SPORTS

HEADLINE

【体操】宮川紗江 協会をパワハラ告発 塚原夫妻が朝日生命に引き入れるためにコーチを処分か!?

体操女子で16年リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(18)が29日、宮川への暴力により速見佑斗コーチ(34)に日本協会が科した無期限登録抹消などの処分に疑義を示した問題で会見を開いた。

冒頭のあいさつで、宮川は日本協会の幹部からパワハラを受けていたと主張した。

速見コーチが処分を受ける前の7月中旬、日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長、夫で日本協会副会長の塚原光男氏に呼び出され、

「(速見コーチに)暴力の話が出ている。認めないと厳しい状況になる。あのコーチはダメ。だからあなたは伸びない。私なら速見コーチの100倍教えられる」

などと言われたという。暴力行為の証言を求められたが、

「私は証言しません。ずっと前から目標に向けて計画を立てて頑張ってきた。自分の考えを言える先生ですと主張した。

家族も先生を信頼して一緒にやっていくと言ったところ、家族でどうかしている、宗教みたいだと高圧的に言われた。五輪に出られなくなると言われた。家族もコーチも否定され、おかしくなってしまいそうだった」

と明かした。

他に塚原夫妻に関わりが深い朝日生命への移籍を勧められたこともあったという。

速見コーチから1年以上前に頭を叩かれるなどを暴力はあったことを認め、「コーチが暴力をしてしまったことは許されることではなかったと理解している」とした宮川は、「協会から今までパワハラを受けたという風に感じている。すごく怖かったし、このままつぶされてしまうのではないかということで、周りにも相談した」と話した。

[via:スポニチアネックス]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000137-spnannex-spo

移籍させるための陰謀!?

報道陣100人を前に黒のパンツスーツで登壇した宮川は「ウソ偽りなく語ります」と切り出すと、約1時間半にわたり気丈に語った。

日本協会に処分された速見氏の暴力行為を認めた上で、「私は訴えていないし、処分の重さは納得できない」と強く主張した。

睡眠不足などの影響で練習に集中できないといい、世界選手権の代表候補の辞退も表明した。

速見コーチには小学5年から指導を受けるが、1年以上前まで、頭をたたく、髪を引っ張るなどの行為を受けたという。それでも「何があっても一緒にやると決めている」と語った。

塚原強化本部長を名指しにし、日本協会に対する強い不信感を口にした。「私とコーチを引き離そうとした。権力を使った暴力。パワハラだと思う」と主張した。

その理由として、塚原強化本部長が、自身が監督を務める朝日生命体操クラブに引き込むために速見コーチの暴力問題を持ち上げたとし、「コーチを排除して、朝日生命の利益にするために引き離すことが、この問題(の背景)にある。強化本部長が大きく関わっていたことは間違いない」と言い切った。


女子強化本部長 塚原千恵子氏

東京五輪強化プロジェクトに当初、参加しなかったことで、16年末に塚原強化本部長らから「このままだと五輪に出られなくなるわよ」などと圧力を受け、「恐怖を感じた」とも明かした。

ナショナルトレセンの利用制限や海外試合への派遣を切られたなどの圧力も受けたとも。家族と処分の軽減を陳情した際には「『家族みんなでどうかしてる。宗教みたいだ』と言われた。終始、高圧的な態度を取られ、家族もコーチも否定された」。

暴力問題が浮上した7月中旬には、塚原強化本部長と、夫の光男副会長に呼び出され、「繰り返し暴力行為を認めるように言われ、脅迫みたいだった」と明かした。

「18年しか生きていませんが、人生で一番の勇気を出してここに立っています」と声を絞り出して告発を続けた宮川。速見コーチは、東京地裁に指導者の地位保全を求める仮処分の申し立てを行っている。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180830-OHT1T50054.html

◆宮川に聞く

 ―暴力の事実はあるのか。

「一部報道で馬乗りで殴打された、髪の毛を引っ張って引きずり回された、とあったが、一度もない」

 ―7月の合宿中に光男副会長と千恵子強化本部長から受けた聴取の内容を。

「副会長から『一番困るのはあなた。いますぐ関係を切りなさい』と言われた。『あったよね?』と誘導尋問のように言われ、つらくなり帰りたいと言うと『わがままだ』と言われた」

 ―どんなパワハラを。

「強化本部長の味方につけば優遇される。私は優遇されるために体操をやっているわけではない。同じ被害を受けている選手がたくさんいる。みんなで真相を暴露したい」

 ―速見コーチと連絡は。

「ほぼ毎日、ラインや電話で情報を共有している。『自分でできることを楽しんで練習してくれ』と言われている」

◆宮川 紗江
(みやかわ・さえ)
1999年9月10日、東京都出身。18歳。150センチ。 2歳で競技を始める。14年世界ユース五輪の種目別跳馬で銅メダル。15年世界選手権で女子団体5位、種目別床運動4位。初出場した16年リオ五輪では団体4位に貢献。17年全日本種目別選手権では床運動と跳馬で優勝。17年世界選手権で種目別跳馬8位。得意種目は床運動と跳馬。

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000051-sph-spo

塚原光男副会長「全部ウソ」

30日放送のフジテレビ系「とくダネ!」ではこの日朝7時30分ごろ塚原本部長の夫で塚原光男副会長(70)を直撃取材した。

塚原氏は宮川の告発について「今日午後にでもプレスリリースします。ちょっと、なぜ彼女があんなウソ言うのか、ちょっと分からないんでね」と明かした。

さらに「ウソが多いからプレスリリースしますからちょっと待ってください」とし、記者から「パワハラ発言はしていないのか?」と聞かれ「それも含めてプレスリリースしますから、ご安心ください」。

記者会見を開くかどうかを聞かれると「必要だったらします」と答えた。

ウソはどの部分かを問われると「全部」と断言。 その上で「今日プレスリリースしますからそれを待っていて下さい」と繰り返し会見について「やることもあると思います。それはまだ今日色々してから」と示していた。

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000051-sph-spo

森末慎二 27年前の
ボイコット事件を告白

体操の84年ロス五輪金銀銅の3つのメダルを獲得した森末慎二氏(61)が30日放送のTBS系「ビビット」に生出演し、体操女子の世界選手権代表候補で、2016年リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラ告発を受けた体操協会の塚原千恵子強化本部長(71)が絡んだ1991年のボイコット事件に独自の見解を示した。

事件は、1991年の全日本体操選手権で千恵子氏を中心とする審判団の採点法に不満が爆発し出場選手中91人中55人が大会をボイコットした。これによって当時強化部長だった千恵子氏が辞任した。

27年前の事件について森末氏は当時、「マスコミの報道ではコーチが選手に演技をさせなかった。意味が分からないんですけど、させなかった。それで選手が泣いているということでマスコミはほとんどコーチ側が悪いということですごくバッシングを受けた」と振り返った。


当時の新聞記事

その上で「ただ、中身はこういうことだったんです」と前置きした上で

「要するに体操は点が出ますよね。審判が点を付けますよね。その点を付ける審判を全部、自分側に付けてしまえば…。どんな素晴らしい演技をしてもその選手は、そこ以外の選手は点が出ない。

で、だいたい決まる選手が全部上が朝日生命の選手になっちゃうと、やっててもしょうがないということで監督コーチ陣が思い切って、やってもしょうがないし、だったらボイコット」

と独自の見解を示していた。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180830-OHT1T50073.html


日本協会副会長 塚原光男氏

体操協会に人事に異議

森末慎二氏は、更に体操協会の人事に疑問を呈した。

現在の協会は塚原本部長の夫の塚原光男氏(70)が副会長を勤める。こうした体制に森末氏は「協会の中に夫婦でいて、この立場にいること自体がおかしい」と見解を示した。さらに

「今、ナショナルのコーチ陣も、ほとんど朝日生命の監督コーチ陣が何人も入ってきていると考えると、すべてノーという人を排除してイエスマンだけを置いていくということでしょうね」

と塚原氏が所属する朝日生命人脈で組織が運営されていることを指摘していた。

[via:スポーツ報知]
https://www.hochi.co.jp/sports/etc/20180830-OHT1T50074.html


ロス五輪で3つのメダルを獲得 森末慎二氏

森末「30年くらい前から噂あった」

紗江は、よく勇気を出して会見を開いたと思う。

小さな体操クラブに所属していた選手の多くは、協会の決定や方針の言う通りにしないといけないことも多少あったと思う。

何年も前から積もりに積もっていた。それが少し表に出た。苦しい思いをしてきた選手は他にもいる。

紗江の勇気ある行動を消さないために、新たな証言が出てくるはずだ。

嫌な思いをさせられた選手のことは、他にも耳にしてきた。

朝日生命を離れた選手が、ナショナルトレーニングセンターで練習していると「女子代表が練習するからどいて」と言われたり、所属していた選手も言葉の暴力を受け、メンタル的なショックで移籍してしまったと聞いたこともある。

今までいろんなことがあっても表に出なかった部分を、みなさん(告発を)やりたくてもできない部分がいっぱいあった。

速見コーチの暴力については、もう一度、調べ直すことが必要だと感じる。

協会側の調べではなく、冷静に一連の騒動を判断できる第三者に調査を依頼することが一番良い。ただ、一番心配なことは、紗江の今後について。18歳とまだ若く、有望な選手。ここで潰されないようにしてほしい。(談)

[via:スポーツ報知]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000057-sph-spo

ネットの反応

・これは風向きが変わってきたな
・「協会からパワハラ」ってのはまた痛烈な皮肉だな
・協会が選手を食い物にしてるのか 勇気ある告発ガンバレ
・朝日判定があった、と
・一番の問題は引責辞任したのに同じ職務、権限で復帰していることだろ
・もうスポーツ系は似たような話多過ぎてバイキング辺り使って延々勝手にやってろとしか思わない
・暴力あったとしてもまず事情聴取とか厳重注意だろ いきなり追放とか無いわ…
・スポーツ協会がまともなところが無いのはなぜなんだ
 >ドロドロな利害闘争がありそうだ
 >上(監督、コーチ、先輩)の言うことは絶対って世界だからな。
 >こんなおかしな組織は真っ平だと、マトモな人間は居なくなる。
・この流れで全ての競技団体を詮索したほうがいいぞ
・また塚原か
・塚原て何か問題起きたら必ず名前出てくんねw こいつが癌なんだろうなw
 >晩節汚したな。もう二度と出こんでいい
・確認もしないで嘘と即座に断定するとか
・子飼いのコーチ以外に結果出されてしまった嫌がらせだな まさにレスリング
 >ボクシングの金メダルとも一緒の流れか
 >塚原=栄 だろコレ
 >それだよねぇ~
・思い通りにならなかったから潰したのね
・夫婦で仕切ってるのは色々まずくないか
・パワハラだろうがなかろうが暴力コーチは追放な 宮川さんは他の指導者を探せ
・暴力行為があったことは事実なんだから、真実を話せよ そこまでしてコーチを庇うのが普通に考えてダメだろ
・自分は納得づくかもしれんがナショナルトレセンで殴る蹴るを見せつけられる他の選手の事考えろよ。そのコーチの指導を受けづ付けたいなら他の目が入らない隔離環境でやってろ
・DV男に調教されきった女みたいだな
・全ては宮川を自分の手中にしようとした体操協会のドン塚原夫婦の陰謀だった訳ね
・昨今のスポーツ界MeTooブームを悪用してこんな事仕掛けるとか山根が可愛く見えるわ
・うんこだった女子体操でメダル取らせるとか名コーチ以外の何物でもないのに 協会あからさま杉w
・まーたバイキングが潤ってしまうw坂上大喜びだろうな
・事態の収拾失敗して体操協会バカみたいだな
・最初は穏便にパワハラコーチと引きはなそうとしてたんだろ
 だだ引きはなそうとしてる奴もパワハラめいたこと言い出したから宮川が不信感もって拒絶
 そこでパワハラでコーチを処分させて強制的にひっぺがしてみたら宮川から逆襲食らった
 そんな感じかね
・まわりの大人の都合で実力のある選手が出れなくなっちゃいかんよな
・高須院長が助けるって言ってるから弁護士共々1回相談に行けばいいのに
・まーた鈴木大地が渋い顔することになるのか

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2018/08/31 9:37

    コーチに依存して選手が駄々こねてるようにしか見えん。

  2. 3
    名無しさん 2018/08/31 8:24

    どうでもいいけどこの選手ブスだなw

  3. 2
    名無しさん 2018/08/31 6:52

    協会側は、暴力の定義もなく、暴力は絶対悪と言ってるなら、
    塚原夫妻の「言葉の暴力」もコーチと同じように処分すべきだろう。

  4. 1
    名無しさん 2018/08/30 23:19

    こういう事がニュースになると人は判官贔屓で勝手なイメージを作り上げて協会側を悪で、告発側を善という構図を作り上げてしまう。
    そして弱者に同情して告発側の主張を勝手に補ってしまう。

    コーチの暴力は事実で、それを見かねた塚原氏が救済に出たとも取れる。
    それを拒否した選手が盲目的にコーチに洗脳されてると思い、協会側は引き離し工作に出たとも取れる。
    強化合宿に選出されながらも、それを辞退したのだから施設を使えないのは当たり前。
    「オリンピックに出られなくなる」と言われたのだって「そんな事してたら周りの選手に追い抜かれてオリンピックに出られなくなる」という意味なのかもしれない。
    判官贔屓で勝手なイメージを作り上げて告発側の主張を補ってしまうのは良くない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事