SPORTS

HEADLINE

錦織圭 ピークは終わり下り坂!?格下相手に完敗続き「衰え」指摘する声も

これまで怒涛の快進撃を続け、アジア人男子テニス選手として史上最高の「4位」までのぼりつめた錦織圭選手(27)。

しかしビッグタイトルを目前にし、「衰え」を指摘する声が少なくない。

2017シーズンはけがの影響もあり、格下相手に敗れる試合が目立つ。

2月19日(現地時間、以下同)のアルゼンチン・オープンでは決勝まで進み、相手は世界ランク66位(数字は当時、以下同)のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)。

格下相手で今季初タイトルは確実視されていたものの、6-7(4)、4-6とストレートで敗退。16年4月のマイアミ・オープンからこれでツアー決勝「6連敗」。勝負時にことごとく試合を落としている。

2月21日のリオ・オープン初戦では、世界ランク76位のトーマス・ベルッチ(ブラジル)に4-6、3-6とまさかの大波乱。第1セットを奪われた直後、錦織はコートにラケットを叩きつけてへし折るなど珍しく怒りをあらわにした。

3月17日のBNPパリバ・オープン準々決勝では、世界ランク18位のジャック・ソック(アメリカ)に3-6、6-2、2-6とミスを連発で敗退。試合中にやや肘を気にする仕草を見せる。

3月29日のマイアミ・オープン準々決勝では、世界ランク40-位のフォビア・フォニーニ(イタリア)に4-6、2-6と、右手首のけがが悪化したこともあり4強を逃した。次回発表の世界ランクは4位から7位に落ちる見通しだ。

ネットの反応は…

3月29日のマイアミ・オープン戦後、ツイッターには、

「もう27だし、そろそろ衰えが始まってもおかしくない」

「ただでさえ衰え感じるのに怪我も頻繁じゃきついなー」

と厳しい意見が目立つ。

中には、

「錦織に望むのは思い切った長期休暇。身体全快のためならクレー全休して1200P落としてもいい」

「チャンコーチではもう限界が来てるんじゃない?」

といった指摘も挙がった。

世界ランキングが錦織より上の35歳フェデラーはもとより、マレー、ジョコビッチ、ナダル、ワウリンカはいずれも錦織より年上。錦織にとって、まだ「衰え」の言葉を聞くのは早いのだが…。

[via:http://www.jomo-news.co.jp/ns/7214914924497222/news.html]

錦織圭が7位に下がる

男子テニスの3日付世界ランキングが発表され、錦織圭(日清食品)が自己最高の4位から7位に下がった。トップ5から外れたのは7位だった昨年8月29日付以来。昨年準優勝だったマイアミ・オープンで8強止まりだった。

[via:http://www.sankei.com/sports/news/170403/spo1704030012-n1.html]

ATPランキング[4/3付]

1位:アンディ・マレー(29・英国)/1万1960ポイント

2位:ノバク・ジョコビッチ(29・セルビア)/7915ポイント

3位:スタン・ワウリンカ(32・スイス)/5785ポイント

4位:ロジャー・フェデラー(35・スイス)/5305ポイント

5位:ラファエル・ナダル(30・スペイン)/4735ポイント

6位:ミロシュ・ラオニッチ(26・カナダ)/4345ポイント

7位:錦織圭(27・日本)/4310ポイント

8位:マリン・チリッチ(クロアチア)/3385ポイント

9位:ドミニク・ティエム(オーストリア)/3385ポイント

10位:ジョーウィルフライ・ツォンガ(フランス)/3265ポイント

ネットの反応

・もう全盛期過ぎちゃったか
・まずは変な女とは別れろ
・まぁ勝ててないもんな。妥当だろ。
・腰の使い過ぎ、自分は動かず女に使わせろ
・トップ10にいたら十分だろ
・手首負傷してんのに最後まで試合やるとか何なの?
・ピークは終わり下り坂
・今年はツアーファイナル出られなさそうだな
・マスターズ獲ってからGSの話はしてくれ
・トップ10でマスターズすら優勝したことないのこいつだけだろw
・バルセロナからの失効祭りでどこまで落ちていくやら
・フェデラーすごすき こんだけ体力いるスポーツで40手前の人間が頂点争ってるとか胸アツだわ
・4強へ時代が戻っていく
・あと2、3年で上位のほとんどが30代だよ
・結局、四天王以外はゴミなんだよ
・全仏以外のクレー休んでどこまで下がるかだが
・ほとんど2メートル級の中でよくやってるよ。尊敬する。
・立派な成績なんだけどね ボクシングだとライト級がヘビー級とやり合ってる状況
・シードから外れたらどんどん下がるんじゃね
・せめてマスターズは一つか二つ取らないと4位5位っていっても微妙な存在のままだな
・クレーシーズンを8位以内で乗り切れるかが今年前半の勝負所だな
・贔屓目とかアンチなしに実力的に妥当なランキングは10位前後だろう
・最強ジョコビッチに後一歩のところまで行った去年がすごすぎだったんだ
・チャンの一番伝えたかったことは、アジア人には体格的にチャンスは何度も来ない。取れる機会に全てをかけろ、非情になれ、だったんだろうにな

関連キーワード

コメント

  1. 1
    2017/04/08 23:56

    元凶は
    今の彼女

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事