TROUBLE

HEADLINE

加藤浩次 吉本興業大崎会長とは平行線、去就は保留も…退陣させても辞める覚悟!?狂犬からチワワに!?

極楽とんぼの加藤浩次(50)が24日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」で、前日に行われた吉本興業・大崎洋会長(65)との会談内容について報告した。加藤は22日放送の同番組内で現経営陣が変わらなければ「吉本を辞める」と表明していた。

番組冒頭で加藤は、改めて経営陣が変わらなければ退社するという意思は「そんなに変わらないと思う」と、話し合いを経ても気持ちは変わらないと語った。

加藤は冒頭に「まずこんな事態になってしまっていることお詫びしたい。騒ぎになってしまったことお詫びします」と謝罪。そして話し合いの内容に触れた。

加藤は、大崎会長との話し合いについて「平行線」という言葉を使って結論は出なかったと説明。「僕自身は意思は固いと話したが、大崎さんは『今決めることはできへん』と言われたので『分かりました』といって帰ってきたという状況です」とも語った。

ハリセンボンの近藤春菜から「大崎会長の意思は固い?」と聞かれると「自分が会社を変えるという意思は強い」と大崎会長も退任の意思は見せなかったと説明。

「ただ岡本社長の会見をそこまで悪いと思ってないというのが、ちょっとうん?というのもあったんですけど、それは会社側の考え方ということなんで。僕の考えとはちょっと違ってたという事」と、吉本側の岡本昭彦社長のロングラン会見の評価も明かした。

3時間の話し合いも「平行線」だったことから、「引き続き話ながら決定していきたいと思います」「会社としてどういう改革できるか、大崎さんに聞いてしっかり伝えていきたい」としながらも「僕の意思はそんなに変わらないと思う」と、話し合っても加藤自身の思いに動きはないことも改めて語った。

[via:デイリースポーツ]
https://news.livedoor.com/article/detail/16821302/

加藤の乱 吉本から大量退社も

加藤は前日22日朝には「スッキリ」で、宮迫と亮の緊急会見を受け「(経営陣の)この体制が続くのなら会社を辞める」と怒りを爆発させ、退社も辞さぬ覚悟を生放送で明かしていた。

22日夜まで行われた岡本社長の会見をうけ、加藤は23日にも同番組で「見ていて、僕の気持ちは熱くならなかった」と話すなど“狂犬キャラ”と呼ばれた通り、体制に忖度(そんたく)しない姿勢をみせ「加藤の乱」とも呼ばれた。

若手や後輩、仲間の多くの吉本芸人からも加藤を支持し、理解を示す声が相次いだ。

ハリセンボン近藤春菜(36)は23日、「スッキリ」生放送で「今後どうするかを芸人みんなで話していかないと。一緒にお笑いをやりたい先輩、同期、後輩がいるから、一緒に楽しくやるには、一番いいのはどうしたらいいのか選択をしていきたい」と賛同する構えをうかがわせた。

TBS系「ゴゴスマ」に生出演した友近(45)は、加藤がトップの辞任を求めたことについて聞かれ「その気持ちは分かる。上が変わらないと会社が変わらない」。

北海道出身の平成ノブシコブシ吉村崇(39)はツイッターで23日までに「僕は北海道の人間です 何かあった時は北海道の人について行きます」と北海道出身の加藤に追随することをほのめかした。

加藤に同調する人は多く、関係者は「“加藤さんが吉本を辞めるなら私も辞める”と話している芸人は多い。状況次第では連鎖退社や大量離脱に発展し、事実上の吉本分裂になる可能性もある」と話している。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907240000053.html

矢作「(加藤は)吉本にむいてない」

24日放送のフジテレビ系「バイキング」で波紋が広がる吉本興業の闇営業問題を特集した。

番組では加藤浩次が退社覚悟の直談判をしたことをスタジオで議論。加藤と親交のあるお笑いコンビの「おぎやはぎ」の矢作兼は「ずっとだから、吉本にむいてないんだから」と明かした。

矢作は加藤と、所属事務所が決まる前からの知り合いで当時、加藤に「事務所どうしようかな?吉本どうですか?」と聞くと、加藤は「吉本やめておけ」と言ったという。

この秘話から矢作は加藤が吉本に「ずっと不満があるんだから。25年ぐらいいて熟年離婚みたいなもんでしょ」と表現。スタジオを笑わせていた。

[via:スポーツ報知]
https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/21/0012535971.shtml

どう転んでも吉本を辞める覚悟

「バイキング」MCの坂上忍は、加藤が大崎会長と岡本社長の退陣がなければ吉本を辞めると決意していることについて、「岡本さんと大崎さんが退陣したとして、残るっていうのもあの人の性格からしてどうも考えられない。結局、ここまでの騒動にした責任って、あの人だったら、どっか感じているでしょ」と幹部が退陣しても加藤には辞める覚悟があるのではと推測した。

この意見に加藤と親交のあるお笑いコンビの「おぎやはぎ」の矢作兼は「吉本の若手を背負っていってるみたいな感じになってますけど、そんなつもり全然ない。引き連れていこうなんてサラサラない。一人でキレてるだけだから」などと返して笑わせていた。

[via:スポーツ報知]
https://hochi.news/articles/20190724-OHT1T50107.html

松本人志の“動き”が裏目に

大手芸能事務所の幹部は、今回の会見に関してはダウンタウンの松本人志の“動き”が裏目に出たと語る。

「岡本社長からしてみれば、かつて自身がマネジャーを務めて大恩ある松本さんから『会見をしろ』と要求され、居ても立ってもいられず会見を開いたのでしょうが、あまりに準備が不足していた。

その結果、自身や会社はさらなる窮地に立たされて、世間の風向きとしては岡本社長やその上の大崎(洋)会長を擁護しようとした松本さんにまで懐疑的な目が向けられるようになっていますからね」(別の大手芸能プロ幹部)

松本にしてみれば、子飼いの後輩の宮迫やかつてのマネジャーの岡本社長、恩人の大崎会長、みんなを守ろうとしたつもりだろうが、ことはそう簡単には進まなかったようだ。

「極楽とんぼの加藤浩次さんが『スッキリ』(日本テレビ系)で涙の訴えをしていましたが、中堅、若手芸人からすると、“ダウンタウン閥”が幹部を占める今の吉本興業内で松本さんは“芸人代表”というよりは“幹部サイド”と見られている。

そういう意味では、まだ明石家さんまさんの方が“芸人側”の立ち位置ですからね。今後は松本さんへの批判が高まる可能性もあり、そうなれば松本さんを守る意味でも大崎会長や岡本社長の辞任は避けられないのではないでしょうか」(同・幹部)

今後もまだまだ吉本に激震が走りそうだ。

[via:日刊サイゾー]
https://www.cyzo.com/2019/07/post_210754_entry.html

松本人志ラスボス説w

ネットの反応

・背中押すヤツ大杉wwww
・加藤は勇み足だったなw
・宮迫の処分撤回で満足しとけばいいものを
・処分撤回と冗談発言は、会社が揺らぐくらいの大失敗だったな。
・かませ犬加藤
・結局ヘタれたか、口先だけ威勢がよかったが
・狂犬加藤の正体が嘘つきチワワだったのか
・嘘つきは宮迫だけで十分
・なんで保留で帰ってきてんだよ
・次の話し合いを明確にしてほしい、せめで7月中に良い言葉がなければ吉本を辞めると宣言しろ
・大崎が持ち帰ったのは、加藤が辞めないでも格好つくような言い訳を探してあげるってことだぞ
・本当は大崎から辞めてもいいぞって言われてると思う
・辞める辞める芸の始まり
・多少、気の荒いチワワだったな
・狂犬というか弱ってるところを襲うハイエナだな
・本当に辞める気なら、今の仕事が片付き次第やめると宣言したはず
 >加藤は自分が辞めるのが目的じゃなくて会長を辞めさせるのが目的にw
・水に落ちた犬(会社)を叩こうとしたら、自分が崖から落ちたでござる の巻
・だいたい、会長・社長の首と、加藤の首って、イコールなのかなぁ。会社に納得がいかないのなら、辞めるしかないんじゃないかなぁ。
・加藤辞める方向へいっとるなw
・そもそもあのパワハラが事実ならば株主総会で岡本大崎の両氏は降格または辞任が濃厚でしょ。
・世間は岡本は無能だからやめろとは思ってても大崎やめろまで思ってないんだよね
・岡本はまんべんなく嫌われてるけど大崎はほとんどから好かれてる 特に関西の師匠連中からの支持が分厚い
・闇営業は宮迫ら、ウソは宮迫、パワハラは岡本が悪い問題 今回の件で大崎が辞任を迫られる理由はない
・吉本ならではのチャンスがたくさんあってここまで来れたのに番組やSNSでここぞとばかりに吉本を攻撃している一部芸人たち 恥を知れ
・さんま、松本、淳、山里、ケンコバあたりはすごく色々考えたコメントで偉かったけど
・加藤は辞めるんだろうけど 首とってから辞めたいんだろうな
・おぎやはぎは人力車に迎え入れてやれ
・ナイナイ一派は冷遇されてたからな。極楽は人力舎が合う気がする
・加藤も昔から吉本に嫌われてるってずっと言ってたし
 >松本一派の板尾はすぐに復帰したのにな
・山本なんて見せしめにクビにされて10年戻れなかったし
・結果、山本解雇された加藤の大崎への逆恨みでした
・入江が記者会見やれば自然と社長と会長も辞めることになると思うけど
 >吉本が会見するなと金積んでるな
・文字通り加藤の乱だったな いや、見事なまでに
・松本はどういうツイートするんだろうな

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/07/24 20:20

    大して売れてない、売れる努力してない若手、いい気になってぎゃーぎゃー騒いでる大量離脱は吉本的に大喜びになるのでは?6000人は多過ぎだもん。責任とって加藤さん、近藤さん達で会社設立してそーゆー人達を雇ってあげればいい。ま、松本さんに会社作って、と丸投げしようとしていた人だからしないだろうけど。

  2. 1
    名無しさん 2019/07/24 18:38

    宮迫博之とロンブー亮の会見の受け止め方として、加藤浩次は根本的に2つ勘違いしている。
    1つは加藤浩次が発言した「彼等をここまで追い込んだ吉本興業は許せない」という部分。
    彼等を追い込んだのは吉本興業ではない。
    彼等は彼等自身の過失によって追い詰められただけ。
    2つ目はこれも加藤浩次が発言した「彼等の勇気ある告発を無駄にしたくない」という部分。
    勇気ある告発というのは自らの立場を失うリスクを省みず内部の不正を社会に知らしめる行為を言う。
    あの時点で宮迫博之は解雇されていて、亮も自分は契約解除されると考えていると自ら発言していた(後に誤報だと判明するものの、会見中に亮も解雇という情報が告げられてもいた)。
    すでに立場を失っている者が告発するのはヤケクソになっただけで単なる暴露である。
    自分達ばかりが悪者になるのを避けたいからという魂胆や、世間のバッシングを和らげる作戦を弁護士から授かったという裏事情も見え隠れする。
    そもそも勇気ある告発ではなく、2人の謝罪会見である。
    金銭の受領という革新的部分で嘘を吐いて世間を“欺いた”事を謝罪する場なだけである。
    それを勇気ある告発者と勘違いして英雄扱いし、吉本興業が追い込んだ訳でも無く、単に自分達が悪くて世間から批判されて追い込まれただけなのに事務所を悪者扱いする加藤浩次は冷静さを欠いている。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事