SCANDAL

HEADLINE

こじるりW略奪だった!?『キングダム』作者に元アイドルとの熱愛も浮上で四角関係のモテっぷりw

人気タレント小島瑠璃子(26)との熱愛が発覚した、人気漫画「キングダム」作者の原泰久氏(45)。

原氏は06年に結婚した妻との間に3人の子供がいたが、最近、離婚したとされており、「キングダム」ファンの間では小島との恋愛は“略奪愛”ではないかという声も飛び交っている。

そんななか、原氏に小島以外の“彼女”がいたことが「週刊文春」の取材で明らかとなった。

事情を知る原氏の友人が明かす。

「『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じたのは7月31日のこと。すると、その直後、元アイドルのAさんがSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』などと書き込んだ。


Aさんのツイート

さらに、『キングダム』ファンから批判された小島が『誹謗中傷は終わりにして欲しい』とツイッターに投稿すると、


こじるりのツイート

Aさんはさらに『誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任』などと反論したのです」


Aさんのツイート

Aさんの知人が語る。

「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

Aさんは、「週刊文春」の取材に対し「芸能界を引退しているので、一切の取材にはお答え致しかねます。その姿勢は今後も変わりません」と強調したうえで、次のように説明した。

「一時は感情的になってツイートしてしまいましたが、私のような人間が原泰久さんや小島瑠璃子さんを批判したり、人間の善悪を裁く権利はございません」

小島の所属事務所に原氏との交際時期などについて聞いたが、「プライベートは本人に任せています」と答えるのみだった。

原氏の代理人を務める弁護士は、Aさんとの交際などについては

「質問事項はいずれにつきましても回答及び見解の披歴を控えさせていただきます」

と答えず、小島との交際についてだけ

「なお前妻との婚姻関係の継続中、小島瑠璃子氏とお会いしたのは昨年1月放送のテレビ番組における対談及び同年10月実施のイベント登壇の計2回のみ、その他には面談はもちろん、発信受信を問わず連絡もございません」

と回答した。

なぜAさんは、小島と原氏の熱愛報道に大きなショックを受けたのか。

8月27日(木)発売の「週刊文春」では、原氏をめぐる小島、元妻、そしてAさんの「泥沼の四角関係」、Aさんがツイッターでつぶやいた悲痛な叫び、原氏の小誌直撃への対応、小誌取材後に相次いで削除されたSNSの中身など4ページにわたって詳報する。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/39869

原氏アイドルとも泥沼「四角関係」

人気タレントの“こじるり”こと小島瑠璃子との交際が明らかになった大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏に、新たな疑惑が持ち上がった。

文春オンラインの記事によれば、原氏は元アイドルの女性とも交際しており、「小島との恋愛は“略奪愛”ではないかという声も飛び交っている(同記事)」という。

こじるりと原氏の交際が報じられたのは7月末。年の差19歳という親子のようなカップルに誰もが驚いたが、こじるりは自身がパーソナリティを務めるラジオ番組の中で報道内容を認めて堂々と交際を宣言。所属事務所や周囲も温かくその交際を見守る姿勢を見せていた。

にもかかわらず、突然飛び出した原氏の「女性関係までキングダム」疑惑。

元アイドルの女性とこじるりの交際時期が被っているかは定かではない。報じられている内容が事実であれば、こじるりを傷つけるような行為であり、ゲスと言われても仕方がない。

追加の情報が気になるところだが、今後さまざまな波紋を呼びそうだ。

[via:MAG2NEWS]
https://www.mag2.com/p/news/463902

こじるり略奪愛疑惑

原氏には離婚した妻と3人の子供がいるが、問題は別れたのがいつだったか?

「離婚した時期は最近だったのでは?」「こじるりと付き合いだしたのは離婚前?」などと疑われる材料が次々と発掘され一気に暗転してしまう。

出版関係者の話。

「原さんは少なくとも昨年まで、SNSやインタビューなどで家族について語っていましたからね。

今年1月にソフトバンクグループの孫正義会長と対談した時には、原さんの左手薬指に指輪が光っていたんですよ。そのため『小島との交際時期がかぶっているのではないか』『略奪愛だ』とネットは荒れました」

原氏は、もともと電機メーカーから漫画家に転身した苦労人。それを見守ってきた奥さんはいわば糟糠(そうこう)の妻だ。

原氏は、子供が生まれるたびに喜びのコメントをするほど家族愛をうたっていた。それだけに「小島にバッシングが浴びせられる形になった」(同)。

ネット民からの〝集中砲火〟がSNSに届いたのだろう。小島は自身の10日付ツイッターで「SNSだろうと誹謗中傷してはいけないし、直接傷つけるのと一緒ということが何故まだ浸透していないのだろう。想像で、ただの想像で、ひとの人格や生き方まで非難するのは本当に終わりにして欲しいです。とても悲しいです」と悲鳴を上げている。

たしかに略奪愛疑惑はどこまでも推測だ。

25日発売の「週刊女性」では、原氏の実兄が「離婚したのは昨年冬。慰謝料と養育費は、ちゃんと払っています。小島さんとは離婚した後の話で全然関係ない」ときっぱり否定している。

だが、ネット上では「慰謝料を払ったということは、原に離婚原因があったということ?」「昨年冬に離婚して、すぐこじるりと交際できるとは、すごいタイミングだな」などと不自然さを指摘する声はやまない。

こじるり無双も見納め?

「頭が痛いのは、次の選挙ですよ」と嘆くのはテレビ東京関係者だ。

「10年ほど前から大きな選挙があるたびに『池上彰の選挙ライブ』を放送してきた。こじるりは数年前から出演し、政治記者やアナウンサーにひけをとらないリポートで、〝池上無双〟ならぬ〝こじるり無双〟と呼ばれていました。

ただ、今回の略奪愛疑惑でどうなるか…。視聴者には主婦層も多い。略奪愛が事実かどうかはともかく、反感を買いそうなタレントは敬遠されがちなので、次の選挙特番には呼ばれないかもしれません」

早ければ今秋にも行われると予想される衆院選。〝こじるり無双〟は二度と見られないのか?

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2107074/



小日向えりと原泰久氏

元アイドルは小日向えり?

文春によると

・元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属

・テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になり、2年ほど前から本格的な交際に発展

・7/31に原先生とこじるりの熱愛報道後に、がSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』と
書き込む


小日向えりのツイート[日付は8/1]

小日向えりは、日本の元・タレント、アイドル、女優。かつての所属事務所はサンミュージックプロダクション。

愛称は「ひなんこ」。 関ヶ原観光大使、信州上田観光大使、会津親善大使。株式会社ぴんぴんころり社長。

奈良県出身。奈良県立郡山高校卒、横浜国立大学教育人間科学部卒。

2020年5月21日、自身のブログにて5月末をもってサンミュージックを退所し、芸能界からも引退することを発表した。

小日向えり プロフィール

生年月日:1988年1月17日(32歳)
出生地:奈良県
身長:166 cm
体重:46kg
スリーサイズ:B80/W58/H85
血液型:O型
職業:株式会社ぴんぴんころり代表取締役社長
元職業:タレント、アイドル、女優
元事務所:サンミュージック
Twitter:小日向えり@東京かあさん👵カスタマーサクセスの鬼@erikohinata
公式ブログ:歴ドル・小日向えりオフィシャルブログ「歴ドル小日向えりがゆく」

奈良県立郡山高校卒、横浜国立大学教育人間科学部卒。

2008年5月 – イベント「三国志の宴3」で「歴史アイドル」として出演。初の「歴ドル」として活動を始める。
2009年3月 – 「歴ドル小日向えりの恋する三国志」(青志社)を出版。
2011年7月 - サンミュージックプロダクションへ移籍。
2012年4月 – NHK高校講座 世界史 MC。(〜2014年3月)
2016年6月 – 真田丸(NHK大河ドラマ)オフィシャル応援勇士に就任。
2017年7月 – 株式会社ぴんぴんころり設立代表取締役役就任
2019年4月 – NHK高校講座 日本史 MC。(〜2020年)
2020年5月21日、自身のブログにて5月末をもってサンミュージックを退所し、芸能界からも引退することを発表した。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/小日向えり_(タレント)]

小日向えり 水着画像










ネットの反応

・おやおや(^。^)y-.。o○
・こじるりとキングダム作者のやつ、想像してない角度から続報がきたな
・チンコダム~♪
・クソワロタ
・スケベな先生だな
・おもろくなってきたw
・こじるりとかベッキーとか天真爛漫なイメージの女ほど不倫をする
・ダブル略奪かすごいな
・昼ドラみたい
・こじるりはタレントイメージガタ落ちだな
・これが本当なら、こじるりもその元アイドルAも男を見る目が無かったということね。
・もう池上の選挙特番には呼ばれないわw
・いやこの記事どおりならこじるりも被害者路線だろ
・どこかで2年前から離婚の話が出てたとコメを見ましたが、なるほど、こちらの元アイドルとのことですかね?
・離婚理由はAさんで、離婚したあとにこじるりに乗り換えたってことなの?
・作者!浜辺美波もキングダム愛読者だから付き合えるぞw
・作者と作品は別だと思うが、人格的には疑問を感じますね。正直がっかりです。
・何でこんなオッサンがモテモテやねん
・やっぱり世の中金なんですわ
・そりゃ50億稼ぐ男がモテない訳ないっしょ
・奥さん子供以外の登場人物すべてゲスだな
・原キングダムは一夫多妻制なんだろ
・叩けばまだホコリが出てきそうな展開
・これ、第4第5の女でてくるで
・あと問題は離婚の原因だけだな小日向と小島どっちが原因になったのか文春は是非奥さんに取材してほしい
・キングダムだと思ったらマンコダムでマンコダムだと思ったらチンコダムで今後何ダムになるか目が離せないよ!

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2020/08/28 20:19

    小島の事だ、きっといい盛り塩を用意
    したのだろう

  2. 1
    名無しさん 2020/08/26 21:29

    そりゃこんな女ならこじるり選ぶわ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事