸人の中で、最も力があるのがナインティナイン。岡村が加藤に同調すれば吉本が割れる可能性があっただけに、副社長みずから睨みを利かせにきたと勘ぐられても仕方なかっただろう。

[via:日刊サイゾー]
https://www.cyzo.com/2019/07/post_211409_entry.html

会見前の宮迫博之と電話

ナイナイ岡村隆史が、ロンブー田村亮とともに行った会見の前日に、宮迫博之と電話を行ったことを明かした。

「楽屋帰ってきた時に(着信履歴を)見たら宮迫さんやってん。仕事全部終わってから、電話かけて『大丈夫なんか』と。『ごめん、申し訳ない』と。なんでこうなったかという話をしてくれたんですね。そこは聞くしかなかったし、腹くくったんやったらしゃーないなと、わかりましたと言いました」と告白。

「会見のことも言うてたから、腹くくったんやったらそこでちゃんとやったらええのやないのと言うたら、最後に『蛍原を頼む』と言うた。オレが好きやった宮迫さんやなと思った。もともとはそういう人やったと思うねん」と思いの丈を口にした。

岡村からさんまに電話

続けて「会見の前の日にそういうことがあって、オレひとりでは抱えきれんというか。どうしてええかわからへんから、さんまさんに電話しました」と回顧。

「(さんまが)『預かるという風には思っている』と。それを聞いて、ちょっと安心する部分はあって。そこでいろいろこうしようということは言いはって、その時は手伝えって言われたから、わかりましたと言いました」とさんまとの電話会談の様子を明かした。

宮迫との電話を通して感じる部分があったようで「ずっと昔遊んでいた時の、どこかから変わってしまったのが戻ったというか。これからも問題はあるけども、やったことはアカンけど、ちょっとなって思っていた気持ちがちょっとこれでちゃんとした、やってきたこととかを反省して、やってくれるんちゃうかなって思ったりもしています」とコメント。

日本テレビ系大みそか特番『笑ってはいけない』シリーズでおなじみの吉本興業の藤原寛副社長も、この日の放送に立ち会っているようで「怖い顔で藤原副社長が見ているんですけど、なんかメモとか取っているんですか」と冗談交じりにチクリ。

「藤原さんだけですよ。何も持ってこないの。なんで僕が藤原さんにグミ渡さなあきませんのん。変わっていきましょう」と前向きに呼びかけていた。

[via:オリコン]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000328-oric-ent

ネットの反応

・藤原は目付役で付いてきたのか
・監視かよw 経営陣が余程ビビってるんだな
・全然わかってない マジ吉本上層部アウト
・このタイミングでラジオ視察は変な事言わない様に見張らせて牽制したようにしか
・松本体制の監視
・もはや誰も松本人志一派と関わりたくないよw
・ >岡本に対する忠犬がもの凄かったなw
 >テレビ用のキャラってのもあるんじゃないか?ヘイポーも表向きあんなだけど実際仕事したらヤリ手すぎてやばそう
 >並みの男には乳は寄せられんて
 >素早く寄せまっせ
・岡村も上層からああいえこういえって脅されてそうな感じはある気がする
・藤原「岡村アウトー!」
・問題の本質は吉本上層部が一部の芸人の息のかかったアホで固められてるというおぞましい事実
・昔宮迫は変わってしまったって言ってたな
・まあ、お前が好きな宮迫か知らんけどテレビを見てる奴は不快なんだよな
・副社長のデブが居たって事はある程度宮迫のイメージを悪くしない台本なんやろな
・岡村は藤原副社長が来てなかったら反町のPOISONを流したかったはず
・ラジオ聴いてりゃわかるけど「何も持って来ないで来てグミあげたら喜んで食べてた」とか藤原イジられてたけどねw
・いやだからラジオ聴けって。ラジコで聴けるから 監視にもなってねーくらいの存在感よw

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2019/07/30 8:04

    左翼脳な奴は短絡的に強い立場の者が弱者を虐げているという構図を作り上げて正義を振りかざす。
    ライターの能町みね子も単なる推測で、短絡的に体制側が弱者に圧力を掛けていると邪推して勝手に怖がっている。
    そんな勝手な構図に仕立て上げて圧力を掛けていると流布するのは無責任極まりない。
    吉本興業アンチ勢力はこんなマヌケな話に嬉々として乗っかって藤原副社長が圧力を掛けているという既成事実を作り上げていく。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事