TALENT

HEADLINE

フワちゃんタメ口の理由 弟が明かす素顔 家族の話はNG きわめて緻密なマネジメント能力

自らの名が昨年の流行語となったのがフワちゃん(27)である。コロナ禍にあえぐ列島に躍り出たユーチューバー芸人は、ついに大晦日の紅白歌合戦にも登場。その勢いは衰え知らずだが、騒々しい芸風の裏では、意外な“情報統制力”を駆使しているというのだ。

大御所タレントからコロナ感染防止PRで対談した小池都知事まで、物おじせずに“タメ口トーク”を展開するフワちゃんは、年末年始もテレビに出ずっぱり。芸能記者が言う。

「大ブレイクした昨年は、330本以上のテレビ出演を果たし、新語・流行語大賞のトップ10に選ばれました。

紅白では、自身が憧れる篠原ともえが水森かおりの衣装をデザインしたつながりで、プレゼンターとして出演。ステージから手を振るベテランの水森に『ちゃんと集中して』とたしなめるなど、相変わらずのキャラを見せていました」


NHK紅白歌合戦に登場したフワちゃん

そもそもユーチューブで人気に火がついた彼女は、

「学生時代は芸能プロに所属していましたが、事務所幹部の怒りを買って追い出されてしまい、以来フリーで活動しています。現在、個人チャンネルの『フワちゃんTV』は登録者数76万人。そこでは4歳下の弟も『ふわけん』という名で出演しています」(同)

フワちゃんの実家は東京・八王子。動画にも登場するその弟に、旧年をけたたましく駆け抜けた姉の年越しについて聞くと、

「フワちゃん(姉をこう呼ぶ)からは、大晦日に『紅白出るからみんなで見てね』とラインがありました。僕からは『頑張って』と返しましたが、忙しいみたいでその後は返信がありません」

とのことで、あらためて姉と歩んだ“道のり”を振り返るのだ。

「子どもの時から元気のかたまりでした。フワちゃんが中学生で、僕が小学校高学年の時に、自宅で一緒に動画の撮影を始めたのです。

内容はおふざけの芝居みたいなものばかりで、公開するためではなく、ただの思い出作りの動画でしたが、それが今の活動に繋がっているのかなと思います」

心構えは「演歌歌手」

小学生時代には2年間、父親の仕事の関係でロサンゼルスに在住。当時から周囲に“クレイジーガール”と呆れられるほど活発だったと、彼女はテレビで回想しているのだが、

「元々あんな感じの人でしたから、アメリカへ行って変わったというわけではありません。現在、皆さんにタメ口で接しているのは、その人を軽んじているのではなく、仲良くなるための手段なのだと思います」(同)

その一方で、

「フワちゃんからは“私のことは話してもいいけど、家族の話はやめてね”と口止めされていて……」(同)

ちなみにフワちゃんの父は現在、八王子市内でIT関連の会社を経営。知人によれば、

「顔は娘さんにそっくりですが、自分からは一切、フワちゃんの父だとは明かしません。職場のラジオから娘さんの話題が流れてきても、まったく意に介さず仕事をしています」

とのこと。先の芸能記者が言うには、

「フワちゃんは日頃から“私が今あるのは周りのおかげ”“1日に1回は今の自分を振り返る”などと、ユーチューバーというより演歌歌手のような心構えを口にしている。

露出続きの自身とは正反対に、家族を露出させまいとする姿勢も感じられ、きわめて緻密な計算が働いているといえます」

破天荒な言動がウソに見えてしまうほどの“マネジメント能力”をお持ちのようなのだ。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/01181056/


フワちゃん プロフィール
本名:不破 遥香
(ふわ はるか)
生年月日:1993年11月26日(27歳)
出身:東京都八王子市
出身校:東洋大学文学部中国哲学文学科
職業:お笑いタレント、YouTuber
身長:161cm
事務所:ワタナベエンターテインメント→フリー
YouTube:フワちゃんTV
Twitter:フワちゃん(@fuwa876)
Instagram:フワちゃん(fuwa876)
TikTok:フワちゃん(@fuwa876.72)

小学2年生から小学4年生までアメリカ、ロサンゼルスに住んでいた帰国子女。

アメリカからの帰国子女のため英会話ができる上に、大学では中国哲学を専攻していたため、中国語も話せる。

大学2年生在学中にワタナベコメディスクール18期生として入学。同期は土佐兄弟、まちゅなどがいる。

芸人を始めたきっかけは、学生時代にギャルの友人から芸人になることを勧められたことである。吉本興業の養成所のNSCは一括で払う入学費が高過ぎて無理と思い、ローンが組めるワタナベコメディスクールを選んだという。

スクールの女性の同期生と「ランボランチ」を結成する。本人は、この時はモエヤンを踏襲したネタをやっていたとのこと。

ランボランチは相方の引退により、2014年に解散。同年、スクールの同期生・芝山大補(元D・N・A)とのコンビ「SF世紀宇宙の子」を結成。

2014年3月に卒業後、ワタナベエンターテインメントに所属。

2017年9月30日をもってSF世紀宇宙の子が解散。解散後1年ほどはネタを披露する活動もしており、「R-1ぐらんぷり」や「女芸人No.1決定戦 THE W」にも出場していた。

TBSにオーディションに行った際に『クレイジージャーニー』の松本人志の楽屋を見つけて挨拶に行こうと思ったところスタッフに止められて怒られていた時に、事務所の重役に悪態をつき(重役の去り際に見えないように後ろ姿に向かって中指を立てていたら、その姿がガラスに映っていたためバレた)、事務所を解雇され、 以降はフリーの芸人として活動。

2017年6月、当時の事務所の先輩芸人であるAマッソのインターネット番組『Aマッソのゲラニチョビ』#22『FUWA』で初のゲスト出演。Aマッソに説教されるという設定でフワちゃんのキャラクターが大きく取り上げられインパクトを残す。

元々Instagramで写真を加工したコラージュ画像を上げており、そのセンスと面白さに着目した放送作家の長崎周成から声をかけられ、YouTuberデビューすることになった。

YouTubeにてテレビ朝日ディレクターの寒川拓郎と共に自身のチャンネル「フワちゃんのウーウー」を開設。これは、テレビ業界の人向けに自分を売り込むアピールの場として運用していたものだった。

2018年4月にこの後身となるYouTube個人チャンネル「フワちゃんTV/FUWACHAN TV」を開設。フワちゃんTVの登録者数は2020年8月28日時点で72万人。

2020年度の新語・流行語大賞のトップテンに「フワちゃん」が入賞。

普段はタメ口キャラ(その上ほとんどの芸人を呼び捨て)であるが、高嶋ちさ子に対しては例外であり、敬語で話すという。また、アンミカ、デヴィ夫人に対しても呼び捨てしない。

[via:https://ja.wikipedia.org/wiki/フワちゃん]

ネットの反応

・キャラ作り必死
・理由があればタメ口OKって事にはならないでしょ?
・意外と言葉がキツくてフワちゃんは笑えない
・もう聞き飽きた
・口が極めて軽い弟w
・たった2年で帰国子女か…
・早く消えないかな
・確かに頭の回転が良さそうだし許容と拒否の境界線を上手く渡っている感じ。見た目とは違って性格も良いのだと思う。
・視聴者へのイメージは宜しくないが現場スタッフや共演タレントなどへの配慮がズバ抜けており制作側の指令にも忠実なんでしょうね
・このキャラで、何故あんなに年上の人からも可愛がられているのか···。結局のところ、裏では本当にしっかりしているんだろう···という風にしか考えられない。
・「実は裏では真面目」とかどーでもええわ テレビで観て不快、それが全て。
・篠原と違いこいつを初めて見た時完全な池沼だと思った
・ローラとの対談した番組は酷かったねぇ。すっごく残酷な映像を見させられてる気分だった。
・何かしらの疾患があるんだろうな

・徹底して敬語で返すの誰かやれ。
・そもそもタメ口って芸じゃないし、タメ口きかれた側が「我慢」することで成立しているので、いろいろな意味でNGだと思うんだが。
・タメ口許せない派は多いと思うけど、関係性次第だな。
・女から嫌われたらもうきついだろうね
・なんで自分の名前にはちゃっかりちゃんを付けなのか
・太田上田が恋愛話を聞き出そうとしたが一切拒否だったな
・普通の人はキャラだってわかってますよ
・番組制作者には嫌われてないんだろ、しかもフリーだから単価が安い
・個人事務所ならすげー儲けてそう
・おもしれければ別にどんな格好していても誰にタメ口だろうとどうでもいい。面白くないのが1番問題。

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2021/01/19 8:16

    あんだけテレビでごり押しされてるのにYouTubeの登録者数がまだ76万人しかいないのはなんでなんかね
    テレビで見てフワちゃん面白い好きって層の人全然登録せんやん

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事