SPORTS

HEADLINE

平昌五輪前に高梨沙羅がヒール化!?「愛車は2千万円ベンツ」「ケバいメイク」にバッシングの声も

目前に迫った平昌オリンピック。スキージャンプ代表の高梨沙羅さん(21)は大きな期待と調整の真っただ中にあり、日々注目を集めています。

昨シーズンは出れば負けなしの状態だった彼女ですが、今シーズンは一転。ライバルたちの勢いに苦戦し、先日開催のスキー女子W杯ジャンプでやっと今期自己最高の2位を獲得しました。

「目標はオリンピックでの金メダル!」と公言しているので、この苦戦や調整も織り込み済みなのかもしれません。しかし昨シーズンとの勢いの違いに、ついつい心配になってしまう人も。

そんな彼女に対して厳しい声が多くなっているのは、最近の“ビジュアルの変化”も関係しているのかもしれません。

現在21歳で女子大生の彼女は1年ほど前に突然、バッチリメークを披露するようになりました。“デビューあとのデビュー”とでも言いましょうか。

知名度が上がってから急に見た目も変わるものだから、多くの人から「変わりすぎ!」と戸惑いの声もあがったのです。

そこからの「成績不振」ですから、やっぱりチャラチャラし始めたのが不振の原因と考える人がいるのも仕方ないかもしれません。

しかも先日は、愛車に2千万円ほどのベンツ(メルセデスAMG G63)を所有していることも公表。素朴な雪国の少女ジャンパーが都会の色に染まっていく様は、ますます嫉妬と批判の声へとつながっています。

参考にすべきは福原愛?

過去、メディアの持ち上げと手のひら返しに多くのアスリートがのみ込まれてきました。彼女はこの洗礼をどうかわしていくのか。

もし21歳の楽しさと競技者としての完璧さの間でもがいているのなら、ある人の存在が参考になると思います。卓球の福原愛さん(29)です。

国民的スター選手である福原さんの何を参考にすればいいかというと、メデイアとの関わり方。幼少のころから“天才卓球少女”として世間に知られていた彼女は、常にメデイアという他者の目と共存しつつ成長してきました。

それはつまり、メディアに殺されない方法を知っているということです。高梨さんと愛ちゃんのメディアとの関わり方で決定的に違う点をあげるなら、それは“よそいき”をどの程度見せているかというさじ加減でしょう。

愛ちゃんは「泣き虫愛ちゃん」時代からテレビに出ていますから、よそいきとホンネの使い分けが完璧です。しかし高梨さんはどうしてもメディアに出る際は“常によそいき”な空気をまとっている印象があります。

たしかに少しの露出ならそれでもいいのですが、高梨さんも今や連日報じられる存在。常によそいきだとしんどいうえ、過剰に期待を背負ってしまいかねません。

「シーズン中はメディアをシャットアウトすべきでは?」という声も出ているようですが、女性としてのキレイさも強さも目指すことを決めた彼女には今のままで頑張ってほしいものです。

[via:女性自身]
http://news.livedoor.com/article/detail/14195189/

メイクをやめられない理由

成績低下とともに、「メイクしている暇があったら……」と、批判的な声も寄せられているが、それには事情もあるのではないかという。週刊誌のスポーツ担当記者が語る。

「スキージャンプのようなマイナー競技で食べていくには、賞金以外のスポンサー収入が極めて重要です。そのためには、成績を伸ばすのはもちろんのこと、容姿の美しさが要求されます。

CMで起用される女子アスリートが、必ずその競技のトップオブトップの選手かといえば、そうではありませんよね? だから、日本を席巻する韓国の女子プロゴルファーは、賞金を手にしたら、すぐに整形に費やします。美しければマスコミに取り上げられる可能性が高まり、スポンサーが付きますから」

そういった努力(?)により、複数のテレビCMに出演し、多数のスポンサーを抱える高梨。しかし、女性アスリートへの取材が多い女子スポーツライターは、彼女がメイクにこだわる理由はそれだけではないという。

「高梨が批判を受けても凝ったメイクをやめないのは、女性のトップアスリートの典型的な行動パターンです。男女を問わずトップアスリートは例外なくストイックですが、女性は『美しくなる』という誘惑にはどうしても抗い難い。

女性は合理的なので、メイクをして美しくなることでスポンサーが付くなら、やらない理由はないと考えます。

しかも彼女たちは、幼い頃から『努力をすれば必ず報われる』『時間と手間と最新の用具を使えば、必ず結果が出る』というメンタリティで、勝ち続けてきた人たち。

化粧に関しても、『努力すれば必ずきれいになる』と考え、結果が出るとやめられなくなるのでしょう」

世間の逆風にさらされつつある高梨だが、スキージャンプでは、逆風はむしろ好都合。平昌では逆風に乗れるのだろうか?

[via:日刊サイゾー]
http://news.livedoor.com/article/detail/14200672/

ネットの反応

・メダル一個も取れないで終了だろね
・やらかしそうな雰囲気はある
・高梨が今季ピリっとしない訳がわかった気がした。
 物欲に勝てない結果だ。
・欲を充たすと貪欲さと闘争心がなくなる
・すまん垢抜けてからめっちゃ好きやわ
・キュウリのキューちゃんのギャラで買ったのか
・とにかくなんか叩きたいからベンツや化粧を叩いてるけど
 的外れすぎて何の効果もない
・ブサイクだって色気づいたっていいじゃないか
・身体が資本だから丈夫な車に乗るのは正しい
・2000万ベンツ似合ってないけど キャバ化粧も
・ジムニーのほうが似合う
・好きにすればいいじゃない
 親の金せびって買った車じゃないだろうし文句いうやつの気がしれん
・スキーのジャンプなんて怖いスポーツやってんだから、こういうので発散するくらいいいとおもう
・これだけ活躍してるのに叩かれてかわいそう
・女アスリートは化粧しただけで叩かれるからかわいそうやな
・顔をいじったせいで空気抵抗が変わってしまって飛べなくなった説すこ
・最近の高梨顔が薄くなって良くなったな
 髪型も若者らしくなり良くなった、前の顔に戻りつつある
・メルセデスのモニター契約なのでは?
 メルセデスベンツマガジンに載ってわけだし。
・スピードスケートの岡崎朋美がBMWのモニター契約で毎年BMWから違う車を貸与されてた、って車遍歴の番組で言ったのと同じじゃね?
・買ったわけじゃないだろ。そのあたり記事もぼかしてるし。
・これ逆に何で叩かれてるの?
 ただの嫉妬?叩かれる要素全くないと思うが
・藤井聡太四段は昼飯に1000円かけただけで叩かれたんだからw
・実績があって活躍してるのは分かるが21歳の娘が2000万の車に乗るのは違和感があるけどな
・ランクル70でも乗ってりゃ好感度爆上げなのになw
・ええやん トップアスリートは後続に夢を見せるのも仕事のうちや

関連商品

コメント

  1. 6
    名無しさん 2018/01/30 9:00

    はぁ?
    化粧品メーカーとの契約上メイクして公に出ないといけないだけ。
    フェイクニュースの極みだな

  2. 5
    アカサカアカサ 2018/01/28 23:52

    種付けプレスが原因だろうね。オリンピュックも惨敗だろうね。

  3. 4
    名無しさん 2018/01/25 2:14

    批判はやりすぎだけど、車もメイクも本人に似合ってないのがちょっと痛く見えるのかも

  4. 3
    名無しさん 2018/01/24 20:23

    別に犯罪を犯して購入した車でもないのだから一々みんなして言い過ぎではないのか?
    1のように例え成績を残せなかったにせよ、代表選出に勝てなかった他選手がダメなんでは??
    勝てなかった他選手をパッシングすべきでは?
    最近、電車内出産といい何かパッシングターゲットを間違い過ぎてませんか?

  5. 2
    名無しさん 2018/01/24 19:18

    こんな事で選手のバッシングするの!?

  6. 1
    名無しさん 2018/01/24 17:19

    別にいいけど、この子オリンピックで勝てないんだよねw

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事