TALENT

HEADLINE

キンコン西野『えんとつ町のプペル』無料公開に賛否 過去の発言からブーメラン案件ではの声も

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)がネットで無料公開された。

23万部を売り上げたベストセラーだけに衝撃は大きく、製作費をクラウドファンディングで集めたこともあり、その決断をめぐって賛否両論の意見が寄せられている。一体、何が目的なのか。

1冊2000円、2カ月で23万部売り上げる

『えんとつ町のプペル』は2017年1月19日、サイバーエージェントの運営するウェブメディア「Spotlight」(スポットライト)で無料公開された。

同日更新された西野さんのブログによると、無料公開を決めたきっかけは小学生から

「2000円は高い。自分で買えない」

という意見が寄せられたことだった。

自分の作品を子どもに届けたいのに「お金」が理由でそれができない。そんなもどかしさから、

「昔の田舎の集落のように、物々交換や信用交換で回るモノがあってもおかしくない」

と考えた。決断にあたって、印税収入がなくなり「食いっぱぐれてしまう」と一時心配したものの、

「『10万部売れるコト』よりも、『1億人が知っているコト』の方が遥かに価値がある」

「皆が豊かになった方が、巡り巡って自分も豊かになるだろう」

と思い直したという。そして、西野さんは、今回の無料公開を「お金の奴隷解放宣言」と独特な表現で呼んでいる。

『えんとつ町のプペル』は、ハロウィンにわく街を舞台に、偶然生まれたゴミの怪物と好奇心旺盛な少年が心を交わし合う、ハートウォーミングなストーリーだ。16年10月に発売されるや一躍人気を集め、12月末までに23万部を売り上げた。

ベストセラー作品の無料公開には大きな反響が寄せられ、ツイッターで

「とても好感が持てる」

「素晴らしいことだ」

「凄いなぁと思う」

と共感の声が広がった。

しかし一方で、西野さんほどの人気作家が作品を無料公開すると他のクリエイターの作品がダンピング(不当廉売)される、との指摘も少なくない。

加えて、西野さんが『えんとつ町のプペル』の制作費をクラウドファンディングで集めたことに触れ、「出資者に説明すべきだ」と批判するツイッターユーザーもみられた。

[via:http://www.j-cast.com/2017/01/19288546.html]

無料公開後Amazonで1位

西野は批判も認めた上で「誰でも無料で読めるようにした途端、Amazonの売り上げがグイグイ伸びて、ついに書籍総合ランキングで1位になりました」と報告し、さらに、この事象を「面白い事件」と表現。

人が旅行をする際、テレビやパンフレットなどですでに知っている場所にお金を払って行くことを例に出し、無料公開しながら売り上げが上がった一件を「ビジネス的な観点から切り取ると、『人は確認作業で動く』『人は知っているモノを買う』と言えるでしょう」と結論付けた。

「人が行動する動機は往々にして『確認作業』で、つまり≪入り口を無料化する=価値を下げる≫ではないということ」とし、これを「えんとつ町のプペル」にあてはめて説明。

「スタッフと何度も衝突して死ぬ気で作り上げた自信作なので、無料で読み終わった後に『買って、手元に置いておこう』と考える人が出てきてくれるかもしれない思いました」と続けた。《中略》

最後は、お金がなくて本を購入できないという少年とのエピソードを紹介し「時に裏切られることがあるかもしれないけれど、まずはコッチから信用しないことには始まらない。

今回は、それがインターネット上で行われたのだと思いました。とてもいい勉強になりました」とつづって締めくくった。

[via:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/20/kiji/20170120s00041000077000c.html]

【関連リンク】

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野)
キングコング 西野 公式ブログ – お金の奴隷解放宣言。

ネットの反応

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2017/01/22 10:13

    嫌い

  2. 1
    名無しさん 2017/01/22 6:55

    西野くんの論理は単なる屁理屈だね

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事