SCANDAL

HEADLINE

【性豪】川崎麻世 愛人がハメ撮り癖ゴム拒否一晩8発リベンジポルノの恐怖体験を告白

「川崎さんから、せめてひと言でも私を心配する言葉があったら、こうして取材にお話ししようとは思わなかったはずです……」

本誌が昨年11月に報じた川崎麻世(51)の不倫騒動。16歳年下の愛人A子さん(35)を妊娠させ”ポイ捨て”した麻世は、直撃に「A子が話したの?俺はハメられた!」と絶叫した。

だが実際には当時、A子さんは本誌取材を一切拒否。記者に「川崎さんの言うことがすべて」と泣き崩れるだけだった。あれから2カ月、A子さんがついに口を開いた。


川崎麻世 愛人が赤裸々告白


一昨年の12月に交際開始。約10カ月間、週の半分以上を麻世宅で過ごす”半同棲状態”だったという。そんなさなか、昨年夏に妊娠が発覚。A子さんは妊娠6カ月になっているはずだが、目の前の彼女のお腹は膨らんでいなかった。

「お腹に子どもはいません。流れてしまいました。彼との連絡が途絶えた後の昨年11月、自宅にいるときに出血があって1人でタクシーに乗って病院へ行きました。処置が終わると、入院はせずにその日に帰宅しました。川崎さんは流産したことを知らないはずです」

妊娠を知ったのは、昨年の夏。最初は「産んでくれ」と言い、自宅の隣駅にある産婦人科『Yクリニック』にも同行してくれたという。結婚の約束もしていたが、次第に関係が冷え込んでいく。記事が出ると、A子さんのリークを疑った麻世は態度を豹変させた。

「あの優しかった川崎さんが、『芸能界、なめんなよ!』と何十回も脅してきました。怖かったのは、”動画”を公にされること。彼は行為中の動画を撮るのが好きで、いつも承諾なしに撮り始めるんです。

『やめて』と言っても、やめてくれない。それは別れるまでずっと続きました。何度も『動画を渡して』とお願いしましたが、川崎さんは『渡さねえ』『わかってんだろ。こっちにはこれ(動画)がある』と言って脅しました。本当に許せない……」

川崎麻世 愛人
なんと麻世は”リベンジポルノ”を仕掛けると脅迫していたのだ。追い詰められたA子さんは、精神安定剤の飲み過ぎで倒れてしまった。彼女は麻世への気持ちをこう語る。

「川崎さんと連絡を取ることはありません。一切、拒否します。記事が出ても、私にとってはプラスにはならないと思うけど、彼に言われた言葉が許せなかった。

最後まで謝罪もなく、お腹の子供がどうなったかさえ聞いて来ない。私の自業自得なのは承知していますが、彼の心からの謝罪がほしかった。『芸能人の前に1人の人間』というのが彼の口癖でした。だったら男として、1人の人間として、何か言葉はないの?そう思います」

[引用/参照:女性自身]
http://jisin.jp/news/2664/8163/

□ 一晩で8回の性豪ぶりを赤裸々告白

当時は「川崎さんの言うことがすべてです」と言うのみで多くを語らなかったA子さんだが、1月13日発売の「女性自身」(光文社)で、ついに川崎との関係を赤裸々に告白した。

10年前、A子さんが銀座でホステスをしていた時代に知り合ったという二人。一昨年から親密な関係となり、交際していた約10カ月の間、二人は川崎のマンションで半同棲生活を送っていたという。

川崎麻世 愛人をGACKTに僕の彼女と紹介
川崎はテレビや映画よりも舞台役者としての活動が忙しい俳優だが、A子さんは出演舞台の地方公演にも何度も同行。昨年、川崎はGACKT原作・脚本・演出・主演の芝居に出演したが、共演者のGACKTにも「僕の彼女」として紹介されたという。

しかし、月50万円のお手当までもらっていたにもかかわらず、この関係を「不倫ではなく普通に恋愛している感覚だった」と話すA子さん。

イヤ……それはやっぱり愛人以外の何者でもないでしょ、どこの世界に普通の恋愛関係の彼氏がピン札の50万円を毎月くれるっていうわけ!? とツッコミをいれたくもなるが、まぁそれは置いておこう。

そもそも川崎はカイヤと離婚しておらずあくまで既婚男性との不倫であり、いくらA子さんが「普通に恋愛している感覚」と主張しても意味はない。

ここまではあくまで順調だった時期のこと。A子さんの告発内容は、川崎の「中絶強要」と「ハメ撮り癖→リベンジポルノ脅迫」がメインなのだが、性行為に関する詳細かつ雄弁なトークには驚かされた。

50代の川崎、実は相当な性豪らしい。なんと一晩で8回することも! 8回もされたらもうヘトヘト、ヒリヒリになっちゃう……というのが多くの女性の素直な感想かと思うが、そんな性豪と10カ月間つきあっていたA子さんもまたあっぱれである。

また、ゴムを自宅に持っているにも関わらず「つけないほうが感度が高まるから」との理由で川崎は装着を拒否。A子さんはそれに従うしかなかったという。結果、予期せぬ妊娠を招いたわけである。

川崎麻世 ハメ撮りにiPadは常備
さらに驚きなのは、川崎にはハメ撮り癖があったということだ。行為の際には常に枕元にipad miniを置くという川崎。ゴムはスルーでもiPadは常備かよ、とまたまたツッコミたくなるところだが、川崎はセックスの最中におもむろにipadで撮影を開始するというのだ。

この行動に対してA子さんは「やめて」と拒否するも、「きれいだよ」とささやかれるだけで川崎はいっこうにやめる気配はなかったのだという。

一晩8回の性豪でゴム装着拒否、その上ハメ撮りが趣味の50代既婚男性とは……あまりのダメスペックの高さにここまで来るともうため息しかでない。

しかし考えてみれば、似たようなことは日本全国どこのカップルも覚えがあるのではないだろうか? というのも、セックスをする相手には「何をしてもいい」という短絡的思考が蔓延している空気を感じるからだ。

たとえば今回の場合、A子さんは川崎とのセックスを求めていたとしても、ハメ撮り行為やゴムなしの行為に対しては承諾していない。

曖昧な態度で受け身になったA子さん側にも改善すべき点はあると言えるが、セックスするからといって女性は「この男性になら何されてもOK」と思っているわけでは決してないのだ。

プレイ内容にしろ、避妊や性病予防にしろ、互いの承諾なしに行為に及ぶのは果たして「合意の上の性交」と呼べるのだろうか……甚だ疑問である。

さて、A子さんの妊娠が発覚した昨秋、「産んでくれ」と積極的だった川崎は自身の母親にもA子さんを紹介。結婚についても前向きで、「カイヤのことがあるから今すぐは無理でも2年後には」と約束してきたそうだ。

しかし表面的な優しい素振りとは裏腹に、川崎は新たな愛人を漁り始めており、それを悟ったA子さんとの関係はこじれていく。

同時期、週刊誌に記事がすっぱ抜かれた。これをA子さんのリークと思い込んだ川崎は激怒し、二人の関係は修復不可能になった。

この時、川崎は電話でA子さんを罵倒した上、彼女からハメ撮り動画の破棄を要求されるも拒否し、「こっちにはこれ(動画)があるんだ」とリベンジポルノをちらつかせてきたというから最悪だ。

だがよくよく考えてみれば、芸能人として生きる川崎が、自らハメ撮り動画を流出させるはずがない。そのことに思い至り、A子さんは週刊誌上での告発を試みたそうだ。

さて、川崎はどう反撃するのだろうか。ちょうど週刊誌発売日の13日、川崎は実母の79歳の誕生日を祝ったことをブログに綴っている。実母にも紹介したA子さんとの破局の真相を、川崎は「この通り」と認めるのであろうか?

カイヤ 川崎麻世と離婚宣言
A子さんの告発を受けて川崎がどう動くのか、そして新年早々「今年中に麻世と離婚する」と宣言したカイヤの今後の動向も気になるところだ。

世間は熟男ブームだといわれているが、こんなまったく熟れていない50代なんて、カイヤから愛想をつかされても致し方ないところであろう。いくら子供のためとは言え、結婚している意味などもうまったくないのでは?と思うのである。

[引用/参照:http://mess-y.com/archives/16307/]

【関連商品】

コメント

  1. 4
    名無しさん 2015/01/19 15:53

    不倫しといて被害者ぶるな〜(笑)川崎もアポだが、この女もアポだな…

  2. 3
    名無しさん 2015/01/17 18:14

    一番すごいのはカイヤだね

    てか娘可哀想

  3. 2
    名無しさん 2015/01/16 19:33

    出したもん勝ち

  4. 1
    名無しさん 2015/01/16 18:37

    騙す奴が悪い。ただ騙される奴がアホ。世の中どんな治安良くなろうがクズはいなくならない。悪い奴が悪なんか幼稚園児でもわかる結論しか出せないんじゃどうしようもない。未成年や世間についてけない老人に対する詐欺や犯罪は擁護するけどいい大人の人間関係のもつれなんかで同情なんかでけるわけない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事