OTHER

HEADLINE

『黒い十人の女』バカリズムの脚本が絶賛されるワケ 2016年最大のテーマ“不倫”をぶった切る

o20161107-1

お笑い芸人・バカリズムが脚本を務める『黒い十人の女』(日本テレビ系)に注目が集まっている。

不倫という旬すぎるネタを、バカリズム独特の視点で斬りまくっている。その脚本の面白さについてコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが綴る。

秋ドラマも中盤戦に入る中、いわゆる“ドラマ識者”と呼ばれる人たちから絶賛を集めているのは、以外にも読売テレビ制作の深夜ドラマ『黒い十人の女』です。

『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)の秋ドラマ特集で、テレビ誌編集長、スポーツ紙の芸能担当記者、テレビ解説者の3人全員がイチオシにしたほか、『週刊ザ テレビジョン』の対談企画でも4人中2人がベスト作品に挙げました。

木曜の23時59分~という深夜の放送だけに視聴率は3%台と高くありませんが、密かに注目度が高まっているのは間違いありません。

絶賛を集める最大の理由は、バカリズムさんの緻密かつ大胆な脚本。

当作は市川崑監督が手がけた名作映画のリメイクですが、「ドラマプロデューサーの風松吉(船越英一郎)に妻と9人の愛人がいる」という設定以外はほぼ別物であり、2016年最大のテーマと言える不倫をさまざまな角度からぶった切っています。

驚かされるのは、“40歳の独身男性”であるバカリズムさんが、9人の不倫女性と1人の妻を見事に描き分けていること。

o20161107-2

たとえば、何度も別れようと思って切り出しながら、けっきょく戻ってしまう24歳のテレビ局受付嬢・神田久未(成海璃子)=不倫をやめたい女。

他の愛人を蹴落とそうと暗躍する34歳のドラマAP・八神美羽(佐藤仁美)=独占したい女。

悪いのは男だから愛人全員と仲良くしようとする38歳の舞台女優・雪野佳代(水野美紀)=仲良くしたい女。

9人の愛人がいると聞いても、甘い恋心が抑え切れない39歳の脚本家・皐山夏希(MEGUMI)=甘える女。

イケメンの独身男性からも言い寄られて迷いつつ、2股になってしまう25歳の若手女優・相葉志乃(トリンドル玲奈)=揺れる女。

残りの5人も実際にいそうな不倫女性として描かれていますが、スゴイのはバカリズムさんの想像力。

「独身アラフォーの芸人なのに、なぜ女心が分かるの?」という声もあがるほどの類いまれな観察眼に、強烈な皮肉と笑いのセンスを絡めて、おもしろおかしく不倫を描いているのです。

そんな脚本を得た女優たちはノリノリで、まさに全員がハマリ役のよう。

成海璃子さんはズルズル不倫を引きずるドロ沼タイプ、佐藤仁美さんは女性同士で最も嫌われる悪知恵が働くタイプ、水野美紀さんは明るいけど空気が読めず空回りする哀れなタイプが完璧にフィット。

o20161107-5

あきれた顔、ため息をつく仕草、「チッ」という舌打ち、怒って食べ物をかけ合う姿……どれも生き生きとしていて、「こういう女性いるいる」と思わせてくれます。

さらに感心したのは、10人の女性が登場する難解さを解消するために、彼女たちが出入りするカフェの店員を説明係にしていること。

めまぐるしく変わる女性たちの相関図をカフェ店員3人のセリフで整理しつつ、「店員の1人が店長と不倫している」という遊び心も添えられています。

o20161107-3

バカリズムさんの連ドラ挑戦は、まだ2作目。

しかもデビュー作『素敵な選TAXI』(フジテレビ系)は、明快な1話完結型のフォーマットだったため、連続性のある作品や原作モノは初めてであり、その事実からも才能のほどがうかがえます。

芸人としてのバカリズムさんが「天才」であることはすでに有名でしたが、当作で脚本家としても「天才」と呼ばれるスタートラインに立ったのかもしれません。

本人は「脚本ではなく長いコントを書いている」と謙遜していますが、各局のドラマ班にとって、人間のかわいらしさと悪意を切り取れるバカリズムさんは貴重な存在。

脚本家の高齢化が叫ばれる中、40歳という若さも魅力だけに、今後もオファーは続くでしょう。

今後ドラマは、10人の女性がどんな決意を固め、風松吉に迫っていくのか? 風松吉は殺されるのか? など、笑いの中に少しのサスペンスも絡めて、予想ができない結末に向かっていきます。

また、名物の「愛人同士が怒りに任せて飲食物をぶっかけ合う」シーンはどうなるのか? これまで、水、カフェオレ、カルーアミルク、あんかけ焼きそば……と徐々に濃度が高まっているだけに、不倫の行方とともに要注目です。

数えきれないほどの不倫騒動に揺れた2016年の芸能シーンをバカリズムさんはどんなオチで締めくくるのでしょうか。天才が見せる強烈なラストに期待しています。

[via:http://www.news-postseven.com/archives/20161106_463241.html]

o20161107-1-2
o20161107-4
o20161107-6

高評価「女心わかってる」

o20161107-7

「バカリズムはインタビューで、登場人物の誰にも共感せずに脚本を書いたと明かしていました。そもそも本人が独身ですし、不倫している人の気持ちは分からないと語っています」と、ドラマ事情に詳しい芸能誌ライターは説明する。

ドラマで描かれた女性心理は実体験に基づいたものではないらしい。

しかし、バカリズムへの女性からの共感は絶大なようだ。2015年のお笑い番組『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)で、「女子力低いとアピールする女子」「恋と仕事なら仕事を取るとアピールする女子」といった“女子あるある”を詰め込んだコントを披露した際には「リアリティーがありすぎる!」と大反響。

また、過去にはOLになりきって3年間ブログを更新していたこともある。普通のOLの日常をつづったこのブログは、女子が読んでもかなりリアルだと話題となり、後に書籍化されている。

鋭い洞察力から作られる、完成度の高いコントで評価されてきたバカリズム。芸人の枠を超えて、脚本家としての活動がさらに増えていきそうだ。

[via:http://taishu.jp/detail/25324/]

ネットの反応

・観察力とか見たことを的確な言葉で表現する能力とかが高いんだと思う 面白さとは別で
・需要があるから成功すべき人だと思う お笑いとは別で
・黒い十人の女は今期ドラマで今のところ一番面白い
・又吉の次はバカリズムか
・こいつと若林の過大評価は異常
・「女心分かってる」って言ってる奴40過ぎの爺だろw 同僚の女には全く評価されてなかったぞ
・これって元になる脚本あるよな
・主演船越英一郎なのかw
 >船越の親父がやったんじゃなかったっけ元の映画
・風松吉が憎めないのは何か分かる 飄々としてるのはオリジナルも同じかな
・こんなので誉めてもらえるなら気楽でいいなと本職の脚本家は思ってるだろう
・バカリズムは身長の事をいじられるのが嫌いだから、街で見かけで「意外と小柄ですね」とかはngっ
・女心を分かってるからこその女嫌いな人
・女をバカにしてるがこういう女達がいるのも事実なんよ だから面白い
・でもバカリズムはこの脚本家は女心分かってる!とか言う女嫌いそう
・女の嫌な部分をすくいとるのだけはうまい
・学生時代いつも女子グループと一緒にいたって言ってたから そういうのは分かるんじゃない?
・評価の声が上がるほどの視聴率取れてないだろw
・キャスティングがいいね
・でもラジオだと糞つまらないんだよね。アドリブが苦手なんだろうと思う。事前に綿密に組み立てたネタを披露するのが向いてる人
・この褒め殺し記事は誰得
・MEGUMI「あんな糞芝居、毎回糞滑ってるくせにどうせ客のせいにして身内で褒め合って満足してんだろ、このオナニー劇団我慢汁が!」名言すぎるw
o20161107-9

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事