TALENT

HEADLINE

加藤紗里と『バイキング』で大げんかした濱松恵がヤラセを暴露!カンペトークの茶番劇

濱松恵と加藤紗里が
『バイキング』で大げんか!

女優の濱松恵(34)が10日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜午前11時55分)にVTR出演し、加藤紗里(26)と対談し、大げんかを展開した。

番組によると、2人は初対面だという。濱松と加藤は、女子高生との淫行疑惑が報じられたことを受けて謹慎中の狩野英孝(35)と交際していた、元彼女という共通点がある。

2人は16年2月に、狩野が加藤を含む複数の女性と交際した“6股騒動”が勃発したことをきっかけに対立した。

濱松は同5月にブログで、“6股騒動”の際に加藤と称する女性から電話がきて罵倒されたので、謝罪してほしいと投稿した。

加藤は、その件について反応していなかったが、3月に濱松と東京03の豊本明長(41)との不倫報道があり、疑惑が勃発すると、ツイッターで「当たり屋みたいな女の人」と濱松を批判していた。

“狩野の元カノ対決”は、冒頭からヒートアップした。

加藤が「何で呼んだらいいですか?」と聞き、濱松が「どうぞお好きなように」と答えたのを受け「濱松のオバさん」と呼ぶと、濱松は「経歴と芸歴と年齢を考えて敬語で」と応戦。

加藤が「いやあ紗里、敬語使わない」と拒否すると濱松は「タメ語で」と応じた。。

加藤は、濱松がブログで、狩野の“6股騒動”の際に加藤と称する女性から電話がきたことについて、自身を批判したことについて「売名してましたよね?」と批判。

濱松が「加藤です。加藤です」と電話が来て、切られたと説明すると、加藤は「自分のことは紗里ってしか言わない」と否定し、濱松の電話番号も知らないとした。

一方、濱松は、電話の件で沈黙してきた加藤が、豊本との不倫問題が勃発したタイミングで「当たり屋みたいな女の人」とツイッターで批判したことに疑問を呈した。

「ちょうど1年後の、このタイミングに出てきて、去年の話を持ち出してきて、ただの便乗なの!」とぶち切れた。

れに対し、加藤も濱松が豊本の件などで暴露を続けることを引き合いに「いろいろな人のことを暴露して、40歳とかなのにヤバいなって。本当にヤバい」と応戦した。

濱松が「しゃべりたくない」と言うと、加藤も「もう意味分かんない。紗里もしゃべる気ないんだけど」と2人は怒りがヒートアップし、対談は終了した。


濱松は12年に狩野との不倫を報じられたが、6日のニコニコ生放送の番組内で、11年に狩野が結婚する以前から付き合っていたと暴露した。

加藤は、16年1月にシンガー・ソングライターの川本真琴のツイートをきっかけに一部で狩野と川本との交際が報じられると、同2月にインスタグラムで狩野と15年12月から交際中と暴露し“二股疑惑”が勃発した。

その後、狩野に口説かれたり男女の関係があると暴露する女性が相次いで登場し“6股騒動”にまで発展した揚げ句、同3月に破局を宣言。

対立していた川本とはツイッター上で和解したものの、17年1月に狩野の淫行疑惑が報じられるとショックのあまり涙していた。

[via:日刊スポーツ]
http://news.livedoor.com/article/detail/12915660/

濱松恵が『バイキング』のヤラセを暴露

情報番組の“演出”は必要か否か。情報バラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)でタレント・加藤紗里(26)と対談した女優・濱松恵(34)が、同対談の放送後にブログを更新し、4月10日の放送内容にやらせがあったと暴露した。

10日に放送された『バイキング』の終盤、お笑いトリオ東京03の一人・豊本明長(41)と不倫騒動を巻き起こしている濱松が、過去に狩野英孝(35)の不倫騒動時にSNSで口論となっていた加藤と対談した。《中略》

これを見ていた視聴者は「地獄絵図」「昼御飯を食べていたが、恐ろしくてご飯の味がわからなくなった」「この騒動自体が売名目的じゃないの」とゲンナリ。

MCの坂上忍(49)からコメントを求められた芸能記者・神谷明良氏は「芸能の範疇ではない」「控えさせて頂きます」と言って苦笑いを浮かべていた。

しかし事態はここで終わらない。濱松は『バイキング』の放送直後、自身のブログへ「やらせの裏側(パート1)」と題した長文記事をアップ。

「番組の現場でいかに不愉快な思いをしたか、どんな現状だったのかを話します」と前置きし、加藤が対談現場でカンペを読んでいたと暴露した。

「番組の趣旨の『文句を言いに来た』ではなく、『セリフを読みに来た』といった所でしょうか。

これを見て、本気でお互いが自分の言葉で話して、対談したと思われたら嫌なので彼女用のセリフのカンペが用意された、ミニドラマだったという事実を書きました」と言い、怒りは収まらない。

「少なくとも視聴者は、見たものを信じます。作り物を本物と言って見せるのは、視聴者をバカにしているし、騙しているということになります。

言いたい事があるからと言って突然出て来て、自分の口からは何も言えない、セリフを書いてもらわないと言葉が出てこないという姿を見たのはまさに【滑稽】でした。慌てて私の後ろで彼女用のセリフのカンペを書いている現場も【滑稽】でした」

さらに濱松は、同番組の姿勢に言及。「とても貴重な【喜劇】の現場を見せて頂きました。こうしてやらせは浸透してしまうんですね。真実を伝える番組なら、セリフなど用意しないで、自分達で考えさせて、その人の言葉で喋らせましょう」と苦言を呈した。

「放送だけを見る限り、カンペを読んでいたという加藤が冷静で、濱松は怒りで憤っている場面ばかりが切り取られ、濱松の印象が悪くなるような内容だった。

加藤はアドリブトークが異常に弱いから、言われてみればたしかにあの喋りは怪しい。濱松の話が事実であるなら、印象操作の疑いがある。『バイキング』が濱松を面白おかしく“ハメたかった”のかもしれない」(報道関係者)

濱松に手厳しい口撃を受けている『バイキング』と加藤。はたして反論の余地はあるのか。

[via:デイリーニュースオンライン]
http://news.livedoor.com/article/detail/12919941/

【関連リンク】

やらせの裏側(パート1)|濱松恵オフィシャルブログ
【パート2】 タメ語と3つのワード|濱松恵オフィシャルブログ

ネットの反応

・ゲスすぎるw
・化け物対決
・これ、プロレス?
・あんなもん誰もマジだって思っていませんから
・スタジオに呼んで生対決しろよ
・いい歳して敬語使わないってアホやな
・しかしペラペラ喋って面倒臭いのに手を出したなぁ
・フジも間抜けだよな 失う物が何も無い売名女だから何でも話すに決まってんだろ
・テレビなんて予め言葉とか用意しておくのが当たり前だからな
・バカがまともなこと話せないと時間が無駄になるだけだから、番組制作側として当然の配慮なんだけどね
・ガチでやばい奴が出てきたなぁ
・アホらしい 濱松とかいう奴のブログ込みで仕込みだろw
・こんな面倒なタレントにヤラセを頼んだらどうなるのか分かるだろ。
・ヤラセも芸能村のルールなんですよね?坂上さん?
・面白いからバイキング潰すつもりで糾弾してくれ!
・浜松恵のブログを確認したうえだと浜松恵はかなり酷いしうちを受けてるような…少し同情
・せっかくチャンスもらったのにダメな女だなw
・豊本も凄い女を引き当てたな
・2人と付き合った狩野こそ凄い

コメント

  1. 3
    名無しさん 2017/04/13 11:40

    この加藤紗里っていう子はキャラなのか知らないけどローラや森泉とかが使ってるタメ語と違って聞いてて不快になる。先ずは礼儀から学んだ方がいいねヾ(⌒(_´-ω-)_

  2. 2
    名無しさん 2017/04/12 6:32

    台本=ヤラセとかカンペ=ヤラセって短絡的に考える馬鹿のヒステリー。
    本人も、そして簡単に信じるネット民も間が抜けてる。

  3. 1
    名無しさん 2017/04/11 19:43

    またもやlivedoorのフェイクニュースか?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事