OTHER

HEADLINE

【M-1】史上最高得点ミルクボーイの暗黒時代 審査員・芸人たちの声 上沼、和牛に激怒に久保田がw


ミルクボーイ歓喜の後ろで、唇をかみしめるかまいたち濱家とうつむく山内

今年TV初漫才で優勝

漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」(優勝賞金1000万円)の決勝が22日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、結成12年で駒場孝(33)と内海崇(34)のコンビ「ミルクボーイ」が優勝し、令和初の王者に輝いた。優勝トロフィーを受け取った2人は「ウソや!!」と話し、信じられない様子で喜びをかみしめた。

2001年に始まったM-1は今年で15回目(11~14年は開催なし)で、過去最多の5040組がエントリー。

ミルクボーイは決勝のファーストラウンドで、7人の審査員からM-1史上最高の681点を獲得。文字どおり“最高”のチャンピオンが誕生した。ミルクボーイは初の決勝進出で栄冠を勝ち取った。

準決勝では和牛やカミナリ、ミキなど実力派がまさかの敗退。決勝進出を決めたのは、からし蓮根、ミルクボーイ、ぺこぱ、オズワルド、すゑひろがりず、ニューヨーク、インディアンス、見取り図、かまいたちの9組。

これに決勝前に行われた16組による敗者復活戦を勝ち上がった和牛が加わり、計10組で決勝は争われた。

M-1史上最高得点

ファーストラウンドではミルクボーイ、かまいたち、ぺこぱの3組が勝ち抜き、最終ラウンドへ。


ぺこぱ


かまいたち


ミルクボーイ

ミルクボーイはファーストラウンドでは「コーンフレーク」のネタでM-1史上最高得点の681点を記録した。

最終ラウンドは点数制ではなく、7人の審査員が優勝にふさわしい組を選ぶシステム。「もなか」のネタを披露したミルクボーイは6人の審査員の支持を受け圧勝。

優勝が決まった瞬間、2人は互いに顔を見合わせ笑顔。審査員の松本人志(56)からトロフィーを受け取るも信じられない様子で、内海は「ウソです。夢、夢!!」、駒場も「ホンマにウソです」と口をそろえた。

内海は「今年、テレビで漫才を披露するのは初めて」と告白し驚かせたが、松本からは「過去最高と言っていい」と絶賛されていた。

[via:中日スポーツ]
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019122202100090.html

ミルクボーイの暗黒時代

大阪芸大の落語研究会に所属していた2人は、2007年にコンビを結成。

デビュー12年での遅咲きブレークだが、本人たちが「まるまる12年、苦労してきたわけじゃない」と話すように、「苦節12年」というフレーズは、実は当てはまらない。

本格的な漫才を志す2人はM-1王者を目標とし、09年から大会に挑戦してきた。だが、10年にM-1が終了。

目標を見失ったことで、ツッコミの内海崇(34)は「4年ぐらい本当にサボりまして、お笑いをまったくしてなかった。趣味のギャンブルに明け暮れてました」と自嘲し、ボケの駒場孝(33)も「誘ってもらったら、すぐに遊びに行ってた。ただいただいた仕事をこなすだけで、新ネタも作ってなかった」と“暗黒時代”に陥った。

きっかけは霜降り明星

15年にM-1が復活したことで、目標自体は取り戻した。

「バイトとお笑いの仕事以外、趣味の時間を持つことをやめました。競馬も好きやったんですけど…。彼女とか嫁よりも一緒にいる時間が長かった」と内海。とはいえ、目に見える成果は上がらなかった。

そんな2人を本気で燃えさせたのが、昨年、史上最年少でM-1を制した霜降り明星の存在。

内海は「後輩が優勝したのが初めて。全芸人が刺激を受けた。若い世代、第7世代とかに負けないように」、駒場も「僕ら、何何世代やねんという感じなんですけど、刺激は受けましたね」振り返った。

持てるポテンシャルを完全に解き放った結果、霜降り明星のVからわずか1年で、令和初の王座に登り詰めた。今後は王者の務めとして、バラエティー番組などの“洗礼”も待ち受けている。

「漫才以外がボロボロで…。トークとかも1からまた頑張りたいと思います」と内海。すぐに続けて「漫才も、もっと面白くなるように頑張ります」と誓った。

審査員のダウンタウン松本人志(56)を「『これぞ漫才!』というのを久しぶりに見せてもらった」とうならせた本格派は、立ち位置を見失うことなく次なるステージに挑んでいく。

[via:デイリースポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000159-dal-ent

松本4年連続の逆神

思わぬ形で注目を集めたのは、審査員を務めたダウンダウンの松本人志(56)。ただ1人、かまいたちに票を投じる結果となり、ネット上では

「松っちゃんが入れる人いつも優勝しないよね…」
「まっちゃんの1票の重さ(笑)」

などと注目を集めている。実は、審査員に復帰した2016年以降、松本は3年連続で和牛に投票したが、いずれも優勝を逃しており、これで4年連続の「逆神」となった。

しかし、これも松本人志がお笑い界の「生きるレジェンド」として「オンリーワン」の存在であることの証明かもしれない。

[via:中日スポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00010073-chuspo-ent


松本の点数通りの順位に

放送後 審査員たちの声

・上沼恵美子
「(ミルクボーイは)天才やと思った」
「ああいうセンスが欲しいのよ。人のセンス欲しいとあんまり思わんが、ホンマに思いました。この年で」
「ちゃんとした寄席を見に行っている気持ちに」
「(かまいたちには)今年で終わりだからっていうのは入れない。情は入れない」

・オール巨人
「年末の一大イベントが凄くいい形で終わりました。本来の埋もれた未だ見ぬスターを発掘すると言う意味では最高のM-1だったと思います」
「もちろんお笑いのファンでしたら、ミルクボーイの事は知ってはったと思いますが、昨日初めて観た方は、登場した時、未知の生物を見る感じだったでしょうね」

・立川志らく
「M1終わった。決勝を選ぶのが辛かった。人情的にはかまいたちに勝たせてあげたかった。自信と怯えの共存する文句なしの漫才。去年足りなかったのはその部分」
「ただミルクボーイの受け方が半端なかった。人情や私の思い出で選ぶのは失礼と思いミルクボーイを押した。でも辛い。今夜寝られそうにないよ」
「怯えと自信の共存とは。私の持論。自信が10の芸は鼻に付く。怯えが10の芸は見ていられない。自信が怯えを少しだけ上回った芸こそが魅力的な芸。去年のかまいたちは自信8怯え2。今年は自信7怯え3」

出演者たちの反応

・かまいたち山内
「応援してくれた皆さん、ありがとうございましたー 負けましたが見てほしいネタはできました ミルクボーイ優勝おめでとうー かまいたちに勝った事を子々孫々まで誇り語り継ぎなさい」

・かまいたち濱家
「憧れ続けたM-1グランプリ。全て出しきれました」
「長い間、かまいたちのM-1グランプリ優勝を信じて応援してきてくれた皆さん、すいませんでした。まだまだ精進して、漫才で恩返ししていきます!」

・ぺこぱ松陰寺
「最高のロンリネスをファリガトウ。もう時は戻さない、とも言い切れない。ピューウ」

・ぺこぱシュウペイ
「ミルクボーイさん優勝おめでとうございます めちゃくちゃ面白かった」
「3位、、、、悔しいです」

芸人たちの反応

・サンド伊達
「本当に、全体的に例年よりもレベルの高いM-1だったと思います。みーんな面白かった!漫才ってまだまだ色んなスタイルや切り口があるんだなー」
「個人的には『ぺこぱ』の大きな成長に驚いた。。数年前、NHK『笑ら削り』という番組で共演した以来かなぁ。本当に漫才が巧くなり面白かった!」
「初めて見た『ミルクボーイ』には笑ったなぁ。島田洋七師匠みたいなしゃべり方で…堂々として滑舌も良いし面白かった!」
「まったくの無名で、オッサンみたいなコンビが優勝か…ん?なんか12年前と少しかぶるなぁ。。。」
「僕が一番笑ったのは『かまいたち』元々、彼らのネタは好きで…漫才の技術力とセンスと安定感はぶっちぎりでしたね」

・ノンスタ石田明
「おもしろかった。こりゃ勝てんわ。がんばらねば」

・ケロッグも祝福

ネットの反応

・コーンフレークおめ!
・圧勝ワラタ
・票がもっと割れてもおかしくないと思ったけどな
・松本だけw
 >ネタが同じすぎたから選ばなかったのかな
 >審査員引退しろよ
 >あえて違う奴選んだな
 >松本忖度
・大会史上最高レベルだった事は間違いないな
・ミルクボーイは2本目一緒だったからなぁ
・1本目でもう2回目やらずとも確定レベルだった
・同じ系統のネタで変わらず笑えるんだからそりゃ優勝よ
・予選から圧倒的だった
・コント漫才もいいけど本格派の漫才の爆発力はやっぱり凄いわ
・昨日までは仕事のスケジュールほとんど白紙だったと言うくらいの無名が優勝ってのが面白い
・逆になんでここまで無名だったのか
・漫才だけやる番組も少なくなったし、レギュラーやる華もなかったし大阪でもあんまり見なかった
・つべで男優ってネタも見てみたけど、もしかしてこのコンビって全部「コーンフレーク」を単語と設定変えただけのネタなのか
 >ハライチと同じでそのフォーマットを思い付いた時点で価値があるよ
・コーンフレークネタは紳竜やダウンタウンがやってもあそこまでの完成度は出せんだろうな
 >ナイツ塙も言ってたね。このパターンは思いついた事あるけどここまで面白くできなかった、完敗です、と。
・このままだったら売れてなかっただろうな。やっぱ見た目って大事だなw

・ミルクボーイは、フリートークできんのかな?
・確かに面白い漫才だったが、ほかのネタで同様の面白さがあるのかが心配になるコンビではあった。
・霜降りは売れるとみんなわかったようにミルクボーイは売れないと、見た人みんながわかってる
・ミルクボーイ2本目のネタ「最中」を整理してみた。

・実力はかまいたちだな
・かまいたちは安定感が出すぎてしまってた皮肉なことに
・かまいたちは胸張って大会去っていい
・ぺこぱは試行錯誤して七転八倒してなぜかあの芸風に辿り着いたというのが味わい深い。
・ぺこぱ面白かったけどな
 >全然面白くねーじゃん。あれが受けるってどうなってるんだよ。
・仕事増えるのはぺこぱっぽいよな
・ぺこぱってカンニング竹山がスカウトしたんだよな、番組で。
・サンミュージックは売り方が上手いけど、やっぱり一発屋製造工場なんだよなw
 >サンミュージックは賞レース弱いから賞レースに勝つためにスカウトしたらしいよ
・ニューヨークの歌ネタはサビのメロディが浜崎あゆみモロじゃんwDVDとか映像化される時にがっつりカットされるんじゃないか
 >オリジナル曲ならまだ笑えたんだけどなあれ
・和牛は上手くなりすぎてコンテスト向きじゃなくなったな
・おまえら文句があるなら時を戻そう

上沼が和牛に激怒!

審査員の上沼恵美子は、結成7年目の「からし蓮根」に94点をつけ、「ファンです」とにっこり。「初々しいね、和牛には悪いんだけれども」と、敗者復活戦を制して復活し、先だってネタを披露していた和牛の名前を突然、挙げた。

和牛は昨年まで3年連続2位で、上沼はこの日も92点をつけていたが、「私は去年もその前も私は和牛にチャンピオンを入れました。でも、なんかそういう横柄な感じが、和牛に対して感じました」と、なにやら危険な感じに。

「だからきびしい意見を。なんかこのステージは僕のもの、リサイタル!緊張感もなんにもない、そういうぞんざいなものを感じました」とヒートアップ。《中略》

お怒りの理由を上沼は「私は昨年もその前も、私は和牛をチャンピオンで押してるのよ。それなのに、(準決勝で一度敗退し)決勝まで残りくさらんかった!それが腹立つつーんですわ!」と怒り節で明かしていた。

[via:デイリースポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000129-dal-ent


とろサ久保田 また上沼批判!?

そんな中、久保田は番組中に「は」「え」など「一文字ツイート」を繰り返し投稿。すぐさま削除しては投稿を繰り返した。

投稿のタイミングは審査員の上沼が出場者に対してコメントする場面と重なっていたようで、ツイッターでは久保田が投稿したとされるツイートのスクリーンショットが拡散されている。

番組終了後、久保田は何事もなかったかのようにツイッターを更新 。東野幸治が自宅を訪れたとしてツーショットを披露した。

番組終了後、一部ツイッターユーザーからは久保田を励ます声が続出した。

《いろいろ言われてるようですが僕は応援してます!》

《正直すまんかった。あんたが正しかった》

一方、久保田を批判するコメントも続出。去年の騒動を経験しても、全く反省していないのではと指摘していた。

《上沼さんにはっきり言ったらいいのに。お笑いに対して意見あるなら意見として話してみてはどうですか?》

《上沼さんにまた絡んだらしいですね ツイ消ししちゃうのが気弱》

《前回の事件でダウンタウン松本が大阪に行って上沼に頭下げに行ったのに、上沼が発言したの見てこのツイートはなめてるやろ》

《上沼がしゃべったときにツイートして消してを繰り返して、お前本当に反省してねえの、よく分かったわ》

昨年の騒動の余波はまだ続きそうだ。

[via:まいじつ]
http://dailynewsonline.jp/article/2127983/

ネットの反応

・またお前か
・削除wくそダッセーなこいつ
・上沼に相手してほしくて噛みついてるんでしょw
・姑息だな
・気持ち悪いな久保田
・凄く粘着質な性格なんだね。見た目通りだけど
 >性格が顔に滲み出てるよねこの人
・批判しても逆らってもネット民を味方にすれば平気と思ってるんだろうよ
・もう一度乗っかる気ミエミエ
・もうそうやってしか注目集められないんだから仕方ない 村本と同じ
・ここまでセットのプロレスだろw何踊らされてんだよ
・学ばないな 上沼とコイツだけの問題点じゃないのに
・松本がわざわざ大阪まで出向いて謝罪したのに台無し
・舐めてるのは久保田 今回でたぶん永久追放の刑
・久保田が表舞台で活躍することはないだろうな
・パッとしないから炎上商法したかっただけなんじゃないの
・ま、臭わせるだけならいいんじゃね
・絡むなら絡め。怖くて絡めないなら黙ってろ。臭わすのは最低だわ。こういう突き抜けんとこが中途半端でアンチをまた増やすw
・あれは上沼がおかしい 言うなら和牛の審査の時に言えよ からし蓮根にも失礼だわ
・反省するべきは上沼恵美子 自分の好みを言ってるだけ
・上沼は言葉では色々言うけど点数自体は殆どまともだしな
・昨日の上沼恵美子は採点かなり甘めだったろ
・和牛に対するコメントは「優勝できるステージにいるのに何で決勝で敗れてるねん。M1慣れする前にとっとと優勝しとけ!そのままやったら勢いある若手に場を取られるぞ!」の叱咤激励が入っとる。
・上沼の和牛へのダメ出しで印象薄れてるけど今田も巨人から怒られてたな

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2019/12/25 1:20

    ②←読解力が低下しているというニュースを実感出来る書き込みお疲れ様です

  2. 2
    名無しさん 2019/12/24 8:01

    >>1
    誰に向けた漫才よ?
    一般人(視聴者)ちゃうんか?

  3. 1
    名無しさん 2019/12/24 7:17

    面白さだけで審査している視聴者。
    技術やネタの構成など、俺達には分からない所までを見ている審査員。
    審査員を審査する視聴者の浅はかさ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事