TALENT

HEADLINE

【関ジャニ∞】渋谷すばる脱退会見 メンバー同席のワケ 会見から伝わった絆とグループ愛

関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が15日、都内でグループのメンバーとともに会見を開き、グループから脱退し、今年12月31日をもってジャニーズ事務所から退所すると発表した。

ジャニーズ事務所所属のグループが、メンバーが脱退する際、他のメンバーが同席した会見を開くのは初めて。同席した理由について、

横山裕(36)は「何より、すばるを送り出さないといけない決意が大きかった」と説明。

丸山隆平(34)は「第一はファンの方のためですね。もちろん、すばる君だったり、グループのこともあるので当然のこと。何より、会見をした方が分かりやすいじゃないですか? そういう形でお届けするのが自分たちの誠意」と強調した。

村上信五(36)は「すばるは大変ですよね…今も、これからも。僕らも大変ですけど…ファンの皆さんも、気持ちの整理に時間がかかると思う。自分の口で話すことが一番だと思いますから。

(紙の)コメントだけでは伝わらないと思う。口下手な男が1人で立ってもらうのも心配と言うところがあって、こういう形を取らせていただきました」と自らの口で説明することの重要性と、渋谷を支えたいという思いを口にした。

渋谷は「僕としては、こんな場を設けていただいてですね、自分の勝手な決断をですね、こんなところでしゃべらせていただける場をいただけるのは、本当にありがたい気持ちです。

自分のことなんで、自分だけで良かったかも知れないんですけど、メンバーも立ってくれているというのは自分としてはありがたい思いです」とメンバーの思いに感謝していた。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201804150000448.html

宮根誠司は16日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、横山の憔悴ぶりが心配になり、電話したことを報告。

脱退会見を全員で行った理由について聞くと、横山は

「全部ファンのみなさんに正直にしゃべろうな、と(メンバーで決めた)。みんなでファンの皆さんにお伝えする」

と7人全員で決めたことを明かしたという。脱退するメンバーについてほかのメンバーが同席して会見するのはジャニーズ史上初めての出来事だった。

井上リポーターも「憶測がでませんよね、ちゃんとしゃべることによって」と話した。

さらに宮根は「みんな必死で止めたんですって。必死で止めて、じゃあ1年間休養して良いよって。音楽勉強していい、アメリカでって。そこまで言ったんですって。だけど彼はそうなると逆に迷惑かけるから、やめると」と明かした。

結成から15年半、支え続けてくれたエイター(関ジャニのファンのこと)のために、これまでの経緯や、それぞれの偽らざる心境を伝えることを決めたメンバー。

全員が紺色のスーツでのぞんだ都内ホテルでの会見では、脱退の決意を固めた渋谷に「何でや」「イヤや」と思いをぶつけ、全員で2度、話し合いの場を持ち、引き留めもしたが、最終的には渋谷の決断を後押しすることを決めたことなどが説明された。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/14586385/]

会見から伝わった7人の絆とグループへの愛

突然の報告にファンが混乱するなか、4月15日には記者会見が開かれた。

背中の打撲で療養中の安田章大は出席できなかったもののメンバーみんなが集まり、涙を浮かべながらそれぞれの思いを語る真摯な会見に、渋谷がいかに愛されてきたかが伝わってきた。

「なんでや。いやや」

村上信五が話したこの言葉は、ファンと同じ気持ちだったのではないだろうか。なぜそうしなければならないのか、という疑問。そして離れてほしくない、という寂しさ。何度も話し合いが重ねられたのも納得だ。

なぜなら、近年の関ジャニ∞はまさにノリにノッている状態だったからだ。

2012年より『NHK紅白歌合戦』に連続出場。 夏フェスにも参加し、バンドとしてロックファンからも高い評価を得る存在になった。

2015年にスタートした冠番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、様々なアーティストとセッションし、ミュージシャンとしての可能性を大きく広げていた。

デビュー当初、不遇な時代を乗り越えてきた仲間と、まさにこれからさらなる高みへ、というタイミング。メンバーが「なんでや」と思うのも当然だ。

「自分だけの責任で、どこまでやれるか賭けてみたい」

脱退してまでやりたいこととは何か、関ジャニ∞でありながらソロ活動という形ではできなかったのか、そんな思いを抱く私たちに向けて渋谷が放ったのは「自分だけの責任で」という重い言葉だった。

36歳という人生の折り返し地点とも言えるタイミング。渋谷は海外を視野に入れて、新たな音楽活動をスタートさせたいという。

これまでを振り返り、渋谷は「楽しいことしかなかったですね。一人じゃなかったですから」と話した。関ジャニ∞の活動が充実し、むしろ絶好調の今だからこそ旅立ちのときと見据えたのは、渋谷らしい決断かもしれない。

今なら自分が抜けても関ジャニ∞が倒れない、という自信と誇り。関ジャニ∞の発言には、いつもメンバーを仕事仲間以上の絆を感じる。

今回の決断は、7人兄弟の次男である渋谷が、関ジャニ∞という家からひとり暮らしをしてみたい、と思ったようなものなのかもしれない。

頼りになる兄のひとりが家を出る、関ジャニ∞の家を見守ってきたファンからすれば巣立ちを見届ける切なさに包まれる。

「すばるに負けないように、全力で前を向いて」

「下を向いちゃいけない」と涙を浮かべて語ったのは、グループ最年長の横山裕だ。下を向けば涙がこぼれてしまう自分を奮い立たせるような語り口調だった。

「すばるくんの歌声が一生聴けなくなるわけではない」と未来を思い描く錦戸亮。「メンバーということに変わりはない」と消えない絆を強調した丸山隆平。

「(ファンを指す)“エイター”は、すばるから出てきた言葉。我々は受け継いで向き合っていく」と、渋谷の存在が今後も関ジャニ∞とファンをつなぎ続けることを語った村上。

そして、大倉忠義は「悲しい、寂しい気持ちはあると思いますが、僕らと同じような気持ちで背中を押してほしい」とファンと同じ気持ちであることを伝えた。

きっと、このホームで暮らしていたら、 みんなで平穏な日々を過ごせただろう。それも大切な夢のひとつだった。だが、それ以上にやってみたいことがある。その挑戦をしなければ、いつか後悔してしまいそうな道が見つかってしまった。今

はまだ寂しくて、悲しいけれど、いつか渋谷が「あの旅立ちを決断してよかった」と胸を張れる日がくるように、そして関ジャニ∞として歩み続ける6人が「やっぱりこの家が最高だ」と思い続けられるように。変わりゆく彼らを、変わらず応援し続けたい。

[via:リアルサウンド]
http://realsound.jp/2018/04/post-182982.html


記者 「 バラエティ番組出るのが嫌だっ たという報道もありましたが?」
すばる 「 責任をもって否定させていただきます。」

コメント

  1. 4
    名無しさん 2018/04/17 14:01

    関ジャニ∞、凄いよな。
    ジャニーズの枠をぶっ壊したのでは?と思う。
    それは、メンバーの絆の強さなんだろうな。
    会見をすることで、憶測も出ない。
    ファンは、見て個々で受け入れるだけ。

  2. 3
    名無しさん 2018/04/17 11:56

    えっ?凄くうまいじゃん・・・

  3. 2
    名無しさん 2018/04/17 11:50

    声質が真面目な曲と合ってない
    全部おちゃらけた歌に聞こえる

  4. 1
    名無しさん 2018/04/17 2:02

    歌上手くないよね

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事