COVERGIRL

HEADLINE

深田恭子の最新写真集は男&女目線で2冊!割れ目チョイ出しも「腰回りがおばさん」の声

co20160729-1

女優・深田恭子(33)の最新写真集「This is Me」と「AKUA(アクア)」が、集英社から7月23日に同時発売された。何より魅惑のボディをどれだけ見せてくれるかに期待がかかるが、予想以上に挑発的で過激なカットが早くも注目を集めているのである。

発売前の写真集の一部カットを見たスポーツ紙記者が話す。

「集英社の女性誌『MAQUIA』編集部によって手がけられた写真集『This is Me』のテーマは『女の子が見たいセクシー』。

こちらは美肌と豊満なボディのパーツ美を中心に構成され、無邪気で飾らない表情とアラサーの色気とのコントラストが見どころです。

一方、『週刊プレイボーイ』編集部担当の『AKUA』は、実にエロっぽい。半ケツはあるし、思わず股間部分を見入ってしまうカットまで収められているんですよ」

タイトルの「AKUA」はハワイ語で「女神」を意味するだけに、今年5月、現地ハワイでオールロケを敢行。真っ青な空と海の下、極小ビキニで躍動する。前出のスポーツ紙記者が続ける。

大胆ショットが出来る理由

「意外にも深キョンはサーフィンが得意。

以前の写真集でもロングボードを操るカットがありましたが、今ではさらに腕を上げており、今回の写真集ではボリューム感満点のお尻を軽く突き出し、クイックイッと安定感たっぷりのライディング。

そのせいで鮮やかな水色のビキニのサイドが食い込み、半ケツ状態の肉感的なボディが悩ましいばかりです」

co20160729-4

さらに衝撃なカットが、ビーチバレーのシーンだ。スポーツ紙カメラマンがコーフンたまらず話す。

「ピンク地に縁が黒ラインのビキニで、ボールをおなかの前で抱えてるカットなんて、エロ度満点でしたね。胸元の谷間、横乳の張り具合もいいんですが、股間部分というか、太腿の付け根辺りがしっかりとのぞいているアングルなんです。

『おいおい、修整いらないのか』と、思わず聞いてしまったほどでした(笑)。関係者は、『ブラジリアンワックスをしているので』と話していました。全部『処理』されているので出し惜しみなしの出来栄えなんです」

co20160729-5

ここ数年、よく聞くブラジリアンワックスとは、デリケートゾーンの周りをワックス(脱毛用のロウ)にて処理することで、いわゆるパイパン状態にする脱毛法である。今や欧米のスポーツ選手ばかりか、一般女性にも普及している。

「日本でも叶恭子や道端アンジェリカが体験告白するばかりか、アイドル界でもすでに浸透し、峯岸みなみに指原莉乃、永尾まりやなどがメディアで公表しています」

ただ、恥じらいを感じるタイプも多く、アラフォー世代の眞鍋かをりや、ほしのあきなどはライン脱毛のようで、全ては処理せず小さめな三角形に残すタイプも、まだまだ多いという。

「編集関係者によれば、『健康的なエロス』がテーマといえど、やはりオジサン目線のエロさを狙っていたそうです。

その点、奔放タイプの深キョンは『大好きなサーフィンの撮影であれば』とやる気満々で、まだ若いと言わんばかりに露出が多少際どくても“事故”がないよう、全てを処理してくるプロ意識だったといいます」(前出・スポーツ紙記者)

アラサー深キョンのツルツル素肌が堪能できる。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/62620]


深田恭子インスタ開始

女優の深田恭子が、ファン待望のインスタグラムに公式アカウントを開設。

1枚目には、胸の谷間も露わな姿で、体育座りをして微笑んでいる画像をアップ。「ほんのり日焼けした肌が、よりセクシーさを醸しだしている」「天使の微笑!」などと、ファンを大興奮させたようだ。

co20160729-2

インスタグラムを開始したのと同日に、2冊同時発売された写真集『This Is Me』と『AKUA』(共に集英社刊)のタグが付いていることから、恐らく、写真集を撮影した時のオフショットをアップしたのだろう。

が、大興奮の様相を見せているファンをよそに、ネット上では、「深田の顔って、こんなにシャープだったっけ?」「いくらなんでも、顔が若々しすぎないか?」などと、画像修正を疑う声が飛び交っているようだ。

「深田は、油断するとすぐに太ってしまう体質らしく、ネット上では激太りを指摘されることもしばしば。

割れ目チョイ出しは健在

しかし、写真集を発売する頃には毎回、きっちりと体を絞り、プロ意識の高さを見せつけていることで、業界内では『まるでボクサーのよう』と称賛されています。

それにしても、インスタグラムにアップした深田の顔は、あまりにもシャープかつ若々しく見えるため、『これで、無修正だったら、奇跡の33歳だな』といった声が寄せられているようです」(芸能関係者)

特に、男性向けの『AKUA』には、深田が趣味にしているサーフィンを楽しむ姿が盛りだくさんで、ファンには堪らない仕上がりとなっているようだが、同じくサーフィンショットを載せていた、14年に発売された写真集『Down to earth』(ワニブックス)に比べ、「腰回りが、おばさんになった」と、辛辣に指摘する声も少なくないようだ。

co20160729-3
深田恭子の腰回り㊤2014年『Down to earth』㊦2016年『AKUA』

「『Down to earth』で大好評だった、小さめのビキニから尻の割れ目をチョイ出ししたショットは、『AKUA』でも健在。

その尻の割れ目を見せるため、ボードに乗った深田をバックから撮った画像には、『腰回りが大分、おばちゃん化』『最高の肉付きだろ』などと、賛否両論飛び交っているようです。

また、賛同コメントを寄せているファンも、本音では『前回よりも、もう少しだけ多く、割れ目を見せて欲しかった』『半ケツを期待してたんだけどな』などと、少し残念がっているようです」(同)

売れっ子女優でもある深田といえど、写真集の売り上げが落ち込めば、“水着の面積が段々小さくなる”という、グラビアモデルあるあるに抗うことはできなくなってくるだろう。

半ケツ・サーフィン姿を拝める日を、ファンは楽しみに待っているようだ。

[via:http://otapol.jp/2016/07/post-7529_entry.html]

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/08/30 13:46

    2016/07/29 22:26の奴、ブスマンコの嫉妬が醜い

  2. 2
    名無しさん 2016/07/29 22:26

    キープとかの問題じゃない。おばさんというよりおっさんの骨格。

  3. 1
    名無しさん 2016/07/29 21:43

    文句多いな33でこんだけ体キープできれば十分だろ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事