SPORTS

HEADLINE

清原和博の後見人が不審死!?報道陣に「焼肉弁当」配った六本木の弟分の素性とは

2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏(49)。

その「後見人」「弟分」と呼ばれた男性Aさん(43)が4月8日に都内で死亡し、11日午後8時から、Aさんの出身地である愛知県稲沢市の葬儀場で通夜が営まれた。

清原氏は通夜が始まって5分ほどしてから、白のワンボックスカーに乗って現れ、敷地奥の駐車場に停めて車から降り立った。

20人ほどの報道陣を気にする素振りも見せなかったが、その姿は憔悴し切った感じで、シャツの第1ボタンは締めず、ネクタイはよれよれ。礼服ははち切れんばかりにパンパンだった。

関係者と挨拶を交わして式場の中に入り、5分ほどで焼香を済ませると、車の後部座席に乗り込んで帰っていった。

Aさんは東京・六本木で飲食店を経営。16年3月に清原氏が保釈された際は、自ら車で出迎え、千葉の病院まで送り届けた。

清原氏が逮捕される前には運転手を務めていたこともあり、「一緒にゴルフをしたり高級クラブで豪遊するなど10年来のポン友」(知人)だ。

「Aさんの遺体は司法解剖に回されたそうです。Aさんは大病を患っていたというウワサもありますが、要するに病死と即断できない、疑問が残る死だったわけです。そのせいで、さまざまな憶測が飛び交っている」(マスコミ関係者)

それも当然で、Aさんは死の2日前、6日付の自身のブログでお酒を抜くためにジムで汗を流す元気な姿をアップ。4日付では六本木で焼き肉を〈おいしくいただいた〉などとつづっていた。

まったく“予兆”は感じさせないが、ただ、〈検査結果〉と題した、メンバー以外非公開の“意味深”な記事も、3月15日付で投稿していた。

「Aさんの体調は万全ではなかったようですが、それでもAさんやその周りの友人たちは、清原さんの保釈金や入院費用をはじめ、これまでずっと物心両面で支えてきたのです」(前出のマスコミ関係者)

そんな最も信頼を置いていた“後見人”の突然の死。清原氏の落ち込んだ様子を見るに、今後が心配になる。

「Aさんは亡くなる直前まで、友人と一緒に酒を飲んでいたそうです。どうやらAさんは女性関係に悩んでいたみたいで、『死んでやる!』などと大荒れだったらしい。

散々クダを巻いた後、友人と別れて帰宅。Aさんを心配した女性が様子を見に自宅を訪ねたところ、すでに変わり果てた姿になっていたといいます」(前出の知人)

清原も糖尿病が悪化
即入院レベル

一方、清原氏も持病の糖尿病が悪化し、薬物依存の治療どころではない状態のようだ。

「清原さんは一時期、大阪に戻っていましたが、今は都心のマンションで暮らしている。馴染みの店に閉店後にやって来ては、朝方までベロベロになるほど飲んでいるらしい。

先日、都内の病院で血液検査をしたところ、即入院が必要なほど糖尿の数値が悪かったそうです。どうやら治療をサボっている上に不摂生がたたって、さらに悪化したという話です。放っておいたら命に関わるレベルみたいですよ」(事情通)

大丈夫なのか。

[via:日刊ゲンダイDIGITAL]
http://news.livedoor.com/article/detail/12924050/

清原 薬物依存の治療を放棄!?

清原は薬物依存を断ち切るため、地元大阪の病院に入院していたが、昨年末までに都内に移住。“完治”したわけではなく「入院生活に飽きてしまったというのが正直なところ」とは関係者。

その後はAさんらと派手に飲み歩く姿も目撃されていた。

「持病の糖尿病も悪化し、即入院レベルのようです。薬物治療も途中で投げ出してしまった。これまではギリギリのところでAさんが手綱を引っ張っていたが、彼もいなくなってしまった。

もともとメンタルの弱い清原だけに、自暴自棄にならないか心配です」とは前出の芸能関係者。

現在は何をしでかすかわからない清原を格闘技関係者が“保護”しているという。現実逃避のために、再び薬物に手を出さなければいいが…。

[via:http://tocana.jp/2017/04/post_12904_entry.html]

A氏とはどんな人物!?

「清原さんの保釈金や入院費用など物心両面でバックアップしていたのは、彼やその周りの友人たちといわれています。

清原さんとは古い付き合いで、彼は“夜の人脈”が出入りする地下格闘技団体とも関係が深かった。そのため、彼が“後見人”をやることに難色を示す向きもありました」(マスコミ関係者)

[via:日刊ゲンダイDIGITAL]
http://news.livedoor.com/article/detail/12924049/


Aさんは東京・六本木で飲食店を経営。16年3月に清原氏が保釈された際は、自ら車で出迎え、千葉の病院まで送り届けた。病院に集まった報道陣に焼肉弁当をふるまったのも、同氏だった。

前出関係者によれば「Aさんは清原の大ファンで、逮捕前はプライベートの運転手も務めていた。清原の面倒を見ていたのはAさんで、一緒にゴルフや国内旅行に出掛けていた。

逮捕後、それまで親しかった人が清原の元を離れていくなか、Aさんは変わらず交遊を続けていた。清原は『親友はアイツだけや』と公言していた」という。

[via:http://tocana.jp/2017/04/post_12904_entry.html]

焼き肉弁当を届けに来た
六本木の弟分の素性

[2016/03/25]

A氏は六本木でサパークラブ「N」を経営している。A氏は六本木をはじめとする東京の夜の街で顔が広いと評判で、とくに「K」なる地下格闘技団体との関係が深い。

Kは’08年頃にスタート、新宿や渋谷のクラブなどを会場にして格闘技イベントを開催している。出場するのは、元格闘家もいるが、ホストや不良、暴力団関係者などのケンカ屋が大半だ。

「Kのイベントには暴力団関係者も多く観戦にやってきます。とくに住吉会系の三次団体との関係が深いようです。関東連合の人間が関わっていた時期もあったようで、私の知人も関東連合の人間から『出場してみないか』と誘われていました。

Aさんは選手ではありませんが、Kの代表者と昵懇(じっこん)の間柄だと聞いています。裏方のような立場でKに関わっているようです」(Kの関係者)

[via:http://friday.kodansha.ne.jp/archives/75913/]

事件性がなく自殺!?

男性は8日朝に遺体で発見され、警察は事件性がないことなどから自殺とみている。周囲の話では「交際女性とのトラブルなどに悩んでいた」というが、詳しい背景は分かっていない。

この男性は、東京・六本木の飲食店経営者で、地下格闘技選手としても活躍した清原氏の長年の友人。

2014年3月に清原氏が薬物疑惑を報じられて以降、多くの人が離れていった中、男性は、清原氏が逮捕されても保釈時に運転手を務めたり、買い物をしたりと、世話役を買って出るなど親友であり続けた。

生前、男性はスポニチ本紙の取材にも答えており「キヨさんは、寂しがり屋なんで僕がいつも笑わせてあげないと」と話していた。

この日、通夜で焼香を終えた清原氏は、本紙の取材に「あまりのショックに言葉が出ません」と悲痛な表情。

「ずっと支えてくれた人ですもんね」との問いには「そうです。本当につらいです」と肩を落としていた。男性は、清原氏にとって大切な存在だっただけに、周囲は心配している。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12923076/]

ネットの反応

・見せしめか
・次はおまえだ ってことだろな
・えーあの焼肉弁当差し入れた人かよ
・病院で死ななければ多くは検視されるよ。大げさに書くなよ。
・間違いなくギフハブの犯行だわ 恐ろしい
・ポン友
・小説のような黒く深い繋がりだったのかなあ
・酒飲んでジム行って酒飲んだら心臓への負担かなりヤバイな
・また疑われても仕方ない死に方だな
・不審死って、自殺なのになんでこんな記事なのかね
・もう野球が裏社会と深い関わりが有ることなんて常識過ぎてニュースにもならない
・飯島愛の付き人だったんだっけ?
「飯島愛の付き人は?」
「ASKAの元運転手だね」
「今その運転手は?」
「清原の運転手をしてるね」
「もひとつ質問いいかな」
「覚せい剤はどのルートで回った?」
「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」
・毛がフサフサなブラマヨ小杉という風貌の家崎明さん 酒飲んでジム行った直後また酒飲んで元気そうだったのに一体何があったのだろう
 >原因それじゃね?
 >まぁ不健康だったろうしそれかもな

家崎明 プロフィール
出身:愛知県稲沢市出身
生年月日:1973年12月14日生
身長/体重:176cm105kg
職業:六本木サパークラブ『NINE』経営、元格闘家・ホスト
格闘技戦績:6戦5勝1敗
夜王2勝1敗、ナイトキング1勝、ホストボンバイエ1勝
The Outsider 第五戦1勝
ブログ:家崎 明 男一匹愛の戦士 六本木発

地下格闘技『KRUNCH』でゴング係[ブログより]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事