OTHER

HEADLINE

文部科学大臣さんも通うセクシーヨガのオーナーが金銭事情を告白「月給は・・・」

「週刊文春」の報道で話題になった個室ヨガスタジオに、6月10日にAbemaTVで放送された「給与明細」が緊急取材を行った。

噂のヨガスタジオ「PSY」の公式ホームページは、美人のインストラクターたちの顔写真が並び、お色気系のお店と勘違いする人がいてもおかしくないレイアウトだった。

その料金体系は、男性がマンツーマンレッスンで1時間1万2000円、女性がグループレッスンで1時間3000円。

オーナーで現役インストラクターの庄司祐子さんは、男性はマンツーマンレッスンという形式を採用していることについて、「大人数だと恥ずかしいと思う方が多いので」と説明した。

常連客には、某製薬会社の社長や、某飲料店の社長など、富裕層が多いとのこと。取材日に訪れた男性客も、不動産のコンサル業を営むというセレブ社長だった。

その男性客を、オーナーの庄司さんは上着を脱いで、胸元があいたタンクトップタイプのヨガウェア姿で迎えた。眼のやり場に困るような露出の激しい格好で、個室ヨガのレッスンはスタートした。

特別いかがわしいサービスをするわけではないが、庄司さんは絶妙な距離感で客の男性にボディタッチをしながらヨガの指導をした。タオルで目隠しをしながらのオイルマッサージに、男性客からは「気持ち良いです」という声が漏れた。

とはいえ何ごともなく終わるかに見られた1時間のヨガレッスンだったが、男性客が帰り際に気になる一言を庄司さんに投げかけた。

「この後、お食事いかがですか?」という誘いを庄司さんは断っていたが、誘われること自体は少なくないという。LINEで予約を受け付けているため、客との連絡先交換は日常的に行われており、他のインストラクターにも食事の誘いなどは受けてもいいと指導していると明かした。

その理由を「私もお客さんと付き合ったことがある。人と人なのでどうなるかわからない」としていた。

他にもヨガのインストラクター養成所を経営している庄司さんの月給は、合わせておよそ50万円。「PSY」に所属しているインストラクターは、月給35万円ほどだと明かしていた。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/14848382/]

【関連リンク】
ポジティブスターヨガ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事