SPORTS

HEADLINE

川崎宗則 ソフトバンク復帰は2分で決めたwカブスから足元を見られた再契約に

“世界一ポジティブな男”がホークスに帰ってきた――。

今やチームの野手最年長となったこの男、ムネリンこと川﨑宗則(むねのり)が電撃復帰の真相を熱く語った。

いきなりの先制攻撃だった。

「で、久しぶりに日本へ帰ってきてみて、どうですか」

会うなり、ムネのほうからそう訊かれたのである(笑)。おそらく帰国後、何百回と同じ質問をされたのだろう。ムネに会えば、そう訊きたくなるのも無理はない。それほど川﨑宗則のホークス復帰は電撃的だった。

「みんな大騒ぎして、どんな想いでホークスに決めたのかって訊いてくるんだけど、カブスをクビになって、ホークスとの契約書にサインしたというシンプルな話。去年と一緒です。

去年も同じタイミングでカブスをクビになって、それでもカブスでプレーしたい、メジャーに上がりたいと思った。今年はホークスでプレーしたいと思った。ひとつ歳を取って、おれの考え方も変わったってことですよ」

この春のオープン戦で.282という結果を残しながら、去年のワールドチャンピオン、カブスの選手層は分厚く、ムネは開幕メジャーに食い込むことができなかった。開幕直前という「去年と同じタイミングで」カブスをクビになったのである。

ただ、去年は「カブスでプレーしたかった」というムネの言葉を理解するために、知っておかなければならないことがある。

ムネが去年も今年も開幕5日前に解雇通知を受けたのは、カブスがマイナー契約のムネを開幕メジャーに入れずにチームへ残すためには10万ドル(約1100万円)のボーナスを彼に支払わなければならないというルールがあったからだ。

つまり、ムネの解雇は、メジャーには入れられないけどボーナスも支払いたくないというカブスの意思表示であり、それでもよければ再契約するけど…という、足元を見られた話なのである。

「だから、家族のことも考えました。子どもも小さいし(長男は3歳、長女は4ヶ月)、生活していく上で10万ドルのボーナスがあるかどうかは大きかったね。

もしメジャーに上がれなくても、そのお金があればアメリカで勝負できると考えていたから、それもダメだって聞かされて、それじゃあ、生活ができないから日本へ帰るわって…カブスにそう伝えた。

朝、メールを見て、球団の意向を確認して、家族に『日本へ帰ろう』と言うまで、2分だったかな(笑)」

『週刊プレイボーイ』23号「独占インタビュー 川崎宗則」では、5年間のアメリカ生活でかわったこと、変わらなかったことをムネリンが語った! 是非こちらもお読みください。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/13094253/]

ネットの反応

・クビになって本人傷ついてると思うけど前向きなのが良いね
・あれ、去年はまだそれ適用じゃなかったんじゃね?今年6年目で初めて適用になったんじゃないのか
・面白外人枠で成果を出したから良いんじゃね
・カブスってそういうところがあるよな だから呪われたんだね
・1000万ぽっち けちるんだな。
 >アメリカは能力高いのは(結果がどうあれ)クソ大金出すけどそうでないのはシブチンなイメージ
・逆に言えばいいオファーがあればまたアメリカ行くよ!ってことでもある
・ムネリンに松坂と豪華やな
・夢やあこがれより、まず金がなければ始まらないのか。
・1000万にこだわって帰国だがアメリカ行かなかったら10億ぐらい稼げただろう
・5年米国で遊んで10億くらい日本プロ野球で稼ぐ機会を失ったのかな
・夢を追いかけられただけでもよかったのでは。人生一度きりだし。だいたいの人は、チャレンジも躊躇するわな。
・こういうシンプルな生き方っていいな。簡単そうで最も難しい。
・川崎は人が向こうから寄ってくるタイプの人間だから露頭に迷うことはないだろうな
・ほんとホークスに帰ってきてくれてありがとうと言いたい
・松田がいてムネリンまでいて、ホークスは何か知らんが楽しそうでいいな
・衰えたから日本でも通用しないとか言われてたけど 通用してるよな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事