SPORTS

HEADLINE

【リオ五輪予選】松本薫 まさかの一本負け「待て!」観客席からの声だった・・・

リオデジャネイロ五輪代表の最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権は最終日。

57キロ級で観客席が大きくどよめく場面があった。

ロンドン五輪金メダリストの松本薫(28=ベネシード)が石川との準決勝で、ものすごい勢いで攻め立てる。

s20160404-1

それが、残り2分30秒を切ったところで、石川の上になり抑え込みを狙っていた「野獣」松本が、なぜか不自然に動きを止めた。すかさず石川が体を入れ替え、松本を横四方固めに抑え込む。

まさかの展開に、会場内は異様な空気に包まれると、さらに松本が驚きの行動に移る。がっちり抑え込まれながら、右手を下から突き出し、審判に向けて指を差す。さらになにやら言葉を発している。

s20160404-0

言われた女性審判も凍り付いた表情を浮かべながら、石川の抑え込みのポーズ。さらに松本が指を差しながら、待ての指示の有無を必死で確認した。場内騒然とした空気の中、あっさりと松本の敗退が決まった。

畳を降りた松本は興奮した目つきを隠しもせず、インタビューでは

「待てという声で力を抜きました。試合が止まるまでやらないといけないと思いました。これからは相手が力を抜くまでは動きを止めないと思いました」

と、殺気をみなぎらせて不可解な負けを必死で受けとめようとした。

しかし、これは観客席から飛んだ「待て」の声を松本が審判の声と勘違いしたことから起こった凡ミスだった。

s20160404-2

松本が所属するベネシードの中橋監督は「VTRを確認しました。観客の声でした」と、松本の勘違いを認め、西田審判長も「本人の勘違いです」とばっさり。

当該の女性審判は「私は待てと言っていませんし、手も動かしていません。松本選手の勘違いだと思います」と、毅然(きぜん)とした態度で説明した。

57キロ級での松本の優位は動かず、順当に2大会連続の五輪出場を決めたが、五輪本番では絶対にしてはいけないミス。2大会連続の金メダルが期待されるだけに、松本は大切な教訓にしないといけない。

[引用/参照/全文:http://www.nikkansports.com/sports/news/1626282.html]

s20160404-3

関連キーワード

コメント

  1. 3
    気の毒だ 2016/04/05 14:48

    先ずは観客のマナーが悪い!

  2. 2
    名無しさん 2016/04/04 20:52

    篠原を見習え
    まだまだ修行が足りんてこったい

  3. 1
    名無しさん 2016/04/04 15:37

    再試合にしろよ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事