OTHER

HEADLINE

【吉本興業会見】岡本社長「テープを回してないだろうな」は冗談w宮迫と亮の処分を撤回、謝罪も…


吉本興業 岡本昭彦社長

吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長が7月22日に都内で会見を開き、「闇営業」問題について記者からの質問に答えました。

会見には、岡本社長の他、代表取締役副社長の藤原寛さん、吉本興業ホールディングスの法務本部長・小林良太弁護士らも登壇しました。

岡本社長はまず「本日は昨日の選挙が終わり、皆さま大変お忙しい中、弊社の件でお集まりいただき申し訳ございません。まずなによりも、今回、反社会的勢力からタレントが金品を受け取ってしまったことに関しまして、事務所を代表しまして深くお詫び申し上げます」と謝罪。

続いて、宮迫さんと亮さんに対しても「ああいう記者会見させてしまったことに関しまして、2人に対して深くおわび申し上げます」と頭を下げました。


涙をぬぐうシーンも

合わせて、処分の撤回を宣言。宮迫さんについては契約解除の撤回、亮さんについては契約を解除するまでは至っていないものの、処分をもう一度見直していきたいとコメント。

そして2人が良しとしてくれるならミーティングの席に来てもらって話し合いをするとともに、「いつか戻って来るならサポートしていければ」と話しました。

記者質問の前には、今後の吉本興業の目標として「コンプライアンスの徹底」「芸人・タレントファーストで物事を考える」の2点を提示。

コンプライアンスについては、これまで年2回のコンプライアンス研修、24時間のホットライン、コンプライアンスについてまとめた小冊子などを整備してきましたが、今回の件を受けて、反社会的勢力の排除などを含めた共同確認書を社員全員と取り交わすことを約束しました。

芸人・タレントファーストについては、「関係した芸人たちの意志が定まらない状態で記者会見を行うことは芸人たちを傷つけたしまうと考えた私と、1日も早く謝罪したという芸人たちの間で正しい意思疎通ができなかった。つらい思いをさせて申し訳なかった」と謝罪した上で、「日々の業務に追われ、真摯(しんし)に耳を傾けることを怠っていた。一から見直していく所存であります」としました。

また、社長として至らなかったことを反省し、大崎洋会長とともに1年間の50%減俸をするという処分を報告しましたが、辞任はしない意向を示しています。


吉本興業 藤原寛副社長

「テープを回してないだろうな」圧力ではなく冗談

続く記者質問で、7月20日の会見で話題になった「テープを回してないだろうな」という発言について聞かれると、場を和ませるための冗談で言ったものと回答。

また、「全員連帯責任でクビにする」「俺は全員をクビにする力がある」といった発言については、「僕自身は全く圧力をかけたつもりはなくて、父親が息子に『お前、勘当や』というつもりみたいな……」と言葉を濁しました。

また、「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本が株主やから大丈夫」という発言については、その場に居合わせていたという小林弁護士が代弁。

発言があったのは、7月12日の面談のときで、宮迫さんと亮さん、宮迫さんたちの弁護士の4人、そして小林弁護士と吉本興業側の顧問弁護士の3人で話し合いが行われ、亮さんの方から会見を生中継したいと打ち明けられ、吉本興業側の弁護士から宮迫さんたち側の弁護士へ、「生中継するとしてもどういった時間帯にするのかを配慮しなければならない」という意味で伝えたものだったと回答しました。


吉本興業 小林弁護士

吉本興業が反社会的勢力(一部では、「CARISERA(カリセラ)」という名のエステサロンとの情報も)の協賛イベントに関わっていたかについては、事前に用意してきたフリップを用いて説明。

岡本社長によると、「イベント会社からの依頼でタレントを派遣したが、そのイベントに出資した企業が特殊詐欺集団のフロント企業だった。

当該イベントを主催した会社は反社ではなかったが、その先までチェックができておらず甘かった」と反省の弁を述べました。なお、この件については警察にも報告しており、現在調査を進めているとのことです。

[via:ねとらぼ]
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/22/news102.html

吉本芸人 社長会見に不満噴出

謝罪はしたものの、回りくどい“釈明”に終始した印象のぬぐえない会見内容に、吉本芸人たちはテレビの生放送やSNSで次々と批判や不満を表明している。

トレンディエンジェルの斎藤司は生出演したフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で「僕はこの会社なんだ、と情けない」とあきれた。

「なんでこんなに、一企業の社長として、なんでこんなに回りくどいことばっかり言って…」「YES、NOの札を最初に渡しておくべきだった」と質問にストレートに答えない姿勢を批判し、「(社長には)覚悟がなかった、という感じがして。ほんとに皆さんに申し訳ない」と詫びた。

たむらけんじも「もっと言われたこと(質問)にズバズバッとして(答えて)ほしかった。何か言い訳っぽい」と不満。

記者から何度も宮迫博之、田村亮らへの「全員クビにするぞ」「カメラ回してないやろな」「俺はクビにする力がある」などの“パワハラ発言”について聞かれたが、「はい」「いいえ」で答えない態度に「まず『言いました』ならいいけど、『いや、あれが……』とか、すごく言い訳っぽく聞こえる。宮迫さん、亮の腹くくった発言に比べたら残念やなあ」とくやしそうな表情で涙をにじませた。

また、エハラマサヒロはツイッターで「冗談…」「和ませようと…?」と連続投稿。

岡本社長が「テープ回してないだろうな」「クビにするぞ」などと語ったことは「冗談だった」「和ませようとした」などと“釈明”したことに反応したものと思われる。

レイザーラモンRGもツイッターで「社長会見中ですが」と切り出し、続々と自身のイベントPR。

そして「吉本興業会見中ですが、昨年m.c.A.Tさんに作っていただいた謙虚な気持ち、感謝の気持ちが大事だという名曲『いただきます』を社長に聴いていただきたいです」と記し、自身のファーストシングル「いただきます」の動画を添付した。

[via:デイリースポーツ]
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/22/0012538855.shtml

吉本会見まとめ

・宮迫たちは会見したいと言うがこれまで二転三転してるから会見させるには信用がなかった。

・沢山の芸人を抱えており軽はずみな発言で迷惑を被る芸人が出る可能性もあるので個人的な意見を述べる会見するならもう迷惑かけないで1人で(団体から外れて)やってくれと言った。

・調査中も反省の色が見えないからそんなんじゃクビにするぞとは言ったが、辞めさせるつもりはなく事の重大さを分かって貰いたかった。

・反社企業は吉本のスポンサーと聞いたが、直接のスポンサーではなく吉本の芸人が出演するイベントを開催したイベント会社のその先のスポンサーであった。

・吉本はそのイベント会社は反社ではない事を確認したが、提携企業がどういったスポンサーを抱えているかまでは確認しきれなかった。

・亮の「民法は吉本の株主だから大丈夫の意味が分からない」発言は、 会見を急遽開くにあたり「時間調整(生会見を希望してたから)に関しては民放は株主だからそこの心配はいらない」という意味

・「ひっくり返せないぞ」という言葉に関しては、度重なる聞き取りの末関係各所に「金銭はもらっていない」と説明したあとにお金をもらっていたことが判明したので「どうすんねん」と状況の話


2013年 吉本主催『TOKYO IRIE CONNECTION 2013』


2014年 入江主催(吉本公認)『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』
協賛スポンサーに反社企業に名前



CARISERA社長 小林宏行容疑者

ネットの反応

・冗談でしたテヘペロ だから許して
・岡本はこんなに喋れなかったのかw
 >今回の会見は見事だった。アホを演じることでヘイトを自分に集め、芸人達を守る作戦。
・恫喝だと認めたら国の事業がストップになるから絶対認められへんねやろが!はっきりそう言えや!
・まあこれ認めたら終わりだもんな
・納得のいく返答が1つもない
・よくこんな無能な人間だらけで会見しましたね。
・パワハラ気質の人たちは、問題になると「冗談だった」って繰り返すね。録音や録画をしないと、自分の身を守ることはできないって痛感したよ。
・進退のかかった人間にその言葉が冗談で済むわけないでしょうに。言い訳がひどい。
・忖度マスコミの質問甘いな
・吉本が社としての会見開かなかったのは 岡本が駄目すぎるからだったろ
・藤原は割りとしっかりしてるね
・最後に藤原が「岡本~アウト!」と言ってくれたら完璧。
・絶対に笑ってはいけない記者会見24時
・こんな社長やだよ
・しょうもない内輪もめ 弁護士の経過説明が本当なら宮迫はアホ
・アホの坂田よりも社長の方がアホだというオチ
・吉本がこんなダメな会社とは思わんかったわ
・闇企業の典型的な流れを踏んでいる。さすがというべきか。問題の根底には触れず、目先の事だけ対処した感満載。
・岡本社長の会見を見ていて、確かにこの社長に怒り・不信感しかわかないのがよくわかりました。吉本ブランドを守っていくには、この社長では無理でしょうね。
・素直にパワハラ認めて辞めるのが吉本にとってベストだったのに。こんな人がまだ社長続けても大丈夫だと思う感覚を疑う。
・噂されるカジノ事業への参入はもう無理だな 当然、五輪や万博にも関わるなよ
・第2第3のフライデーが来そうな状況で会見はムリだよな ただ状況報告という形で吉本が会見をしても良かった気はする
・社長の会見はちょっとダメダメだけど、だから宮迫は禊終了みたいな雰囲気はやっぱり違うと思う
・処分撤回はいいが、宮迫と亮は嘘をついて後輩にも口裏合わせさせた。今回の吉本のパワハラがなければ1年以上は謹慎していたはずなのだから、本人達のためにもそこはしっかりした処分にするべき。
・エステ企業名乗って裏で詐欺やってる会社なんか見分けるの不可能だろ
・そもそも特殊詐欺グループが堂々と企業形態になってるってどうなってんの?この国は
・まだ詐欺で捕まってない段階なんだから、チェックしたところでわかるわけ無いんだけどね。
 ①2013年5月 吉本主催イベント「TOKYO IRIE CONNECTION 2013」開催
 ②2014年5月 入江主催イベント「AH!YEAH!OH!YEAH!2014」開催
 ③2014年8月 詐欺フロント会社代表、産経ビズインタビュー取材
 ④2014年12月 件の忘年会、事務所を通さない営業
 ⑤2015年6月 詐欺集団逮捕
 ⑥2019年6月 写真週刊誌報道
・こんな事いちいち追求してたら芸能事務所に限らず一般企業もほぼアウトだろう
・スポンサーをチェックするのは主催者の責任
・吉本は主催者にタレントを貸し出しただけ。これに関しては吉本に責任は無いな。
・うーん…これがガチなら吉本被害者じゃん
・じゃあ、入江もセーフ?
 >解雇撤回はなし
 >入江が自らの人脈使って人集めてのイベントなんだからその言い逃れはできない
・宮迫は混同しちゃった感じか フライデーはワザと切り貼りしてそうだな
 ①2013年 吉本主催 宮迫参加 反社なし
 ②2014年 入江主催 宮迫不参加 吉本含め数社がタレント派遣 スポンサーに反社
 >そういう事なんだな……多分。宮迫が吉本の社員もいたと言ってたのがどの集まりの事を言ってるのかが分からなかった
 >宮迫が会見で話したのは入江主催2回目。吉本主催ではない。
 >入江が闇営業に誘う際に「吉本も知ってる会社です」とか口八丁のデマカセを言ってるだけ
・吉本と詐欺グループとの繋がりを責められてるわけじゃないだろ ただ主催じゃないにしても会社も認めてるイベントの公式スポンサーならそこの忘年会に顔出して芸やって金貰ってても芸人を吉本が責める筋合いはないだろって事
・結局一番自己保身に走っているのは吉本で、芸人は使い捨てという考えなんだよ。
・どうみてもザブングル程度の処分が妥当よな。期間の長短は差が出るだろうが。
・加藤さよなら
・おい、松本人志よ これで満足か?
・さんまも松本も東野も、加藤も春菜もみんなの思いがこの会見で砕け散ったね。

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2019/07/23 6:25

    ①←的確でその通りだと思う。
    にもかかわらず世間では宮迫と亮の涙に絆されて勘違いしてしまっている。
    吉本興業への不信感を募らせた亮の気持ちは理解出来る。
    しかし、先に不信感を募らせたのは①の書き込みにあるように吉本興業の方だ。
    確かにパワハラにあたると思うが、①の理屈で考えれば会社や岡本社長が頭に来て感情的になってしまうのもあり得なくはない話。
    加藤浩次は二人を勇気ある告発者みたいに勘違いして英雄扱いしているし、世間では会社組織という巨大な権力者が弱者の芸人を虐げているというストーリーに脳内変換して左翼的に人権侵害だとヒステリックになる。(実際に左翼的、またはリベラルを自称している評論家とかジャーナリストに限ってTwitterでは吉本興業叩きが凄い)
    扱いが悪い、ギャラが安いという待遇面での積年の怨みや不満が蓄積していて、今回の騒動に便乗してしまっている。
    吉本興業の対応は擁護出来るものではないが、だからと言って宮迫と亮の対応が褒められたものではないのは確か。
    それなのに一方的な物の見方で吉本叩きをするのは愚かしい。

  2. 3
    名無しさん 2019/07/22 21:51

    >テープを回すって何?
    録音or録画

  3. 2
    名無しさん 2019/07/22 21:32

    テープを回すって何?

  4. 1
    名無しさん 2019/07/22 20:36

    時系列的に宮迫と亮が自分勝手過ぎる
    宮迫の会見の直営業認めてください発言が全て
    そもそも反社との金銭授受と嘘が世間へのアウト。嘘と直営業が吉本に対するアウト。
    その直営業を会見でもしょうがないと思ってるのが保身しか考えてない
    何のための吉本所属?組織にいる以上最低限のルールは守れよ
    都合悪くなったら会社通して下さい
    吉本は直営業を黙認はしてたけど公にOKしてたわけじゃないのはこういう事が起きたら対処が難しくなるから
    会社に嘘ついて今現在でも宮迫がもらった金額は曖昧
    嘘保身過ちは誰でもどこかにある
    だが組織の中でルールを守らず頼って都合悪くなったら自分達にやらせてください
    振り回しすぎ呆れる甘すぎる
    吉本も対応も遅すぎるし契約の問題も色々おかしすぎるがそれを加味しても2人の考えが自分勝手
    もし2人が嘘だと認めたタイミングで会見してたら先週金曜のフライデーで会社も宮迫も2人して完全アウト
    この前の会見ではちゃんと弁明出来たから良かったが逆だとしたら取り返しつかない
    会社の静観は宮迫たちの嘘が原因でもあるのだから

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事