OTHER

HEADLINE

佐村河内映画『FAKE』膨らむ謎、監督の挑発、衝撃のラスト12分間とは・・・

o20160530-1

“現代のベートーベン”の異名を取り、2014年のゴーストライター騒動で渦中の人となった佐村河内守氏。

希代の“フェイク(偽物)”として非難を浴びた人物に『A』『A2』のドキュメンタリー作家・森達也が密着。単独作品としては15年ぶりの新作となるドキュメンタリー『FAKE』を作り上げた。

世間が抱いているイメージを覆す姿を間近で見つめた森監督が、知られざる佐村河内氏の一面を明かした。

森監督は「最初はまったく興味がなかったのだけど、たまたま会ってみるとフォトジェニックで画になる人物。その場で撮影させてくださいとお願いしました」と回想する。

その後もメールで出演交渉を重ねたが、その際に「あなたの名誉回復をするつもりはさらさらない」と伝えたという。

「僕は自分の映画のためにあなたを利用しますと言っていたわけで、彼からすれば何を言ってるんだという感じだったと思いますが、逆に他のメディアとは違うと思ってくれたのかも知れないですね」。

佐村河内氏の印象を

「とても他人に気を遣う一方、すごく距離を近づけようとしてくる面もある。やはり表現者ですから業は強いけれど非常にチャーミングな面もありますね。まあ映画の印象そのままですが」

と語っているが、森監督にとって重要だったのが佐村河内氏の妻かおりさんの存在。

「佐村河内氏を追うなら必然的にかおりさんも映すことになるわけで、彼女抜きならこの映画は撮っていなかったと思います」とその意図を説く。

映画は次第にゴーストライター事件の検証から離れ、佐村河内夫妻の夫婦愛という意外な側面を映し出す。浮かび上がったメロドラマ的な展開に虚を突かれる人もいるだろう。

「もちろんカメラが介在していますから、彼らの素の姿が撮れているとは思いません。人はそもそも演技する生きものです。そもそも素の姿など撮れるはずがない」とクールに突き放す。

佐村河内氏のドキュメンタリーと聞けばゴシップ的興味から入る人が多いだろうが、「衝撃の12分間」と謳われているクライマックスも含めて『FAKE』には意外な驚きが満ちあふれている。

知的な意味でもエモーショナルな意味でも刺激を与えてくれる、一筋縄ではいかない作品に仕上がっている。

[引用/参照/全文:http://www.cinematoday.jp/page/N0082946]


【動画】映画『FAKE』予告編
6月4日より全国順次公開

膨らむ謎、監督の挑発

監督は夫妻の了承の下に彼らのマンションを訪れてカメラを回し始める。

部屋のカーテンは閉められ、佐村河内は奥さんの手話に助けられて監督の問いかけに答えていく。その率直な質問に二人三脚のように応じる夫妻の等身大の姿には好感が持てる。

難聴に関する単刀直入の質問では医者の証明書を見せるが、マスコミが報道していないことが知れる。また作曲の際の構想メモなどが提示され、監督が新垣に取材を申し込んでも拒否される。

誰が嘘をついているのか、何が本当なのか、謎は膨らんでいく。

映画は佐村河内が聴覚障害者に会いに行くシーンを除くとマンションの部屋が中心である。

撮影の最中、外国のジャーナリストが訪れるシーンや、フジテレビのプロデューサーが出演依頼にくるシーンもあるが、総じてマスコミによる佐村河内バッシングが伝わってくる。

狭い室内の撮影のため、質問する監督の姿がしばしば画面に晒(さら)される。そんな監督と佐村河内のやりとりは、やがて監督の挑発に佐村河内が応じるラストの展開となって面白い。

事件の謎はさらに膨らむが、真実は何かという問いを含めて映画の魅力に満ちている。1時間49分。

著名人からは絶賛

o20160530-2

まあ、今そんな話を聞いても「なんで今さら?」という感想を持つ人は多いと推察する。しかしこの作品、どうやらなかなかすごいと評判なのだ。

すでに試写会で作品を見たという人や著名人からは一様に絶賛の嵐。

浅草キッド・水道橋博士が「いや大傑作だったねー」と語れば、作家の高橋源一郎氏も「驚くべき結末だったが、よく考えてみると、それしかない終わりだった。素晴らしすぎる」(高橋氏Twitter)と賛辞を惜しまない。

そんなに面白いのだろうか……。

[引用/参照/全文:http://dailynewsonline.jp/article/1112184/]

[引用/参照/全文:http://style.nikkei.com/article/DGXKZO02812010W6A520C1BE0P01]

【関連リンク】

映画『FAKE』監督・森達也が語る、佐村河内を通して描かれる社会、メディア

ネットの反応

・ラスト12分だけ観ればいいのかな?
・予告編見ると、またあの長髪スタイルに戻ってるじゃん。
・人の良すぎる新垣さんが映画用に新曲のEDテーマ提供
・騒動の頃、新垣さんと深い関係にあったのではとか言われてなかったっけ? ラストがそれ
・ゴーチが初めてゴースト抜きで一曲作りました→ED曲に採用 どうせこんなオチだろ
・『FAKE』DVDを出さない、エンディングは絶対口外しないでほしい、文春がこの映画を見たかは言えない、などやたら配給のガードが高い。
・佐村ゴーチより黒コーチの続きの方が気になるわ
・「FAKE」を見ても佐村河内騒動の虚実は結局よく分かりません。これは夫婦の映画でした。感動しました。
・タイトルを『TRUE STORY』としなかったところがこの作品の全てを語っている。語りたいことが山ほど見終わった後にでてくる映画であることは間違いない。
・上映前に配給会社からネタバレ自粛要請があり、僕もこのラストの扱いは通常の劇映画のネタバレ禁とは意味が違うと思ったので何も書かない。だが言えることは、これは不信にかんする映画であり、それ以上に信じることにかんする映画だ。
・実はおすぎと同一人物

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事