SPORTS

HEADLINE

DeNAラミレス監督 日本国籍ゲッツ「夢は侍ジャパンの監督」引退後は異例

DeNAのアレックス・ラミレス監督(43)が22日、今年中に日本国籍を取得することを明かした。すでに帰化への書類申請は済ませており、最終の面談を経た上で正式に日本人となる。

ベネズエラ出身で来日18年目となる指揮官は「日本の野球に日本人として何らかの形で貢献できたら。お返しがしたい」と将来的な日本代表監督就任にも意欲を見せた。

大好きな日本と日本人へ、ラミレス監督は何度も感謝を口にした。01年にヤクルトに入団してから18年。もはや日本人になるのは自然のなりゆきだった。

「今シーズン、私は日本国籍を取得します。日本を愛しているし、日本の方々を愛しています。ここに来て非常に多くのものを学び、身になって今こういう立場になれた。ここまでこられたのは本当にいろいろな方々の支えがあった。その方々にお返しというか、貢献していきたい」と、感慨深い表情で説明した。

ラミレスはヤクルトに入団した来日1年目から活躍し、3年目には本塁打王、打点王を獲得。安定した成績を残し続け、13年には外国人選手初の2000安打を達成するなど、計3球団、通算13年日本でプレー。

日本のファンが喜ぶならと、本塁打を打った際には「アイーン」「ゲッツ」などのパフォーマンスで観衆の心をつかんだ。

本格的に帰化を考えたのはDeNA監督に就任した16年。

15年に美保夫人と再婚し、剣侍(けんじ)君(2歳)も生まれていた。「私の妻も日本人ですし、もちろん息子も日本人。どこか他の国で住むという考えもない。日本が私の住む場所」と永住を決意。

1年半前に帰化申請を開始し、最終の面談を待つのみとなり発表に至った。16歳で離れた母国の両親には「ベネズエラより日本にいる期間が長いしね」と歓迎されたという。

過去、球界では郭源治(中日)などが帰化した例はあるが、引退後となると異例だ。現在のところ、名前を漢字に変更する予定はない。

すでに将来的に高校野球の指導者にも興味を示していたが「何年先になるかわからないですけど、日本人として日本代表のユニホームを着る、代表の監督をやる、というのが最高の夢」と、侍ジャパンも目指す。

外国人でも指揮官就任へ支障はないが「日本人だからこそふさわしいと思ってもらえることもある」と日の丸を意識。これからは日本人・ラミレスとして、思う存分球界に恩返ししていく。

[via:スポーツ報知]
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180122-OHT1T50253.html

ネットの反応

・ラミちゃん日本好きだなぁ
・将来のWBC日本代表監督候補だな
・2000本安打て凄いな
・裸魅ちゃん
・横浜で一年でも長く監督やってほしいね。
・日本語ペラペラなのか
 >ペラペラの一歩手前ってとこかな
  イチローの英語みたいなもんだな
・大歓迎だ
・親方にでもなるつもりかよ
・そりゃリアル北斗の拳ベネズエラより日本を選ぶよ子供のこと考えたら
・こいつ年齢詐称疑惑があったな
 >詐称も何も出生管理がいい加減だから、本人にも正確な歳なんか分かんねーよ
・歴代最強助っ人が日本人に
・名球会には入ってるし、次は殿堂入りかな
・友達の母ちゃんと結婚してたと思うが、
 日本人の若妻にいつの間にか乗り換えてたんだな
・まさか帰化するとは
 シリーズに行けた事で監督業にも自信が持てたのかな

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/01/23 23:55

    ラモス瑠偉みたいにアンチいなさそう

  2. 1
    名無しさん 2018/01/23 17:49

    友達の母ちゃんと結婚してたのってペタジーニ?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事