SPORTS

HEADLINE

シャラポワ選手 ドーピングで引退の危機!「こんな形で選手人生終わらせたくない。」

s20160308-2

女子テニスの世界的スター選手、マリア・シャラポワさん(28)が2016年3月7日に米ロサンゼルスで記者会見し、1月の全豪オープンのドーピング検査で陽性となったことを明らかにした。

国際テニス連盟の同日の発表によると、全豪オープン期間中の1月26日にシャラポワ選手から採取した検体から、禁止薬物の1つである「メルドニウム」の陽性反応が出たという。

メルドニウムは心臓疾患の治療などに用いられている薬。持久力向上にも効果があるとされ、16年1月に禁止薬物のリストに加わった。

シャラポワ選手は治療のために10年ほど前からルールに則って服用してきたが、禁止リストに加わったことは知らなかったと説明している。会見では

「私はプロとしての責任を持って日々プレーしているが、大きな間違いを犯してしまった」

と述べ、「このような形で選手人生を終わらせたくない。もう一度チャンスを与えてほしい」と引退を否定した。

国際テニス連盟はシャラポワ選手について、3月12日から暫定的な出場資格停止処分を科すと発表している。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/2016/03/08260681.html]

厳しさ増すテニス界のドーピング検査
s20160308-0

会見でのシャラポワが強調したのは、今回検出されたメルドニウムがWADAの禁止薬物リストに記されたのは、今年の1月1日からだということ。

そしてシャラポワは、メルドニウムを「過去10年に渡り、正規に処方されたものを摂取してきた」ということだ。

メルドニウムには血液の循環を良くする効果などがあり、シャラポワは10年前に「家族かかりつけの医師の勧めにより」、この成分の入った薬を服用するようになったという。

当時のシャラポワは体調が優れぬ日が多く、また血縁者に糖尿病を患う人が多いことなどから、その対処として飲み始めたのだと説明した。

もちろんWADAも、何の通達もなくリストを更新したわけではない。

昨年末の時点で選手たちには、Eメール等で「来年からリストが変更になること」は通達しており、シャラポワもそのメールが届いたことは認めている。

ただ彼女は、メールにリンクされていた新しいリストを「確認しなかった」と述べ、その件に関しては「自分の無責任さが招いたこと」と全面的に自らの非を認めた。

「ファンを失望させてしまったこと、そして私が4歳からやってきた愛する競技を汚してしまったこと……その全ての責任は、私にあります」

毅然(きぜん)としつつも動揺を抑えきれぬその声に、「なぜあなたほどの人が、そのような不注意を犯してしまったのか?」との思いは禁じえない。

ただ、ドーピングチェックに関し選手に求められる要求は年々厳格さを増し、テニス選手たちは試合と練習、そして町から町、国から国への移動で埋め尽くされる日々の中で、多くの煩雑な手続きや事務的処理をこなさなくてはならないのも事実だ。

なぜなら選手たちは、大会期間中はもちろん、試合のない“オフ”の日でも、言ってみればWADAの監視下にあるからである。《中略》

テストは抜き打ちという性質上、深夜や早朝に行われることが多く、そのことは多くの選手たちの不評を買ってもいる。

アンディ・マリー(イギリス)はかつて、ウィンブルドンで敗れた翌日の早朝5時に検査官が自宅を訪れたことに、不快感をあらわにした。

クルム伊達公子(エステティックTBC)は深夜の訪問を受けた不満をブログにつづり、セリーナ・ウィリアムズ(米国)に至っては、早朝に自宅敷地内に立ち入る検査官を不審者と思い、警察に通報する事態まで起こしている。

WADAのドーピングチェックとはこれほどまでに厳格であり、トップ選手になればなるほど、ロールモデル(模範)としての対応が求められる。

シャラポワはこれまで、その役目を完璧にこなしてきたはずなのだが……。

今年4月で29歳を迎える。キャリアの終焉(しゅうえん)は確実に迫りつつあり、今回の会見前にも引退の憶測が飛んだ。

s20160308-1

「もし引退発表をするとしたら、決してロサンゼルスのダウンタウンのホテルで、お世辞にも趣味が良いとは言えないカーペットの上でやったりしないわ」

会見で、寂しそうな笑みを浮かべて口にしたシニカルなジョークは、そんな周囲の気配を察した彼女の、精いっぱいの強がりと“シャラポワらしさ”であったろう。

[引用/参照/全文:http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201603080020-spnavi]

s20160308-5

ネットの反応

・ゴリラは遺伝子レベルでドーピングしてるやろ
・人類の限界を感じるわな
・ゴリラって錦織より強そう
 >流石にそれは無理や
 >言うても錦織と同じかそれ以上にサーブ速いで
 >ドンキーコングじゃフットワーク追い付けん
 >マジレスするとゴリラでも男子100位に手も足も出ない
・もう生涯GS達成したんやから引退してもええのにな
・ロシアって全部のスポーツでドーピング使わせてるんちゃうか

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事