SPORTS

HEADLINE

【直撃】ハリルの言い分 協会にブチギレ宣戦布告!黒幕示唆、爆弾会見を予告「日本に行く、そこで話す」


サッカー協会への不満をぶちまけるハリルホジッチ氏

サッカー協会に宣戦布告

サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)の直撃に成功した。現地時間7日に契約解除されてから初の肉声。

ワールドカップ(W杯)ロシア大会の2カ月前に職を追われた心境を問われて「恥ずべきことだ」と言い放ち、解任が明らかになった前日は139件も電話がかかってきたと明かした。今後については「もうすぐ日本に行く」と来日を予告した。

ハリルホジッチ氏は“死んで”いなかった。おとなしく黙る男ではなかった。桜咲く、フランス北部リールの自宅。快晴の正午すぎに車庫が開いた。愛犬コスモを乗せた車を運転し、敷地外に出たところで日本人を見て窓ガラスを下げた。

-日本の日刊スポーツです。ぜひ、お話を聞かせてもらえませんか?

「何も準備していないから…今ここでは話せない」

そう第一声を発しながら取材者を思いやった。頑固だが、根は優しい。就任から約3年。記者の直撃を避けたり逃げたことはない。

「あなた(記者)の仕事は理解できる。昨日も私の電話は鳴り続けていた。139件だ。ジャーナリストは誰も(解任劇を)理解できていない。だから世界中の知人から電話がくる」。それだけ言い、力強く愛車のアクセルを踏み込んだ。

前日9日はディアナ夫人が対応し「ここに主人はいない。(取材は)不可能」と代弁した。確かに最後まで姿を見せなかったが、本当に在宅していなかったのだろう。逃げも隠れもしないのが流儀。

W杯2カ月前。このタイミングで監督の座から引きずり降ろされ、日本初のW杯イヤー解任男になった。率直な気持ちを尋ねると「スカンダラス(けしからん)」と言い、誰に対してか問われると「自分に対してだ」と続けた。

さらに食い下がると「セ・ラ・オント! セ・ラ・オント!(恥だ、恥ずべきことだ)」。誇り高き指揮官は語気を強め、逆境に立つ自らを責め立てた。

そして、かつて率いたアルジェリアからの就任要請があるという一部報道には、あの、あきれたような表情を見せ「ノンノン」と小声で否定した。

「日本に行く、そこで話す」

今後は日本の自宅や協会の監督室から荷物を引き上げる残務処理がある。来日日時は「言えない」と明かさなかったが「すぐ日本に行く。そこで東京の全メディアを集め、数字(データ)を出して真実を明かす」といきなり宣戦布告した。

「今回のことに対して、納得はしていないし、こんな終わり方はしたくない」という思いがあるという。

「私は日本で知名度があるから説明が必要だろう。協会との話はもう終わりだが、皆さんジャーナリストの方に対してもそうだが、サポーターには自らの口で話をしたい。」と協会側の解任理由について、真っ向から反論する準備があることをにおわせた。

序盤こそ「多く話せない」と言ったものの、もう止まらない。この後に自宅インターホンを鳴らすと、何と3度目の取材に応じた。話し足りないのはいつものことだ。半開きにした自宅ドアの前に仁王立ちした。

報道陣からの質問を制するように右手を前に出した。だが、続けて「日本サッカー協会の説明は不十分か」という質問が飛ぶと、表情が一変。声のトーンも変えて、たまっていた思いを言葉にし始めた。

「嘘だ陰謀だ」協会全否定

日本協会の田嶋幸三会長(60)は、1分け1敗に終わった3月のマリ、ウクライナ戦後、解任を決断したと説明した。

選手との信頼関係、コミュニケーション不足が露呈したチーム状況を解任理由の一つに挙げたが、「ウソとでっち上げは受け入れられない」と否定。

「田嶋会長は何も説明していない。どうやって存在していない解任理由を説明すると言うんだ。理解するものなんて何もないよ。私は何も理解できない。これはウソだ、でっち上げだ、陰謀だ。

自分の知らないところで、何人かの人間が裏で糸を引いていたようだ。憤慨だ。こんな終わり方は受け入れられないし、コミュニケーションも3年間にわたって存在していた。ただ、最後だけなかったということでしょう。」と解任の理由に当たらないと主張した。

水面下で仕組まれていた可能性についても言及した前指揮官。最後に「このウソ、でっち上げを受け入れられない。真実を知りたいのは分かるけど、(今は)ごめんなさい」と言って、静かに扉を引いた。

あの長い会見を思い起こさせる、ハリル劇場inリールだった。海外メディアで取りざたされる、契約のもつれによる訴訟には発展しないよう日本協会は誠意ある対応を見せている。

ただ、ハリルホジッチ氏の言い分にも耳を傾ける必要はある。この男にスイッチが入ってしまった。再来日後の会見があるとすれば、協会広報の制止がないエンドレスな放談が待っている。

取材陣殺到で一時転居も

ハリル前監督が、フランス・リールの自宅から一時的に転居する可能性が出てきた。9日午前には引っ越し業者が家具などを運び出し、それを手伝うディアナ夫人の姿もあった。

関係者によると、今回の解任騒動で取材陣が殺到し、近所に迷惑がかかることを懸念した措置だという。ディアナ夫人も近隣の男性にしばらく会えない旨のあいさつを交わしていた。

[via:日刊スポーツ・スポーツ報知]
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201804110000044.html
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180411-OHT1T50040.html

契約書受け取り拒否!

セルビアのニュースサイト・スポルツカ・セントララ(電子版)が「ハリルホジッチが日本サッカー協会に対して訴訟の準備をしている」と報道。契約解除に伴う違約金について合意に達していないという。

田嶋会長は7日(日本時間8日)にパリ市内のホテルでハリルホジッチ氏と面会し、契約解除を伝えた。

その際、報酬支払いに関する事項も盛り込まれた契約書を渡そうとしたが、ヒートアップしたハリルホジッチ氏は受け取りを拒否。

「彼も売り言葉に買い言葉の状態だった」とその場で前監督の怒りを静めることはできず、今後、改めて契約書を郵送することを明かした。

[via:スポニチアネックス]
http://news.livedoor.com/article/detail/14561769/

ネットの反応

・明日にでもこい
・田嶋道連れでよろしく
・かなりややこしい人やと思うよ こんな扱いで黙ったまま終わるわけない
・いろいろ暴露してほしい
・おお、ちょっと面白い展開になってきたかな。
・協会はこういうことになったときの対処考えてないよな絶対
・代表ビジネスの闇を暴露しそうだな
・逆だろ 相手が日本人、日本のマスコミだから舐め腐ってる
・wowowでクラシコの解説するからそのために来日
・スカンダラス。これは流行るw
・金引き出すための駆引きか。
・非礼したんだから、金積むしかないだろ
・本田さん、震えるw
・口止め料払っても無理そう
・デュエルデュエルw はよ来い!
・縦に速く来い!
・まだまだやめへんでー
・ハリル最後に一仕事してくれるのかw
・名をあげたいジャーナリストいけいけいけいけいけ
・これで縁切りなんだから あらいざらいぶちまければいい
・アホか! 解任当たり前!擁護派もハリルもいい加減にしろ。
・暴露期待したいところだけど無理だろうなぁ

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2018/04/13 1:05

    ハリルに何かビジョンがあったのか?選手との信頼関係が崩壊してたんじゃないの?

  2. 2
    名無しさん 2018/04/12 0:04

    >>2
    フィギュアスケート協会も腐ってるな

  3. 1
    名無しさん 2018/04/11 17:18

    日本のスポーツ業界腐ってるからな
    サッカーだろうが野球だろうがレスリングだろうが相撲だろうが
    ハリル全面支援

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事