OTHER

HEADLINE

中田敦彦『やりすぎ都市伝説』五輪中止予言にパクリ疑惑 YouTubeで「スタッフとテキトーに創作」と釈明

オリエンタルラジオの中田敦彦(37)が、東京オリンピック(五輪)の中止を“予言”していた過去のテレビ番組での発言に“パクリ疑惑”が持ち上がっていることを受け、釈明した。

新型コロナウイルスの感染拡大により東京五輪の開催が危ぶまれる中、ネット上では2014年にテレビ東京系で放送された「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2014夏」で中田が五輪中止を予言していたと話題となった。

中田が同番組で披露したのは「幻の将軍・徳川家達」にまつわる都市伝説。

名を残すチャンスがありながらことごとく不運に見舞われて歴史から消えたという家達の“怨念”と、東京五輪のメイン会場である新国立競技場とを結びつけながら、無事に開催されるのか……としていた。

この都市伝説はネット上で大きな話題となったが、怪談やオカルトの研究家で作家の吉田悠軌氏が19日、同番組放送の半年前に自身が執筆・公開していた記事の内容に酷似しているとし、「私のネタをパクってくるくせに、相手がオリジナルとなってしまう歴史修正の見本!あくまでオリジナルネタというのか、どういう見解か中田さんに聞いてみたいところです」とツイートした。


『クレイジージャーニー』での吉田悠軌氏

こうした騒ぎを受け、中田はユーチューブ動画で「都市伝説ってエンタメとして楽しんでほしい」と切り出し、自身が番組で披露した都市伝説について「僕の場合、関(暁夫)さんとかと違って、歴史の面白いネタにちょっと都市伝説風味をくっつけて、会議して『面白そう』っていうものをやっていた。なので、僕は非常に亜流ですよ。いわゆる都市伝説“ガチ勢”とは違う“歴史教育男”が出てたっていうだけで」と説明した。

当初は実体験をベースにした都市伝説を披露していたというが、それだけでは間に合わなくなり、スタッフからネタ提供などの協力を得て創作するようになったという。

都市伝説の創作に関する裏話として、歴史上の人物などの「不遇」のエピソードを現代の「不吉」に結びつけるというセオリーを明かし、徳川家達のネタについても「テキトーなことを言ったわけですよ」とした。

吉田氏から“パクリ”だと指摘されたことについて「これはいわゆるパクリではなく、“ネタかぶり”なんですよ」と主張。

「あくまでもネタ作りのセオリー通りなんで、誰かとネタがかぶるのは当たり前のことなんですよ。漫才師でもよくあるんですよ。似たボケ、ってあるんですよ。

コンビニの設定で店員がおでんを出す場合のボケってある程度、限られてくるから、このコンビとコンビで似るっていうのはある。これはパクリではなくネタかぶりなんです」と説明した。

批判の声に対し、「だから、あんまり怒らないで。あんまり目くじら立てないで」と中田。

「観る側には、楽しみ半分で観てほしいし、演る側には『これは俺の話だ』とかでもめるよりも、かぶったことを都市伝説にするぐらいの方が、都市伝説テラーとしては面白くなるかもね。

『2人の人間が同時に言ってるんだとしたら、余計に信ぴょう性があるかも』とか、『その徳川家達の呪いに触れたからこそ、中田はテレビから干されたのかも』とかね。べつに干されてないですよ。でも『干された』って言う方が面白いでしょ」と私見を述べた。

[via:日刊スポーツ]
https://news.livedoor.com/article/detail/18007674/

ネットの反応

・これ偶然カブる内容か?
・家達なんて被るわけないじゃん。
・説明になってない。
・言い訳にしか聞こえない。
・スタッフがパクってない保証はないだろ。
・ネタかぶりだとしても後行が謝るのが筋。
・そもそも東京五輪は中止ではなく、延期。メディアのミスリード。
・パクってるでしょ!だって音楽もパクリ、Tシャツもパクリ、話題のYouTube動画も他の人が書いた本の内容喋ってるだけだもの
・歴史教育男ってw知識人寄りアピールちょいちょいくるけど・・・それは専門職に失礼ってもんですよ。
・記事を読む限り自分を正当化する発言しかしてないけど、事前のリサーチが足りなかったとかの反省の弁はないのかな?
・あっちゃんって、なんでこんなふうになっちゃったんだろう?
・都市伝説テラーはその伝説をどう伝えるかが求められるのに、吉田は同じ都市伝説をベースにしたテラーとして自ら負けを認めたんじゃないか
・都市伝説にオリジナルを主張するのも変な気がする。
・ほとんどの視聴者は「元ネタが何処かにある」と思ってるだろう。


3月24日YouTubeで宮迫&中田が共演

宮迫博之 中田敦彦の共演に賛否

宮迫博之(雨上がり決死隊)と中田敦彦(オリエンタルラジオ)の共演は、それぞれのYouTubeチャンネルで実現しており、3月24日に揃って対談動画を公開。

宮迫サイドの動画では対談に至った経緯が明かされており、宮迫ではなく中田から共演の提案があったという。

また宮迫によると、何人かから声がかかったものの、相手マネージャーが“上(所属事務所)”にあげると話が消滅したといい、そんな状況を「おそらくですけど、猛烈な忖度」と断言した。

2人の会話は闇営業騒動にも及び、宮迫は田村亮(ロンドンブーツ1号2号)と開いた会見を振り返って「あんなハッキリとした“敵(取材陣)”に見つめられたことがない」と表現。

また、最初の直撃取材を受けたエピソードにも触れ、当初、報酬の受け取りを否定したのは「“全員”100万円もらってたでしょ」という質問に対してだったと釈明した。

宮迫サイドの動画は24日に公開されて以降、25日17時時点で40万超の再生回数をマーク。

ファンからは「忖度なく共演を提案した中田さん、カッコいいな」「中田敦彦が聞き手役として情報を上手く整理している印象。宮迫も安心して話せるのだと思う」「宮迫本人の口から騒動について話を聞けたので良かった。2人の共演は大成功なのでは?」といった声が相次いだ。

だが、宮迫に対する反発感情は、依然として根強い。騒動について宮迫が語った内容に対して、インターネット上では批判も続出している。

「マスコミを“敵”と言い切るあたり、やっぱり自分本位の人なんですね」

「反社会勢力に騙された被害者に、この動画を見せられますか?」

「誰かのせいにしてばかりで、“自分は悪くない”と言ってるようなもの」

など、嫌悪感をあらわにした反応が目立つ。

一方、“忖度のない共演”で評価された中田だが、歯に衣着せぬ発言からアンチが多いのも事実。

中田のYouTubeチャンネルは登録者数201万人を誇る人気ぶりとはいえ、宮迫との対談には“ビジネス共演”を指摘する声が多い。

また、「テレビから追放された2人が傷を舐め合っているだけ」と、冷ややかなコメントも見られた。

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2020/03/post_148522.html

ネットの反応

・まだその話題引っ張ってるの?
・また仲間使って言い訳かよ
・吉本は何でOKしたの?宮迫の共演はNGだろ
・中田は吉本辞めるんじゃね テレビ仕事してないしYouTubeだけならよしもと所属いらんだろ
・あっちゃん良いこと言うね。宮迫さんに気をつかいながらも本音で問いかけるのが見応えあった。
・ふたりとも薄氷を踏む様に言葉を選んで話してるのがよく分かる
・スゲエ見応えあったわ特に中田のチャンネルのほうは吉本発狂すんじゃねw
・どうあれ中田のブレなさはすげーわ
・ベッキー騒動の時に喧嘩してた二人w
・ゲスト頼りになったか嫁出して息子出してネタが無くなったか
・可哀想なのは自分から宮迫に共演オファーしたくせに逃げたハンバーーグ師匠w
 >ハンバーグはホリプロ
・オリラジは誰かと絡むと面白いな
・カジサックも芸人との絡みで盤石の体勢になったんだし結局寄生していくのが一番なんだな
・もうそれどころじゃないねん

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事