SPORTS

HEADLINE

ハリル解任の真相 “強権政治”に選手の不満爆発寸前、ベルギー遠征で反乱【選手コメント一覧】

日本サッカー協会は9日、都内のJFAハウスで会見を開き、田嶋幸三会長(60)が今月7日付でのバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、西野朗技術委員長(63)の新監督就任を発表した。

西野氏の契約は6月14日開幕のロシアW杯まで。日本協会は、選手との信頼関係が崩れた監督を更迭するという大ナタを振るい、約2か月後の本大会に挑むことになった。

スポーツ報知では「ハリル解任の真実」と題した緊急連載で解任劇を検証する。

チームは常に“空中分解”の危険性をはらんで歩んできた。「監督と選手は意見をぶつけ合ってきたがギャップは埋まらなかった。それを協会が判断したんだと思う」とある選手は明かす。

ハリル監督と選手の間にできた溝は埋まることなく、W杯開幕まで残り2か月と迫った時点でハリル・ジャパンは消滅した。

就任以降、体脂肪率12%以下を厳命するなどの管理主義と、単調な戦術を繰り返す指揮官に対する選手たちの不満が、解任の引き金となったのは明らかだった。

転換点はいくつかあった。最初は2017年6月、W杯アジア最終予選イラク戦に向けたイラン・テヘランでの合宿中の出来事。

積極的な意見を求めるハリル監督の部屋のドアをノックしたのはFW本田圭佑(パチューカ)だった。

関係者によれば、本田は監督の選手起用や戦術などを確認し、自身の考えを口にしたところ指揮官も応酬。激しい意見のぶつけ合いは約2時間に及び通訳が疲弊するほどだった。

時期は不明だが、FW岡崎慎司(レスター)も直接、監督と議論した。結果、両者はポジションを失い、代表から声がかかることがなくなった。

ある選手は「意見を言った選手が代表からいなくなることもあった。意見は聞いてくれるけど何かが変わることはなかった」。

別の選手は「意見を言えば呼ばれなくなる。監督の言うことをやるしかない」。“強権政治”は選手にとって大きなストレスとなった。

17年12月には一部の選手たちから協会に対して進退を問うべきとの声も上がった。「海外組で監督の言うことを聞く選手はほとんどいなかった」とある主力選手。ベテラン選手が場を収め“クーデター”は未遂に終わったが、怒りはくすぶり続けた。

そして3月のベルギー遠征が決定打となった。W杯を約3か月後に控えた段階でも選手選考を繰り返し、格下マリには1―1。

縦一辺倒の攻撃に加え、突然のロングボール多用など内容も乏しく、ミックスゾーンで公然と手腕への批判を口にする選手も出始めた。

ベテランだけではなく、中堅選手すらハリル監督にかみつくこともあった。悪い流れを変える最後のチャンス―。

このままW杯に突入するのは不可能だと考えた一部の選手たちが音頭を取り、話し合いの場を設けようとした。直前になって中止となったが、協会幹部は選手たちの爆発寸前の不満を再確認。

良くも悪くも自分の考えを曲げることの少ないハリル監督からの歩み寄りを難しいと判断し、前代未聞の解任劇へとつながった。

[via:スポーツ報知]
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180410-OHT1T50052.html

解任真相は選手の反乱

無数のフラッシュがたかれる中、ハリルホジッチ監督の電撃解任に踏み切った田嶋会長はまず、コップの水を一口飲み込んだ。

「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきたこと。そして、今までのさまざまなことを総合的に評価してこの結論に達した」

7日に極秘渡欧。パリ市内のホテルで同監督と待ち合わせ、契約解除を通告した。決断に至った最大の決め手は、3月のベルギー遠征での選手たちの“反乱”だ。

W杯出場を逃したマリ、ウクライナを相手に1分け1敗。「縦に速い攻撃」を強いるベンチの采配に、選手は取材の場で「ボールを保持するオプションも必要」「いい子ばかりではいけない」などと一斉に不満や疑問の声を挙げた。これに指揮官が「外部に発言するのは良くない」と応酬。不和が一気に表面化した。

この状況を「むざむざと見ているわけにはいかなかった」という田嶋会長は、W杯ロシア大会が約2カ月に迫る中、苦渋の決断を下した。

[via:サンスポ]
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180410/jpn18041005050005-n2.html

ネットの反応

・まとめると協会を後ろ盾に本田首謀でクーデターを起こした ってことよね
・ハリルだけが悪かったて記事ガンガン書かせてく感じか
・まあ出ると思ってたけど、出たねえ酷いハリル下げ記事
・本田、岡崎が呼ばれなくなったのは意見言ったからでなく、与えられたポジションでのパフォーマンスの問題
・こんなん許すのなら監督誰でもいいべ
・結局岡﨑切ってたのも私怨か
・監督に意見を合わせようとしない奴らをなんで呼ばなきゃいけないんだ
・ハリルもサッカーに関しては底辺の日本に解任されて屈辱だろうな
・少なくとも今は協会より ハリルの声が聞きたい
・ハリルのサッカー見てたら本当に一貫して何がしたいのか見えないクソサッカーだったのでこれを変えたい選手が封殺されたんだな
・ガキかよ こんな事本当に言ってる選手がいるなら代表から永久追放でいいよ

選手たちの反応

本田圭佑

電撃解任されてから初めてのツイッターを更新し「It’s never too late」(遅すぎるということはない)とつぶやいた。

長友佑都

「W杯が当たり前であるかのような風潮の中、日本をW杯へ導いてくれたことに感謝します。なかなか結果が出ず、苦しい時期を過ごしたけど、日本サッカーのための尽力に対して敬意を表します。Merci Vahid」

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/14556917/]

長谷部誠

「選手として責任を感じる。その中でもハリルさんに主将を任されていた自分の責任は重い」

「言葉を選ぶのが難しい。今はもう後ろを振り向かず、前を向いてという感じでいる」

[via:https://www.asahi.com/articles/GCO2018040901001431.html]

吉田麻也

「マジっすか!」

「最後に行ったのは11月なので。ブラジルは強かったですけど、ベルギーとは良い戦いができた。そんなどん底という感じではなかった」

杉本健勇

「A代表に最初に選んでくれた。学ぶことも、言われたこともたくさんあった」

[via:https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/04/10/kiji/20180410s00002014014000c.html]

酒井宏樹

「監督が解任されるというのは、良いことではありません。全員がその責任を負わないと」

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000004-goal-socc]

山口蛍

「(監督就任時は)厳しいスタートだったけど、ワールドカップに導いてくれたことに変わりない。Jリーグ全体にデュエルの意識が根付いたのも監督のおかげ」

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00175267-nksports-socc]

宇佐美貴史

「全く聞かされていなかったので、急だなというのが最初に思ったこと」

「最初に代表に呼んでくれて、代表へ導いてくれた人。代表に入って自分自身、意識が変わったり、先を見せてくれた監督だったので、残念ではある。でもサッカーはそういう世界なので。大事なのは続けていくこと。個人個人が頑張っていくこと以外にない」

原口元気

「悔しい思いがある。信頼して使ってもらっていたので、できるなら彼と(W杯に)行きたかった。でも決定するのは上なので、僕らはプレーするしかないし、監督が変わってしまってもW杯に行きたい思いは変わらない」

「いろんな可能性を探ってくれた。ボランチやトップ下で使ってくれたり。最後のベルギー遠征でしっかり結果を残せなかったのは僕自身すごく悔いが残る」

[via:https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201804100000330.html]

小林悠

「最近の試合は良くなかったかもしれないが、何が正解かは分からない。でも、選手としてやることは変わらない」

昌子源

「ベルギー遠征の結果を見ての判断だと思う。この世界は結果がすべてだということだと思います」

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00000042-sph-socc]

清武弘嗣

「何も話すことはありません」

大島僚太

「すごいタイミングですね。(ハリルホジッチ監督は)Jリーグ全体にデュエルを求めて、球際はすごく激しくなったと思う」

今野康之

「厳しい世界だな、と思います。でも、もうW杯は迫っているので進まなくちゃいけない」

[via:http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180409-OHT1T50156.html]

川島永嗣

「ハリルさんが解任になったことを聞いて正直驚かされました」

「監督も同じように4年に一回だけの、国の威信をかけた、すべてのサッカー選手にとっての夢の舞台、W杯という舞台に、すべての情熱とエネルギーを費やしてきたはず。その1人の人間の夢が奪われてしまったことは、同じ夢を目指している選手として心から残念に思う」

「今回の出来事を受けて、自分にもっとできることがあったのではないかと、後悔の念で頭が一杯だ。フランス語で彼が放つ言葉とその裏にどんな意図があるのか、それが分かっていたからなおさらだ」

「2ヶ月後に迫っているW杯を、3年間共に目指してきた監督と一緒に戦えなくて心から残念に思う」

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00264791-footballc-socc]

福田正博

「もっと早い段階で決断していてもおかしくないチーム状態だったと思う」

「一選手としては(戦術、采配への不満などは)言ってはいけないのは分かっている。けど言ってしまうところに根深さがある」

「解任理由がコミュニケーション不足と信頼関係が出来てないって…。これ、部活動じゃないですから。残念なことに日本代表がワールドカップ2カ月前の解任理由がこれですから」

「選手と監督の問題ではなく、協会も含め、日本代表をサポートする全ての人に責任があると思う」

[via:https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/10/0011150343.shtml]

ネットの反応

・ホンダ嬉しそう
・清武w
・香川のコメントは?
・香川「西野さんにお中元送らないといけないと思います。」
・大迫のコメントがないな
・川島のコメント泣けるな
・昌子他人事みたいだな
・川島吉田原口宇佐美は正直な意見だな
・選手はハリルで行くことを望んでたのか?
・また北京世代になるのか。ロンドン組はもっと怒ったほうがいいのにな。
・まぁ何言っても結果出せなかった選手の責任だからな
・なあまた本田・香川・岡崎・長友・吉田・長谷部・川島で戦うの?
 >勝てる気がしねえな
・惜しまれてないな
・ハリルはあまりにも周りに敵を作り過ぎたな
・さーて、誰がウソついているのかな!?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事