OTHER

HEADLINE

『ヒルナンデス!』大リニューアルの裏に『バイキング』の猛追 MCの存在感が視聴率に影響!?

先日、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)が、10月から「ニッポンの新しいライフスタイルを提案する番組」に大幅リニューアルすることが発表された。

これまでグルメ、ファッション、カルチャーなど幅広いコンテンツを扱ってきた同番組が、2012年の番組開始から6年目にしての大改革。いったいどうしたのか?

「フジテレビの『バイキング』が絶好調なんですよ。

9月4日の視聴率は5.5%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同じ)。たいした数字じゃないように見えますが、対する『ヒルナンデス!』は5.6%。いかに猛追しているかわかるでしょう」(芸能ライター)

2014年5月27日の番組スタート初回は1.8%という記録的低視聴率を喫した「バイキング」だが、現在では芸能・政治ニュースに特化。

スポーツ紙記者や芸能レポーター、コラムニストといった専門家に芸能人が疑問をぶつけて討論するスタイルが受け入れられ、今年に入り6%、7%を続々と記録している。

その立役者がメイン司会の坂上忍だろう。当初は月曜限定の司会だったが、2015年4月、リニューアルを受けて全曜日を任されるようになった。前出の芸能ライターがその秘密を語る。

「今の坂上さんの発言は、『ワイドナショー』(フジテレビ)の松本人志さんと並び、ネットニュース記者の格好の材料になっています。

実際、坂上さんの発言記事って、PV(ページビュー)が上がるんです。おそらく坂上さんも、どの程度の発言で記事に取り上げてもらえるか把握されているんじゃないでしょうか(笑)。

低視聴率だった頃は散々『打ち切り寸前』とか『地引網しか面白くない』などと書かせてもらって、それなりに反響がありましたけど、今や坂上さんの一挙手一投足が注目の的になってます」

一方、いつの間にか窮地に立たされているのが「ヒルナンデス!」。司会は「ストロングスタイル」の坂上とは一転、ほのぼの感あふれるウッチャンナンチャンの南原清隆だが…。

「いや、ナンチャンが司会だなんていう意識は、もはや誰の頭の中にもないでしょう。タレントのパーソナリティーを消して企画の面白さを優先させる日テレですから仕方ないですが、それにしても存在感がない。

たぶん2週間休んでも誰も気づかないんじゃないですか? VTRメインの番組ですし」(前出・芸能ライター)

確かに、「ヒルナンデス!」は番組開始から1年後の12年にはそれまでの最高値7.8%をマークしているが、企画のマンネリ化も囁かれ、リニューアルもやむを得ないかもしれない。

ともあれ、視聴者としては、番組の面白さを競う合う「抜きつ抜かれつのデッドヒート」に、今後も期待したいところだ。

[via:アサ芸プラス]
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_88914/

坂上忍「あからさまに数字は取りに行く」

視聴率1%台の絶望的な時期を経て、今や平均4%台後半という“4倍増”。今年1月には番組最高の7・2%を記録し、王者「ひるおび!」(TBS)と同率1位の瞬間風速も。

昨年、時事ネタの生討論にかじを切ったリニューアルが実を結んでいる形だ。「あからさまに数字は取りに行く」という番組の顔、坂上忍に聞いた。

-月曜MC時代が1年、全曜日のバイキングMCになって2年。丸3年の実感はいかがですか。

 坂上 あっという間ですけど、経緯を考えると長さを感じますよね。最初は「いいとも!」の後という逆風感もありましたし。僕だけ俳優業からやってきたよそ者だったので、月曜MCだった最初の1年はスタッフさんと「終わることを前提に、月曜班にしかできないことをやろう」と。地引き網とか(笑い)、頭のおかしい企画をいろいろやって数字をとりに行って、楽しかったですけどね。

-全曜日のMCになった後も、視聴率1・6%みたいな時もあって。打ち切り説も茶飯事でしたが、当時の心境は。

 坂上 一番キツかったのは、「バイキング」は曜日ごとにルールも流儀も違う5つの番組だったと気付いた時。各曜日のキャストさん、スタッフさんとどう対応していけばいいのかと。あと、こんなにしゃべれる方々がいるのに、生かせていない番組作りになっているのもつらかった。

 -「ヒルナンデス!」と同じじゃん、みたいな内容の頃ですよね。

 坂上 4チャンネルさんみたいなグルメロケやってみたり、健康やってみたり。それもいいんですけど、僕の中に絶対的な好き嫌いがあるんですよ。いすに座ってVTR見ている生放送って何だろう、もっとしゃべらせてほしいという思いをずっと抱えていて。

 -番組責任者にどう伝えたのですか。

 坂上 おととしの9月くらいですかね、「1日でいいから、VTRとか要らないんで、しゃべり押しでやらせてもらえませんか」とお願いしたんです。どうせ終わるなら試すべきこと全部試したいじゃないですか。金曜日で政治を扱ったんですけど、その結果がたまたま良くて。ぽつぽつ回数を増やして微妙に結果が出始め、1年前から今の形にしてくださった。

-そういう内容や、坂上さんたちの言動がじゃんじゃんネットニュースにのぼって番組名が人の目にとまるようになったのも、視聴率的には大きいですよね。話題性と引き換えに批判も受けるわけで、気持ちにどう折り合いをつけているのですか。

 坂上 どの番組にも表現の枠がありますが、役者さんも芸人さんも、枠ギリギリまで使う人が減っている。もうちょっと柵は向こうまであるから、行っていいんじゃないの、という感覚です。僕なんか、やりたい芝居のMAXを監督に見せて、頭たたかれてさじ加減を知るという商売でやってきたので。もともと柵があると隙間から頭出したり、飛び越えたがる癖(へき)もあるので(笑い)。

 -一方で、トークバトルをやるには今のテレビは息苦しくないですか。

 坂上 昔からこの世界でやっているのでそれは一番感じてますけど、そこでメシ食わしてもらっている以上、テレビの責任にしてもしょうがない。僕は面白いものだと思っているし。

 -先月末も6・6%という高視聴率がありましたが、視聴率は気にしますか。

 坂上 気にしてます、当然。数字がとれなくてもアイデアを試していく勇気を含め、基本はあからさまに数字をとりに行きます。

[via:https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/1803534.html]

ネットの反応

・南原は置物だからな
・無難な話題しかしない生温いバイキングか
・ヒルナンデスなんて東京ローカルで充分だろ
 >関東の情報ばかりのヒルナンデスを地方民はみないだろ
 >東京近郊のお店紹介されても地方には意味わからないもんな
・みんなゲスいのが大好きなんですね
・バイキングは出演者を全員嫌われ者で固めたのは上手くやったなと思うわ
・番組の好き嫌いは置いといてバイキングのスタッフはよく耐えたと思うよ
・むしろ困ってるのはワイドショー被りのひるおびじゃねーの?
・ベッキー以降のスキャンダルラッシュがハマったからなあ
・激論ネタになる事件がずっと頻繁に起きてるからな
・ツマランデスとかまだやってたんだ
・ヒルナンデスはみとちゃん居なくなったらもっとバイキングに視聴率いくよ(´・ω・`)
・今こそナンチャンの存在感
・えー絶対ヒルナンデスだよー
 バイキングなんて出てる人見るだけでドス黒いオーラが流れてくるし
・昼間の帯番組なんてまともな社会人には一切関係ない

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/09/22 6:49

    ヒルナンデスに限らず、日本テレビの番組は視聴率良くても何の話題にもならないヌルイ番組ばかり。
    結局はオッサンオバハン&爺さん婆さんばかりが観てる日本テレビをよく表してる。
    良くも悪くもネットで話題になるフジテレビは視聴率こそ悪いが存在感は抜群。
    人口的に少子高齢化してる世の中で年寄り向けの糞ツマンネー番組作ってる日本テレビが視聴率を取り、そんな少子高齢化でも若者向けの攻めたバラエティー番組を作ってるフジテレビ。
    視聴率って概念で評価するのはもはや時代錯誤だ。

  2. 1
    名無しさん 2017/09/20 14:25

    バイキングは関東圏だけが低いが他府県では視聴率1位ですよね
    関西では二桁維持してますね

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事