SPORTS

HEADLINE

暴力団の魔の手はプロゴルファーにまで及ぶ

芸能界や角界と暴力団との関係がしばしば取り沙汰されるが、ゴルフ界と暴力団の関係もまた根深い。

プロゴルファーは男子だけで全国に約4500人。日本プロゴルフ協会(PGA)はあるものの、プロ野球やJリーグのようにチームや連盟といった防波堤がなく、いわば個人事業主だ。そこに暴力団のつけいる隙がある。

PGA前副会長の石井秀夫

PGAの会長選で暴力団が暗躍したのは2005年のこと。翌2006年6月に、PGA前副会長の石井秀夫らが、反長田派の理事が会長選挙への出席を妨害するため、稲川会系組幹部に拉致・監禁させた容疑等で逮捕されるという事件が起きた。

この事件を機にPGAは「暴力団排除」を宣言したが、今なお関係が断ち切れたとはいいがたいのが現状だ。あるゴルフ関係者が声を潜めていう。

「賞金王を獲ったこともある有名プロは、宮崎でトーナメントがある時はいつも、旧知の暴力団関係者に会うために博多に出かけていく。料亭で接待され、クラブで女をあてがわれ、帰ってくるのは朝方。マネジャーに本人の所在を聞くたびにそうボヤいていましたよ」

ゴルフのトーナメントは地方開催がほとんどで、毎年同じゴルフ場で開催される。そのため、地元の暴力団関係者との結び付きが生まれやすいのだという。

「彼らは地元の資産家を装って近づいてきて、高価な時計などをプレゼントしたり、クラブで接待したりして親密になる。それで、ゴルファーの方はトーナメント期間中、彼らの別荘に滞在させてもらうこともある。暴力団関係者と気づいた時は既に手遅れで、もう後には引けないズブズブの関係になっている」(前出・ゴルフ関係者)

トーナメント以外の接点も多い。あるベテランプロは、こんな経験をしたことがあると話す。

「50万円のギャラでコンペに呼ばれて奈良のゴルフ場に行くと、駐車場にスモークガラスのベンツがズラリと並び、その筋とわかる人たちがたくさん混じっていた。記念撮影だけは勘弁してもらったけど、現場に行ってから断わる勇気なんてなかった。パーティで豪華商品がズラリと並んでいたのと、ゴルフの後に大半の人が風呂に入らなかったのが印象的だった」

暴力団との関係が生まれやすいのは、プロのなかでもトーナメントの賞金で食えるのが1割に満たないことも背景にある。食えないプロたちは、レッスンプロとして稼いだり、個人でスポンサーをつけるしかない。あるレッスンプロの話。

「高い謝礼を払ってくれる人がいるなと思ったら、実は暴力団だったというのはよくあるケース。食っていかなければいけないし、恩もある。後でそうだと分かっても、断われる訳がない」

[postseven]
http://www.news-postseven.com/archives/20111013_58469.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 8
    名無しさん 2011/10/24 20:50

    ほんとなんかな?

  2. 7
    名無しさん 2011/10/15 10:27

    これ結構有名な話らしいよ。かつてジャン〇尾崎も暴力団と関係持ってたらしい。ある美女ゴルファーは暴力団幹部の便器だったらしいし。

  3. 6
    名無しさん 2011/10/14 22:31

    さっさと関係ゴルファーの口座を凍結せよ

  4. 5
    名無しさん 2011/10/14 21:47

    智恵なら今俺のチンポ吸ってるよ

  5. 4
    名無しさん 2011/10/14 19:10

    有村智恵も地元熊本で暴力団幹部と高級料亭に笑顔で入ってくの見たぜ!

  6. 3
    名無しさん 2011/10/14 18:52

    藍ちゃんは大丈夫さー?

  7. 2
    名無しさん 2011/10/14 14:47

    古閑美保も九州の某若頭の愛人

  8. 1
    名無しさん 2011/10/14 14:27

    横峯サクラは親子揃って暴力団とズブズブな関係。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事